2019/6/1  22:43

館林市選出県議の公選法違反に係る告発を起訴猶予とした前橋地検を前橋検察審査会が追認する議決  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■館林選出の多田善洋県議が、地元有権者の親族の葬儀に生花を贈った事件で、当会会員で館林支部長が2018年7月20日付で公選法違反だとして告発していたところ、同12月20日付で前橋地検から「処分通知書」が到来し、不起訴処分になったことが判明しました。そこで当会会員は、不起訴処分の理由について同12月22日付で前橋地検に「不起訴裁定主文及びその理由についての確認請求」を提出したところ、同12月27日付で「不起訴処分理由告知書」が地検から届きました。この結果に納得できなかった当会会員は、2019年1月16日付で前橋検察審査会に「審査申立書」を提出しました。すると、同1月21日に受理通知があり、意見書が出せるというので2月16日付の意見書を提出したところ、2月22日に事務連絡が来ました。そして、令和元年になった5月22日付で、前橋検察審査会から議決通知が当会会員のもとに届きました。議決の要旨は「不起訴処分は相当である」でした。
クリックすると元のサイズで表示します
前橋検察審査会から届いた議決通知。

続きを読む
2

2019/5/25  18:30

東邦亜鉛の有毒スラグ問題に関して2月の第1回定例会での質疑が県議会だより4月号に掲載  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■先日、廃品回収のため、新聞紙の整理をしていたところ、毎月はじめに広報ぐんまと一緒に新聞折り込みされる県議会だより平成31年4月号が出てきたのでめくってみたところ、2019年2月25日に開かれた群馬県議会平成31年第1回定例会3日目本会議(一般質問)で東邦亜鉛の有毒スラグについて、一般質問と県の回答が簡単に掲載されているのを発見しました。一般質問から既に3ヶ月が経過しますが、その内容をチェックしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
東邦亜鉛スラグについての一般質問の記事が掲載された県議会だより。

続きを読む
1

2019/5/13  23:38

2019年度安中緑の大地を守る会総会が開かれる  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■2019年5月12日(日)午前8時は、安中市の恒例イベントの遠足まらそんのスタート時刻ですが、今年も北野殿地区恒例の資源回収(廃品回収)と同じこの時間に、地元の「安中緑の大地を守る会」総会が岩野谷地区の西岩井にある同会事務所で開催されました。昨年は、組長だったので廃品回収作業のあと、8時45分ごろ会場の同会事務所に駆けつけたましたが、今年は8時10分前に到着し、草刈り作業を一緒に行ったあと、総会にも出席できました。
クリックすると元のサイズで表示します
草刈り作業の模様。

続きを読む
0

2019/4/28  23:19

東邦亜鉛の鉛・ヒ素入り非鉄スラグ問題・・・首都高の塗装補修作業で明らかになった鉛の有毒性  東邦亜鉛カドミウム公害問題


■首都高速の橋桁の錆止め塗料にかつて高度経済成長期からバブル期にかけて使用された鉛入り塗料が、最近の塗装更新で、下地塗装を剥がす必要性が増えているため、鉛による作業者への健康リスクが高まっているというニュースが、連休突入直後に報じられました。一体、鉛がどのように作業者の体内に取り込まれたのでしょうか。関連記事をチェックしてみました。
**********毎日新聞2019年4月27日 03時05分(最終更新 4月27日 03時17分)
防護対策は手探り 鉛塗料はがす工事増加、飛散リスク高まる
クリックすると元のサイズで表示します
塗装工事が進められている首都高7号小松川線の高架下。鉛を含んだ塗料をはがす作業中であることを知らせる掲示がされていた=東京都江東区で4月16日、大久保昂撮影

続きを読む
0

2019/4/17  23:56

鉛やカドミウムが通常より最大60倍降り注いでいる東邦亜鉛安中製錬所周辺の土壌汚染の深刻度  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■安中市東部の碓氷川沿いの丘陵地の斜面で戦前から操業中の東邦亜鉛安中製錬所の周辺は長年にわたる製錬所から排出される重金属を含んだ降下ばいじんにより、周辺の土地の土壌汚染が深刻です。重金属、とくにカドミウムが取りざたされ安中公害として社会問題化した昭和40年代以降、東邦亜鉛が、排煙や排水などの公害防止対策のための設備を導入してからも、依然として排煙や排水中に含まれる重金属の量はゼロにはなっていません。とりわけ降下ばいじん中の重金属による周辺土地の土壌汚染は、年々蓄積されています。筆者は、地元の畑地土壌汚染対策事業として行政が推し進めている「碓氷川流域地区公害防除特別土地改良事業」の推進委員会本部役員の一人で広報を担当していますが、先日推進委員会の会長から、降下ばいじん量の実態について調べてほしいと依頼されたため、群馬県に情報開示請求をしたところ、関連情報が開示されましたので、委員会の会長の承諾のもとに公表しておきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
一番上に見えるのが主排ガス塔。高さ30mというが、頂上より少し手前の斜面にあるので、煙は容易に地表に近づく。つまり降下ばいじんになり易い。

続きを読む
2

2019/4/12  21:25

東邦亜鉛安中製錬所で4月6日に開催された第28回工場視察会で分かってきた「K砕」の正体の傾向と対策  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■今年も恒例の東邦亜鉛安中製錬所の視察会が4月6日(土)午前9時半から正午にかけて実施されました。昨年の第27回工場視察会には、筆者は生憎海外取材中だったために出られませんでした。なので、2年ぶりの参加となりました。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
1

2018/7/29  23:08

【速報】高崎渋川線バイパスにスラグ汚染報道・・鉄鋼スラグに続いて非鉄スラグの不法投棄か!  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■2018年7月27日に群馬県が「県道に使用された建設資材の基準値超過について(建設企画課)」と題して記者発表しましたが、これを当日夜、NHKが「ほっとぐんま640」で報じたことは既に当会のブログでも報告済みです。
○2018年7月27日:【速報】群馬県スラグ行政を象徴!…当会の告発から1年かかってようやく公表の背後に東邦亜鉛の影か
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2708.html
 その後、7月28日に各新聞社が朝刊にこの記者発表の内容を報じました。毎日新聞だけは、7月28日にみなかみ町長の不信任案可決とセクハラ特集記事を群馬版に大きく掲載したため、翌29日に掲載しました。さっそく報道記事を見てみましょう。
**********上毛新聞2018年07月28日
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
2

2018/7/27  23:19

【速報】群馬県スラグ行政を象徴!…当会の告発から1年かかってようやく公表の背後に東邦亜鉛の影か  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■当会の会員から、本日午後6時40分から放送されたNHKほっとぐんま640で、県道高渋バイパスの中央分離帯から鉛とヒ素が基準値を超えて検出された、というニュースが報じられていると、緊急連絡がありました。さっそく、ネットでNHK News Webを検索すると、既に記事として掲載されていたので、次のとおりご報告します。
**********群馬 NEWS WEB 前橋放送局「ほっとぐんま0640」2018年07月27日18時41分
バイパスの資材から鉛など検出
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
4

2018/5/13  23:49

2018年度安中緑の大地を守る会総会が開かれる  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■今日は、北野殿地区恒例の資源回収(廃品回収)と同じ時間に、地元の「安中緑の大地を守る会」総会が開催されました。生憎、組長として廃品回収作業に駆り出されたため、8時45分ごろ会場の同会事務所に駆けつけた時には、既に草刈り作業も終了し、報告事項もひととおり済んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します
草刈りの終わった公園と記念碑。

続きを読む
1

2018/3/13  23:25

安中カドミウム公害企業の面目躍如…県道に投棄された鉛含有スラグと東邦亜鉛の環境軽視の姿勢(その2)  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■当会は次に、群馬県に対して、非鉄スラグと思しき物資の採取について、許可を求めたところ、2017年8月28日に群馬県から次のメールを受信しました。

続きを読む
0

2018/3/12  23:04

安中カドミウム公害企業の面目躍如…県道に投棄された鉛含有スラグと東邦亜鉛の環境軽視の姿勢(その1)  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■当会は現在、大同特殊鋼渋川工場から排出され、群馬県内各地にばらまかれた有害スラグの不法投棄問題に取り組んでいます。同工場では、年間2万8千トン規模の鉄鋼スラグが製造過程で排出されていますが、県内ではもっと大量にスラグを排出している企業があります。それが、安中カドミウム公害で名をはせた東邦亜鉛安中製錬所です。同製錬所には年間25万トンの亜鉛精鉱が海外から運び込まれて、最大14万トンの亜鉛製品を生産していますが、同時に年間5万トンを超えるスラグも副生品として排出されています。
クリックすると元のサイズで表示します
「安中公害 農作物に大被害」と報じた1970(昭和45)年7月3日付上毛新聞
https://www.jomo-news.co.jp/playback/data/07/0703/archive0703.pdf

続きを読む
0

2017/4/18  22:09

東邦亜鉛安中製錬所で4月8日に開催された第26回工場視察会で分かった驚くべき新事実  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■今年も恒例の東邦亜鉛安中製錬所の視察会が4月8日(土)午前9時半から正午にかけて実施されたので、昨年に引き続き当会も参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します
毎年4月上旬に開催される工場視察会。悲惨な安中公害を語り継ぐためにも重要なイベントだ。
クリックすると元のサイズで表示します
4月2日(日)の道普請の時はまだ蕾だった桜がほぼ満開に。

続きを読む
0

2016/6/6  22:53

公害汚染土壌の始末を被害住民に負わせ新スラグ置き場の造成に躍起な東邦亜鉛の公害企業体質の健在ぶり  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■現在、東邦亜鉛安中製錬所の周辺の畑地を対象に、公害防除特別土地改良事業(通称「公特事業」)と呼ばれる汚染土壌の撤去と新鮮土壌の客土を兼ねた土地改良事業計画が、平成7年から、安中市野殿、岩井地区で行われています。すでに20年以上が経過しているにも関わらず、未だに本格的な事業着手に至っていません。
 その理由として、東邦亜鉛による政官への根回しと、一部の地域住民の懐柔による地域共同体の分断工作が功を奏していることが挙げられます。
 そうした最中、数年前に念願の産廃最終処分場を構内に設置した東邦亜鉛は、今度はかつて農民をだまし討ちにして分捕った土地に、新しいスラグ置き場を設置するための届出を提出し、さらなる工場の拡大を実現しようとしています。
 この新スラグ置き場がどのようなものなのか、東邦亜鉛からの説明が断片的で不十分なため、ひらく会の事務局長が、2016年5月17日付で、次の内容の情報開示請求を群馬県知事に行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
5月中旬に突然設置された大型バリケード。中を見せたくないという東邦亜鉛の秘密体質をひしひしと感じさせる。

続きを読む
0

2016/5/16  0:08

安中緑の大地を守る会総会でわかった東邦亜鉛安中製錬所スラグ置き場新設計画の驚くべき概要  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■2016年5月14日(土)午前8時から、安中市岩野谷地区西岩井にある安中緑の大地を守る会の事務所のある公園で、毎年恒例の清掃作業が行われ、15名ほどの会員が参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します
草刈り作業に精出す会員の皆さん。

続きを読む
1

2016/4/23  23:43

近年になく紛糾した東邦亜鉛安中製錬所における4.9第25回工場視察会の参加報告(その2)  東邦亜鉛カドミウム公害問題

■東邦亜鉛安中製錬所の工場視察を終えた一行は、再び事務棟に戻り、11時から意見情報交換会に入りました。さっそく、続きのやり取りを見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
安中製錬所の全景(ジオラマ)。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ