2018/12/25  23:45

東電がつき続ける「スマートメーターのウソ」・・・またまた届いたウソのつきっ放し文書  東北関東大震災・東電福島原発事故

■当会のブログでも報じているとおりスマートメーターを巡る東電のユーザー無視の対応が社会問題化しています。もともと電磁波による健康問題が取りざたされてきましたが、ここに来てスマートメーターによる火災事故が多発しており、それを東電や総務省消防庁が隠蔽してきた実態が明らかになりました。こうした生活安全上、危険な製品を従来型の電力量計に戻してほしいと、当会会員が東電を相手に要請を続けていますが、相変わらず東電は上から目線の対応に終始しています。
 そのような最中、当会会員から「またまた、『厚顔無恥の東電』から、『真っ赤かなウソのつきっ放し』の書状が届いた」と事務局に連絡がありました。さっそく当会会員からの報告内容をご紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2018/12/25  17:34

ついに平成最後のクリスマス・・・安中市公社タゴ51億円事件の103年ローンの行方が決まる節目の日  土地開発公社51億円横領事件

■毎年12月25日になると巡ってくるクリスマス。しかし、安中市民にとってこの日は、1995年に安中市土地開発公社を舞台に起きた巨額横領事件で、元職員タゴをはじめ、タゴの取り巻きの家族、親族、愛人、知人、同僚、出入り業者、金融マン、役人、政治家、暴力団などの懐に消えた総額51億円余りの巨額横領事件の尻拭いとなる群馬銀行への和解金24億5000万円のうち、和解直後の初回支払い4億円を除く20億5000万円を延べ払いで、安中市と土地開発公社が連帯して、毎年2000万円ずつ、103年間にわたって返済することになっている履行日でもあります。そして、今年は10年毎に和解金支払のための群銀への証文の更新年にあたります。これまで安中市・公社は、20年間和解金を支払い続けており、その金額は最初の4億円を含め、総額8億円に上ります。
 ここで、我が国の自治体や公的組織で発生した「横領事件」や「着服事件」のうち、犯行金額の多い順に並べてみましょう。

1.安中市土地開発公社巨額横領事件(1995年5月発覚)51億1250万円
2.和歌山県下津町財政調整基金横領事件(1984年11月)約30億円
3.長野県建設業厚生年金基金巨額横領事件(2010年9月)28億8000万円
4.兵庫県川西市土地開発公社横領事件(1992年6月)19億9000万円
5.新潟県刈羽郡西山町不正融資事件(1990年7月)15億3913万5千円
6.青森県住宅供給公社横領(通称アニータ)事件(2001年10月)14億5900万円
7.高知県土佐山村横領事件(2001年1月)13億5000万円
8.茨城県国民健康保険団体連合会横領事件(2008年4月)11億8100万円
9.外務省機密費流用事件(2001年)9億8800万円
10.河内長野市職員生活保護費横領事件(2013年10月)2億6000万円以上
11.山梨県消防協会横領事件(2013年9月)1億4000万円

 このように、安中タゴ51億円事件は、我が国の公的組織における横領額で断トツの巨額犯罪だということがわかります。

クリックすると元のサイズで表示します
高崎市箕郷町上芝の北陸新幹線高架付近にある、多胡運輸を継承した株正。現在、すぐ隣を通る予定の西毛広幹道の関連工事中。同社はタゴファミリーの拠り所として、タゴ51億円事件や首都高ローリー横転炎上45億円損害事故を経てもなおしぶとく存続している。他方、安中市民は群銀と市・公社の間の103年ローンに苦しめられている。

続きを読む
3

2018/12/22  23:30

安中市土地開発公社巨額詐欺事件・・・103年ローン解消に暗雲!  土地開発公社51億円横領事件

■上毛新聞を購読している市民からの情報提供で、安中市が12月14日の市議会の全協の場で、「一部免除を求める群銀との交渉が不調に終わった」ことを報告したことが分かりました。さっそく上毛新聞をチェックしたところ、次の記事が見つかりましたのでご紹介いたします。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2018/12/21  23:19

勝手にスマートメーターに交換しないよう各電力会社に対して通告状を送付しました  東北関東大震災・東電福島原発事故

■当会はかねてより当ブログにて、皆様、広く国民の皆様に、「スマートメーター」について、ユーザーにとって、その「百害あって一利なし」の状態をご報告して参りました。
 この度のユーザーに対する東電の、相変わらずの「ウソを吐き続けの余りにも誠意のない対応を踏まえ、電力という公益事業の社会的責任も考えて、当会はこのたび、東電のみならず各電力会社に対して「『アナログ型メーター(従来型電力量計=誘導形電力量計(表面計))(以下、「アナログメーター」という)』の確保要求」を通告いたしました。
 なぜならば、この「アナログ型メーター(従来型電力量計)」は、現在、三菱電機(株)一社のみが生産販売しているのですが、その生産を本12月をもって終了するとの告示が、web上で認められたからです。
 この事は、前回の平成30年12月17日付けの当ブログ記事にてもご報告の通りです。
○2018年12月17日:勝手にスマートメーターに交換した東電がつき続ける「スマートメーターのウソ」
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2844.html
クリックすると元のサイズで表示します
内容証明郵便で東電を除く全国の電力各社宛てに要請通告状を発送。

続きを読む
3

2018/12/18  23:18

大同スラグ控訴審…1月9日の第3回口頭弁論が迫り被控訴人群馬県から控訴審第1準備書面が到来!  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同のフッ素・六価クロム入り有毒生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、4年半が経過しました。「臭いものに蓋をしないでほしい」と農道舗装工事施工主体である吾妻農業所長に電話で懇願したにもかかわらず、その直後、有害スラグを撤去せずに舗装工事が行われたため、住民監査請求を2015年1月30日に提出しました。しかし、棄却されたため、2015年4月30日に住民訴訟を提起しました。以来ほぼ3年が経過しようとしていた2018年3月16日(金)午後1時10分に前橋地裁21号法廷で開かれた判決言渡弁論において、裁判長の「主文 原告らの請求を棄却する。訴訟費用は原告らの負担とする」という発声が法廷に響き渡りました。この判決を確定させてしまうと、さまざまな方面で収拾のつかない事態が発生し、我が国の土木建設業界のみならず、生活及び営農環境面に甚大な影響を及ぼしかねないため、当会は2018年3月26日(月)に、前橋地裁で控訴手続きをとり、その後、舞台を東京高裁第22民事部424号法廷に移し、同8月15日(水)午後2時に第1回口頭弁論、10月31日(水)午後2時に第2回口頭弁論が東京高裁第22民事部424号法廷で開かれました。次回、2019年1月9日(水)午前10時からの第3回口頭弁論が迫る中、12月17日に被控訴人から控訴審第1階準備書面が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
本件裁判では、なぜか関夕三郎弁護士からは、所属法律事務所の名前の無い定型封筒で裁判資料が普通郵便で送られてくる。準備書面の日付は12月14日だが、郵送したのは12月15日であることがわかる。

続きを読む
1

2018/12/17  23:48

勝手にスマートメーターに交換した東電がつき続ける「スマートメーターのウソ」  東北関東大震災・東電福島原発事故

■当会のブログでも報じているとおりスマートメーターを巡る東電のユーザー無視の対応が社会問題化しています。もともと電磁波による健康問題が取りざたされてきましたが、ここに来てスマートメーターによる火災事故が多発しており、それを東電や総務省消防庁が隠蔽してきた実態が明らかになりました。こうした生活安全上、危険な製品を従来型の電力量計に戻してほしいと、当会会員が東電を相手に要請を続けていますが、相変わらず東電は上から目線の対応に終始しています。
 このため、当会会員は改めて、内容証明郵便で、東電に対して抗議するととともに、在来型電力計への取り換えを強く要請しました。相も変わらず安全神話で人心を惑わそうとする東電に対して、粘り強く行動する当会会員の活動の模様をご紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します
内容証明郵便で東電あてに抗議・要請文を発送。

続きを読む
1

2018/12/16  21:09

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…戦国武将も怒っているぞ!(松風騒ぐ風雲箕輪城その3)  スラグ不法投棄問題


■高崎市や榛東村の道路や駐車場、公園などから環境基準を大幅に超えた鉛やヒ素が含まれている建設資材が発見されています。2018年9月18日みさと芝桜公園の駐車場▽公園付近の路上▽善地梅林広場の駐車場▽みさと梅公園蟹沢駐車場が鉛やヒ素だらけだと報道されました。
 鉛・ヒ素の汚染の被害は止まるところを知りません。この非鉄スラグは赤茶色の溶岩のような色・形態をしていますが、更に“粉々に細かく”なるという性質も、調査によりしだいに判明してまいりました。この非鉄スラグは直下の土壌にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
今回も箕輪城がレポートの舞台です。武田信玄の猛攻に何度も持ちこたえた長野業政公も、遂には耐え切れず非業の死を遂げられました。そんな攻防が繰り返された箕輪城の場外はどうなっているのでしょうか?歴代城主はスラグの不法投棄に怒りじゃ!“え〜〜い! 我の旗印に続け〜、者ども出あえ出あえ〜〜い!”

続きを読む
2

2018/12/15  22:57

鉛・ヒ素入りスラグ問題!・・・腑に落ちない日本鉱業協会スラグ委員会に不参加の東邦亜鉛の真意  スラグ不法投棄問題

■当会では、大同スラグ問題が浮上した当時、業界団体として鐵鋼スラグ協会というのがあり、そこで技術的な情報を得るため、訪問し技術担当の幹部からヒヤリングを行ったことがあります。ただし、それから間もなく当会の質問に対して次第に迷惑がられ、まもなく、一切のコンタクトを拒否されてしまいました。次のブログ記事を参照ください。
○2018年7月8日:大同有害スラグ不法投棄問題に係るオンブズマン質問に対する鐵鋼スラグ協会の回答から見えてくる業界体質
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1337.html
 そこで、今回、東邦亜鉛の非鉄スラグ問題が急拡大していることから、業界団体である日本鉱業協会の存在を知り、さっそく訪ねてみることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
左手の白い大きい建物の8階に日本鉱業協会がある。↑

続きを読む
0

2018/12/12  22:54

公道での路上会見を取材しようとした市民を「盗み聞きだ」と恫喝した弁護士の弁明書2への反論書2を提出  不良弁護士問題


■当会は、前橋市役所南橘公民館を舞台にしたセクハラ事件の加害者である管理職職員が別の女性職員と不倫にのめり込み、公民館で不貞行為をし、職場の規律を乱したにもかかわらず、公務だとして時間外手当を支給した上に、不倫相手の女性職員を正当な理由もなく4カ月物傷病休暇を与えた前橋市を相手取り、不倫行為を重ね職場規律を乱した当事者らから失われた公金を取り戻すことを義務付ける住民訴訟を提起しています。
 この関連で、同じく県内のみなかみ町市役所を舞台にしたセクハラ事件についても、その背景と経緯、実態について関心を持っており、11月2日に前橋地裁で開廷されたみなかみ町前町長が被害女性を相手取り提起したセクハラ謝罪広告等請求事件の第1回口頭弁論が開催されることを掲示板で知り、当会も傍聴しました。

続きを読む
2

2018/12/10  23:23

館林市議選の有効性が問われる中、市選管からの異議申出棄却決定通知に対し県選管へ12.10審査申立!  オンブズマン活動

■当会の会員が立候補した館林市議選は、9月16日の告示後1週間の選挙戦を経て、同23日に市庁舎の近くの体育館で開票されました。ところが、投票者の人数より、投票箱の中にあった票の数が1つ多いという事態が判明し、大騒ぎになっています。この市議選に出馬した当会会員で館林市支部長は、当会副代表が遭遇した館林市選管のずさんな選挙対応に関する報告をもとに、館林市選挙管理委員会に対して選挙の有効性について10月5日までに正式に異議を申し出ました。その後、館林市議会は10月9日に臨時会を開き、議長と副議長を選出したというので、市民は仰天しましたが、10月12日には、なんと選管から市議選の候補者らに対して、供託物返還通知が届きました。そのため、その理由を質すべく当会は公開質問を館林市長に行いましたが、異議申出に対して対応しているということで、文書での回答はありませんでした。そして11月19日付の異議申出棄却の決定書が選管から当会会員のところに、11月27日に郵送で届いたため、当会会員は12月10日に群馬県選管宛てに審査申立書を配達証明郵便で提出しました。さっそくその内容を見てみましょう。

続きを読む
1

2018/12/9  22:29

職員の市内居住制限が骨抜き状態の桐生市に監査請求をしたところ却下されたため住民訴訟を提起!  オンブズマン活動

■5月19日に開催された市民オンブズマン群馬の5月定例会で、桐生市在住会員から、市内居住制限が職員服務規則に明記されている桐生市に対して、市外居住許可申請書の「事由」と「居住年月日」にかかる情報に関して、同市の情報公開条例に基づいて今年2月に開示請求を行ったところ、黒塗りの文書が2月23日に開示されたため、行政不服審査法に基づく審査請求を3月15日に行っているという報告がありました。その後、この審査請求も棄却されたので、当会会員は改めて桐生市監査委員に対して、9月19日付で住民監査請求を提出しました。その結果が、11月9日に桐生市監査委員から却下通知が届いたので、当会会員は期限日の12月7日に前橋地裁に訴状を提出しました。なお、この問題に関する関連情報は次のブログ記事をご覧下さい。
○2018年5月19日:市内居住制限を服務規則に明記する桐生市が市外居住許可申請の事由・居住年月日を不開示とするヘンな対応
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2644.html
○2018年11月15日:職員の市内居住制限が骨抜き状態の桐生市に監査請求をしたところ却下通知が到来!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2818.html
続きを読む
0

2018/12/8  23:03

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…戦国武将も怒っているぞ!(松風騒ぐ風雲箕輪城その2)  スラグ不法投棄問題

■高崎市や榛東村の道路や駐車場、公園などから環境基準を大幅に超えた鉛やヒ素が含まれている建設資材が発見されています。2018年9月18日みさと芝桜公園の駐車場▽公園付近の路上▽善地梅林広場の駐車場▽みさと梅公園蟹沢駐車場が鉛やヒ素だらけだと報道されました。
 鉛・ヒ素の汚染の被害は止まるところを知りません。この非鉄スラグは赤茶色の溶岩のような色・形態をしていますが、更に“粉々に細かく”なるという性質も、調査によりしだいに判明してまいりました。細かくなるということは、被害が広がりやすいという事を意味しています。
クリックすると元のサイズで表示します
今回も箕輪城がレポートの舞台です。武田信玄の猛攻に何度も持ちこたえた長野業政公も、遂には耐え切れず非業の死をとげられました。そんな業政公の魂が眠る神聖な箕輪城に、鉛・ヒ素入りスラグは投棄されていないだろうな?平成の悪代官どもは、素知らぬふりを決め込んでいるらしいが、「軍配に日の丸」が旗印の「業政公」はお怒りじゃ!“え〜〜い! 我の旗印に正義あり、者ども出あえ出あえ〜〜い!”

続きを読む
2

2018/12/7  23:49

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…鉛・ヒ素入りスラグ撤去前の事前調査に係る費用が部分開示で判明  スラグ不法投棄問題


■2018年8月20日に群馬県は「県道工事に使用された建設資材の下の土壌調査結果について −『土壌への影響はありませんでした』−(建設企画課)」と題する記者発表を行いました。そこで、当会はさっそく8月30日に群馬県土木整備部建設企画課を訪れて、事情説明を求めましたが、埒が明かないため、次の内容の情報開示請求を行い、その結果10月31日に部分開示がなされました。しかし、土壌調査にかかった費用については開示情報に含まれていなかったため、11月16日に改めて開示請求を行ったところ、12月2日に部分開示されました。その経緯について報告します。
クリックすると元のサイズで表示します
11月30日付の開示通知2通が同封された封筒。

続きを読む
0

2018/12/6  23:42

東電スマートメーター火災事故の隠蔽に加担した総務省消防庁の呆れた対応を一面トップで報じた東京新聞  東北関東大震災・東電福島原発事故

■当会のブログでも取り沙汰している、次世代型電力量計「スマートメーター」の問題点ですが、このほど東電管内のスマートメーターのうち東光東芝メーターシステムズ社製造品から火災が発生していたことが発覚していたにもかかわらず、東電は、事故や不具合のある製品について公表せず、不良製品を設置した対象者への知らせもしていなかったことが判明しました。そして、一大広告スポンサーとしてマスコミ業界に大きな影響を持つ東電の隠蔽体質が起こしたこの事件について、東京新聞が11月18日の朝刊一面トップ記事で取り上げ、国民に説明もロクにせずスマートメーター交換を推進している問題を堂々と批判した東京新聞が、今度は12月6日にまたもや一面トップで続報を掲載しました。今後はなんと、総務省消防庁が、東電の隠蔽工作に忖度し、結果的に加担した可能性があるというのです。さっそく、こうした「権力に忖度せずモノ申す」ジャーナリズム精神を発揮する記事を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
製品不良で火災や異音などの事故が相次ぐスマートメーター=東京電力パワーグリッド提供
続きを読む
1

2018/12/3  23:13

前橋市職員の勤務不正申告による損害回収の12.12住民訴訟に向けて被告前橋市から答弁書!  前橋市の行政問題

■公務員のズサンな勤怠管理で多額の血税が失われていることは各地の事例で明らかですが、不祥事件が多発する前橋市の場合、やはりきちんとした職員管理ができていないことが大きな要因の一つと思われます。そこで、当会では不倫相手の職員の時間外手当を不正に認めていた前橋市職員の実態を正すべく、7月2日付で、住民監査請求に踏み切りました。その後、8月1日に陳述を行い、同30日に前橋市監査委員事務局から監査結果通知が送られてきました。さらに9月8日に同じく監査委員事務局から、「住民監査結果に対する措置通知」が届きました。内容を精査した結果、当会としては、ぬるま湯体質の前橋市役所を正すためには、やはり住民訴訟を提起するしかないとの結論に達し、9月28日訴状を提出しました。その後、地裁からの指示より11月2日までに訴状訂正申立書を提出しました。すると、地裁から11月7日付で事務連絡として、第1回口頭弁論が12月12日(水)午前10時に開かれるとの通知が到来し、被告前橋市長からも11月30日付で答弁書が12月1日に当会事務局に届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
事件の舞台となった前橋市南橘公民館(市民サービスセンター)。前橋市HPより。

続きを読む
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ