狩野県議ら選挙買収容疑の告発受理・・・当会が県庁記者クラブで記者会見  政治とカネ

■選挙買収で有罪が確定した河井案里元参院議員の陣営に、自民党から1億5000万円が提供された問題は、私たち有権者に大きな衝撃を与え、その余韻は、本記事末尾のとおり、今なお尾を引いています。そうした中で、昨年1月に同様な選挙買収事件が前橋市区を舞台に発生したことから、当会は前橋地検に都合3通の告発状を提出してきました。この度、ようやく前橋地検が正式受理をしたとの報道を受けて、3月25日(金)15時から県庁5階記者クラブ「刀水クラブ」で、記者会見を行いました。記者会見にあたり、当会から以下のレジメと、前橋地検に提出した告発状の写しを18部用意して、事前に配布しました。

クリックすると元のサイズで表示します
3月25日(金)15時5分前に群馬県庁5階にある刀水クラブを訪れると、会見場には既にNHKのカメラのマイクがセットされていた。

続きを読む
6

388日かかってようやく受理!…狩野県議らの公選法違反等の告発状を正式に受理した前橋地検  政治とカネ

 公職選挙法第199条の2は、「公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。以下この条において「公職の候補者等」という。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域。以下この条において同じ。)内にある者に対し、いかなる名義をもってするを問わず、寄附をしてはならない。」と定めています。
 つまり、前橋市区から選ばれた狩野県議は、同じ前橋市区で立候補した候補者に対しては、いかなる名義であっても寄付をしてはなりません。しかし、狩野県議は、「誰でもやっているから」という意識でルールを踏み外してしまいました。
 そこで、当会は公選法違反で同県議及びその関係者を告発したのですが、その後、なぜ同県議は、このような買収資金を自由に使えるのだろうかという観点から、何か裏金があるに違いないと考えました。そして、寄せられた多数の情報により収支報告書をきちんと記載せずに、裏金を捻出した事実を知りました。このため、政治資金規正法違反についても告発をしました。
 この事件に関するこれまでのブログ記事は次のとおりです。
○2021年3月2日:保守王国群馬県でまん延する選挙絡みの「陣中見舞い」の撲滅を目指して、狩野浩志県議を地検に告発!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3282.html
○2021年11月28日:選挙のたびに繰り返されるカネまみれ違法行為…ところで今年3月に群馬県議告発のその後は?
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3388.html
 こうした中、本日、NHKが3月23日付で当会の告発状を前橋地検が受理したと報じたのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
3

【速報/出張!オンブズマン】長野高専校長の交代予定が判明!悪夢の土居信数去りし同校の今後は…  【出張!オンブズマン】長野高専の闇


クリックすると元のサイズで表示します
明石高専へ「異動」予定であることが判明した長野高専校長・土居信数。高専就職・転職ガイドインタビュー記事(https://kosen-guide.jp/interview/entry-104112.html)より

■その折、複数の長野高専関係者から情報提供があり、年度明けを迎えていないため未確定であるという留保付きで、なんと同校の現学校長である土居信数が今年度(2021年度)末で同校を去る予定であることが判明しました。校長としての任期を3年:3年に分けた「校長間異動」によるもので、次年度からは明石高専の校長として赴任するようです。

 土居信数は、佐野太の失脚事件によって校長の座を追われた天下り石原祐志校長の後釜として、2019年に東京高専から赴任してきました。赴任当初は、教員出身プロパー校長として正義感とリーダーシップを発揮し、石原が散々積み増した負の遺産を清算してくれるとの期待も寄せられていました。

○2019年6月19日:【出張!オンブズマン】天下り校長退陣が実現した長野高専に残された課題…そして照らされる石原氏の昔と今
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2963.html

 ところが、着任早々から天下り石原祐志に長野高専名誉教授称号を授与してしまったのを皮切りに、総務課長であった岩佐達也の常習的な巨大悪事隠蔽に加担し続け、挙句の果てには同校水泳プールを躊躇なく重機で粉砕して更地にしてしまいました。土居信数によるパワハラ発生の情報提供も数多く当会に寄せられております。石原祐志と並ぶ「最悪級校長」の連続着任により、長野高専の現場は崩壊の危機に立たされていました。

続きを読む
14

ロシアのウクライナ侵攻の手口から懸念される中国の台湾侵攻の口実  国内外からのトピックス

■報道によると、ロシア軍はついに24日、ウクライナに攻撃を開始し、首都キエフと北東部ハリコフにあるウクライナ軍の軍事拠点にミサイル攻撃をしかけ、南部オデッサと東部マリウポリに侵攻したと報じました。ロシアが2月21日、ウクライナ東部でロシアへの編入を求めるウクライナ東部の分離独立派が実効支配する「ドネツク人民共和国」および「ルガンスク人民共和国」を国家として承認する大統領令に署名したのを受けて、米国のブリンケン米国務長官は22日の記者会見で、24日に予定していたロシアのラブロフ外相との会談を中止すると明らかにしたばかりでした。

 さっそく中国外務省報道官が24日の定例会見で、ウクライナ情勢に関わる各国に自制を求めた上で、ロシア軍の行動について、海外メディアが表現するようなウクライナへの「侵攻」ではないとの認識を示しました。これは明らかに台湾を念頭に置いた発言とも受け取れます。

 筆者はちょうど16年前の2006年3月初めにウクライナを訪れたことがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
キエフの独立記念広場

続きを読む
4

【出張!オンブズマン】依然闇に包まれた十年前の長野高専連続自殺事件について情報提供を募集中  【出張!オンブズマン】長野高専の闇

■約十年前、長野高専において発生していたという同校学生の連続自殺事件。群馬高専での寮生連続自殺・不審死事件の調査を行っていた途上、隣県の長野高専からも2009年に1件、2012年に3件もの学生自殺が発生していたとの情報と調査要請が当会に寄せられたため、国立高専組織が慢性的に抱える腐敗体質の是正を目指す当会として、県境を跨いでの調査を進めてきました。そして、2012年にはたった半年の間に3名の学生が亡くなっており、群馬高専を上回る異常なペースで自殺が連発していた事実や、内部関係者に対して常習的に死因を偽った嘘の通知を行っていた事実などが明るみに出ました。

 しかしながら、長野高専側は本件に関して徹底的な情報隠蔽の姿勢を貫いており、自殺事件発生の事実関係すら明らかにしようとしません。当会では、調査の足掛かりを得るための第一歩として、まずは自殺事件発生の年月日を同校に認めさせようと裁判所に提訴し、高裁まで争いましたが、奮闘及ばず全面敗訴してしまいました。そのため、同校に連続自殺事件発生の事実関係を認めさせ、全容解明・真相究明と責任所在の明確化を求めていくという道は、残念ながらスタート地点の段階で閉ざされてしまいました。

 そのため当会として、このたび、当時の内情を知る関係者の方々に対し、あらためて長野高専連続自殺事件に関する情報提供をお願いすることにしました。

続きを読む
3

【利権の巣窟!群馬県林業行政】前橋市富士見町西大河原地区に新たな木質バイオマス発電計画が浮上!  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災

■群馬県前橋市富士見町は、2009年5月5日に前橋市に編入されるまでは富士見村と呼ばれて、赤城山の南面に広がる村でした。実際に、晴れた日には南南西の方向に遥か遠く富士山を望むことができます。また、夜は、前橋市を中心とした夜景を楽しむこともできます。編入前の富士見村は、北半分は赤城山の山頂から森林が広がり、南半分は緩やかな丘陵地帯を開墾した畑作を中心とする都市近郊農業地帯でした。今も農場がいくつも点在しています。前橋市に隣接していたため都市部から住民が流入して、人口が増加し、全国で4番目に人口の多い村でした。この自然環境に恵まれた富士見町で今大変な事態が起きています。

 2021年12月19日(土)、富士見町西大河原自治会の年末総会の折に、伊勢崎の翼電気株式会社がやってきて「前橋市富士見町赤城山の西大河原地区の山林にバイオマス発電所を建設したいので、発電所予定地に隣接する土地の利用を地権者に求める」旨の発言がありました。しかしその際には、バイオマス発電所自体についての説明はほとんどありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
翼電気の「富士見赤城山バイオマス発電所」建設予定地。2021年12月22日撮影。以前は全部雑木林だったという。奥にソーラーパネルが見える。
続きを読む
2

高齢化社会と行政の役割・・・神奈川県の三浦市で起きた行政ハラスメントの実態報告  オンブズマン活動


■現在、日本で進行している社会現象として必ず挙げられる少子高齢化。96歳の母親を持つ筆者も今年古希を迎えますが、この高齢化率の定義は0〜14歳を年少人口、15〜64歳を生産年齢人口、65歳以上を高齢者人口とした場合、総人口に占める高齢者人口の割合を指しています。そして、高齢化率が7%以上を高齢化社会、14%以上を高齢社会、21%以上を超高齢社会と呼びならわしています。
 総務省が2020年に行った国勢調査の確定値によると、我が国の総人口は1億2614万6099人で、そのうち65歳以上は3533万5805人で、高齢化率は28.01%、平均年齢は47.66歳でした。上述の基準に当てはめると、我が国は完全に超高齢社会に突入している状況にあると言えます。
 こうした中、神奈川県の三浦市で、病の父親を介護する54歳の男性Kさんから、行政による差別的な不正行為とも言える事件に巻き込まれた状況について、情報提供がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
三浦市役所本館

続きを読む
8

【安中市庁舎建替え問題】安高跡地への市役所移転阻止のため市内全域に白紙撤回要請の新聞折り込みを敢行!  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
東京新聞は1月10日にチラシ2800部が折り込まれた。また、その他の新聞を扱っている関東新聞販売店は1月9日に1万8150部が折り込まれた。↑

■成人の日を含む3連休の1月9日と10日にかけて、市庁舎移転を白紙撤回を求めて活動中の当会を含む市内5団体が協力して、安中市内全域にこの問題を紹介した新聞折込チラシを配布しました。市内の5つの団体とは安中市まちづくり研究会、安中市まちづくりわんわんチーム、安中市庁舎建設を考える市民の会、庁舎建設の方向性を考える会,そして市政をひらく安中市民の会です。市民アンケートで示された安中市民の意見を無視して、最初から安中高校跡地に統合型の豪奢な市役所を50億円以上と見込まれる血税や、子や孫へ付け回しする借金を注ぎ込んで、現在ある市役所庁舎をすべて放棄して安中高校跡地に新築移転する計画に向けて、茂木英子市長以下、市役所幹部らが遮二無二に進めようとしているため、即刻このような無駄遣いをやめて計画を白紙撤回し、市民の声を反映して、現在地での建て替えを行うよう、安中市民に向けて発信したものです。これを読めば、安中市庁舎移転問題はすべて理解できるため、市民へのマニュアルとして活用いただけるはずです。
続きを読む
6

【スラグ】2022新春恒例スラグ調査その2  スラグ不法投棄問題

■今年は毎日新聞がスラグと投棄をスクープして9年、スラグ投棄から10年が経過しようとしています。この節目に、当会の誇るリットン調査団が恒例の新春スラグ調査を敢行しました。今回はその2回目の報告です。その結果は当会の渋川支部の「オンブズマン渋川」で以下のとおり報じられておりまので、当会のブログでも引用します。
○2022年01月03日:【スラグ】2022新春恒例スラグ調査その2
http://blog.livedoor.jp/lytton_cyousadan/archives/36710911.html

 なお、新春恒例スラグ調査その1は以下のブログ記事を参照ください。
○2022年01月01日:【スラグ】2022新春恒例スラグ調査その1
http://blog.livedoor.jp/lytton_cyousadan/archives/36697458.html

続きを読む
0

【スラグ】2022新春恒例スラグ調査その1  スラグ不法投棄問題


■今年は毎日新聞がスラグと投棄をスクープして9年、スラグ投棄から10年が経過しようとしています。
 大同特殊鋼株式会社渋川工場では、製鋼過程で副産物として毎年2万5千トンに及ぶ鉄鋼スラグが排出されています。平成19年までは、同工場の近くに合った井上工業のアスファルトプラントで骨材として大量に使われていましたが、井上工業が平成20年に破産すると鉄鋼スラグの受け入れ先がなくなりました。そこで、佐藤建設工業が引き取り先として手を挙げ、以降、再生砕石と称して、路盤材などの建設資材として使用され、群馬県もかつて公共工事に堂々と使えるお墨付きを与えていました。ところが、大同スラグにはフッ素や六価クロムなどの重金属が含まれていることが判明し、このようなゆゆしき実態を初めて当会がブログで取り上げたのは今から約9年前でした。
○2014年3月8日:大同特殊鋼渋川工場が排出した鉄鋼スラグから有害物質が溶け出した事件でオンブズマンが県に情報開示請求
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1228.html

続きを読む
1

【安中市庁舎建替え問題】安中高校跡地への市役所移転は第2の巨額詐欺横領事件!  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

クリックすると元のサイズで表示します

■安中市では、現在、しゃにむに安中高校跡地に市庁舎を建て替えて移転しようとしています。市庁舎建替えについて、安中市は市民アンケートを行いましたが、その結果を捻じ曲げて、豪華な統合型市庁舎を安中高校跡地に建設しようと、市民を欺くプロセスを見るにつけ、あの26年半前の悪夢の巨額詐欺横領事件を彷彿とさせます。いわば、第二のタゴ事件ではないかと疑いたくなるのは当会だけではないはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

アカハラ犯雑賀洋平の沼津高専逃亡騒動を振り返る…逃亡中の労働実態不明問題を会計検査院に告発!  群馬高専アカハラ問題


■群馬高専電子情報工学科で甚大な被害を出した雑賀洋平教授による大規模アカデミックハラスメント事件。まったく未解決のまま膠着状態が続いていたところ、2019年度に入り突然、雑賀洋平は沼津高専に「人事交流」で避難していきました。背景には、和歌山高専時代の元同僚である沼津高専・藤本晶校長(当時)によるパワハラ同然の強引なバックアップがありました。

○2019年7月25日:【緊急報告】沼津高専によるアカハラ犯雑賀氏受入れの内幕が明らかに…同校に響き渡った藤本校長の怒声!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2988.html
○2019年8月5日:沼津高専からも公開質問状への回答到来…「雑賀専用シェルター」の本領発揮!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2998.html
○2019年11月8日:19秋・潜入調査記in沼津高専…アカハラ犯・雑賀洋平の「今」とその狙いを探る(1)
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3069.html

 その一年後、雑賀洋平は何事も無かったかのようにJ科3年クラスの正担任として群馬高専に凱旋帰還し、同時に藤本晶氏も沼津高専校長を「任期満了」で退任して、静岡の地に突如巻き起こった大騒動は過去の話になりつつあります。

 そして未だに、この雑賀洋平の沼津逃亡の目的・経緯や実態は闇のベールに包まれています。特に、雑賀洋平が藤本校長の手厚い庇護のもと、教員室はもぬけの殻で授業も研究も受け持たずに高給だけせしめる「高専内ニート」と化していた驚愕の実態については、遺憾にも何らメスが入れられていない状態となっています。

■その折、長野高専岩佐(前)総務課長による常習巨額の出張旅費着服問題について会計検査院に告発を行うはこびになったため、同じく納税者として看過できない雑賀洋平の沼津逃亡時労働実態不明問題についてもあわせて同院に告発することにしました。

○2021年11月27日:長野高専岩佐(前)総務課長による常習巨額の旅費着服問題…その悪質な実態を会計検査院へ告発!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3387.html

続きを読む
9

選挙のたびに繰り返されるカネまみれ違法行為…ところで今年3月に群馬県議告発のその後は?  政治とカネ

■現在発売中の週刊文春12月2日号のトップは「岸田首相お膝元でも有権者買収疑惑」と題する記事です。同誌は11月18日号でも「『何としても勝ち抜かせてほしい』の裏で岸田<首相>衆院選応援で違法『集団買収』<領収証><案内状>入手」として、河井元法相による買収事件を「説明が必要」と批判してきた岸田首相について、衆院選では、茨城県で激戦区の岸田派女性議員の応援に入ったが、その遊説に選挙区民が参加すると「日当5000円」が支払われたとするスクープ記事を掲載しました。このように、同じようなことが全国各地で行われていたことがうかがえます。

 こうなると、最近まであれほど世間を騒がせていた広島県選挙区における河合元法相とその妻による大規模な買収工作事件はいったいなんだったのでしょうか。奇しくも今年2月7日に投開票された前橋市議選に立候補した複数の陣営に、同市区選出の県議から「陣中見舞い」と称して現金入りの封筒が渡されるというカネまみれの違法行為が明らかになりました。そのため、当会は本年3月1日に、渦中の群馬県議を前橋地検に告発しました。

 そのあと5月25日に地検から呼ばれたので訪問し、担当検事と面談したところ、内容に修正が必要だと説明を受け、それに基づき最初の告発状が5月31日に返戻しされました。そして修正した告発状を6月15日にあらためて地検に直接提出しました。それから早くも5カ月余りが経過しますが、未だに関係者の間に動きがみられません。この事件を風化させないためにも、これまでの経緯について見てみましょう。
○2021年3月2日:保守王国群馬県でまん延する選挙絡みの「陣中見舞い」の撲滅を目指して、狩野浩志県議を地検に告発!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3282.html
クリックすると元のサイズで表示します
2021年8月21日群馬県議会会派/自由民主党「新型コロナウイルス・豚熱(CSF)対策本部だより」新聞折込チラシに登場した狩野浩志県議。Xデーは果たしていつになるか。
ZIP ⇒ 20210822cviria_uj.zip

続きを読む
2

長野高専岩佐(前)総務課長による常習巨額の旅費着服問題…その悪質な実態を会計検査院へ告発!  【出張!オンブズマン】長野高専の闇

■長野高専有志各位の勇気ある告発と当会の弛まぬ調査の結果、遂に白日の下に晒された同校の岩佐(前)総務課長による常習巨額の出張旅費不正請求事件。総務課長在任時だけでも着服総額40万円近くに達するとみられるその悪質極まりない実態は、同校のみならず全高専の関係者一同を揃って唖然とさせました。調査経緯と事件内容の詳細は以下の記事をご覧ください。

○2021年1月17日:【スクープ】総額40万円!?遂に暴かれた長野高専岩佐総務課長の夫婦ぐるみ常習旅費着服の実態と全貌!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3266.html

 こうして岩佐達也による不正の実態こそ如実に示されましたが、これはまだ当会として独自調査結果を公表したに過ぎません。岩佐達也に然るべきケジメを付けさせるためには、この巨大不正をめぐる事実関係を高専機構に認めさせ、その上で然るべき対応や措置を取らせる必要があります。ところが周知のとおり、独法高専機構の自浄作用はまったく絶望的です。自浄機能を確保する最後の砦であるはずの監査室がまったく機能しない惨状はこれまで散々に痛感させられており、仮に本件を高専機構監査室に持ち込んで対処を任せたところで、早晩揉み消されることは目に見えています。

 よって、高専機構の自浄作用に一切期待できないため、外部機関への告発を第一に検討することにしました。そして、最有力の告発先として、会計検査院が浮上してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
3

第49回衆議院議員総選挙の投票始まる!…投票所一番乗りに与えられるゼロ票確認を初めて体験  国内外からのトピックス

■安倍・菅政治の総決算を問う4年ぶりの衆院選挙が10月19日に公示され、本日10月31日にいよいよ投票日を迎えました。筆者は、投票日に海外への出張が重ならないかぎり、なるべく期日前投票はしない方針ですが、いつも日が高く昇ってから投票所に行っていまいた。そこで、かねてから、一度は投票所に一番乗りをしてみたいと考えていたところ、今回、久しぶりの国政選挙を期に、決行してみることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
地元野殿地区の東野殿公会堂を使った安中市第十九投票所。

続きを読む
3




AutoPage最新お知らせ