2013/5/27  21:31

フリマ再開に向けた公園利用許可申請をはねつける岡田市長と未来塾のせめぎあいに投じる一石  安中フリマ中止騒動

■先日5月19日に、市内の市民団体「未来塾」のチラシが新聞折り込みされました。内容は、「第32回フリーマーケットinあんなか(5月26日)開催予定」は再開できませんでした」というものです。具体的には、北関東一と言われるまでに盛況だった同団体主催のフリーマーケットinあんなかが、岡田市長にいやがらせで開催を止められてから6年が経過し、このイベントの再開を望む多数の市民の声により昨年から再開準備手続を進めてきたが、岡田市長が邪魔をして、足踏み状態にあることが詳しく報告されています。チラシの内容は、同団体のホームページで見ることが出来ます。
http://www12.wind.ne.jp/miraijuku/news39%20for%20web.pdf

続きを読む
1

2013/3/13  23:54

未来塾に敗訴し当会の住民監査請求で賠償金6万円余を市に弁償し故意責任を認めた岡田市長の反省度  安中フリマ中止騒動

■安中市が「これからの地域づくりや日常生活について皆さんが感じていること、地域に密着した声を聞かせていただき、今後の市行政の運営に活かします。(中略)また、特定のテーマに関する懇談会ではありません。日頃、感じていることを市長に直接お話しください。」として、毎年2月に開催している地区別懇談会ですが、ことしも2月1日(金)から22日にかけて市内各地区で午後7時から開催されました。http://www.city.annaka.gunma.jp/kouhou/pdf/pdf2412/P2.pdf

続きを読む
0

2013/1/29  23:55

ウソの記事で未来塾に敗訴しても市長個人が損賠金を支払う必要はないと判断した市監査委員の呆れた常識度  安中フリマ中止騒動

■平成19年12月21日付安中市の広報お知らせ版に、安中市長・岡田義弘が、フリーマーケットの開催に関する意見交換会の経過について、未来塾側が「目を見て話をしろ」(冒頭から怒鳴る)などとウソの記載をして、市内全戸に配布したことで、未来塾とその代表が安中市と岡田市長を訴えた訴訟は、平成24年2月7日、最高裁決定により高裁判決(平成23年7月13日)が確定し、平成24年2月23日、上記判決により安中市が未来塾に6万478円を支払いました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2013/1/13  22:21

未来塾に敗訴したのに損害賠償金等を市長個人に負担させない安中市の特別待遇に対し住民監査請求  安中フリマ中止騒動

■フリマ主催者の未来塾と安中市の岡田市長との間で、平成19年9月10日に市長室で開かれた意見交換会のやりとりを、岡田市長が平成19年12月広報紙で虚偽の内容で掲載して未来塾と未来塾代表のイメージダウンを図った事件は、未来塾と代表が安中市と岡田市長を相手取り、平成20年9月17日に提訴してから3年5ヶ月が経過した平成24日2月7日付けで、最高裁の判断が出され、名誉棄損を認め5万円の支払いを市に命じた平成23年7月の二審、東京高裁の判決が確定しました。当会は、この損害賠償金を安中市が、市民の公器である安中市広報お知らせ版に虚偽の記事を執筆した責任のある岡田義弘個人にきちんと請求したのかどうか確認するため、平成24年11月19日に行政文書開示請求を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市の監査委員事務局は新庁舎2階の奥にある。

続きを読む
1

2012/2/19  0:17

フリマ中止を巡る未来塾側と市・岡田市長とのバトル・・・逆転判決に不服で上告した岡田市長(その10)  安中フリマ中止騒動

■フリーマーケット開催を巡る市民団体と同代表者への岡田義弘市長の個人的想いと同市長の独善的市政運営に端を発した事件は、平成22年7月に東京高裁に控訴されてから、審議されてきました。そして1年後の平成23年7月13日に判決が出されました。

 岡田市長や市職員の責任をすべて棒引きにした判決内容には問題もありましたが、唯一、市民団体への暴言をあたかも事実のように証明しようとした安中市(実質的には岡田市長)の責任だけが認められ、国家賠償法による損害賠償として5万円が示されました。
続きを読む
0

2012/2/18  0:23

フリマ中止を巡る未来塾側と市・岡田市長とのバ・・・ついに逆転判決がでた東京高裁での攻防(その9)  安中フリマ中止騒動

 フリーマーケット開催を巡り平成19年9月に市民団体と安中市側の間で、市長室で開かれた意見交換会でのやりとりが、虚偽の内容で安中市の広報に掲載され、市民団体と同代表者のイメージを著しく汚され名誉を傷つけられたとして市民団体と代表者が平成20年9月に安中市と岡田氏を相手取り提訴した事件は、平成23年7月13日に東京高裁で控訴審の判決が言い渡されました。7月15日に安中市の顧問弁護士のところに判決文が届き、実質的に東京高裁は市民団体と代表者の主張を認めざるを得ませんでした。判決内容は次のとおりでした。

続きを読む
0

2012/2/17  0:08

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その8)  安中フリマ中止騒動

■未来塾側が満を持して平成23年2月7日に提出した第3準備書面には、わが国を代表する国際的にも著名な蒲髢リ法科学鑑定研究所の代表取締役である鈴木隆雄氏が作成した同1月27日付の意見書が添付されていました。

 これに仰天した岡田市長は、さぞ慌てたことでしょう。しかし、冷静に考えてみれば自ら撒いたタネがこのような事情をわが身にもたらせたことになります。

続きを読む
0

2012/2/16  12:03

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その7)  安中フリマ中止騒動

■未来塾側が安中市側を訴えた損害賠償控訴請求事件は、第1回口頭弁論が平成22年10月18日(月)午後1時50分〜、第2回口頭弁論が平成22年12月20日(月)午前11時30分から東京高等裁判所第5民事部511号法廷で開かれ、平成23年2月21日(月)予定の第3回口頭弁論で結審することになりました。そのため、年明けから両者では、最後の仕上げを目指して活発な動きが展開されました。

 最初に、ドーンとこれでもかとばかりに準備書面を提出してきたのは、控訴人の未来塾側です。最後の最後に、岡田市長が見つけてきたイカガワシイ鑑定書に対する決定打として、株式会社鈴木法科学検定研究所が作成した「意見書」を甲第60号証として証拠提出するための「第3準備書面」を平成23年2月7日付で東京高等裁判所に提出したのでした。
続きを読む
0

2012/2/16  11:12

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その6)  安中フリマ中止騒動

■乙第25号証の続きです。

続きを読む
0

2012/2/16  10:45

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その5)  安中フリマ中止騒動

■未来塾側が安中市側を訴えた損害賠償控訴請求事件の第2回口頭弁論は、平成22年12月20日(月)午前11時30分から東京高等裁判所第5民事部511号法廷で開かれました。

 安中市職員が傍聴の為出張して同日に市長に提出した復命書(出張報告書のこと)によると、次のとおりです。
続きを読む
0

2012/2/16  1:53

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その4)  安中フリマ中止騒動

■未来塾側が安中市側を訴えた損害賠償控訴請求事件の第1回口頭弁論は、平成22年10月18日(月)午後1時50分から東京高等裁判所第5民事部511号法廷で開かれました。

 安中市職員が傍聴の為出張して同10月20日に市長に提出した復命書(出張報告書のこと)によると、次のとおりです。

続きを読む
0

2012/2/16  1:20

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(資料編)  安中フリマ中止騒動

■控訴人の未来塾が高裁に提出した控訴理由書の残りの部分を掲載しています。

続きを読む
0

2012/2/16  0:53

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その3)  安中フリマ中止騒動

■ところが、何らかの不都合が生じた為か、当初平成22年9月6日(月)午前11時から東京高裁5階の511号法廷で行われる第1回口頭弁論期日が、1ヶ月以上延期となり、平成22年10月18日(月)午後1時50分となりました。

 控訴人の未来塾側から、平成22年7月22日付で控訴理由書が東京高裁に提出されていたのを受けて、被控訴人の安中市側は、平成22年9月29日付で準備書面及び証拠説明書とそれに係る乙22、23及び24号証を高裁に提出しました。

続きを読む
0

2012/2/15  22:27

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その2)  安中フリマ中止騒動

■東京高裁から平成22年7月8日付で期日呼出状のオリジナルと控訴状の写しが郵送で安中市に届いたのは、同7月9日(金)と思われますが、それ以前に、東京高裁はFAXで期日通知書を控訴人の未来塾の弁護士と、被控訴人の安中市の顧問弁護士に送っていました。

 翌7月9日(金)に、安中市の顧問弁護士は、FAXで、東京高裁から期日通知書が7月8日に届いたことを安中市役所の秘書行政課に通知しました。
続きを読む
0

2012/2/15  20:07

フリマ中止を巡る未来塾側と安中市・岡田市長とのバトル・・・逆転劇となった東京高裁での攻防(その1)  安中フリマ中止騒動

■フリマ主催者の未来塾と安中市の岡田市長との間で、平成19年9月10日に市長室で開かれた意見交換会のやりとりを、岡田市長が平成19年12月広報紙で虚偽の内容で掲載して未来塾と未来塾代表のイメージダウンを図った事件は、未来塾と代表が安中市と岡田市長を相手取り、平成20年9月17日に提訴してから3年5ヶ月が経過した先日2月7日付けで、最高裁の判断が出されました。

 当会は、平成22年5月27日(木)に前橋地裁で判決が渡されたあとの未来塾と安中市との係争の経緯について、情報公開で入手した裁判資料をもとに分析を試みました。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ