2019/7/19  16:12

館林市議選のズサンな投開票作業に目を向けず証拠調べも放棄した東京高裁判決と総務省選挙課の仰天コメント  オンブズマン活動

■現在、全国各地では21日の投開票が迫る参院選で投票率の向上が叫ばれています。群馬県では不倫知事の後継者を決める知事選挙も同時に行われており、ダブル選挙となっています。こうした中、2018年9月23日に館林市議選で、期日前投票箱を得体のしれない人物に一人で運ばせていた結果、投票数と投票者数の間で1票の不整合を起こしてしまったことから、ズサンな選挙管理体制にメスをいれるため、当会会員が館林市選管に異議申立てをし、棄却されたため、今度は群馬県選管を相手取り審査請求を行いました。しかし県選管は全く調べもしないまま、館林市選管の言い分のみを聞いただけで棄却の採決を出してしまいました。そのため、当会会員は東京高裁に提訴していましたが、7月17日午後1時15分から東京高裁第511号法廷で判決が言い渡されました。なんと、司法の判断も「原告の主張は一般的抽象的な可能性を述べているだけで、具体的な証拠がない」として、期日前投票箱を一人で運搬すること、期日前投票箱の夜間の監視体制を可視化する必要はないこと、開票所に出入りする市職員らの所持品検査をしないこと、など、到底常識では考えられないズサンな投開票の管理の現状について、行政の主張を全面的に取り入れ、当会会員の主張は全く考慮しない不当な判決を下しました。さっそく、判決文を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
東京高裁の真向かいにある総務省の入る合同庁舎2号館。

続きを読む
3

2019/7/18  23:07

【群馬高専】アカハラ犯雑賀氏の沼津逃亡はコネの賜物?…アカハラ隠蔽協力・血税濫費・学校私物化を糺す公開質問状!  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専で凄惨な被害を出したアカハラ事件の主犯である雑賀洋平氏が、今年4月から沼津高専に高専間人事交流制度を利用して期限付きで逃亡していること、調査したところ当該校ではマトモに講義を受け持っておらず同校での勤務実態が不明であることは既報のとおりです。
○2019年4月11日:【群馬高専】アカハラ主犯の雑賀教授が沼津高専に「人事交流」異動
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2929.html
クリックすると元のサイズで表示します
沼津高専。

続きを読む
22

2019/7/15  22:59

投票率県下最下位の返上を目指す館林市選管に立ちはだかる自らのズサン選挙体質  オンブズマン活動

■7月21日投開票の参院選と知事選のダブル選挙の真っ最中の群馬県ですが、現在当会会員が群馬県選管を相手取って係争中の館林市議選挙無効確認等請求事件では、館林市選管のデタラメな選挙管理体制と、群馬県選管の公選法遵守意欲の喪失が浮き彫りとなっています。この事件では7月17日(水)午後1時15分から東京高裁511号法廷で判決が言い渡される予定です。こうした中、館林市選管が、群馬県下で最低の投票率を返上したいと、連日報じられています。早速見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
地元の参院選・知事選立候補者ポスター掲示板。

続きを読む
6

2019/7/12  23:42

平成の負の遺産「タゴ103年ローン」20年後の対応情報開示で第3者意見照会に及び腰の安中市の問題先送り体質  土地開発公社51億円横領事件

■安中市役所が毎月初めに市民に配布している「広報あんなか」の6月1日号 P9の下半分に「安中市土地開発公社不祥事件 和解20年後の対応について」という記事がシレっと掲載されていました。これにより、安中市はタゴ事件の群銀への尻拭いをさらに10年間延長させられることになりました。しかし、妙なことに安中市は「この損害は公社が負担するので市民には損害がないから安心しろ」と強調するばかりで、肝心の元職員タゴからの取り立てについてはひとことも触れていません。そのため、どのような形で、群馬銀行に屈してさらに10年間の和解条項延長を認めさせられたのか確認しようと、6月10日付で情報開示請求をしたところ、8月17日付でなんと、目一杯2か月後の8月8日まで開示期間を延長するという仰天通知が届いたのです。
 延長理由について安中市は「請求に係る行政文書については、第三者に関する情報が記録されていることから、安中市情報公開条例第15条第1項の規定に基づき意見照会を行うため」と記しています。そこで、第三者の群馬銀行を先日訪問しました。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬銀行本店。Wikipediaより
【7月18日追記】
 安中市役所企画課によると、和解20年後の対応に係る当会の安中市長に対する情報開示請求に関連して、同課では7月17日(水)に課長と萩原担当の2名で、群馬銀行安中支店を訪問し、第三者意見照会書を提出し、7月29日(月)を期限として回答を要請したことを当会がさきほど直接担当者に電話で確認しました。タゴ事件に関して情報開示に及び腰の安中市ですが、当会が群銀側に既に打診していたことから、安中市がようやく重い腰を上げた格好です。
 一方、群銀のリスク統括部にも確認したところ、確かに安中市から意見照会が提出されたとのことです。そこで、「安中市が指定した期限の7月29日まで待たずに、できる限り速やかに回答し、安中市からの開示が1日でも早く実現するように協力願いたい」と申し入れたところ、関係部署にその旨指示いただけることになりました。


続きを読む
5

2019/7/11  23:43

【出張!オンブズマン】長野高専前校長・石原氏への名誉教授称号授与撤回を求め同校に抗議文書提出!  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専と並び当会の追及先となっている長野高専において、文科省からの天下り校長である石原氏の退陣が実現したのもつかの間、どうやら彼の負の遺産として残されたイエスマン幹部らが、性懲りもなく彼に名誉教授の称号を授与しようとしている事実が明らかとなりました。この学辱といってもよい事態に、長野高専関係者らの憤りは非常に大きく、「ふざけるな」という怒りのコメントが当会にも続々寄せられています。
 そこで当会では、長野高専に貢献をしたどころか、極めて問題のある言動を繰り返して健全な学校運営を阻害した石原前校長への名誉教授称号授与を撤回ないし再考するよう、同校の土居信数現校長宛に緊急要請書を送ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

※⇒記事末尾に【7月15日追記】あり。
続きを読む
50

2019/7/10  23:08

【群馬高専】開示文書から読み解く入試大改変の経緯…その裏に副校長の実績作りがアリアリ!  群馬高専アカハラ問題

■教育機関としての信頼が失墜したまま、その回復に努めようともしなかったことで出願状況が悪化していた群馬高専。その状況に鑑み、同校の舵を握る山崎校長が選んだのは、頑なに問題から目を逸らしたまま、なんと入試制度の方を大甘に改悪して書類上の数字だけ回復させるという極めて短絡的な手段でした。当会では、この非常に問題の多い入試制度大改悪について、内部でどのような手続きが行われていたのか確認するため、3月11日に次の内容の情報開示請求を提出していました。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬高専の事務部長室。

続きを読む
33

2019/7/7  9:08

関東三大台湾イベントのひとつ台湾フェアin群馬・・・今年も7月5・6日に県庁1階で盛大に開催!  国内外からのトピックス

■群馬県台湾総会では、2016年7月8日〜10日に群馬県で初めての「台湾フェアin群馬」を県庁1階ホールで開催して以降、2017年は県庁1階の耐震工事のため昭和会館に会場を移して7月15・16日に開催し、昨年2018年は再び県庁1階ホールに会場を戻して、7月6日〜8日にかけて開催し、いずれも1万人前後の県民の皆様にご来場賜り、大好評をいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
 令和を迎えた今年も7月5日(金)と6日(土)の2日間、「台湾フェアin群馬2019」を大々的に開催予定です。沢山の県内外の皆様のお越しをお待ち申し上げております。昨年のイベントの様子は次のブログをご覧ください。
○2018年7月8日:例年大盛況の台湾フェア・・・今年もご愛顧に応えて7月6〜8日に県庁1階で盛大に開催決定
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2655.html

続きを読む
0

2019/7/6  16:11

【速報】長野高専が不名誉な石原前校長に「名誉教授」称号授与の方針を確定 ・・・同校からのFAX回答で判明  群馬高専アカハラ問題

■長野高専で今年の3月末まで校長職にあった石原祐志氏ですが、既報の通り、その後理研に移籍していることが判明しています。およそ教育者には似つかわしくないキャリア官僚の本性丸出しだったこの御仁に、長野高専が「慣例に従って名誉教授の称号を授与するかもしれない」という懸念が高まりつつあることから、当会では6月24日付で、質問書を同校宛に郵送していたところ、回答期限日の6月5日(金)午後3時18分に次のFAXが当会事務局に送信されてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
長野高専からのFAX回答送り状。

続きを読む
55

2019/7/5  21:24

当会会員が県選管を提訴した選挙無効等訴訟第1回弁論が7月1日に東京高裁511号法廷で開かれ即日結審!  オンブズマン活動

■群馬県では、「7月4日告示、21日投開票」のスケジュールで、24年ぶりに参院選と知事選の同日選挙が実施されることになり、すでに県内各地で掲示板が設置されています。高崎市選管は開票終了を翌22日午前1時〜1時半と見込んでおり、館林市選管は「全てを終了まで行うか、一部を翌日とするかは分からないが、通常業務に支障が出ないか心配」と指摘しています。また、渋川市選管は「職員数は減っており、ダブル選でも足りないくらいだ」と人手不足を懸念しています。群馬県選管は各市町村選管に周到な準備をするようはっぱを掛けているようです。しかし、昨年9月23日に投開票された館林市議選では、開票の結果1票の食い違い生じたため、館林市選管のずさんな投票箱管理体制や開票体制の疑義が問題となり、これでは投票用紙のすり替えなど容易に可能だとして、候補者の一人で当会会員が、選挙の無効を訴えて市選管と県選管に異議申し立てをしてきました。しかし、両選管ともずさんな選挙の実態を直視せず、真相解明のための調査すら全くしようとする気配さえありません。そのため、当会会員は3月29日に東京高裁を訪れて、まともに選挙管理改革をしようとしない県選管を相手取って選挙無効・損害賠償請求訴訟を提起しました。その後、いくつかのやり取りを裁判所とのあいだで行ないましたが、ようやく第1回弁論が7月1日(月)午後2時30分から東京高裁5階511号法廷で開かれたので報告します。
クリックすると元のサイズで表示します
東京高裁。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ