2019/9/8  22:18

イプシロンロケットを製造するIHIエアロスペース富岡事業所で9月7日に開かれた第22回富岡ロケット祭り  国内外からのトピックス

■いまから25年前の1994年当時、安中市野殿・大谷地区の約130ヘクタールの丘陵地帯の雑木林に朝日新聞グループの日刊スポーツが、朝日新聞グループ専用の高級ゴルフ場建設計画のもとに九州山口組の企業舎弟である再春館製薬所の子会社のジャパン・ビラ・インターナショナルを起用して地上げ業務に狂奔していたころ、すぐとなりの富岡市の丘陵地帯の山林約60ヘクタールを群馬県企業局が買収して造成していました。まもなく、それが当時荻窪にあった日産自動車宇宙航空事業部の移転先として整備されていることが判明しました。造成後まもなく、日産自動車が工場の建設を始め、1998年夏に同社富岡事業所として完成しました。当時、筆者は子ども育成会OBだったので、さっそく完成直後の同事業所に電話をして、子ども会として見学会を申し入れたことがあります。残念ながら、その直後、サウジアラビアへ赴任することとなり、当時の育成会長にバトンタッチしました。あれから22年が過ぎ、今年9月7日(土)に22回目となる富岡ロケット祭りが同事業所で開催された機会に、はじめて同所を訪れてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
IHIエアロスペース富岡事業所全景

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ