2019/9/6  23:39

森友事件の逆バージョン?・・・原市のスマイルパークの汚染土壌用地から掘り出されたゴミが放つ利権の腐臭  茂木市政

■きょうの地元紙に安中市が市内で建設中の子育て支援拠点施設「スマイルパーク」(敷地面積約17,000u、建物面積約700u)で、地中から廃棄物が発見され、その処理を巡り安中市と、前所有者の上毛天然瓦斯工業との間で協議がまとまらず、建設工事が中断しているという報道が掲載されました。この「スマイルパーク」は、同市が、多世代交流による子育て支援機能を中核とした施設および都市公園として原市地区で建設を進めており、令和2年度中のオープンを予定しています。この施設のネーミングについては、広報あんなか2019年7月1日号でも「市民をはじめ多くの方々が利用できる『子育て支援』『多世代交流』『憩いの場』となる施設の完成を願って、施設(都市公園)の名称を公募し、安中市民のみなさまの投票によって、『あんなかスマイルパーク』に、決定しました!」と報じられたばかりです。一体何があったのでしょうか。
※参考URL ⇒ https://www.city.annaka.lg.jp/news/files/http___mail2.city.annaka.lg.pdfクリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ