有毒スラグ問題を斬る!…新春スラグ調査「渋川市は今も有害スラグだらけ」その1  スラグ不法投棄問題

■群馬県中にダンプトラックで不法投棄された有害スラグ問題は、未解決なまま2021年新春を迎えました。群馬県のスラグ不法投棄問題は2つの排出事業者があります。

 一つは大同特殊鋼(株)渋川工場が排出し、(株)佐藤建設工業が天然石と混合し、毒を薄めたとみせかけた、有害スラグ問題です。こちらは六価クロムを変化させた三価クロムやフッ素が含まれています。フッ素には環境基準が決められています。

 もう一つは、東邦亜鉛(株)安中製錬所が排出し、岡田工務店グループがリサイクル砕石や違法盛り土に見せかけてばら撒いた非鉄スラグ問題で、こちらは鉛やヒ素が環境基準を大幅に超えて含まれています。

 そしてこの二つの問題の共通点は、本来は真っ先に責任をとらせるべき不法投棄実行犯を群馬県や渋川市・高崎市および排出事業者がかばい続け、(株)佐藤建設工業や岡田工務店グループが異常な発展をとげていることです。

 スラグ不法投棄特別調査チーム「リットン調査団」が今年も新春特別調査を行ったようです。さっそく調査結果報告を見ていきましょう。

*****リットン調査報告書(新春編)*****
■有害スラグ特別調査チーム「リットン調査団」集合(^^)/。

団長Aの訓示:皆様明けましておめでとうございます。新型コロナウィルスも怖いが、有害スラグも同じくらい怖い!本年もマスクと消毒液を装備して老体に鞭打ってスラグ徘徊調査に邁進しましょう!

団員B:いや〜群馬県によるスラグ撤去が、進んでいないからあまり芽出度くもねぇ〜な〜。

団員C:そうですね。しかし渋川市は少しですがスラグを撤去している話は聞こえていますね。しかし廃棄物の許可を取り消された悪質な(株)佐藤建設工業に対して、スラグ撤去の措置命令が発出されませんね。「許可取り消すだけなの?」「お目こぼし?」と怒鳴り散らしたいですな。

団員D:渋川市がスラグを片づけているって?信用できねぇ〜な〜。老人は自分の足で徘徊して老眼の目で確かめね〜と納得しないぞ!

団長A:ようし、スラグ問題発祥の地:渋川市に新春早朝調査じゃ!

■まずは団長の「JR渋川駅前からレポート開始じゃ!」の号令のもとに、出陣です。調査場所はこちらです。↓↓


クリックすると元のサイズで表示します
市民オンブズマン群馬に情報提供があった場所じゃな。本当に駅をおりたら2分でスラグ!なのか?あれ?渋川市土木維持課のカラーコーンが置いてあると聞いたけど、大同様に忖度して撤去したのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
なんじゃ、この切込は?少しでも多くのスラグを投棄するための切込か?

クリックすると元のサイズで表示します
もしスラグだとしたら、押し固まっていて混じりっけなしの100%生一本スラグのように見えるが。

クリックすると元のサイズで表示します
黒光り石発見!白い斑点があって見るからに有害そうじゃ、大同スラグじゃな。

クリックすると元のサイズで表示します
目が慣れてきたら、あちこちにスラグがあるぞ。有害スラグに間違いなしじゃ。いつになったら撤去するんだ!ここは駅前で歩行者が多い場所だぞ。あれあれ〜お役人様は重金属類の直接経口摂取が心配とか偉そうに言ってなかった?

 以前のレポートの様子はこちらをご覧ください。↓↓
○2018年3月25日:【読者投稿】大同有毒スラグを斬る!…渋川駅前はスラグだらけだった。
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2599.html#readmore

■続いて、再び団長の「次は渋川市赤城町の幼稚園に移動じゃ!」の掛け声とともに、次の場所へ移動します。

 調査場所はこちらをご覧ください。↓↓


クリックすると元のサイズで表示します
保育園と幼稚園の間にある広い駐車場です。ここも前に調査したよね。以前と違って入り口が舗装されていますね。スラグを隠すための舗装なのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
入り口だけにスラグがあったのかな?いや年寄りは3ポ歩くと忘れちゃうからあやふやだけど、全体にスラグがあったような?

クリックすると元のサイズで表示します
その時「スラグ発見!」の声が上がる。黒光り石だ角張ってもいるね、大同有害スラグに間違いなしじゃ。なぜスラグをばら撒いた(株)佐藤建設工業に撤去を請求しないんじゃ。スラグの毒が駐車場の所有権を侵害しているから、当然撤去を請求できるぞい。俺ら年寄りだって勉強して知っているぞ!

クリックすると元のサイズで表示します
あ〜あ、あちこちにスラグ発見!なぜ入り口だけ舗装してスラグを隠せると思ったのだろうか?なぜ入り口だけなんだ姑息だぞお役人様! 渋川市長に告ぐ、せめて子供が通う学校の駐車場くらいリーダーシップを発揮してスラグを撤去しろよ。人の孫だって可愛いだろうが〜。オイオイいくら叫んだって徘徊老人の言うことなんか誰も聞いてくれないよ。トホホ

■更に団長は「どんどん行くぞい!次は大崎緑地公園じゃ。どうなっているかな?」と団員らに檄を飛ばします。

 今度の調査場所はこちらです。↓↓


クリックすると元のサイズで表示します
お〜い。安物デジタルカメラの電池が終わってしまったぞぃ。調査中止じゃ。オイオイちょっと待って〜最近らくらくスマホってのを買ったからそれで撮影してみよう。調査続行じゃ。

クリックすると元のサイズで表示します
ピントが合いませんね、申し訳ない。大崎緑地公園の入口にはバリケードが設置されていました。何やら立て看板らしきものが立っていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
『お知らせ この場所の工事に際し、路盤材として使用されたスラグ砕石に、基準値を超える「フッ素」が含まれていることが分かりました。このため、当分の間、関係者以外の方は、立ち入らないようご協力ください。公園管理者』
 「フッ素」というと自慢気な年寄りが「フッ素は歯磨き粉にも入っているから大騒ぎしすぎ」などと勉強もしないで発言するのをよく耳にするが、環境省が基準値を定めているのだから仕方ないだろう。文句があるなら環境省に言え!ところで当分の間っていつまで?いい加減に撤去しろよ。


クリックすると元のサイズで表示します
バリケードの下はコンクリートかな?いやいや100%生一本大同有害スラグが押し固まってコンクリートに見えるのか?

クリックすると元のサイズで表示します
黒光り角張石と石灰が押し固まった有害スラグに間違いなしじゃ。なんでも大同特殊鋼は渋川市の裁判(控訴審)に割り込んできて、ヤメ検弁護士が「スラグは産業廃棄物ではない」などと主張しているらしいが、廃棄物に認定した群馬県と話をつけてから裁判に割り込んで来いよ。印象悪いぞ大同特殊鋼!
*****リットン調査団レポート続く*****

■渋川市の農道に有害スラグが敷砂利されていて、有害廃棄物と知りながらその一部を再利用してアスファルト舗装を施した問題で、渋川市議と渋川市の間で控訴審が争われています。その裁判に大同特殊鋼(株)が補助参加人として訴訟にしゃしゃり出てきました。

 驚くべきことに大同特殊鋼は、渋川市を差し置いて次の主張を展開しています。

*****補助参加人準備書面(1)の最終項引用はじめ*****ZIP ⇒ qlipj.zip
第5 結語
   以上の補助参加人の主張をまとめると以下のとおりである。
   @ 渋川市が本件市道に敷砂利として敷設していた本件道路用鉄鋼スラグは産業廃棄物ではない。
   A 本件道路用鉄鋼スラグはそもそも物理的にも法的にも本件市道上に独立した動産として存在しない。
   B 仮に何らかの意味で本件道路用鉄鋼スラグが本件市道上に存在するとしても、それによって本件市道の所有権の実現には何ら欠けるところはないことから、そもそも渋川市に対する所有権侵害が存在しない。
   C 仮に本件市道の所有権侵害が存在するとしても、渋川市は市道腋備の一環として自ら本件道路用鉄鋼スラグを本件市道に使用したものであり、補助参加人は、単に本件道路用鉄鋼スラグを製造して出荷したに過ぎず本件道路用鉄鋼スラグが本件市道に使用されたことに一切関与していないし、既にいかなる意味においても本件道路用鉄鋼スラグに対して支配を有していないから、補助参加人は本件道路用鉄鋼スラグに係る妨害排除請求の相手方となり得ない。
   D 仮に補助参加人が妨害排除請求の相手方になりうるとしても、渋川市と補助参加人との間では、本件協定書等の合意がされ、本件道路用鉄鋼スラグが本件市道に存在する問題は解決済みであるから、渋川市は補助参加人に対して妨害排除請求はできない。
   原判決の判断は、多くの事実誤認、最高裁判例の判断基準への違背、法解釈の誤り及び法適用の誤りを含む。また、そもそも判断の根拠となる説明が不足しており、理解に苦しむ箇所が多くある。そのため、本件訴訟は、補助参加人が産業廃棄物を本件市道上に投棄したかのような事実誤認に基づきなされたのではないかという印象すら与える。
   しかし、事実としては、補助参加人は、鉄鋼スラグを加工して本件道路用鉄鋼スラグを製造し、市場で流通された後、渋川市がこれを含む砕石を自らの判断で本件市道の敷砂利として使用したというものであって、補助参加人が本件市道上に鉄鋼スラグを排出又は投棄したというような事実は存在しない。原判決は、このような基本的な事実関係を誤認し、道路用鉄鋼スラグをして産業廃棄物と誤解し、法的に認められるとは考えられない妨害排除請求権を肯定し、本件訴訟の結論を大いに誤ったものと言わざるを得ない。
   したがって、原判決には、審理不尽、理由不備の違法があるので、破棄を免れない。
*****引用終わり*****

■この市道にスラグが敷砂利されたのは平成19年です。環境省がフッ素の環境基準を定めたのが平成13年になります。大同特殊鋼はスラグが環境基準を超えるフッ素が含まれているのを百も承知でスラグの製造販売を続けておきながら、次のとおり主張していますs。

(大同特殊鋼は)「スラグを製造して出荷したに過ぎず本件道路用鉄鋼スラグが本件市道に使用されたことに一切関与していないし、既にいかなる意味においても本件道路用鉄鋼スラグに対して支配を有していないから、補助参加人は本件道路用鉄鋼スラグに係る妨害排除請求の相手方となり得ない。」

 このように大同は、「製造はしたが、使用には一切関与していない」などと無責任極まりない主張を展開しています。

 大同特殊鋼の主張の根本は、「スラグは産業廃棄物ではない」というものです。しかし廃棄物かどうかを決めるのは実は渋川市ではなく廃棄物の監督官庁である群馬県環境森林部廃棄物リサイクル課です。その廃棄物の監督官庁が廃棄物に認定するときには素直に従っておいて、いざ個別な裁判で負けそうになると「廃棄物ではない」などと主張する様は、決して優良企業には見えません。

 渋川市の控訴審でとうとう悪の素顔を見せ始めた大同特殊鋼(株)を決して許すことはできません。スラグをばら撒いた悪徳建設業者の(株)佐藤建設工業と合わせて当会は微力ながら戦いを続けてまいります。

*参考資料*大同特殊鋼(株)の控訴審での主張はこちらをご覧ください↓↓
○2020年11月15日:【大同有害スラグ問題】渋川市の控訴は大同のシナリオ?訴訟参加人として準備書面(1)を出した大同の本性!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3238.html

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】

※参考情報「大同スラグは廃棄物」
**********日建コンストラクション2015年9月17日06:00
大同特殊鋼のスラグは「廃棄物」、群馬県が刑事告発
 大同特殊鋼(名古屋市)渋川工場から環境基準を超える有害物質を含む鉄鋼スラグが建設資材として出荷されていた問題で、群馬県はこのスラグを「廃棄物」と認定した。2015年9月11日に調査結果を発表した。
 大同特殊鋼のほか、同社の鉄鋼スラグの加工や販売を手掛けていた大同エコメット(愛知県東海市)と佐藤建設工業(群馬県渋川市)も廃棄物処理の許可を受けていなかったとして、県は9月7日に3社を廃棄物処理法違反の疑いで県警察本部に告発している。
クリックすると元のサイズで表示します
盛り土に鉄鋼スラグとみられる材料の混入が見つかった上武道路(写真:日経コンストラクション)
クリックすると元のサイズで表示します
有害物質を含む鉄鋼スラグを出荷した大同特殊鋼渋川工場(写真:日経コンストラクション)
 廃棄物と判断したのは、同社の鉄鋼スラグに商品としての価値が無いと判断できる「逆有償取引」が確認されたからだ。逆有償取引とは、管理費などの名目で、販売代金を超える金額を販売先に支払う取引のこと。
 時期によって3社の契約形態は異なるが、例えば2009年7月から2012年6月まで、大同特殊鋼は大同エコメットに対して鉄鋼スラグを1t(トン)当たり10円で販売。さらに、大同エコメットは佐藤建設工業に、安定処理済みの鉄鋼スラグを用いた路盤材を1t当たり100円で売却していた。
 一方、大同特殊鋼は大同エコメットに対して鉄鋼スラグの安定処理費などとして、佐藤建設工業には販売管理費などの名目で、それぞれ売却額を上回る金額を支払っていた。
クリックすると元のサイズで表示します
2009年7月から12年6月までの3社の契約による物と金の流れ。破線が物の流れで、実線が金の流れ(資料:群馬県)
 群馬県は、大同特殊鋼の鉄鋼スラグの有害性からも、廃棄物として認定した。土壌汚染対策法によって、鉄鋼スラグを路盤材などに使用する場合、土壌環境基準などを満たすことが求められる。このため、鉄鋼業界では有害物質となるフッ化物(蛍石)を使用しない製鋼方法への変更を進めるほか、鉄鋼スラグに含まれる有害物質を検査し、安全性を確認したうえで再生利用するようにしている。
 これに対して、大同特殊鋼の渋川工場はフッ化物を添加した操業を継続。さらに、鉄鋼スラグの大半がフッ素などの土壌環境基準を超過していることを認識しながら、建設資材として出荷を続けていた。
★使用した大手舗装会社の責任は?★
 記録を確認できた2002年11月から2014年1月まで、大同特殊鋼の渋川工場から出荷された鉄鋼スラグは29万4330tに上る。このスラグを使用した公共工事は国や群馬県、県下の市町村を含めて225カ所で、このうち54カ所で土壌汚染を確認した。
 今後は、調査を終えていない市町村を中心に継続して使用状況などを調べる。民間工事での使用状況についても、大同特殊鋼に報告を求める。環境基準を超える鉄鋼スラグの撤去費用などの負担については、公共工事を発注する関係者の連絡会議で協議する。
 なお、NIPPOや鹿島道路などの大手舗装会社を含め、多くの建設会社が佐藤建設工業からスラグ混合路盤材を購入していたが、群馬県はそれらの会社の責任は問えないとみている。佐藤建設工業から、スラグの性状などを知らされていなかったからだ。
 大同特殊鋼は9月11日、名古屋市の本社と渋川工場、子会社の大同エコメットなどが、廃棄物処理法違反の疑いで群馬県警による捜査や証拠品の差し押さえを受けたことを明らかにした。
(ライター 山崎一邦)
**********
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ