【スラグ汚染】2022スラグ新春調査その2  スラグ不法投棄問題

■今年は毎日新聞がスラグと投棄をスクープして9年、スラグ投棄から10年が経過しようとしています。この節目に、当会の誇るリットン調査団が恒例の新春スラグ調査を敢行しました。今回はその2回目の報告です。その結果は当会の渋川支部の「オンブズマン渋川」で以下のとおり報じられておりまので、当会のブログでも引用します。
○2022年01月03日:【スラグ】2022新春恒例スラグ調査その2
http://blog.livedoor.jp/lytton_cyousadan/archives/36710911.html

 なお、新春恒例スラグ調査その1は以下のブログ記事を参照ください。
○2022年01月01日:【スラグ】2022新春恒例スラグ調査その1
http://blog.livedoor.jp/lytton_cyousadan/archives/36697458.html


**********オンブズマン渋川2022年01月03日
【スラグ汚染】2022スラグ新春調査その2

クリックすると元のサイズで表示します
新春調査その2は、住宅地にある砂利道だ!

 今回の調査場所はこちらです。↓↓

クリックすると元のサイズで表示します

 ストリートビューも観ていきましょう。↓↓
https://www.google.com/maps/@36.4700133,139.0296353,3a,75y,184.37h,61.81t/data=!3m7!1e1!3m5!1sC98iQzFtK6ncxTvHUPcxXQ!2e0!6shttps:%2F%2Fstreetviewpixels-pa.googleapis.com%2Fv1%2Fthumbnail%3Fpanoid%3DC98iQzFtK6ncxTvHUPcxXQ%26cb_client%3Dmaps_sv.tactile.gps%26w%3D203%26h%3D100%26yaw%3D5.3230767%26pitch%3D0%26thumbfov%3D100!7i16384!8i8192

******リットン調査団・2022新春レポートその2*****
徘徊が趣味な老人たちによるスラグ特別調査チーム「リットン調査団」集合(^^)

団長Aの訓示:砂利道と言えば ”リットン調査団” 渋川にはスラグの敷砂利道がまだ放置されているのか?

団員B:スラグが問題になってから早10年余り経つが、渋川市は未だにスラグを放置しているのか?

団員D:ちょっとオジ〜さん聞いてくださいよ。そのスラグ敷砂利道は住宅街の中だっていうから驚きですよ。

団長A:渋川市は市長が変わっても、市民の生活などどうでもいいのかね?ちょっと悲しいが徘徊調査に出発じゃ!

クリックすると元のサイズで表示します
細い道じゃが、タイヤの跡が多数あり、車の通りが多そうじゃ。粉分たっぷりで、小石がそこから浮き出すように見える典型的なスラグ敷砂利道じゃ。スラグは鉄のように固く、粉分は石灰だから、小石が浮き出してしまうのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
おっと、久しぶりに黒光り石発見!指差しチェックだ。(陰で見えづらく申し訳ありません)

クリックすると元のサイズで表示します
石灰が押固まっているスラグ生一本状態も発見。石灰が押し固まっていていかにも有害そうじゃ。

クリックすると元のサイズで表示します
スラグは続くよどこまでも。黒光り石が多数転がっているぞい。確か群馬県や渋川市は直接経口摂取すると人体に危険があるとか言ってなかった?

クリックすると元のサイズで表示します
どう見ても住宅街だよね。そんなところにスラグを使わせるなよ渋川市!なんで放置するの?大同様にお伺いを立ててから対策するからスラグを放置しているのでしょうが、住民の健康はどうするの?対策が決まるまで住民は泣き寝入りか!オイオイそんなに怒ったって徘徊老人の言うことなんか誰も聞いてくれないよトホホ・・・
**********リットン調査団新春レポートその3に続く

【市民オンブズマン群馬渋川支部からの報告】

※関連情報1
どうやらこの敷砂利道は市道1−1029号線だと思われます。この道路は渋川市により環境分析調査が行われています。
渋川市の環境調査結果はこちらです。↓↓
https://www.city.shibukawa.lg.jp/manage/contents/upload/60bf242d0bfe2.pdf
クリックすると元のサイズで表示します
 この市道のスラグは、スラグにフッ素毒が環境基準を超えて含まれているばかりか、直下の土壌までフッ素毒で汚染が進んでいます。渋川市は自ら環境調査をしており、土壌環境基準を超過しているとホームページで公表しています。環境分析調査はもちろん市民が収めた血税で行っています。環境分析調査をわざわざ行って市民に対策をするかの如く振舞っておきながら、その実何もせず放置しているとは市長をはじめとする市幹部は何を考えているのでしょうか?また市幹部を監視するはずの渋川市議会は何をしているのでしょうか?例えば何かと世間を騒がせている望月市議会議長からスラグをどうするのか?発言を聞いたことがありません。

※関連情報2
 渋川市長や市議会議長は市民のために何かを話したことがあるのでしょうか?
特に渋川市長は県外出張の公務を優先するお姿を拝見しますが、コロナ対策など国や県の言いなりにこなしているだけなのに、自分の実績だと誇張する姿しか目に留まりません。
スラグ問題も同様です、スラグの環境調査だけは行っているのに、渋川市長をはじめとする市幹部は市民の生活環境を無視して、大同特殊鋼株式会社の言いなりになっているだけと感じてなりません。

※関連情報3
 渋川市長は、渋川市半田地区の住宅街にスラグがむき出しになっているのをそのままにして、昨年夏、渋川市長選を戦いました。選挙戦ではこのスラグがむき出しのまま放置されているすぐ近くを選挙カーで遊説したことでしょう。渋川市長は市民の生活環境など無視する首長なのかもしれません。
**********
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ