2019/1/24  23:33

前橋市職員の連続不祥事件・・・ついに殺人事件に至った前橋市役所の人事管理の無責任体質  前橋市の行政問題

■前橋市役所職員が殺人事件を起こすという何とも遣る瀬無い事件が発生してしまいました。今回の事件は、単に不祥事というレベルではありません。市役所は間接的に人を殺すことはあってもさすがに直接の殺人はありませんでした。今回は、絶対起きてはならない事件が起こってしまったという殺人事件とは別な「市役所構造的殺人事件」だと思います。

 山本龍市長は、フェイスブックで、あたかも今年度採用の新人職員と強調し、早くも責任逃れを図ろうとしているフシがあります。
※参考URL「山本龍」
https://www.facebook.com/yamaryu.gunma/
**********
●山本龍-リーダー一人で変革はできません。ー市民主権の地方自治を目指すー
15時間前 ·
本市に今年度採用された職員(建設部技師)である鳥山裕哉(とりやま ゆうや25歳)が殺人の容疑で埼玉県警察に逮捕されたことを確認しました。
本市職員が起こした事件によって亡くなられた被害者の方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族はじめ多くの方々に深くお詫びします。
本日10時より報道機関に対して会見を行います。
●山本龍-リーダー一人で変革はできません。ー市民主権の地方自治を目指すー
18時間前 ·
午前零時に市役所職員が加害者になった犯罪を起こしたとの一報が秘書課よりありました。本朝に詳細を協議します。
本市職員が重大な犯罪を起こした事に市長としてお詫びを申し上げます。
**********

■昨年度から続く色々な市職員が絡む事件や問題を「厳正に対処する」と言いながら、内実は「身内を庇った大甘の処分」しかしてこなかった結果と言っても過言ではないと思います。

 また、不良職員を違法に庇う市役所・行政機関体質に由来する部分もあることを指摘しておかねばなりません。

 全て、山本市長、副市長、総務部長、採用した当時の職員課課長(市議会事務局長)、職員課長以下全ての職員課職員などなどの責任は重大だと思います。

 そこで、先ほど午後8時47分に、早速当会会員が次の内容の情報公開請求書を前橋市役所にFAXしました。
*****行政情報公開請求書*****
<公開の請求に係る行政情報の内容>
@平成31年1月24日に前橋市役所で前橋市長を含む前橋市職員が行なった記者会見のすべての映像写真

**********

■市長・総務部長・職員課長が雁首を揃えた記者会見の様子は、ほんの数秒しかテレビでは報道されず、前橋市のYOUTUBEでも公開されていません。

 市長以下がどのような発表をしたのか、記者からどんな質問が飛んだのか、是非知りたくなり請求してみたものです。

 まずは、今日の記者会見を見れば、市役所がどういう責任を感じていたのか、それても責任を感じていないのかが 多少は分かると思います。

 市政発信課は、このような、市役所にとってマイナス方向の謝罪会見を「録画および公開していない」と言う可能性もあり、予断は許されません。

■この事件を報じたマスコミ記事も視てみましょう。

**********毎日新聞2019年1月23日 22時21分(最終更新 1月24日 01時43分)
女性が首切りつけられ死亡 25歳の男を殺人容疑で逮捕 さいたま
クリックすると元のサイズで表示します
女性が切りつけられたビル=さいたま市大宮区宮町2で2019年1月23日午後9時21分、鈴木拓也撮影
 23日午後5時55分ごろ、さいたま市大宮区宮町2のビル5階の通路で、埼玉県春日部市、会社員、金井貴美香さん(22)が男に包丁で首などを切りつけられた。金井さんは病院に搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。県警大宮署は前橋市、自称同市職員、鳥山裕哉容疑者(25)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、容疑を殺人に切り替えて調べる。
 同署によると、鳥山容疑者は「首を刃物で刺したことは間違いない」と容疑を認めている。金井さんは、このビルに入る会社の従業員で、2人は顔見知りとみられる。春日部署には金井さん側から鳥山容疑者についての相談が寄せられており、同署は「女性やご家族の意向を踏まえ、状況に応じて対応していた」と話している。
 現場付近を通りかかった50代の女性は「午後6時半ごろ、ビルの前にパトカーと救急車が来て物々しい雰囲気だった。誰かが担架で運ばれた後、ジャケット姿のサラリーマン風の男性が警察官に連れられていった」と話した。現場はJR大宮駅北東約300メートルの繁華街。【畠山嵩、鈴木拓也】

**********産経新聞2019年1月24日10:26
20センチ包丁使用、強い殺意か 埼玉22歳女性殺害、容疑者は前橋市職員
クリックすると元のサイズで表示します
女性が殺害される事件があったビル=24日午前、さいたま市大宮区
 さいたま市で女性が首を刃物で切られ死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された前橋市の鳥山裕哉容疑者(25)が使用した凶器は刃渡り約20センチの包丁だったことが24日、大宮署への取材で分かった。同署は強い殺意があったとみて、容疑を殺人に切り替え動機や詳しい経緯を調べる。鳥山容疑者の職業は前橋市道路管理課の技師と判明。前橋市が明らかにした。
 大宮署によると、女性は鳥山容疑者の知人で、埼玉県春日部市道口蛭田、会社員、金井貴美香さん(22)。春日部署によると、金井さん側から鳥山容疑者に関する相談が寄せられていた。同署は内容を明らかにしていないが「金井さんやご家族の意向を踏まえ状況に応じて対応していた」としている。
 前橋市は「事実確認の上、厳正に対処する」とのコメントを出した。

**********毎日新聞2019年1月24日11時18分(最終更新1月24日13時06分)
さいたま女性死亡 逮捕の前橋市職員との交際巡りトラブルか 市長、記者会見で陳謝
クリックすると元のサイズで表示します
市職員逮捕を受けて謝罪する前橋市の山本龍市長(中央)ら市幹部=前橋市役所で2019年1月24日、鈴木敦子撮影
 さいたま市大宮区のビルで23日、埼玉県春日部市の会社員、金井貴美香さん(22)が包丁で切りつけられ死亡した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された前橋市大渡町1の同市職員、鳥山裕哉容疑者(25)が「金井さんと交際していた」と供述していることが、捜査関係者への取材で判明した。埼玉県警は2人の間に交際を巡るトラブルがあったとみて、容疑を殺人に切り替えて動機や詳しい経緯を調べている。
 逮捕容疑は23日午後5時55分ごろ、大宮区宮町2のビル5階の通路で、持っていた刃渡り約20センチの包丁で金井さんの首などに切りつけて殺害しようとしたとしている。
 捜査関係者によると、鳥山容疑者は金井さんの首付近に背後から腕を回して押さえつけ、包丁で切りつけたといい、首以外にも上半身に複数の切り傷があった。
 昨秋以降、金井さん本人などから同県警春日部署に「交際トラブルで鳥山容疑者から暴力を振るわれた」と複数回相談が寄せられていたという。同署は詳しい内容を明らかにしていないが「本人や家族の意向を踏まえて対応していた」と説明している。金井さんが住む春日部市のアパート近くの男性は取材に「半年ほど前、(金井さんの部屋付近の)ドアをたたく男の姿を見かけた」と話した。
 前橋市によると、鳥山容疑者は2018年4月に入庁し、道路管理課所属の技師として勤務。事件当日の23日は通常通り出勤したが、昼休み後に「吐き気がする。頭が痛い」と体調不良を訴え、午後から早退した。勤務態度はまじめで、同僚によると、おとなしい性格で悩んでいる様子はなかったという。
 鳥山容疑者が住むマンションの女性は「優しそうな青年だったのに……」と驚く。山本龍市長は24日に記者会見し「市職員の起こした事件によって一人の若者の命を奪い、ご家族や関係者に深い悲しみを与えたことを心からおわび申し上げます」と陳謝した。 【鈴木拓也、古賀三男、鈴木敦子】

**********読売新聞2019年01月24日 11時55分
女性切りつけ、男は前橋市職員…頭が痛いと休暇
 さいたま市大宮区のオフィスビル通路で23日夜、埼玉県春日部市道口蛭田、会社員金井貴美香さん(22)が刃物で首などを切られて死亡した事件で、大宮署は24日、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された前橋市大渡町、鳥山裕哉容疑者(25)について、前橋市職員であることを明らかにした。
 逮捕を受けて、前橋市は24日午前、山本龍市長らが記者会見を開いた。鳥山容疑者は昨年4月に入庁し、道路管理課の技師として橋や道路舗装の補修などを担当。23日は通常通り出勤したが、昼食後に「吐き気がする。頭が痛い」と体調不良を訴えて、午後から休暇をとったという。山本市長は「心からおわび申し上げる」と謝罪した。

**********産経新聞2019年1月24日12:40
さいたま市の女性死亡 容疑者は前橋市職員 山本市長「心からおわび申し上げる」
クリックすると元のサイズで表示します
謝罪する山本龍市長(中央)ら=24日午前、同市役所
 さいたま市大宮区で23日、埼玉県春日部市の会社員、金井貴美香さん(22)が男に包丁で切りつけられ死亡した事件で、前橋市は24日会見を開き、埼玉県警に殺人未遂の疑いで逮捕された男が前橋市建設部道路管理課の技師だと明らかにした。山本龍市長は「心からおわび申し上げます」と謝罪した。前橋市は事実を確認し、厳正に対処していくとしている。
 男は前橋市大渡町の鳥山裕哉容疑者(25)。
 前橋市の説明によると、鳥山容疑者は昨年4月に採用され、道路の舗装や照明を補修する業務を行っていた。同僚は「まじめでおとなしい性格」と話しており、勤務態度に問題はなかったという。
 事件が起きた23日は通常通り、午前8時半に出勤。体調不良を訴え、午後1時15分に早退した。前橋市は埼玉県警から連絡を受け、午後11時半ごろ、山本市長に報告した。
 前橋市は女性とのトラブルを把握していなかったといい、採用時の面接試験でも「私生活について気になったことはなかった」としている。
 山本市長は「前橋市職員が起こした事件で、1人の若者の命が奪われたことを悲しく思っていると同時に、心からご冥福をお祈りしたい。職員がこのような信頼を裏切るような行為を行ったことは大変残念だ」と述べた。

**********YouTube FNN プライムオンライン2019年1月23日
https://www.youtube.com/watch?v=K1Wm8KAVUmc
前橋市職員の男 別れ話でトラブルか 22歳女性刺され死亡
FNN.jpプライムオンライン
2019/01/23 に公開
群馬・前橋市職員の鳥山裕哉容疑者(25)は、23日午後6時ごろ、さいたま市大宮区のビルで、会社員の金井貴美香さん(22)を切りつけ、殺人未遂の現行犯で逮捕された。
↓記事はこちら
https://www.fnn.jp/posts/00410468CX
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/
**********

■当会は慎重にこの事件の展開を見守ってゆきます。

【1月25日追記】
**********NHK群馬NEWS WEB 2019年01月24日 11時49分
殺害の女性「別れ話で暴力」相談
 23日夜、さいたま市大宮区のビルで22歳の会社員の女性が包丁で首を切りつけられて死亡し、交際していた前橋市の25歳の職員の男が逮捕された事件で、女性が去年、「別れ話をめぐって男とトラブルになり暴力をふるわれた」と警察に相談していたことが捜査関係者への取材でわかりました。
 23日午後6時ごろ、さいたま市大宮区宮町のビルでこのビルに入っている会社の社員で、埼玉県春日部市の金井貴美香さん(22)が首を包丁で切りつけられその後、搬送先の病院で死亡しました。
 警察は、金井さんと交際していた前橋市の職員の鳥山裕哉容疑者(25)を、殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
 捜査関係者によりますと、金井さんと家族は去年「鳥山容疑者と別れ話をめぐってトラブルになり、暴力をふるわれた」と警察に相談していたということです。
 警察は相談を受けて被害届を出すよう促しましたが、提出されなかったということです。
調べに対し「女性の首を刃物で刺したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警察は今後、容疑を殺人に切り替えて詳しい動機やいきさつを調べることにしています。
 事件現場のビルの10階に入っている会社に勤める男性は、「被害者とみられる人が担架で運ばれていくのを見ました。そのあとグレーのズボンをはいた小柄な男が警察官に囲まれて連行されていきました。男はぼう然としていて気力がない様子でした」と話していました。

********埼玉新聞2019年1月24日
<大宮刺殺>逮捕の男が暴力、女性が県警に相談 県警から警告され男反省も…被害届け出す直前に凶行
クリックすると元のサイズで表示します
事件のあった現場のビルから引き上げる警察官=23日午後8時5分ごろ、さいたま市大宮区宮町
 さいたま市大宮区宮町のビル5階で23日、女性が男に刺された事件で、大宮署は殺人未遂の疑いで、女性の交際相手で前橋市職員の男(25)=前橋市大渡町1丁目=を現行犯逮捕した。刺された会社員金井貴美香さん(22)=春日部市道口蛭田=は首などを刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は男女間のトラブルがあったとみて、容疑を殺人に切り替え詳しい動機や経緯を調べている。
 死亡した春日部市の会社員金井貴美香さん(22)は男(25)から暴力を振るわれているとして昨年9月から複数回、県警に相談を寄せていた。事件があった23日午後9時ごろに父親と共に春日部署を訪れ、被害届を提出する予定だったが、その約3時間前に職場のあるビルに男が現れ、命を落とした。県警は「本人と家族の意向を踏まえ、状況に応じて対応していた」としている。
 県警人身安全対策課などによると、昨年9月中旬、金井さんの父親から「娘が暴力を振るわれている」と春日部署に相談があった。同署では金井さんから聞き取りをした上で、男と両親を呼び出し、口頭で警告。両親には観護依頼、金井さんには防犯指導を行った。
 県警が「金井さんに近寄らないように」「連絡を取らないように」などと警告したところ、男は金井さんの申告内容を認めて反省した様子だったという。同課は「金井さんに被害届を提出することを薦めたが、出さなかった」としている。
 その後も同署は定期的に金井さんと連絡を取っていたが、男からの暴力や自宅への押し掛けといった事案はなく、11月には継続していた相談対応を一度終了した。
 しかし12月上旬、金井さんが同署管内の交番を訪問し、「(男が)家に来ているようだ」と再び相談。事情を聴いたところ、交際が続いていたことが分かった。
 今年1月になってから、再び暴力を振るわれる事案があり、22日に父親から電話で相談があった。翌23日には被害届を出す予定になっていた。
 県警捜査1課によると、金井さんは殺害される直前、男ともみ合いになり、「助けて」と悲鳴を上げ、複数の者が目撃した。県警は金井さんと男の交際に起因するトラブルが続いていたとみて、犯行に至る詳しい経緯や動機を調べている。

**********埼玉新聞2019年1月24日(木)22:42配信
<大宮刺殺>女性と男もみ合い「助けて」と叫び声 女性死亡、容疑で交際相手を逮捕 会社員ら取り押さえる
 埼玉県さいたま市大宮区宮町のビル5階で23日、女性が男に刺された事件で、大宮署は殺人未遂の疑いで、女性の交際相手で前橋市職員の男(25)=前橋市大渡町1丁目=を現行犯逮捕した。刺された会社員金井貴美香さん(22)=春日部市道口蛭田=は首などを刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は男女間のトラブルがあったとみて、容疑を殺人に切り替え詳しい動機や経緯を調べている。
 逮捕容疑は、23日午後6時ごろ、さいたま市大宮区宮町2丁目のビル5階通路で、金井さんの首などを刃渡り約20センチの包丁で切り付けるなどして殺害しようとした疑い。「女性の首を刃物で刺したことは間違いない」と容疑を認めているという。
 県警捜査1課や大宮署などによると、金井さんと男が5階通路でもみ合っている姿を近くにいた人が目撃。金井さんは「助けて」と叫んでいたという。現場の状況などから、男が金井さんの後ろに回り込んで体を押さえ、首付近を刺したとみられている。会社員男性2人が男を取り押さえ、駆け付けた警察官に引き渡した。
 昨年9月から複数回、金井さんと父親から男との交際に関するトラブルの相談が県警に寄せられていた。事件当日の夜、金井さんの自宅を管轄する春日部署を訪れ、被害届の提出を相談する予定だったという。
 男は「女性を待って刺した。包丁は持ってきた」などと供述しており、県警は裏付け捜査を進めている。

**********日刊ゲンダイDIGITAL 2019年01月24日 17時00分
さいたま22歳女性を殺害 元交際相手25歳男の“ピカピカ経歴”
 さいたま市大宮区のビルで会社員の金井貴美香さん(22=埼玉県春日部市)が殺害された事件。同県警に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された前橋市職員の鳥山裕哉容疑者(25=同市)は、ピカピカの経歴の持ち主だった。
 鳥山容疑者のものとみられるSNSなどによると、前橋市で生まれ育ち、群馬県内一の進学校、県立前橋高を卒業した。同校OBには、元海軍大将で元首相の鈴木貫太郎をはじめ、元大臣や知事、事務次官、大手企業の社長など政官財界の大物がズラリ。詩人の萩原朔太郎や、コピーライターの糸井重里氏など文化人も数多く輩出している。
「高校卒業後は浪人して筑波大に進学し、都市の防災などについて研究していたそうです。今は前橋市役所に徒歩で通える、家賃5万円ほどの利根川近くのマンションに住んでいました」(関係者)
 前橋市などによると、昨年4月に入庁。採用試験通過後に、筑波大を中退したという。
「市の道路管理課の技師として、橋の補修や道路舗装などの業務を担当していました」(職員課担当者)
 県内一の高校を卒業し、浪人したとはいえ国立大から地元の市役所へ。キャリアとしては申し分ないだろう。
 実際、普段の鳥山容疑者は真真面目でおとなしく、勤務態度に特に問題もなく、何かに悩んでいる様子なども感じられなかったという。
 事件のあった23日も通常通り出勤し、市役所にいたが、昼食後に「吐き気がする」などと体調不良を訴え、昼1時15分ごろに早退。その約5時間後の夕方6時ごろ、さいたま市大宮区のビル5階で、金井さんの首などをつかみ、刃渡り約20センチの包丁で切りつけ、死亡させた。
 首以外の上半身にも、複数の切り傷があったというから、執拗な殺意を感じさせる。
「出会った経緯は判然としませんが、鳥山容疑者と金井さんは同じ群馬出身で、もともと交際していた。別々の大学に通っていましたが、昨年、別れ話をめぐってトラブルになり、金井さんと家族は『(鳥山容疑者から)暴力を振るわれた』などと埼玉県警に何度か相談していたといいます。県警は被害届を出すように言ったそうですが、提出されなかったらしい」(捜査事情通)
 どうやら“ストーカー殺人”の線が濃厚だが、4年前の鳥山容疑者のSNSには、こんなことがつづられていた。
〈(浪人中も)川でぼーっとすることが多かったのですが、川の周辺には人間を追い詰める全てのものが排除されていてやっぱりいいなぁと思います〉
〈利根川に行けば心がきれいになったオタクに会えるかもしれませんね〉〈とりあえず4月はじめくらいまでの群馬ニート生活、親以外の人間様に迷惑をかけない範囲でゆっくり自分的に楽しく過ごすつもりです〉
 元交際相手を殺害とは、他人に迷惑をかけるどころの話じゃない。

**********上毛新聞2019年1月25日
容疑者は前橋市職員 大宮の女性殺害 被害者は高崎出身
クリックすると元のサイズで表示します
鳥山容疑者の自宅を家宅捜索し、押収物を運び出す埼玉県警の捜査員=24日午後、前橋市
 さいたま市大宮区で23日夜に起きた女性会社員殺害事件で、埼玉県警が殺人未遂容疑で逮捕した前橋市大渡町の鳥山裕哉容疑者(25)は前橋市職員だったことが24日、分かった。市が記者会見で明らかにした。被害者の女性(22)=埼玉県春日部市=は高崎市出身で、昨春に高崎経済大を卒業したことも判明。女性は交際していた鳥山容疑者からの暴力などを昨秋から埼玉、群馬両県警に相談していた。
 埼玉県警によると、鳥山容疑者は容疑を認めている。使われた凶器は、刃渡り約20センチの包丁だった。同県警大宮署は強い殺意があったとみて、殺人容疑に切り替えて動機を調べる。
 前橋市によると、鳥山容疑者は昨年4月に入庁し、道路管理課技師として橋や道路などの補修に携わっていた。私生活でのトラブルは把握していなかったとした。事件が起きた23日は昼食後に体調不良を訴え、午後1時15分ごろに早退した。
 女性が昨年9月以降、鳥山容疑者からの暴力を埼玉県警に複数回相談していたことが同県警への取材で分かった。事件当日の夜に被害届提出の相談をする予定だった。
 トラブルについて、群馬県警は昨年9月18日に埼玉県警からの連絡で初めて認知したと明らかにした。県警は鳥山容疑者に口頭で注意するなどの対応を取っていたと説明している。
 埼玉県警は24日朝から4時間半ほど、鳥山容疑者の自宅を捜索した。
●悲劇に学友「残念」 被害女性 昨春まで高経大在籍
 高崎市出身の会社員の女性(22)=埼玉県春日部市=が23日夜、さいたま市大宮区で殺害された事件。女性が昨春まで通っていた高崎経済大の関係者は24日、突然の悲劇に声を失った。
 女性は昨春まで同大経済学部に在籍。在学中は英語での弁論などに取り組む「英語研究部」(ESS)に所属し、大会で好成績を収めるなど部の中心的な存在として活躍した。卒業後は実家のある高崎市を離れ、埼玉県春日部市で暮らしていた。
 同部の顧問、石渡華奈准教授(51)は「信じられないという思いしかない」と言葉を詰まらせた。努力家で面倒見も良く、周囲から慕われる存在だったという。学内のスピーチコンテストで良い成績を残せず、涙を流して悔しがる姿が印象に残っていると話した。
 卒業後も女性と連絡を取っており、最近は悩みを抱えているような様子で、「今度話そうね、と約束していたのに」とうつむいた。
 同じ英語研究部に所属していた県内の男性(24)は「朝のニュースで事件を知り、名前を見て、もしかしたらと思っていた。今でも現実味がない」と戸惑った様子。2学年離れていたが、面識はあり、「真面目で明るく、人当たりが良い。事件に巻き込まれるようなタイプではない」と女性の印象を説明。「大会の運営でもリーダーシップを発揮していた。残念だ」と声を落とした。
 同大の村山元展学長は、「英語コンテストでは優秀な成績を収め、卒業時には学長表彰を受けた学生でした。社会に出て活躍されることと期待していましたが、こうした悲しい結果となり本人もさぞ無念であったろうと思います」とのコメントを出した。
●「ただぼうぜん」…被害女性の遺族
 被害者の女性の遺族は24日、埼玉県警を通じ「大切な娘との別れが信じられず、ただぼうぜんとしています」とするコメントを出した。
 コメントは「娘は大きな夢を持っていました」とした上で「今はただ、家族で娘との時間を大切にしたいと思っています」としている。
●事件前 容疑者に口頭で警告 群馬、埼玉両県警
 埼玉、群馬両県警は24日、殺人未遂容疑で逮捕された前橋市職員、鳥山裕哉容疑者(25)=同市大渡町=に対して事件前、被害女性に接触しないように警告していたことを明らかにした。
 埼玉県警によると昨年9月中旬、女性の父親から「娘が暴力を振るわれている」と110番があり、同県警は鳥山容疑者に女性と会ったり、連絡を取ったりしないよう口頭で警告。「鳥山容疑者は素直に受け入れた」としている。
 その後も同県警は定期的に女性と連絡を取っていたが、事件前日の22日に女性の父親から春日部署に電話があり、23日夜に被害届の提出について相談する予定になっていた。
 群馬県警は昨年9月、埼玉県警から「交際トラブルで相談者が高崎市内の実家に戻る」と連絡を受けて、事案を把握。同月、高崎署で女性から相談を受け、その後、同署に鳥山容疑者を呼び出し口頭で注意した。この際、鳥山容疑者は注意に応じた様子だったという。県警は女性の携帯電話の番号などを登録し、緊急時に警察官を派遣するなどの対応を取れる態勢を整えたが、女性は同月中に春日部市へ戻ったという。
 被害女性への対応について群馬県警子ども・女性安全対策課は、相談を受けた当時は緊急性が高まっている状況ではなかったとし、「事案への対応は適切だったと考えている」とした。
●逮捕の鳥山容疑者 進学校で友人多く 驚く同級生
 鳥山容疑者の逮捕を受け、高校時代の同級生に衝撃が走った。
 鳥山容疑者は県内有数の進学校に進んだ。複数の同級生によると、演劇部とクイズ研究会に所属し、友達も多かったという。
 今月上旬に前橋市内で鳥山容疑者を含む仲間で飲食したという男性会社員(25)=山梨県=は「悩みがあるようには見えなかった」と振り返った。事件を知り、「ひどく落ち込んでも、他人を傷つけるような人ではないと思っていた」と話した。
 大学受験の際に同じ予備校に通い、交流があったという男性(25)=北海道=は「わが道を行くタイプで読めない部分もあったが、こんなことになるとは」と困惑していた。
●道路管理を担当 事件当日は早退 前橋市長が会見で謝罪
 市職員が殺人未遂容疑で逮捕されたことを受け、前橋市は24日、記者会見を開いた。
 総務部によると、鳥山容疑者は昨年4月に入庁。建設部道路管理課に配属され、技師として橋、道路関連の補修に関する業務を担当している。勤務態度は真面目で、おとなしい性格という。私的なトラブルについて相談を受けている同僚や上司はいなかった。
 事件当日の23日は通常通り出勤して庁舎内で仕事をしていたが、昼食後に「吐き気がする」「頭が痛い」と体調不良を訴え、午後1時15分に早退した。
 山本龍市長は「ご家族やたくさんの方々に深い悲しみを与え、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

**********読売新聞2019年1月25日07:04
殺人未遂容疑で前橋市職員逮捕 続く不祥事に信頼失墜 「ありえない」憤る市民
 さいたま市大宮区のビルで23日、埼玉県春日部市の会社員、金井貴美香さん(22)が包丁で首を切り付けられて死亡し、埼玉県警が殺人未遂の疑いで前橋市職員の男を逮捕した事件は、群馬県内にも大きな衝撃をもたらした。前橋市では昨年、職員による窃盗事件やセクハラ問題などが発覚し、市民から厳しい目を向けられていた。今回の事件で信頼はさらに失墜した。 (糸魚川千尋、橋爪一彦)
 逮捕されたのは、前橋市大渡町の市道路管理課の技師、鳥山裕哉容疑者(25)。埼玉県警は容疑を殺人に切り替え、詳しく調べる方針だ。
 事件から一夜明けた24日、幼い子供を連れて市庁舎を訪れた20代の専業主婦は「安心して来る場所なのに、そんな職員がいたと思うと怖い」と眉をひそめた。30代の男性は「市の職員がそんなことをするなんてありえない」と厳しい表情で語った。
 鳥山容疑者の自宅マンションには報道陣が詰めかけ、物々しい空気に包まれた。玄関のドアは閉まったままひっそりとしており、インターホンにも応答はなかった。
 関係者によると、鳥山容疑者は両親と同居していたという。正月に会ったという隣人の自営業の50代女性は「好青年でいつも感じよくあいさつしてくれた」と話し、驚きを隠せない様子だった。
 同じ階の施設職員の女性(65)は1〜2カ月前に母親と一緒にいる姿を見かけたといい、「おとなしそうな印象だった」と振り返った。
 市は昨年5月、拾った財布から現金を抜き取って盗んだとして、環境部の主任清掃技師の50代男性を停職3カ月の懲戒処分とした。
 同年6月には、部下の女性にセクハラ行為をしたり、飲酒運転をしたりするなどしたとして、40代の管理職の男性を停職9カ月の懲戒処分とし、降任させていた。
 鳥山容疑者の逮捕を受け、24日会見した山本龍市長は「信頼を裏切るような行為を行ったことは大変残念だ」と険しい表情で述べた。
 市は事実を確認し、厳正に対処するとしている。
**********

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ