2019/4/3  23:23

みなかみ町前町長セクハラ事件の疑義・・・告訴取下げ被害女性の所属確認のため同町に開示請求した結果  オンブズマン活動

■当会は昨年来、前橋市南橘公民館を舞台にした男性館長によるセクハラ事件を契機に、同職員による不貞行為で時間外手当が不正支出されたうえに虚偽の傷病休暇が取得されたことについて違法支出の返還請求訴訟を係争中で、今月4月24日午前10時から前橋地裁2階21号法廷で第3回口頭弁論が開催される予定です。一方、昨年5月からマスコミを賑わせたみなかみ町長(当時)によるセクハラ事件は、昨年12月27日付で前橋地検が不起訴処分を決定したことが、同日および翌12月28日にかけての報道で明らかになりました。一連のマスコミ報道から、セクハラを受け被害届を警察に出した筈の被害女性がなぜ告訴取り下げたのか、被害女性は町長のセクハラをきちんと役場のコンプライアンスに則り通報したのか、など、疑問点がいろいろ噴出してきます。そこで、当会では地元会員を通じて、次の内容の情報開示請求を2019年3月4日付でみなかみ町にしました。なお、この事件の関連記事もご覧ください。
○2019年1月29日:みなかみ町前町長セクハラ事件の疑義・・・前町長の不起訴処分は被害女性側からの告訴取下と示談申出?
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2873.html

続きを読む
1

2019/4/3  21:59

1票の重さを軽んずる行政職員による選挙管理委員会・・・いずこも同じの体たらく  国内外からのトピックス

■統一地方選の前半戦にあたる県議選は4月7日の投開票に向けて、選挙戦がたけなわですが、公正な選挙を担保しなければならない選挙管理委員会は、所詮、行政職員で構成されているため、その手続きをすべて可視化しない限り、不正や怠慢の懸念は払拭できず、有権者はいつになっても「清き1票」を信じて投票できる環境が実現しません。そうした実態を証明するかのように、滋賀県から連日、投票用紙のずさんな扱いに関するニュースが入っています。

続きを読む
2

2019/4/2  23:25

公立碓氷病院で不正請求…1721万円返還させられても「意図的な不正」を否定し続ける安中市に住民監査請求  茂木市政

■安中市原市の公立碓氷病院で職員が診療報酬の請求文書に虚偽記載した疑いと、同じく有給休暇の不正取得の疑いで、当会が安中市長に通報した事件では、同病院側による調査の結果、後者のほうの不正は54時間分だとして当会の試算の半分に過ぎず、前者の方は依然として全容が判明しないまま、不祥事が公に発覚してから1年が過ぎました。そして、昨年2018年9月21日の市議会全員協議会で、不適正な診療報酬の請求があったとして約1721万円を返還することを報告し、同26日に記者発表しました。その後、このうち問題の理学療法士が関与しした損害分について情報開示請求を行い、それに基づき、2019年3月26日に安中市監査委員宛に同27日付の住民監査請求書を郵送で提出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
3月27日付住民監査請求の簡易書留受領証と領収証。

続きを読む
0

2019/4/1  21:39

東電がつき続ける「スマートメーターのウソ」…従来型電力量計へ交換拒否の東電社長宛親展で再々々々質問書提出  東北関東大震災・東電福島原発事故

■未曽有の被害をもたらした東日本大震災。あれから8年が経過し、国民からの復興税の投入もあり、被災地の復興は着実に進行しています。しかし、未だに大きな爪痕を残しているのが東電福島原発事故です。日本の東半分が壊滅する危機を起こしたにもかかわらず、東電の上から目線体質は、原発事故から8年経過した今では、完全に復旧≠オてしまいました。電力契約を通じて毎日東電と関わり合いをもっているユーザーにとって、自宅施設に東電が取り付けている電力量計は自宅の一部ともいえます。その電力量計が、いつのまにかスマートメーターなるものにとって替えられ、火災や電磁波による財産や健康など健全で安全な生活を営む我々の権利を脅かしています。東電の体質改善のカンフル剤として、今度は4月1日付社長親展で再々々々質問書を簡易書留で郵送しました。これまでの経緯は次のとおりです。
クリックすると元のサイズで表示します
書留・特定記録郵便物等受領証。

続きを読む
0

2019/4/1  1:10

平成31年4月1日発令予定の安中市エープリルフール人事  茂木市政


■安中市役所恒例の人事異動の内示が3月20日に行われ、3月21日付の上毛新聞に掲載されました。発令は4月1日付となっています。この1年を振り返ると、安中市職員の不祥事件は公立碓氷病院における30代理学療法士の有給休暇不正取得および診療記録不正申告による碓氷病院事業への深刻な信用棄損が端緒となり、昨年9月に約1721万円が厚労省に返還される事態に発展しました。その他、タクシー補助券を巡る不正など、他にも市民の知らないところでいろいろあったかもしれませんが・・・。それはともかく、今回の人事で特筆すべきは何と言っても、24年前の1995年5月18日に発覚したタゴ51億円横領事件で、タゴと席を並べていた当時の土地開発公社職員兼都市計画課職員だった人物がとうとう退職することです。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0
タグ: 人事異動

2019/3/30  23:09

新元号フィーバー・・・当会が「光栄」をイチオシする背景と根拠  国内外からのトピックス

■新元号が明後日2019年4月1日(月)午前11時半に発表されるというので、世間ではどんな元号になるのか、予想で盛り上がっています。この機会に当会でも、どのような元号が相応しいか、普段行政を相手に戦略を練っている当会も、「やわらか頭」で考えてみることにしました。結論から言うと、新元号は「光栄」がふさわしいということになりました。

続きを読む
0

2019/3/29  23:55

きょう告示された群馬県議選に合わせて当会会員が県選管を相手取り選挙無効等訴訟を東京高裁に提起  オンブズマン活動

■県内の統一地方選のスタートとなる群馬県議選は今日3月29日に告示されました。「清く正しい一票を」と各市町村の選挙管理委員会はさかんに喧伝していますが、群馬県選挙管理委員会の松森修平・委員長はマスコミに対しては「平成が終わり、新しい時代を迎える中の県議選は県政の方向を決定する上で極めて重要。積極的に投票し、できない場合は期日前投票などを利用してほしい」と述べています。しかし、昨年9月23日に投開票された館林市議選では、開票の結果1票の食い違い生じたため、館林市選管のずさんな投票箱管理体制や開票体制の疑義が問題となり、これでは投票用紙のすり替えなど容易に可能だとして、候補者の一人で当会会員が、選挙の無効を訴えて市選管と県選管に異議申し立てをしてきました。しかし、両選管ともずさんな選挙の実態を直視せず、真相解明のための調査すら全くしようとする気配さえありません。そのため、当会会員は本日東京高裁を訪れて、まともに選挙管理改革をしようとしない県選管を相手取って選挙無効・損害賠償請求訴訟を提起しました。さっそく訴状を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
上毛新聞2019年3月29日朝刊社会面。

続きを読む
0

2019/3/27  22:35

東電がつき続ける「スマートメーターのウソ」…従来型電力量計への交換拒否の東電に東京新聞も質問  東北関東大震災・東電福島原発事故


■未曽有の被害をもたらした東日本大震災。あれから8年が経過し、国民からの復興税の投入もあり、被災地の復興は着実に進行しています。しかし、未だに大きな爪痕を残しているのが東電福島原発事故です。日本の東半分が壊滅する危機を起こしたにもかかわらず、東電の上から目線体質は、原発事故から8年経過した今では、完全に復旧≠オてしまいました。電力契約を通じて毎日東電と関わり合いをもっているユーザーにとって、自宅施設に東電が取り付けている電力量計は自宅の一部ともいえます。その電力量計が、いつのまにかスマートメーターなるものにとって替えられ、火災や電磁波による財産や健康など健全で安全な生活を営む我々の権利を脅かしています。
クリックすると元のサイズで表示します
スマートメーターの問題点を一面で報じた東京新聞2019年3月25日朝刊。

続きを読む
9

2019/3/26  22:27

国連の世界幸福度報告で中東除くアジアで台湾がトップの25位!…日本はトホホの58位  国内外からのトピックス

■国連の持続可能開発ソリューションネットワークが2012年4月から毎年春発表している世界幸福度報告(World Happiness Report)が今年も公表されました。残念ながら我が国は157か国・地域のうちで過去最低の58位となっています。一方、隣の台湾は25位で中東のアラブ首長国連邦についでアジアでは2位となっています。
クリックすると元のサイズで表示します
日台友好親善バッジ。
※参考URL「世界幸福度報告」 ⇒ http://worldhappiness.report/

続きを読む
0

2019/3/25  23:37

ドリル優子復権への動きさらに加速?・・・自民党群馬県連会長選で無投票当選か  政治とカネ

■政治家というものは3年半でみそぎが済むのでしょうか。思い起こせば、「姫」あるいは「ドリル優子」こと小渕優子・元経産相の関連政治単体をめぐる政治資金不正使用問題では、我々市民オンブズマン群馬が2014年10月20日に告発(実際には東京地検から告発状の出し直しを命じられて再提出した同年10月31日付)したにもかかわらず、2015年4月28日に嫌疑不十分で不起訴処分とされてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
告発の前日、記者発表した当会代表と報道記事

続きを読む
2
タグ: 政治 カネ 世襲

2019/3/23  21:22

高専機構への文科官僚天下りの実態を探るべくオンブズが国会図書館で再度の資料調査  群馬高専アカハラ問題



■依然として悪辣な高専校長を生産し続けている、文科省から高専機構への天下りについて、その実態を明らかにすべく当会では高専機構や文科省に資料開示を求めてきていましたが、どちらからも確たるデータは出てこないまま時間が過ぎてしまいました。

 仕方がないので、当会では再度永田町にある国会図書館に赴き、高専幹部の名簿資料を閲覧して高専全体としての概況が果たしてどのようなものなのか探ることにしました。なお、当会では去年の2月にも資料の閲覧を行っていますが、当時は群馬高専幹部のプロフィールを調査するにとどまり、全国的なデータを取るのはこれが初めてとなります。前回の訪問については以下の記事を参照ください。
○2018年2月20日:アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…国立国会図書館での職員名鑑閲覧で見えてきた西尾前校長の作戦
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2566.html

クリックすると元のサイズで表示します
永田町駅を降りるとすぐに国会図書館が見える。まだ桜の開花には程遠い3月某日。当会が桜の乱れ咲く群馬高専で西尾前校長に最初の公開質問状を提出してから、まもなく4年になる。↑


続きを読む
22

2019/3/22  23:45

不祥事の度に「なんちゃって第三者委員会」が増えた我が国のコンプライアンスの劣化と弁護士  不良弁護士問題

■不祥事が起こる度に「第三者委員会」なるものが設立されています。企業、大学、アイドルの運営会社しかり。ついには国の機関である厚生労働省が、ずさんな統計不正問題の特別監察委員会をこう呼ぶ事態となりました。24年前に発覚した安中市土地開発公社巨額横領事件(通称「タゴ51億円事件」)でも、安中市が関連部署の幹部らで構成した、名ばかりの“なんちゃって第三者委員会”を作り、1年もかけて、「なんちゃって報告書」を出しました。それが、24年を経過して、我が国の国政から民間にまで、なんちゃって第三者委員会が蔓延しているように感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」の解説、単行本–2011/3/1、日本弁護士連合会弁護士業務改革委員会 (編集)、15,997円。
※発行後8年以上経過した日弁連の「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」2010年7月15日、改訂2010年12月17日
ZIP ⇒
100715_2nichibenren_dai3shaiinkai_guideline.zip

続きを読む
0

2019/3/21  23:25

大同スラグ問題を斬る!…4年越しの住民訴訟で敗訴・上告断念するも新たな「スラグの管理を問う」戦いへ!  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同のフッ素・六価クロム入り有毒生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、4年9カ月が経過し、先日3月6日(水)に二審の東京高裁で再び住民敗訴の不当判決が言い渡されました。以降、当会はこの判決を不服として上告するかどうか、真剣に検討してまいりました。そして、最終的に、提出期限の3月20日(水)を待たずに、3月19日(火)までに上告をしないことに決めました。
 この裁判に敗れたとはいえ、裁判を通じて、東吾妻町萩生地区にスラグが投棄されていることに争いはないこと、そして有害スラグは平成27年9月11日に違法・有害廃棄物に認定されたこと、そして萩生地区の有害スラグにアスファルトでフタをする行為は、鉄鋼スラグ連絡会議で考え出された対策方針の被覆と考えが同一であることが確認されました。

続きを読む
0

2019/3/19  23:58

大同スラグ控訴審…4年越しの住民訴訟の挙句3月6日東京高裁での敗訴判決に当会上告せず不当判決確定  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同のフッ素・六価クロム入り有毒生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、4年9カ月が経過し、先日3月6日(水)に二審の東京高裁で再び住民敗訴の不当判決が言い渡されました。以降、当会はこの判決を不服として上告するかどうか、真剣に検討してまいりました。そして、最終的に、提出期限の3月20日(水)を待たずに、3月19日(火)までに上告をしないことに決めました。


続きを読む
0

2019/3/19  22:43

新年度を間近に控えた群馬高専(+長野高専)…現況やいかに?  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専アカハラ問題をめぐる同校と当会の闘いについては、被害者らによる告発が当会になされてから間もなくはや4年が経過しようとしています。不開示処分取消裁判の結果として、関連文書の一部開示こそなされたものの、その後も山崎体制の群馬高専が依然として強硬な隠蔽姿勢を続けているため、遺憾ながらなかなか打開策が見出せず、膠着状態に陥ったままとなっています。
クリックすると元のサイズで表示します
平成23年の群馬高専設立50周年記念ロゴデザイン最優秀賞作品。当時環境都市工学科5年在学の新海敬之氏作成。赤城・榛名・妙義の上毛三山に囲まれ、利根川が流れる豊かな大地で、心暖かで溌溂としたグローバル・エンジニアが育つ群馬高専を表す。群馬高専を囲むG型の曲線には、群馬の頭文字、学生の元気と頑張り、そして善意(Goodwill)と幸運(Good fortune)の意味が込められている。
続きを読む
29



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ