2011/3/28  23:55

安中市観光協会の予算・決算報告書から分かってきた驚くべき事実(その2)  オンブズマン活動

■「何でも鑑定団」の「お宝」の申し込み窓口になっている安中市観光協会では、平成22年度の予算を次のように計画しています。


<平成22年度安中市観光協会歳入歳出予算書>
歳入      当初予算額(前年度予算) 前年度決算額   備考
1.会費     417,000(404,000)  (417,000)   協会会員44件分
2.委託料   5,809,000(2,712,000) (5,089,000)   温泉会館管理委託料、臨時職員業務委託料3.補助金   8,358,000(8,430,000) (9,839,000)     安中市補助金、広告宣伝事業費、県観光協会補助金他
4.繰越金    521,000(521,000)  (678,604)    前年度繰越金
5.雑収入    504,000(584,000)  (604,661)    受取利息、梅の木オーナー代金他
合計     125,609,000(12,806,000) (16,626,533)

歳出       当初予算額(前年度予算) 前年度決算額   備考
1.会議費     250,000(250,000)  (252,090)  総会・監査会
2.事務費    3,379,000(3,439,000) (4,681,351)
 ※内訳
  9.旅費      50,000(50,000)    (42,130)
  11.需用費    120,000(120,000)   (64,140)  新聞購読料、ガソリン代
  12.役務費    250,000(200,000)   (243,960)  パンフレット・チラシ送料他
  14.使用料及び賃借料
          170,000(170,000)   (169,621)  ダスキン使用料50,000、コピー機リース代120,000
  19.負担金補助及び交付金 
        2,789,000(2,899,000) (2,935,500)  県観光協会471,000、松井田支部補助金1,000,000、西上州観光連盟負担金20,000、公正取引協議会負担金8,000、菊花大会補助金220,000、磯部駅装飾補助金60,000、磯部盆栽補助金20,000、秋間史跡保存会補助金40,000、磯部温泉祭補助金500,000、安政遠足補助金30,000、西毛茶道会補助金30,000、梅の木オーナー42本分420,000
  28.繰出金   0(1,226,000)    (1,226,000)   磯部簗会計へ
3.事業費   11,811,000(9,037,000)(11,171,253)
 ※内訳
  7.賃金   6,009,000(3,100,000) (5,527,696)   給与、梅林公園清掃代
  8.報償費   760,000(750,000)  (699,925)   キャンペーンレディ報酬手当460,000、撮影会賞金等300,000
  9.旅費    450,000(500,000)  (409,329)   キャンペーンレディ旅費(副賞)、観光キャラバン旅費、普通旅費
  10.交際費    200,000(200,000) (223,000)   水神祭、節分会他
  11.需用費   2,294,000(2,294,000) (2,529,995)   消耗品費1,400,000、光熱水費3,000、修繕費100,000、印刷製本費461,000、食糧費330,000
  12.役務費   1,500,000(1,700,000) (1,241,144)   広告料1,447,000、電話料3,000、保険料・手数料50,000
  13.委託料    250,000(250,000)  (273,000)  ホームページ管理委託料250,000
  14.使用料及び賃借料
          140,000(205,000)  (259,964)   磯部駅電飾パネル掲出料100,000、インターネット使用料30,000、看板敷地借上料10,000
  18.備品    200,000(30,000)     (0)   パソコン、テレビ200,000
  27.公課費     8,000(8,000)   (7,200)   軽自動車税
4.予備費     160,000(80,000)    (0)
合計     15,609,000(12,808,000)(16,104,694)

歳入総額   15,609,000(前年度16,626,533)(H20年度15,083,784)(H19年度14,578,025)(H18年度14,992,324)(H17年度12,184,209)
歳出総額   15,609,000(前年度16,104,694)(H20年度14,407,180)(H19年度13,828,085)(H18年度12,764,320)(H17年度 9,290,425)
差引額        0(前年度521,839)(H20年度 676,604)(H19年度 749,940)(H18年度 2,228,004)(H17年度 2,893,784)

■驚いたことに、賃金の原資となる「温泉会館管理委託料」では足りずに、はじめて「臨時職員業務委託料」の名目で、“堂々と”追加分を確保しています。これは、前年度である平成21年度で、当初予算では想定していなかった「臨時職員業務委託料2,316,568円」が決算書にいつのまにか計上されて、「委託料2,712,000円」が「委託料5,028,569円」と倍増にしてもらったのに味を占めて、平成22年度では当初から「委託料5,809,000円」に増額しています。

 しかも、賃金は、平成21年度の予算310万円が決算時に552万7696円にふくらみ、さらに、塀セ22年度の予算では600万9000円が計上されているのです。一体、この観光協会の経理担当者は、予算の歳入の限度額をどう認識しながら、帳簿をつけているのか、まことに不思議です。

 しかし、こんないい加減な予算・決算が可能になる原因は明らかです。それは、岡田市長が観光協会の会長を兼務しているからです。

■過去5年間の歳入と歳出の金額の推移、予算と決算と差引額で見てみましょう。

       歳入予算額 歳入決算額  差額   歳出予算額  歳出決算額  差額
平成16年度 (繰越金1,378,000)
平成17年度 12,168,000 12,184,209  ▲16,209  12,176,000  9,290,425  2,893,784
       (繰越金2,894,000)
平成18年度 14,964,000 14,992,324  ▲28,324  14,964,000 12,764,320  2,199,680
       (繰越金2,228,000)
平成19年度 13,526,000 14,578,025 ▲1,052,025  13,526,000 13,929,085  ▲302,085
       (繰越金749,940)
平成20年度 13,075,000     (▲2,008,784) 13,075,000
          ↓                ↓
       14,925,000 15,083,784 ▲158,784  14,925,000 14,407,180  517,820
       (繰越金676,604)
平成21年度 12,806,000     (▲3,820,533) 12,806,000 
        ↓                  ↓
       14,032,000 16,626,533▲2,594,533  14,032,000 16,104,694 ▲2,072,694
       (繰越金521,000)

 こうしてみると、平成17年度及び18年度の決算書では、予算と比較してみると、歳入と歳出のバランスがとれており、当初の予算額を念頭に、きちんと借入金の元本と利息を支払ったうえで、繰越金も前年度からあまり差異なく捻出していることがわかります。

 ところが、平成19年度になると状況は一変し、予算額は有名無実化してしまいました。一体、どうしてこんなズサンな会計がまかりとおってしまうようになったのでしょうか。これは後ほどじっくりと検証してみたいと思います。


■ところで、安中市観光協会の歳入は、会員の会費(一口1000円以上)と安中市からの補助金及び委託料、それに群馬県観光協会補助金(年間30万円)から構成されています。
 これまでの毎年の補助金・委託料の金額の推移を見てみましょう。(これには県の補助金も含みます)

        委託料(人件費)     補助金(運営経費)
平成17年度  2,712,000        7,668,000→7,678,000
平成18年度  2,712,000→2,754,000  8,962,000→8,947,000
平成19年度  2,712,000        8,190,000→8,353,000
平成20年度  2,712,000        8,450,000→10,330,000→10,448,000
平成21年度  2,712,000→5,089,268  8,430,000→ 9,656,000→ 9,839,000

■一方、安中市からの補助金交付の経緯は次のとおりです。

●平成19年度補助金:総事業費1353万6000円 平成19年5月24日決裁(5月8日申請) 785万円(内訳:観光協会補助金650万円、広告宣伝事業補助金135万円)
◎平成19年度事業決算:総事業費1457万8000円 平成20年4月25日決裁(4月21日決算報告) 785万円(内訳:観光協会補助金650万円、広告宣伝事業補助金135万円、県観光協会補助金30万円)
●平成20年度補助金:総事業費1307万5000円 平成20年5月30日決裁(5月26日申請) 815万円(内訳:観光協会補助金650万円、広告宣伝事業補助金165万円)
◎平成20年度補助金変更:総事業費1457万8000円 平成21年1月8日決裁(12月19日変更申請) 815万円→1000万円(内訳:観光協会補助金650万円、広告宣伝事業補助金165万円+磯部簗事業損失補てん185万円)
◎平成20年度事業決算:総事業費1508万3784円 平成21年4月27日決裁(4月10日決算報告) 1000万円(内訳:観光協会補助金835万円、広告宣伝事業補助金165万円、県観光協会補助金34万5000円)
●平成21年度補助金:総事業費1280万6000円 平成21年5月26日決裁(5月26日申請) 815万円(内訳:観光協会補助金680万円、広告宣伝事業補助金135万円)
◎平成21年度補助金変更:総事業費1403万2000円 平成21年1月4日決裁(12月16日変更申請) 815万円→937万6000円(内訳:観光協会補助金650万円、広告宣伝事業補助金165万円+磯部簗事業損失補てん122万6000円)
◎平成21度事業決算:総事業費1656万5833円 平成21年4月7日決裁(4月7日決算報告) 937万6000円(内訳:観光協会補助金802万円、広告宣伝事業補助金165万円、県観光協会補助金34万5000円)

■当会は、安中市観光協会に対して安中市からいったいいくらくらい補助金が支出されているのか、きちんと確認すべく、入手した資料の中身について、同協会を監督する商工観光課に質問状を提出して、次のことを確認しました。

【質問その1】観光協会2名の給与の費目は?
市側の回答:安中市から観光協会へ磯部温泉会館の管理を業務委託しています。観光協会の職員2名の給与は、その業務委託料から支払われています。
【質問その2】なぜ、平成20年度から歳出の事業費の「7 賃金」が急増したのか?
市側の回答:1の関係から、平成19年度までは、歳出の事業費の委託料として師仏指定田職員の給与を、平成20年度から賃金から支出するように支出科目の変更をしました。
【質問その3】歳入の「2 委託料」の「温泉会館管理委託料」はどこから支出されているのか?
市側の回答:歳出の「賃金から」支出しています。
【質問その4】なぜ、平成20年度から歳出の事業費「13 委託料」から「温泉会館管理委託料」が削除されたのか?
市側の回答:職員の給与を歳出で委託料で支出するのは適当でないため、賃金から支出するようにしたため。
【質問その5】この「温泉会館管理委託料」と上記3「温泉会館管理委託料」は、どのような違い、あるいは共通性があるのか?
市側の回答:同じものです。

 この回答を踏まえて、同協会の予算書と決算書を精査してみると、温泉会館管理委託料は、観光協会の職員の賃金のために支出されていることになりますが、平成20年度では委託料が271万2000円となっています。ところが、平成20年度の決算書を見ると、賃金が307万8375円となっています。予算書では、梅林・観光公園清掃代20万円と観光協会の職員の賃金が271万2000円ですので、約16万円ほど賃金が増えていることになります。

■さらに平成21年度の予算書をみると、委託料は271万2000円ですが、賃金は、梅林・観光公園清掃代20万円と観光協会職員賃金290万円の合計310万円となっています。決算書では、賃金は当初予算額、補正後予算額ともに310万円となっていますが、決算額は552万7896円となっています。これに関連して、平成22年4月7日付の安中市観光協会・会長岡田義弘による補助行頭決算書を見ると、財源内訳に「委託料」として、「温泉会館管理委託料271万2000円」に加えて「臨時職員業務委託料231万6568円」という項目が加わっています。

 開示請求した書類には、安中市から観光協会に支出された金額に関係する一切の情報があるはずですが、この「臨時職員業務委託料」と「温泉会館管理委託料」の違いについては説明がありません。

 上記の質問に対する回答のように、観光協会の職員は昨年は2名だけのはずですから、なにか観光協会で、イベントのために臨時職員を雇用したのでしょうか。

■臨時職員の場合、給与は月額14万6000円ですから、1年間でも、175万2000円となります。これが事務局長だとすれば、もう一人の女性事務員は年間95万円(1ヶ月当たり約8万円)ということになります。

 ところが、実際には、平成21年には「臨時職員業務委託料」として、年間231万6588円が安中市から支出されているのです。これは、1ヶ月当たりにすると、約19万円相当となり、日給ベースに直すと、1ヶ月20日労働するとして、1日当たり約1万円です。シルバー人材センターから職員を臨時に入れたのでしょうか。

■ところで、観光協会の会議費は、年1回、5月下旬に磯部で開催され理事会、監査と総会の費用です。海上は、平成18年は5月30日(火)に「ホテル磯部ガーデン」、平成19年5月30日(木)は「磯部館」、平成20年5月23日(金)は「はやし屋」、平成21年5月25日(月)はホテル磯部ガーデン、平成22年5月11日(火)は「磯部館」で開かれました。ということは、今年、平成23年は5月に「はやし屋」で開催される可能性があります。いずれも、理事会は午後3時から、総会は午後4時からで、会議の後は懇親会となるようです。

 したがって、会議費というのはこの懇親会を伴う総会に支出されているものと思われます。隔年の会議費の決算額を見てみましょう。

平成17年  149,205円(決算)
平成18年  395,000円(決算)
平成19年  379,000円(決算)
平成20年  250,000円(決算)
平成21年  252,090円(決算)
平成22年  250,000円(予算)
平成23年     ? 円

 一方、安中市観光協会の会員は、平成22年4月1日時点で次の44件です。
【安中市観光協会会員名簿】
  会  員  名           郵便番号  住 所
湯沢館            ■■■■■ 379-0116 安中5660
鞄堅a銀行安中支店      ■■■■■ 379-0116 安中3-12-16
群馬銀行安中支店       ■■■■■ 379-0116 安中3-19-25
群馬県信用組合安中支店    ■■■■■ 379-0116 安中3-16-18
しののめ信用金庫安中支店   ■■■■■ 379-0116 安中2-2-39
安中タクシー梶@       ■■■■■ 379-0116 安中3-12-13
高崎駅構内自動車活髟秤c業所 ■■■■■ 379-0127 磯部1-17-4
上毛天然瓦斯工業梶@     ■■■■■ 379-0133 原市2009
磯部温泉組合         ■■■■■ 379-0127 磯部1-5-21
信越化学工業褐Q馬事業所   ■■■■■ 379-0127 磯部2-13-1
兜タ木            ■■■■■ 379-0133 原市587-1
秋間梅林観光協会       ■■■■■ 379-0101 西上秋間817
群馬国際フィールドアーチエリー■■■■■ 379-0102 東上秋間819
太平洋クラブアントマークアソシエイツ高崎コース ■■■■■ 379-0108 上後閑477
ローズベイカントリークラプ  ■■■■■ 379-0105 小俣1037
海雲寺            ■■■■■ 379-0135 郷原559
古久家旅館          ■■■■■ 379-0111 板鼻1-1-12
いこい旅館          ■■■■■ 379-0116 安中2-17-25
旅館みどり荘         ■■■■■ 379-0133 原市4-3-8
全性寺            ■■■■■ 379-0103 中秋間1811
梅ノ郷ゴルフ倶楽部      ■■■■■ 379-0103 中秋間198-4
レーサムゴルフ&スパリゾート ■■■■■ 379-0116 安中5853
ビジネスホテル宝泉      ■■■■■ 379-0133 郷原1309-2
覚泉荘            ■■■■■ 379-0132 高別当410-3
碓氷安中農業協同組合     ■■■■■ 379-0133 原市634
下仁田ミート梶@       ■■■■■ 379-0111 板鼻136-1
ピジネスホテルKAWA     ■■■■■ 379-0112 岩#2470-3
アイリスの丘         ■■■■■ 379-0108 上後閑781
群馬フラワーハイランド    ■■■■■ 379-0101 西上秋間1369
自性寺焼           ■■■■■ 379-0104 下秋間4670-1
はじめ農場          ■■■■■ 379-0305 松井田町入山354−1
高台旅館           ■■■■■ 379-0135 郷原551
野尻の里           ■■■■■ 379-0115 中宿1-9-17
咲前神社           ■■■■■ 379-0124 鷲宮3311-2
ボルテックスグループ     ■■■■■ 379-0133 原市432
アートカフェテラスこんぺいとう     ■■■■■ 379-0132 高別当608-11
田中建設株式会社       ■■■■■ 379-0107 中後閑700-1
一栄電気株式会社       ■■■■■ 379-0121 大竹505-2
蓮華寺            ■■■■■ 379-0115 安中市中宿689
NPO法人まついだ森の家    ■■■■■ 379-0211 松井田町上増田670
金田屋おふくろ        ■■■■■ 379-0224 松井田町人見195-1
糾ロ田屋総本舗        ■■■■■ 379-0116 安中2-5-6
杉本屋            ■■■■■ 379-0111 板鼻2-5-1
お菓子の家あん        ■■■■■ 379-0116 安中2-14-13

 また、安中市観光協会の役員=理事として次の33名がいます。
【安中市観光協会役員=理事】
役職    氏 名   所属団体又は職業
顧問   磯貝 正雄  元県議会議員
顧問   岩井 均   県議会議員
顧問   茂木 英子  県議会議員
相談役  ■■■■■  部温泉組合顧問
相談役  ■■■■■  磯部温泉組合顧問
会長   岡田 義弘  安中市長
副会長  ■■■■■  安中市商工会長
副会長  ■■■■■  旅館組合理事長
副会長  ■■■■■  松井田商工会長
常任理事 川崎 文雄  市議会議員
常任理事 上原富士雄  市議会議員
常任理事 ■■■■■  磯部温泉組合長
常任理事 ■■■■■  磯部温泉組合
常任理事 ■■■■■  合同製菓組合代表
常任理事 ■■■■■  企業代表(おぎのや)
常任理事 ■■■■■  学識経験者
理事   今井 敏博  市議会議員
理事   ■■■■■  旅館組合代表
理事   ■■■■■  飲食店組合代表
理事   ■■■■■  上毛天然瓦斯工業(株)北関東事業所長
理事   ■■■■■  秋間梅林観光協会会長
理事   ■■■■■  太平洋クラブ支配人
理事   ■■■■■  構内タクシー磯部営業所長
理事   ■■■■■  企業代表(峰岸土木)
理事   ■■■■■  松井田山岳会代表
理事   ■■■■■  松井田商工会青年部長
理事   ■■■■■  JA碓氷安中
理事   駒井 悟   産業部長
理事   松本 次男  安中市松井田支所長
監事   吉岡 完司  市議会議員
監事   ■■■■■  磯部温泉組合
監事   ■■■■■
監事   ■■■■■

■会費は1口(年額1000円)以上となっているので、協会員として上記の会員と役員=理事らが、全員出席したとすると、総会とそのあとの懇親会は77名(一部は会員と役員が重複する)の大宴会になるはずです。

 実際には、仕事の都合で出席できないのと、協会員の半数以上の出席で総会は成立する為、50名程度の参加者だと想定されます。すると、予算が約25万円ですから、一人5000円の大宴会ということになります。

 会費が1口1000円ですから、「総会と懇親会に出れば元が取れる」として、総会はともかく、「懇親会だけは外せない」と参加する人が結構いらっしゃるかもしれません。

【ひらく会情報部・なんでも鑑定団「タゴのお宝」タスクフォース・この項つづく】

3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ