2019/9/16  23:22

【緊急速報】今年4月に群馬高専から機構に栄転した鶴見氏が長野高専で9月20日に開催する講演とは?  群馬高専アカハラ問題

■当会が入手した情報によれば、群馬高専の教務主事・校長補佐を務め、今年度から高専機構に「栄転」した鶴見智氏が、長野高専において9月20日(金)に教職員を対象にした講演を行う予定であることが分かりました。演題は「アカデミックハラスメントに対する傾向と対策」か、と思いきや、「学生指導支援について」だそうです。この鶴見智氏については、次のブログ記事を参照ください。
○2019年7月10日:【群馬高専】開示文書から読み解く入試大改変の経緯…その裏に副校長の実績作りがアリアリ!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2976.html
 当会のコメント欄にもたびたび当該人物に対する意見が寄せられていますが、いずれも不満の声ばかりで、決して評判は芳しくありません。
 今回、高専機構の幹部として「先生」呼びを受けながら華々しく長野高専で講演を行う鶴見氏ですが、あろうことか自らの奉職する学科で同僚が起こした凄惨な群馬高専J科アカハラ事件に際し、教務主事・校長補佐として文科省の天下りキャリア官僚校長の手足として奔走した貴重な経験や、自学の入試を自分の思うまま勝手に書き換えた痛快な体験といった鶴見氏の貴重な武勇伝の数々を、同様に文科省天下りの石原校長に翻弄され続けた長野高専の教職員の方々にどのように伝授しようとするのか、大いに注目されます。
クリックすると元のサイズで表示します
鶴見智氏。同校「学校だより」より。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】

続きを読む
16



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ