アカハラ犯雑賀洋平の沼津高専逃亡騒動を振り返る…逃亡中の労働実態不明問題を会計検査院に告発!  群馬高専アカハラ問題


■群馬高専電子情報工学科で甚大な被害を出した雑賀洋平教授による大規模アカデミックハラスメント事件。まったく未解決のまま膠着状態が続いていたところ、2019年度に入り突然、雑賀洋平は沼津高専に「人事交流」で避難していきました。背景には、和歌山高専時代の元同僚である沼津高専・藤本晶校長(当時)によるパワハラ同然の強引なバックアップがありました。

○2019年7月25日:【緊急報告】沼津高専によるアカハラ犯雑賀氏受入れの内幕が明らかに…同校に響き渡った藤本校長の怒声!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2988.html
○2019年8月5日:沼津高専からも公開質問状への回答到来…「雑賀専用シェルター」の本領発揮!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2998.html
○2019年11月8日:19秋・潜入調査記in沼津高専…アカハラ犯・雑賀洋平の「今」とその狙いを探る(1)
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3069.html

 その一年後、雑賀洋平は何事も無かったかのようにJ科3年クラスの正担任として群馬高専に凱旋帰還し、同時に藤本晶氏も沼津高専校長を「任期満了」で退任して、静岡の地に突如巻き起こった大騒動は過去の話になりつつあります。

 そして未だに、この雑賀洋平の沼津逃亡の目的・経緯や実態は闇のベールに包まれています。特に、雑賀洋平が藤本校長の手厚い庇護のもと、教員室はもぬけの殻で授業も研究も受け持たずに高給だけせしめる「高専内ニート」と化していた驚愕の実態については、遺憾にも何らメスが入れられていない状態となっています。

■その折、長野高専岩佐(前)総務課長による常習巨額の出張旅費着服問題について会計検査院に告発を行うはこびになったため、同じく納税者として看過できない雑賀洋平の沼津逃亡時労働実態不明問題についてもあわせて同院に告発することにしました。

○2021年11月27日:長野高専岩佐(前)総務課長による常習巨額の旅費着服問題…その悪質な実態を会計検査院へ告発!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3387.html

続きを読む
9

選挙のたびに繰り返されるカネまみれ違法行為…ところで今年3月に群馬県議告発のその後は?  政治とカネ

■現在発売中の週刊文春12月2日号のトップは「岸田首相お膝元でも有権者買収疑惑」と題する記事です。同誌は11月18日号でも「『何としても勝ち抜かせてほしい』の裏で岸田<首相>衆院選応援で違法『集団買収』<領収証><案内状>入手」として、河井元法相による買収事件を「説明が必要」と批判してきた岸田首相について、衆院選では、茨城県で激戦区の岸田派女性議員の応援に入ったが、その遊説に選挙区民が参加すると「日当5000円」が支払われたとするスクープ記事を掲載しました。このように、同じようなことが全国各地で行われていたことがうかがえます。

 こうなると、最近まであれほど世間を騒がせていた広島県選挙区における河合元法相とその妻による大規模な買収工作事件はいったいなんだったのでしょうか。奇しくも今年2月7日に投開票された前橋市議選に立候補した複数の陣営に、同市区選出の県議から「陣中見舞い」と称して現金入りの封筒が渡されるというカネまみれの違法行為が明らかになりました。そのため、当会は本年3月1日に、渦中の群馬県議を前橋地検に告発しました。

 そのあと5月25日に地検から呼ばれたので訪問し、担当検事と面談したところ、内容に修正が必要だと説明を受け、それに基づき最初の告発状が5月31日に返戻しされました。そして修正した告発状を6月15日にあらためて地検に直接提出しました。それから早くも5カ月余りが経過しますが、未だに関係者の間に動きがみられません。この事件を風化させないためにも、これまでの経緯について見てみましょう。
○2021年3月2日:保守王国群馬県でまん延する選挙絡みの「陣中見舞い」の撲滅を目指して、狩野浩志県議を地検に告発!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3282.html
クリックすると元のサイズで表示します
2021年8月21日群馬県議会会派/自由民主党「新型コロナウイルス・豚熱(CSF)対策本部だより」新聞折込チラシに登場した狩野浩志県議。Xデーは果たしていつになるか。
ZIP ⇒ 20210822cviria_uj.zip

続きを読む
2

長野高専岩佐(前)総務課長による常習巨額の旅費着服問題…その悪質な実態を会計検査院へ告発!  【出張!オンブズマン】長野高専の闇

■長野高専有志各位の勇気ある告発と当会の弛まぬ調査の結果、遂に白日の下に晒された同校の岩佐(前)総務課長による常習巨額の出張旅費不正請求事件。総務課長在任時だけでも着服総額40万円近くに達するとみられるその悪質極まりない実態は、同校のみならず全高専の関係者一同を揃って唖然とさせました。調査経緯と事件内容の詳細は以下の記事をご覧ください。

○2021年1月17日:【スクープ】総額40万円!?遂に暴かれた長野高専岩佐総務課長の夫婦ぐるみ常習旅費着服の実態と全貌!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3266.html

 こうして岩佐達也による不正の実態こそ如実に示されましたが、これはまだ当会として独自調査結果を公表したに過ぎません。岩佐達也に然るべきケジメを付けさせるためには、この巨大不正をめぐる事実関係を高専機構に認めさせ、その上で然るべき対応や措置を取らせる必要があります。ところが周知のとおり、独法高専機構の自浄作用はまったく絶望的です。自浄機能を確保する最後の砦であるはずの監査室がまったく機能しない惨状はこれまで散々に痛感させられており、仮に本件を高専機構監査室に持ち込んで対処を任せたところで、早晩揉み消されることは目に見えています。

 よって、高専機構の自浄作用に一切期待できないため、外部機関への告発を第一に検討することにしました。そして、最有力の告発先として、会計検査院が浮上してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
3




AutoPage最新お知らせ