2019/9/20  0:16

大量の建設発生土が忽然と消えた渋川土木事務所所管公共ストックヤードを巡る住民訴訟で県から答弁書到来  県内の税金無駄使い実態

■群馬県では、県土整備部の建設企画課が建設発生土ストックヤードの整備の重要性をHPでも謳っていますが、渋川土木事務所所管のストックヤードを巡り、河川法を無視して大規模な掘削あるいは大量の発生土の集積が行われ、6年間の稼働を終えた時点で大量の発生土が忽然と消えるなど、問題視されています。当会は、入手情報をもとに、3月25日に住民監査請求を群馬県監査委員に提出しました。すると、補正命令を受けたため、補正をして提出したところ、4月18日に受理され、5月8日に県庁26階で、陳述と追加証拠提出を行いました。しかしその甲斐もなく、6月3日付で監査委員は当会の住民監査請求を棄却し、河川法違反行為は不適法だとして却下する旨の結果通知を送り付けてきました。
 そのため、当会は7月4日で住民訴訟に踏み切り、訴状を前橋地裁に提出していたところ、7月29日に地裁書記官から「第1回口頭弁論が、来る9月20日(金)午前11時から前橋地裁2階21号法廷で開かれる」旨、連絡がありました。しかしその後、被告の群馬県から答弁書が来ないため、9月17日朝、地裁書記官に電話をしたところ不在で、その後11時20分に書記官から電話があり「さきほどは席を外して失礼しました。答弁書がさきほど提出されたので、FAXしましょうか?」というので、「これからそちらに取りに行きます。昼休みもやっていますか」と聞くと「大丈夫です」というので直接地裁を訪れて、答弁書を受領しました。
 担当は地裁民事第2部で、被告群馬県の訴訟代理人は、いつもの石原・関・猿谷法律事務所ではなく、阿久澤・紺法律事務所の紺正行弁護士です。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ