【お知らせ】新型コロナ緊急事態宣言のため高専過剰不開示体質是正訴訟の審理が一時中断  群馬高専アカハラ問題

■高専組織の過剰な情報隠し体質の是正のため、当会では昨年10月に2つの訴訟を東京地裁に提起し、「高専過剰不開示体質是正訴訟」として口頭弁論を闘ってきたことはこれまでご報告のとおりです。そして、2つの訴訟の次回口頭弁論が今月の14日と21日にそれぞれ予定されていました。

 ところが、2つの訴訟の前回口頭弁論が開かれた今年2月から、新型コロナウイルスをめぐる日本と世界の状況は加速度的に悪化してしまい、遂には4月7日夜に首相が緊急事態宣言を発令する事態に至るなかで、裁判所のコロナ対応も注目されていました。

 すると7日の午後4時過ぎに東京地裁第2部の山口書記官から電話があり、「本日、緊急事態宣言が発令される見通しの中で、来る4月14日(火)午前11時15分の令和元年(行ウ)第515号事件(当会呼称「第一次訴訟」)の弁論を含め、4月中に当裁判所で予定されている全ての弁論を取り消します。今のところ4月分のみですが、その後のことも緊急事態宣言期間中の事態推移をみて判断することになりそうです」とのことです。

 当然、4月21日(火)14時30分に予定されていた令和元年(行ウ)第549号事件(当会呼称「第二次訴訟」)の口頭弁論も中止となり、高専過剰不開示体質是正訴訟は当分のあいだ凍結になる見通しです。
クリックすると元のサイズで表示します
高専機構第2次訴訟の原告準備書面(1)を提出すべく東京地裁民事第51部を午後1時10分に訪れたが、その僅か3時間後に民事第2部から4月中の弁論の全面的取消通知を出した東京地裁のある裁判所合同ビル。4月7日午後1時撮影

【4/9追記】
■本日朝、東京地裁民事第51部からも電話があり、「来る4月21日(火)の弁論(第2次訴訟第2回口頭弁論)は取消となります」との連絡でした。第1次訴訟と同様、「新たな期日は、5月連休以降の状況を見て、またご連絡させていただきます」とのことです。これで2訴訟とも次回期日延期・未定が確定しました。【追記終】

続きを読む
16




AutoPage最新お知らせ