2018/8/8  23:54

【出張!オンブズマン】長野高専をめぐる諸問題について、同校から開示通知到来!<速報>  群馬高専アカハラ問題

■当会が7月3日に長野高専宛てに法人文書開示請求書を提出していたところ、8月3日に開示の判断が為されて、その後、東京都八王子市にある国立高専機構から、理事長印の押印された法人文書開示決定通知書が8月3日付で送られてきましたので、取り急ぎご報告いたします。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
30

2018/8/7  22:53

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス燃料が補助金で買ったチッパーの行方判明  東北関東大震災・東電福島原発事故

■今年2月から事実上の商業運転を続けている前橋バイオマス発電施設に併設されている前橋バイオマス燃料鰍フ木質燃料製造施設に配置されているはずのチッパーは、間伐材に衝撃を加えて粉々のチップにすることから高レベルの騒音を発するのが特徴です。しかし、これまで、このチッパーはごく限られた期間しか、赤城の南麓にある電中研の敷地にある前橋バイオマス発電施設内でしか目撃されていません。当会の調査でも、昨年12月に榛名町でトーセンが木材の集積場から大量の木材を搬出している光景を目撃した際、地元関係者にヒヤリングしたところ、「沼田のほうにもっていっているという話だ」との情報を得ていた程度でした。次のブログに榛名町の貯木場調査の様子が記してあるので参照ください。
○2018年2月27日:【速報】東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!…木質チップ製造を巡る原料の木材調達とチップ化事情
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2575.html
クリックすると元のサイズで表示します
トーセンが補助金で買ったチッパー「AXTOR6010」。県内でこれと同型の機械を見かけたら当会に通報ください。
※チッパー「AXTOR5050/6010」カタログPDF ⇒ axtor50506010.pdf
続きを読む
0

2018/8/6  22:33

お盆を控え、村の墓地の夏草刈り共同作業に早朝から汗を流し奮闘  国内外からのトピックス

■毎年恒例の8月第1日曜日朝6時からの共同墓地の草刈りが、8月5日に行われました。お盆(当地は旧盆なので、ことしは8月13〜16日)を控え、墓地周辺の進入道路脇の笹薮や雑草を刈って、気持ちよく先祖の墓参りができるようにするためです。朝6時からの作業開始ですが、15分前に行ってみると既に10名以上の村人の皆さんが作業を始めていました。
クリックすると元のサイズで表示します
朝日がまぶしい。それしてもものすごい草だ。

続きを読む
1

2018/8/5  22:07

高崎渋川線バイパスの鉛・ヒ素入りスラグ撤去方針!…じゃ〜佐藤がばら撒いた有害スラグも撤去しろよ!  スラグ不法投棄問題

■2018年7月27日に群馬県が「県道に使用された建設資材の基準値超過について(建設企画課)」と題して記者発表しましたが、これを当日〜次ぐ夜にかけ、NHKや新聞報道で報じたことは既に当会のブログでも報告済みです。
○2018年7月27日:【速報】群馬県スラグ行政を象徴!…当会の告発から1年かかってようやく公表の背後に東邦亜鉛の影か
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2708.html
○2018年7月29日:【速報】高崎渋川線バイパスにスラグ汚染報道・・鉄鋼スラグに続いて非鉄スラグの不法投棄か
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2710.html
 今回は、群馬県県土整備部が記者発表した内容を詳しく見ていきましょう。

続きを読む
1

2018/8/4  23:05

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス燃料に係る公開質問に回答拒否をしてきた群馬県  東北関東大震災・東電福島原発事故


■今年2月から事実上の商業運転を続けている前橋バイオマス発電施設に併設されている前橋バイオマス燃料鰍フ木質燃料製造施設に配置されているチッパー、トレーラー、脱水機機器類について、7月19日付の公開質問状を地元住民が群馬県環境森林部林業振興課に提出していたことは、次のブログで報告したとおりです。
●2018年7月28日:東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…公有物を屁とも思わぬ関電工の横暴を地元住民らが行政にアピール
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2709.html
 この度、群馬県から8月3日付けの回答書が届きました。内容は回答拒否同然です。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2018/8/4  1:24

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…9月5日前橋バイオマス補助金返還第10回弁論に向け被告が第7準備書面提出  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。先日6月20日(水)午前10時30分に開かれた第9回弁論準備で、裁判長から被告に対して訴訟指揮がなされました。今回はその指揮に基づき、被告から第7準備書面が8月1日付で送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2018/8/3  23:55

大同スラグ控訴審…8月15日の第1回口頭弁論が迫り、被控訴人群馬県から控訴答弁書が到来!(後編)  スラグ不法投棄問題

■これでは、当会の控訴理由書に対する反論としてイメージしにくいため、当会の控訴理由書の逐条ごとに、被控訴人群馬県の答弁内容を対比してみました。

続きを読む
0

2018/8/3  22:26

大同スラグ控訴審…8月15日の第1回口頭弁論が迫り、被控訴人群馬県から控訴答弁書が到来!(前編)  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同の生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、4年2カ月が経過しました。「臭いものに蓋をしないでほしい」と農道舗装工事施工主体である吾妻農業所長に電話で懇願したにもかかわらず、その直後、有害スラグを撤去せずに舗装工事が行われたため、住民監査請求を2015年1月30日に提出しました。しかし、棄却されたため、2015年4月30日に住民訴訟を提起しました。以来ほぼ3年が経過しようとしていた2018年3月16日(金)午後1時10分に前橋地裁21号法廷で開かれた判決言渡弁論において、裁判長の「主文 原告らの請求を棄却する。訴訟費用は原告らの負担とする」という発生が法廷に響き渡りました。この判決を確定させてしまうと、さまざまな方面で収拾のつかない事態が発生し、我が国の土木建設業界のみならず、環境面に甚大な影響を及ぼしかねないため、当会は2018年3月26日(月)に、前橋地裁で控訴手続きをとり、第1回口頭弁論が、きたる8月15日(水)午後2時から東京高裁第22民事部で開廷されます。その2週間前の8月1日に被控訴人から控訴答弁書16頁がFAXで送られ、8月3日に乙号証を含めた一式のハードコピーが当会に郵送されてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
※FAXで送られてきた控訴答弁書:PDF ⇒ 20180802_tiifaxj.pdf
続きを読む
0

2018/8/2  22:26

平成の負の遺産は平成で御終いに!…群銀103年ローン20年で公社の連帯保証を返上しよう!  土地開発公社51億円横領事件

■安中市土地開発公社を舞台にした巨額詐欺横領事件が1995年5月に発覚してから23年が経ちました。間違いなく我が国の公務員による不正行為では空前絶後、前代未聞の最大級の不祥事件です。1995年3月に地下鉄サリン事件を起こして日本国民を恐怖に陥れたオウム真理教教祖ら幹部7人の死刑執行が7月6日に行われましたが、その後7月26日に残る6人の死刑が執行されました。この時期での執行について、報道によれば来年5月に新年号制定を控えて「平成の総括」がその背景にあるとされています。このことから、安中タゴ事件についても、当会では、群馬銀行に対する和解金の支払いは、平成最後の年となる本年12月25日の20回目の支払いをもって総括すべきだと考えます。そこで、安中市長に対して、和解20周年まであと165日と迫る7月11日に行政文書開示請求をFAXで市役所宛てに発出したところ、7月21日に請求結果が通知され、8月1日に開示資料を受領してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2018/8/2  1:52

前橋市職員の勤務不正申告による損害回収を求める住民監査請求手続のため監査委員の面前で陳述  オンブズマン活動

■公務員のズサンな勤怠管理で多額の血税が失われていることは各地の事例で明らかですが、不祥事件が多発する前橋市の場合、やはりきちんとした職員管理ができていないことが大きな要因の一つと思われます。そこで、当会では不倫相手の職員の時間外手当を不正に認めていた前橋市職員の実態について、7月2日付で、前橋市長に関する措置請求書を、前橋市監査委員あてに発出しました。すると、7月4日付で前橋市監査委員事務局から内容確認の依頼があり、7月6日に同事務局あてに確認結果を提出していたところ、7月11日付前監第2号で受理通知が、同13日に当会事務局に届きました。それには8月1日に証拠の提出及び陳述について機会を当たる旨の通知内容が記載されてありました。そこで当会の代表と事務局長、および会員2名が、8月1日(水)午前10時前に前橋市役所を訪れました。
クリックすると元のサイズで表示します
前橋市役所6階にある監査委員室。

続きを読む
2

2018/7/29  23:08

【速報】高崎渋川線バイパスにスラグ汚染報道・・鉄鋼スラグに続いて非鉄スラグの不法投棄か!  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■2018年7月27日に群馬県が「県道に使用された建設資材の基準値超過について(建設企画課)」と題して記者発表しましたが、これを当日夜、NHKが「ほっとぐんま640」で報じたことは既に当会のブログでも報告済みです。
○2018年7月27日:【速報】群馬県スラグ行政を象徴!…当会の告発から1年かかってようやく公表の背後に東邦亜鉛の影か
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2708.html
 その後、7月28日に各新聞社が朝刊にこの記者発表の内容を報じました。毎日新聞だけは、7月28日にみなかみ町長の不信任案可決とセクハラ特集記事を群馬版に大きく掲載したため、翌29日に掲載しました。さっそく報道記事を見てみましょう。
**********上毛新聞2018年07月28日
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
2

2018/7/28  0:32

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…公有物を屁とも思わぬ関電工の横暴を地元住民らが行政にアピール  東北関東大震災・東電福島原発事故

■福島原発事故の反省はどこへやら。東電の無責任のDNAを受け継ぐ東電グループの関電工は、群馬県の庇護のもと、環境アセス条例に定めた手続きを経ないまま、バイオマス発電施設の本格稼働を始めて早くも半年になろうとしています。この間、セシウムの待機中への拡散や地下浸透など放射能の2次汚染のリスクに曝されている地元住民の皆さんは、他にも、騒音問題に悩まされています。また、搬入用に使われている国道や指導など道路施設にも、障害が出ています。そうした事情を粘り強く行政に訴えていますが、そもそも、こうした苦労は、行政が政治力に負けてこのような亡国事業を許可したのが原因です。住民のかたの苦労の一端をご紹介します。

続きを読む
3

2018/7/27  23:19

【速報】群馬県スラグ行政を象徴!…当会の告発から1年かかってようやく公表の背後に東邦亜鉛の影か  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■当会の会員から、本日午後6時40分から放送されたNHKほっとぐんま640で、県道高渋バイパスの中央分離帯から鉛とヒ素が基準値を超えて検出された、というニュースが報じられていると、緊急連絡がありました。さっそく、ネットでNHK News Webを検索すると、既に記事として掲載されていたので、次のとおりご報告します。
**********群馬 NEWS WEB 前橋放送局「ほっとぐんま0640」2018年07月27日18時41分
バイパスの資材から鉛など検出
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
3

2018/7/27  20:14

【速報】セクハラ問題で揺れる群馬県・・・みなかみ町長の不信任案が可決!  オンブズマン活動

■当会が手掛けているハラスメント問題のうち、セクハラについては現在前橋市役所における元管理職による嘱託職員へのセクハラ(強制わいせつ)行為がありますが、みなかみ町では町長が団体職員に対してセクハラ(強制わいせつ)行為を行ったとして問題になっています。みなかみ町の場合、6月5日の定例会で町長不信任案が提出されましたが、全部で18議員による採決の結果、賛成12人、反対6人となり、賛成票が可決に必要な14人を下回ったため、否決されました。この際、2人の共産党町議が反対に回り、党の方針に反したとして、党町議団長だった1人が辞職しました。そのため、再度7月27日の町議会臨時会に、町長不信任決議案の再提出の動きが取りざたされていましたが、本日の臨時町議会で、久保秀雄議員から前田町長に対する不信任決議案が提出され、可決されました。

続きを読む
0

2018/7/27  19:22

また文科省で汚職!…先日裏口入学を斡旋した仲介者に今度は国際派キャリア官僚が接待おねだり  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専や長野高専をはじめ、全国の数多くの高等専門学校に出向の名目で官僚が校長として派遣され、およそ教育者らしからぬ振る舞いでアカハラやパワハラを振りまいている弊害については、当会のブログでも紹介してきました。これまで比較的スキャンダルには縁遠いと思われていた文部科学省は、近年、組織的な天下りあっせんなどが続き、不祥事を起こしてきていますが、やはり、官僚という「人種」に付き物の社会的規範の欠如が、とくに文科省に所属しているうちにさらに悪化するのではないかと思ってしまいます。
 東京医科大支援事業をめぐる汚職事件で前科学技術・学術政策局長が起訴されたばかりなので、今度は、その1年先輩の国際統括官が、東京地検特捜部の餌食となりました。信頼回復には、ユデガエル状態にある役所内部のしくみを全て見直す必要があり、それは外部の民間人に全権限を与えて大ナタを振るわない限り、再発防止にはならないと思います。
 この事件の昨日からの報道記事を見てみましょう。
*********産経ニュース2018年7月26日 10:59
【文科省汚職】収賄容疑、新たに文科省国際統括官を逮捕 JAXA出向時に140万円接待疑い 東京地検特捜部
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ