2008/6/28  16:53

タゴ事件13年後の尻拭い/秋間山林取得金額開示?  タゴの置き土産/秋間山林の買取り問題

■安中市が世界に誇る(?)土地開発公社巨額詐欺横領事件(通称タゴ51億円事件)は先月5月17日で、発覚から13周年目を迎えました。平成8年4月8日、単独犯として未決勾留200日を含む懲役14年の実刑判決を受けたタゴは、既に数年前に千葉刑務所を出所して、現在、首都圏の某所でひっそりとマンション暮らしをしているという情報が寄せられています。いずれにしても、タゴは平成21年9月下旬に晴れて刑期を務め上げ、シャバに大手を振って出てきます。

続きを読む
0

2008/4/27  14:54

東上秋間の山林取得経過の「怪」明(売買金額非開示のウラ)  タゴの置き土産/秋間山林の買取り問題

■タゴ事件も、今度の5月17日で、発覚から13周年目を迎えます。タゴの置き土産の負の遺産は、いぜんとして安中市土地開発公社の財政を蝕んでいますが、あろうことか、岡田市長(元土地開発公社理事・監事)はタゴの負の遺産を公金で買取ろうとしています。
そこで、住民監査請求に向けて証拠資料を収集してきましたが、先日報告しましたように、残る確認事項は次の2点です。
(1)債務負担行為に基づいて、安中市が実際に公社から山林を買取ったのかどうか
(2)公社が、山林の地権者に土地代、立木代として、いくら支払ったのか。
このうち上記(2)について、4月8日付けで安中市長に異議申立をしました。

続きを読む
0

2008/4/13  22:11

51億事件発覚12年目/秋間山林取得をめぐる不可思議な事実  タゴの置き土産/秋間山林の買取り問題

安中市土地開発公社の元職員のタゴが史上空前絶後の巨額詐欺横領を働いた事件で、安中市住民はこれまで当時の公社役員やタゴの上司らを相手に住民訴訟を起こしました。その結果、公社の元理事・監査だった岡田義弘氏(現市長)以外は「二度とこのような事件を起こしません」と反省したことから和解という形で決着しましたが、唯一岡田義弘氏だけが、公社には損害がないとして和解に応じず、裁判所も「公社には損害がなかった」という岡田氏の主張を全面的に受け入れ、原告住民が地裁、高裁ともに敗訴し、最高裁でも棄却され、住民敗訴になったことはご存知のとおりです。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ