元文科省幹部・佐野太による受託収賄事件で逮捕から2年越しの初公判…開廷からなんと容疑全面否認!  群馬高専アカハラ問題

■2018年7月、息子の裏口入学と引き換えに便宜を図った容疑で逮捕起訴された元文科省幹部・佐野太。エリート官僚による文科行政私物化の呆れた実態を浮き彫りにしたそのニュースは、衝撃とともに日本を駆け巡りました。天下り文科官僚によって引き起こされた群馬高専の悲劇を追及する当会としてもそれは注目の事件であり、当時大きく本ブログにて取り上げました。さらに驚くべきことに、当会が別途追及し続けている長野高専の石原祐志天下り前校長の就任と退任劇が、どちらも佐野太の引き起こしたものであったという衝撃の事実がのちに明らかとなりました。
○2018年7月5日:補助金と天下りで教育行政を歪める文科省の官僚とそれに順応して教育の本質を見失った学校組織のトップ
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2686.html
○2019年12月31日:【スクープ】長野高専石原祐志前校長就任・退任の裏事情…実はあの日本中激震の大事件と連動していた!?
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3102.html
クリックすると元のサイズで表示します
日本中を騒がせた有名人からこんな「友情の校長プレゼント」がなされていたかもしれない?

 佐野太によるこの受託収賄医学部裏口入学事件は、東京地検特捜部が威信を賭けて逮捕起訴し、日本中を騒がせた重大事件です。しかしその後、何らかの事情で捜査や公判準備が不調に陥ったのかさっぱり音沙汰が無くなり、さらにコロナ禍での裁判所の機能停止も相まって開廷は遅れに遅れました。そして18年7月4日の逮捕から丸二年が経った今年7月6日、ようやく東京地裁で初公判が開かれることになりました。
○2020年5月23日:受託収賄元文科省幹部の佐野太の現況…新型コロナ騒動の裏で一進一退の法廷お膳立て
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3167.html
続きを読む
28




AutoPage最新お知らせ