有毒スラグ問題を斬る!…新春スラグ調査「渋川市は今も有害スラグだらけ」その1  スラグ不法投棄問題

■群馬県中にダンプトラックで不法投棄された有害スラグ問題は、未解決なまま2021年新春を迎えました。群馬県のスラグ不法投棄問題は2つの排出事業者があります。

 一つは大同特殊鋼(株)渋川工場が排出し、(株)佐藤建設工業が天然石と混合し、毒を薄めたとみせかけた、有害スラグ問題です。こちらは六価クロムを変化させた三価クロムやフッ素が含まれています。フッ素には環境基準が決められています。

 もう一つは、東邦亜鉛(株)安中製錬所が排出し、岡田工務店グループがリサイクル砕石や違法盛り土に見せかけてばら撒いた非鉄スラグ問題で、こちらは鉛やヒ素が環境基準を大幅に超えて含まれています。

 そしてこの二つの問題の共通点は、本来は真っ先に責任をとらせるべき不法投棄実行犯を群馬県や渋川市・高崎市および排出事業者がかばい続け、(株)佐藤建設工業や岡田工務店グループが異常な発展をとげていることです。

 スラグ不法投棄特別調査チーム「リットン調査団」が今年も新春特別調査を行ったようです。さっそく調査結果報告を見ていきましょう。
続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ