2019/7/26  19:29

【緊急速報/出張!オンブズマン】長野高専前校長・石原氏への名誉教授授与撤回要請に同校から拒否回答!  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専と並び当会の追及先となっている長野高専において、文科省からの天下り校長である石原氏の退陣が実現したのもつかの間、どうやら彼の負の遺産として残されたイエスマン幹部らが、性懲りもなく彼に名誉教授の称号を授与しようとしている事実が明らかとなりました。この学辱といってもよい事態に、長野高専関係者らの憤りは非常に大きく、「ふざけるな」という怒りのコメントが当会にも続々寄せられています。
 そこで当会では、長野高専に貢献をしたどころか、極めて問題のある言動を繰り返して健全な学校運営を阻害した石原前校長への名誉教授称号授与を撤回ないし再考するよう、同校の土居信数現校長宛に7月12日付で緊急要請書を送ったところ、本日午後、撤回・再考とも拒否の回答FAXを当会事務局で受信しましたのでご報告いたします。経緯は以下の記事をご覧ください。
○2019年7月11日:【出張!オンブズマン】長野高専前校長・石原氏への名誉教授称号授与撤回を求め同校に抗議文書提出!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2983.html
クリックすると元のサイズで表示します


*****長野高専からのFAX回答*****ZIP ⇒ 20190726vfax.zip
<P1>
2019.07.26 14:29 FAX 026 295 4356 長野高専 総務課     0001/0003

長野市大字徳間 716                長野工業高等専門学校
TEL (026) 295-7003
FAX (026) 295-4356

FAXのご案内

送付先:市民オンブズマン群馬代表 小川賢 殿
発信元:長野工業高等写門学校 総務課課長補佐 北原
FAX番号:027-224-6624
送付枚数:3枚(送り状を含む)
電話番号:027-224-8567
日付:令和元年7月26日
件名:緊急要請書に係る回答について
□至急! □ご参考まで ☑ご確認ください □ご返信ください □ご回覧ください

長野高専総務課課長補佐の北原でございます。

緊急要請書に係る回答につきまして,別添のとおり送信いたしますので、よろしくお取り計らい願います。

<P2>
クリックすると元のサイズで表示します
2019.07.26 14:29 FAX 026 295 4356 長野高専 総務課     0002/0003

                           令和元年7月26日
  市民オンブズマン群馬代表
        小 川   賢  殿

                   独立行政法人国立高等専門学校機構
                          長野工業高等専門学校

         緊急要請書に係る回答について
令和元年7月12日付で依頼のありました,前校長への名誉教授称号授与の撤回に関する緊急要請書について,別紙のとおり回答いたしますので,よろしくお願いいたします。

                   担当:長野工業高等専門学校
                   総務課課長補佐(総務担当) 北原 斉
                   〒381- 8550 長野市徳間716
                   電話 026-295-7132

<P3>
クリックすると元のサイズで表示します
2019.07.26 14:29 FAX 026 295 4356 長野高専 総務課     0003/0003
                               別紙

「石原祐志前校長への名誉教授称号授与の撤回について」に係る回答について

質問(1)
 事実関係精査の上、石原祐志前校長への名誉教授授与を撤回すること。


回答(1)
 本校では,事実関係精査,及び前校長への名誉教授授与を撤回する予定はありません。



質問(2)
 上記(1)が困難である場合、最低でも当該事項に関し事実関係の精査を行った上で、名誉教授称号授与について保留とし、さらに教員会議において自学教員らの意見を聴取し、さらに後援会に対して学生・保護者・OBらの意見を聴取して、関係者から得られた意見を踏まえた上で、改めて名誉教授称号授与について決定しなおすこと。その際、仮に石原氏に貴学に対する「功績」があると認める場合は、それについて、貴学関係者全員と弊会に把握可能な形で、「事例を具体的に」明示すること。


回答(2)
 本校では,本校の規則に基づき,名誉教授称号授与の承認を行いました。緊急要請書に記載されている,貴会に寄せられた感想等につきましてはご意見として承ります。
 また,規則に基づき名誉教授称号授与の承認を行ったことから,要請のありました名誉教授授与の撤回が困難な場合の対応を行う予定はありません。

**********

■以上のとおり、取り付く島のない無残な内容となっております。なお、この回答書に接して当会のコメントはとりあえず次の通りです。

・石原前校長に学生生活や教職員としての誇りを踏みにじられ続けた長野高専関係者らには極めて無念な結果となってしまったこと

・土居氏の就任後しばらく様子を見ていたが、やはり本質的な部分で改善が見られないため、対・長野高専ではこれまで以上の強度で追及を続けていくこと

・この結果を受けて、当会の方での石原前校長の所業の精査と総決算により一層加速して取り組むこととなったため、長野高専関係者らからの更なる情報提供を必要としていること


 以上取り急ぎ情報共有いたします。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
63



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ