2018/4/3  22:59

安中市の0.5%を中国資本が占める安中メガソーラー計画…送電線敷設について東電が3月下旬に地元で回覧板  安中市内の大規模開発計画

■安中市岩野屋地区の南部にある広大な丘陵地帯127ヘクタールにFIT制度を利用したメガソーラー設置のため、中国系ファンドのタックスヘイブン企業のペーパー会社が、朝日新聞グループの日刊スポーツからゴルフ場計画跡地を買い取り、現在大規模な造成工事がほぼ半分ほど進行中です。このメガソーラー計画では発電した電力を東電の高圧送電網と接続する必要がありますが、当初富岡市側経由で計画されていたルートが、桑原地区自治会の皆さんの反対で頓挫したため、そのルーティングをどうするのか東電の動向が注目さえていましたが、やはり安中市側の野殿・水境地区から間仁田地区にある特別高圧送電ラインの碓氷幹線の第25号鉄塔に導くルートに決したようで、先日、地元野殿地区に東電が回覧板でチラシを回しました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2017/10/21  23:23

安中市の0.5%を中国資本が占める安中メガソーラー計画…送電線敷設について東電から届いた手抜き回答書  安中市内の大規模開発計画


■安中市の東南端の丘陵地帯で造成中の首都圏ではトップクラスの発電量となる安中ソーラー合同会社によるメガソーラー建設のための造成工事は、着工後約1年が経過しました。 そうした中、着工後半年が経過した今年の4月に、事業者の意向を受けた東京電力が安中市役所に、送電線を市道の下に敷設して、もよりの高圧送電網に接続させたい、として下話をしたことが、最近になって判明しました。また、群馬県に対しては、県道を横切って送電ルートを確保するために、既に何回か安中土木事務所を訪れて下話をしていることが分かりました。そこで、当会では、2017年9月17日に、東京電力のホームページから、東電に問い合わせをしたところ、1か月後の10月17日付で回答が送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
1

2017/9/19  23:06

安中市の0.5%を中国資本が占める安中メガソーラー計画…東電に送電線敷設について問い合わせ中  安中市内の大規模開発計画


■安中市の東南端の丘陵地帯で造成中の首都圏ではトップクラスの発電量となる安中ソーラー合同会社によるメガソーラー建設のための造成工事は、着工後約1年が経過しました。ところが、肝心の東京電力の送電網に連系する目途が立たないまま、群馬県が大規模開発条例による建設許可を出してしまったため、工事はズサンを極め、計画予定地内に5㏊あまり存在する里道や水路などの公有地の払い下げについては、払下げ申請前に重機を入れて造成工事を始める始末でした。さらに、予定地に隣接する市道の占有許可申請をしないまま勝手に排水パイプを敷設するなど、その無法ぶりは、さすがに中国資本の影を引きずる事業者ならではと言えるでしょう。
 そうした中、着工後半年が経過した今年の4月に、事業者の意向を受けた東京電力が安中市役所に、送電線を市道の下に敷設して、もよりの高圧送電網に接続させたい、として下話をしたことが、最近になって判明しました。また、群馬県に対しては、県道を横切って送電ルートを確保するために、既に何回か安中土木事務所を訪れて下話をしていることが分かりました。
クリックすると元のサイズで表示します
安中ソーラー合同会社「安中太陽光発電設備」2019年完工予定、場所:群馬県安中市、林地開発案件:約137万m2、太陽電池モジュール:63.2MW /PCS:42.8MW。

続きを読む
1

2017/9/13  23:47

安中市の0.5%を中国資本が占める安中メガソーラー計画…東電による送電線敷設の動き  安中市内の大規模開発計画

■安中市岩野谷地区で進行中の関東地方で最大級のメガソーラー設置計画ですが、中国資本の影を引きずるタックスヘイブン会社のグレード・ディスカバリー・ホールディングス社から造成工事とパネル設置工事を請け負った東芝プラントシステムが、昨年10月16日の工事着手以降、勝手に工事を進めている実態は正にルール無視の中国を想起させます。防災用の池を整備しないまま造成工事を進めた結果、今夏はまとまった降雨により少なくとも3回以上、周辺の水田に泥水が流入し、耕作者のかたがたは大変な迷惑を被ったことは当会のブログでも報告した通りです。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市から届いた部分開示通知書。

続きを読む
0

2017/7/3  23:51

安中市の0.5%を中国資本が占める安中メガソーラー計画…先週末の雨で泥水が水田に流入!耕作者らが市に直訴!  安中市内の大規模開発計画

■安中市岩野谷地区で進行中の関東地方で最大級のメガソーラー設置計画ですが、中国資本の影を引きずるタックスヘイブン会社のグレード・ディスカバリー・ホールディングス社から造成工事とパネル設置工事を請け負った東芝プラントシステムが、昨年10月16日の工事着手以降、勝手に工事を進めている実態は正にルール無視の中国を想起させます。先週末に久しぶりにまとまった雨が現地で降りましたが、梅雨時を控えて防災対策を取らない実態が明らかになりました。なぜなら、大した降雨でもなかったのに、丸裸にされた造成地から泥水が大谷地区と水境地区の農業用水路に流出し、水田に流入したからです。泥水の状況はこの記事の末尾を参照ください。
クリックすると元のサイズで表示します
工事現場の入口にある看板。7月2日(日)午前10時撮影。

続きを読む
0

2017/6/5  22:18

中国系資本メガソーラーによる大規模造成工事・・・安中市が撤去費用に関し事業者と覚書締結  安中市内の大規模開発計画

■いまや猫も杓子もソーラー発電ですが、群馬県安中市の場合、とくにその開発はすさまじいものが有ります。安中市内でも高崎市に近い大谷地区と野殿地区にまたがる137へクタールもの丘陵地帯では、広大な里山を所有していた朝日新聞グループの日刊スポーツ新聞社が、2015年12月に中国系資本が絡むタックスヘイブンのペーパー会社にそれまで朝日新聞グループ専用の高級ゴルフ場建設計画のために買収後、バブルがはじけたため銀行融資が得られなくなり、着工を断念したまま保有していたゴルフ場計画跡地をおよそ20億円(当会推定額)で、譲渡してしまいました。その後、群馬県における大規模開発や森林法による林地開発申請も群馬県の後押しであれよあれよと進み、昨年2016年10月16日に現地にブルドーザー等重機類が搬入され、予定地の里山が今大きく改変されています。
クリックすると元のサイズで表示します
137ヘクタールの広大な里山は既に立木が殆ど伐採され、造成工事が急ピッチで進められている。(5月29日撮影)





続きを読む
1

2017/4/7  22:02

安中市の0.5%が中国資本に渡る安中メガソーラー計画…住民に説明済みとして部分開示してきた群馬県の厚顔無恥  安中市内の大規模開発計画

■現在も大型のブルドーザーが里山を大規模に切り崩している安中市東部の岩野谷丘陵地帯にある日刊スポーツのゴルフ場計画跡地ですが、2017年3月28日付で、当会が情報公開請求をしていた、中国系資本の入った開発事業者向けの与信情報に関する群馬県の不開示処分に対する審査請求が棄却されてしまったことは、先日、当会のブログで報告した通りです。その棄却通知に続いて、3月29日付で、2枚の文書の非開示処分の取消決定に基づく公文書部分開示決定通知書が普通郵便で3月30日に届けられました。既にこれらは群馬県の大規模開発条例に基づく手続き情報として、当会が入手しているものですが、中国系資本に我が国のかけがえのない国土を引き渡すことに躊躇しない群馬県環境森林部森林保全課には怒りを通り越して、我が国の公務員はここまでモラルを失ったのかと、哀しみさえ覚えます。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬県から3月28日付で送られてきた部分開示決定通知書と工程表と事業スキーム図(詳細)が同封された封筒。

続きを読む
0

2017/3/29  23:39

安中市の0.5%が中国資本に渡る安中メガソーラー計画…信用情報不開示の異議申立てを棄却した群馬県の売国心  安中市内の大規模開発計画

■親中派の朝日新聞と関係の深い日刊スポーツ新聞社の子会社が管理をしていたゴルフ場計画跡地が、中国系資本の息のかかったタックスヘイブンのペーパー会社が設立した特別目的会社に売却され、現在、関東地方で最大級の規模のメガソーラー施設建設のため、安中市東部の大谷・野殿地区の里山一帯が大規模に造成工事中です。100数十億円とみられるこのメガソーラー事業の資金として、いったいどんな金融機関がどのような条件で資金協力をしているのか等を確認し、中国の脅威から我が国の国土の保安を守る必要があると考えた当会では、開発許認可権をもつ群馬県に対して情報開示請求をしてきました。ところが肝心の開発事業者の財務・信用情報等は黒塗りや除外されてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
3月28日付けで簡易書留で郵送されてきた公文書不開示審査請求に対する裁決書謄本を同封した封筒。

続きを読む
0

2017/3/24  1:46

安中市の0.5%が中国資本に渡る安中メガソーラー計画…信用情報不開示を正当化した県開示審査会の答申内容  安中市内の大規模開発計画

■親中派の朝日新聞と関係の深い日刊スポーツ新聞社の子会社が管理をしていたゴルフ場計画跡地が、中国系資本の息のかかったタックスヘイブンのペーパー会社が設立した特別目的会社に売却され、現在、関東地方で最大級の規模のメガソーラー施設建設のため、安中市東部の大谷・野殿地区の里山一帯が大規模に造成工事中です。100数十億円とみられるこのメガソーラー事業の資金として、いったいどんな金融機関がどのような条件で資金協力をしているのか等を確認し、中国の脅威から我が国の国土の保安を計る必要があると考えた当会では、開発許認可権をもつ群馬県に対して情報開示請求をしてきました。ところが肝心の開発事業者の財務・信用情報等は黒塗りや除外されてしまいました。そのため当会は2016年8月10日に審査請求を申立てました。このほど、7か月半ぶりに群馬県から審査会からの答申書の写しが送られてきました。呆れたことに、中国系資本を利する結果となる情報不開示を擁護する内容となっています。さっそく答申書を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
3月23日に届いた群馬県からの通知書面が同封された封筒。

続きを読む
0

2016/10/12  23:49

安中市の0.5%が中国資本に渡る日刊ゴルフ場跡地のメガソーラー計画・・・群馬県の売国奴的弁明書への反論  安中市内の大規模開発計画

■国際ルール無視の中国の息がかかっているかもしれない香港在住の中国人投資アドバイザーが仕切る外資系ペーパー会社が、タックスヘイブンで知られる米国デラウェア州ウィルミントン市に法人登録をしている親会社のもとに、我が国の某銀行からの融資を受けて、あろうことか首都圏の水源地帯を137ヘクタールも買い占めて(一部は賃貸)メガソーラー事業を着々と進めています。

【10月14日追記】
*********ロイター2016年10月14日
自衛隊機の緊急発進、対中国が過去最多の407回

クリックすると元のサイズで表示します
自衛隊機の緊急発進、対中国が過去最多の407回。
 防衛省は14日、自衛隊機による中国機への4─9月の緊急発進が、半期としては過去最多の407回だったと発表した。中国軍の東シナ海での動きが活発化しており、前年同期の231回から2倍近い伸びとなった。
 4─9月期の全体のスクランブル回数は594回。うち69%が対中国機、30%が対ロシア機だった。領空侵犯はなかった。(久保信博)

**********
続きを読む
1

2016/10/8  19:40

安中市の0.5%が中国資本に渡る日刊ゴルフ場跡地のメガソーラー計画・・・群馬県から売国奴的弁明書が到来  安中市内の大規模開発計画

■尖閣諸島周辺の我が国領海への中国船の侵犯が続いています。10月2日に接続水域への侵入があったのに続き、本日10月8日、4隻の船舶が領海侵犯をしました。

**********NHK News Web 2016年10月8日 9時49分
尖閣諸島沖 中国海警局の4隻が領海侵入
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2016/9/21  0:28

安中市の0.5%が中国資本に渡る安中メガソーラー計画・・・東芝プラントが9月28日地元説明会で工事着手?  安中市内の大規模開発計画


■地元住民の強い不安と懸念による反対意見が出されているにもかかわらず、朝日新聞グループの日刊スポーツの所有するゴルフ場計画跡地だった137ヘクタールもの広大な水源地帯が、いよいよ中国資本が絡む外資系のペーパー会社に売り渡されるようです。先週9月12日の週に、地元安中市岩野谷地区に、次のチラシが回覧されました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2016/9/1  18:02

安中市の0.5%が中国資本に渡る安中メガソーラー計画・・・既に8月8日に県が林地開発を許可  安中市内の大規模開発計画

■再生可能エネルギー源として最も我が国で普及しているソーラー発電施設ですが、大規模なメガソーラー発電計画があまりにも乱立しており、最近はその弊害にも世間の注目が集まりつつあります。しかも20年間の固定価格買取制度により、ソーラー発電はひとつの投資対象として内外の投資家から注目され、さながらマネーゲームのような見方もされていています。こうなると本来の目的である再生可能エネルギーの普及というより、単なる金儲け事業という側面しか見えない連中が跋扈することになります。
クリックすると元のサイズで表示します
8月8日付で林地開発許可がおりていた安中ソーラー合同会社の計画概要。


続きを読む
1

2016/8/23  23:11

安中市の0.5%が中国資本に渡る日刊ゴルフ場跡地メガソーラー計画の融資元確認のため県知事に審査請求  安中市内の大規模開発計画

■日本の南にある尖閣諸島では、無法国家の中国による公船の我が国への領海侵犯が頻発しています。とくに8月に入り、これまでに6日、延べ23隻の公船が領海侵入を犯しています。しかも、中国ではさらに大型の排水量9000トンクラスの公船を既に建造しており、台風が接近しても、尖閣諸島周辺に恒常的に停泊できる体制を着々ととろうとしているのです。
※国交省:中国公船による尖閣諸島接近(接続水域入域・領海侵入)状況 −H28年8月− ( 8/22現在)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/senkaku/data_h28_08.pdf
クリックすると元のサイズで表示します
ソーラーパネルの海に囲まれて浮かぶ島の形の筆者所有の山林。さながら東シナ海に浮かぶ尖閣諸島のようだ。しかしここは首都圏の水源林地帯なのである。

続きを読む
2

2016/8/3  1:38

安中市の0.5%が中国資本の手に亘る日刊スポーツゴルフ場跡地のメガソーラー計画・・・北海道の例(後編)  安中市内の大規模開発計画


■産経新聞は、「続北海道が危ない」と題して、7月末に再びこの問題について特集記事を連載しました。早速見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
熊谷駅南側にある中国ハイアール社の家電研究所。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ