【行政の犯罪】藤岡市内の保安林を巡る公文書改ざん対応拒否を続ける群馬県代理人弁護士と県林務行政  県内の税金無駄使い実態

■いつの間にか保安林指定され、林班図を書き換えられ、その虚偽の保安林指定により2009年5月、地元藤岡市の多野東部森林組合が無断で森林所有者の森林に林道を造成し、多量の樹木を伐採し補助金をせしめ、肝心の森林所有者には1円も渡さなかった事件。森林所有者の当会藤岡支部会員は、この不法伐採を巡る損害賠償請求訴訟を通じて、藤岡市と群馬県が結託して、森林組合を不正に加担させていたことを痛感し、是正措置を国(林野庁)や県(森林保全課)、そして藤岡市に求めてきました。その結果、藤岡市は不正の事実を認めましたが、保安林の指定手続きを行った群馬県は、未だに不正を認めようとしません。
クリックすると元のサイズで表示します
現場では、昨年11月の台風10号の被害で、沢の流れのルートが変わってしまい、それまで道路だったところがこのとおり。
 思い悩んだ当会会員は、山本一太知事あてに善処を求める通知書を2019年7月以降2020年3月までに10回提出しました。しかし知事からは一度も回答がないまま、4か月が過ぎようとした時、突然、7月22日付で群馬県代理人を名乗る弁護士から「照会書」が内容証明が送られてきました。顛末は次のブログをご覧ください。
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3182.html

続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ