2016/8/31  21:13

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋市が関電工に建築許可を出した翌日開かれた第4回住民説明会  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災


■赤城山南麓に放射能の2次汚染のリスクを抱えた年間8万トンの木質燃料を使ってバイオマス発電を行うという東電のグループ会社の関電工の発電施設設置計画は、住民の不安と懸念を払しょくしようとしないまま、必要な行政手続きが完了してしまいました。そのため住民側は、2016年3月27日に第3回住民説明会が開催された後、5か月間も説明をしないまま計画を進めようとする関電工に対してさらなる説明会の開催を要請していたところ、先日8月27日(金)13時から15時にかけて前橋市内のみやぎ公民館で説明会が再開されました。その概要を報告します。


 説明会に際して関電工から「8月26日付けで前橋市から建築確認申請の許可が下りた。9月着工の予定。良いブラントを造りたい。」と冒頭に説明がありました。

 関電工からの出席者は福本氏、田代氏、遠藤氏の3名でした。一方、住民側は「赤城山の自然と環境を考える会」「赤城南麓の環境と子供たちを考える会」及び当会のメンバーを含む約20名が出席しました。

 説明会における関電工と住民側とのやりとりの要旨は次のとおりです。

(1)関電工いわく「発電所の建築確認申請も合格、9月より工事スタート」。しかし、第3回住民説明会で示された日程とは大幅に相違しているので、住民側から最新版の日程の提示が必要だと申し入れた。特に工事時の騒音振動対策としての環境対策工事日程を至急開示するよう要求。

(2)住民側から、株式会社トーセンが新聞発表したみなかみ町貯木場について認識しているかと関電工に質したところ、関電工いわく「知らなかった」。これまでも住民側から、関電工の本バイオマス計画について、事業主体の関電工に「どこの森林から燃料調達するのか?どのような放射能測定をするのか?」と訊ねても、いまだに回答できないのは当然か。

(3)参加した市民団体から20項目ほどの改善要求をおこなった。

(4)上記(3)項には今後1回/月程度の打合せ開催を要求した。この中で放射能管理、プレス機による水分絞り出し、搾汁中の汚染物質の除去方法、井戸水への影響有無、騒音・振動等の環境管理及び監査チームについての議論し、これらを網羅した覚書について議論していくことを関電工に申し入れた。

(5)住民側の申し入れ事項に対して、関電工は、今回も従来と同じく「持帰り検討する」との回答を繰り返すにとどまった。関電工が言うには「9月5日の週に回答する」という。

■上記(2)については、7月28日付の日経新聞電子版に株式会社トーセンが、みなかみ町に1500トン/月(年間2万トンに近い)の燃料チップを関電工に供給する貯木基地を新設とありました。みなかみ地区は放射能汚染が群馬県内でも一番高いエリアの一つです。

 ところが、この重大な計画を前橋市苗ケ島における前橋バイオマス発電事業のパートナーである関電工はしらないというのです。まったく奇異に感じるほかありません。

■当会からの、「確認申請の書類をいつ前橋市役所に提出したか」との質問に対して、関電工の担当者は「確かお盆前」と答えました。申請書の日付けを知りたいため 当会から「申請書の頭だけでもコピーをくれないか。また、もし市役所から許可証の類が渡されているのならそのコピーも提示願いたい」と要求したところ、関電工側は言葉を詰まらせ、これまた「持ち帰って検討」と答え、明言を避けました。

 このことから、お盆前(8月10日前後)の申請書の提出で、約2週間後の8月26日に許可が下りるという、このスピーディさにはただただ驚かされるばかりでした。群馬県はもとより、前橋市長と関電工との官業癒着の実態をつくづく疑わざるを得ません。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ