台湾企業がワクチン提供の返礼にマスク60万枚を寄贈、うち10万枚が群馬県台湾総会の仲介で群馬県に寄付  国内外からのトピックス

■台湾、すなわち中華民国の建国記念日は10月10日で、10が二つ重なることから双十国慶節、略して双十節とも言われます。これは1911年10月10日(宣統3年・旧暦辛亥8月19日)が、清朝の圧制に苦しむなかで、孫文を主とする革命軍が武昌で清朝打倒の行動を起こした日であることから、建国記念日とされました。この辛亥革命によって清朝が倒れ、孫文が臨時大総統となり、翌年1月1日に南京において中華民国が成立しました。

 台湾の双十節が間もなく迫る中、先月9月25日に、日本から台湾に5回目のワクチン提供が行われました。こうした日本からのワクチン支援は台湾の社会に大きな反響と感謝の声を台湾社会に巻き起こしています。「日本に恩返しをしたい」として、台湾各地での動きが広がっています。

■そうした中で、台中市にある「東志企業股份有限公司」(英文社名・EASTERNER ENTERPRISE CO., LTD.、董事長・彭以信、所在地・台中市西屯区河南路二段410号1楼、電話+886-4-24510961、FAX +886-4-24516227、業種・建材用品その他金属製品の卸売・自動車部品・用品の卸売)も感謝の気持ちを込めて、60万枚の台湾製マスクを日本に寄贈することを決めました。
クリックすると元のサイズで表示します
9月14日に群馬県庁に届けられた台湾からのマスク10万枚(4000枚入り✕25箱)。

続きを読む
1

赤城山麓林道をドライブ中、秋分の日返上で県営治山事業従事の作業員をはねた県警本部長の交通安全意識度  国内外からのトピックス

■秋の交通安全運動期間中の秋分の日に、群馬県警本部長が自家用車を運転して休日ランニングをしようと赤城山南麓の林道を一人で走行中、たまたま休日を返上して治山ダム工事に従事していた従業員が昼休みに林道で休んでいたところに出くわせて、避け切れずに衝突し、作業員が左足の太腿と左腕に打撲傷を負うという、なんともはやの事故が発生しました。
 さっそく各マスコミの報道内容をチェックすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
**********FNNプライムオンライン2021年9月24日17:39
https://news.yahoo.co.jp/articles/15921f1e67f627cfcc518f938f01811593d034fd

続きを読む
2

【もうすぐお盆】恒例の村の共同墓地の清掃作業  国内外からのトピックス


■筆者の居住する安中市北野殿地区には、4カ所の共同墓地が有り、それぞれのマケごとに所有地が分かれています。マケというのは、本家とその親族分家や奉公人分家,また直接分家だけでなく間接分家(分家の分家,すなわち孫分家とか又分家と呼ばれた家)をも含む組織集団のことで、農山漁村社会でマキ、マケ、マツイ、カブウチ、イッケ、クルワなどとも称されており、商人社会ではノーレンウチなどとも呼ばれていたもので、社会学、民族学、民俗学、社会人類学によっては同族団(同族集団、同族団体、同族組織)と呼ばれています。

 筆者の所属する小川マケが保有する墓地は、村の北側の北浦地区に所在しており、東邦亜鉛安中製錬所との境界から僅か50mの地点にあります。毎年お盆前の8月の第1日曜日の早朝に墓地清掃のための共同作業が行われています。

 年々猛暑となるため、以前から作業開始時間が朝6時と決められており、筆者が10分前に現場に行くと、既に過半数のメンバーが作業を始めていました。

クリックすると元のサイズで表示します
昇り始めた朝日を背に進入路の清掃作業をする住民ら

続きを読む
1
タグ: お盆 マケ 共同作業

東京五輪の中国バドミントン女子選手の余りに下品な罵声を中共政府が称賛  国内外からのトピックス

■7月23日夜行われた東京五輪の開会式で台湾はプラカードこそ「チャイニーズ・タイペイ」でしたが、行進の順番は事前に予定されていた106番目の「チャド」の次ではなく、実際には103番目の「だいかんみんこく」の次で、105番目の「タジキスタン」の前でした。筆者も見ていて「あれっ」と思ったのですが、あとでネットで確認すると、やはり、「たいわん」の呼称で行進の順番とすることを事前に台湾側に通知していたことがわかりました。さっそく中共政府が抗議したようですが、「余計なお世話」だと言えます。

 さて、今回の五輪で台湾が獲得したメダル数は、8月1日午後5時現在で金2、銀2、銅4の合計8個で、2004年のアテネ大会での金2、銀2、銅1の計5個を早くも上回り、さらに上積みが確実視されています。

続きを読む
2
タグ: 東京五輪 台湾 中共

【台湾フェアin群馬2021】台湾のタン大臣との交流区画その2…群馬の若者のトークセッション一部始終  国内外からのトピックス

■50分間にわたる山本一太知事とタン大臣とのオンライン対談のあと、群馬県在住の高校生18名と大学生2名の若者の皆さんが、タン大臣と活発なトークセッションを展開しました。以下にそのやりとりを紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します
セッションに参加していただいた若者の皆さんに、記念として台北駐日経済文化代表処から群馬県台湾総会を通じてプレゼントされた防疫バッグ。

続きを読む
1

【台湾フェアin群馬2021】台湾のタン大臣との交流区画その1…一太知事のオンライン対談の一部始終  国内外からのトピックス

■今年のコロナ禍での台湾フェアが成功裏に終了しましたが、その中の目玉イベントであった台湾のデジタル担当政務委員(閣僚)、唐鳳(オードリー・タン)氏と山本一太知事とのオンライン対談や県内高校生18名+大学生2名とのトークセッションが7月8日(木)午後6時〜7時半に予定通り開催され、山本一太知事と若者ら20名が県庁32階の官民共創スペース「NETSUGEN(ネツゲン)」に集合し、熱いトークが交わされました。イベントの様子は県公式ユーチューブチャンネル「tsulunos(ツルノス)」でライブ配信され、現在でも視聴できます。
クリックすると元のサイズで表示します
オンライン対談する山本知事(手前)と唐氏

続きを読む
1

2年ぶり開催の台湾フェアin群馬2021・・・いよいよ7月8〜14日にWEB主体で開催!  国内外からのトピックス

■2016年からスタートした台湾フェアin群馬。回を重ねるごとに、群馬県民の皆様に親しまれており、「今年はいつ開催?」と訊かれる機会が増えた矢先、昨年は中共由来の武漢肺炎ウイルス(COVID-19)の世界的感染拡大のため、中止せざるを得ませんでした。あれから1年。新型コロナ禍で、経済社会の在り方が揺れ動く中、群馬県台湾総会では、渡航できなくても何とかして群馬県民の皆様に台湾の最新事情と日台交流の歴史と今後についてお伝えすべく知恵を絞って準備を進めてきました。その結果、WEB方式を取り入れて7月8日(木)から14日(水)にかけて、「WEB台湾フェアin群馬2021」を開催します。ぜひご期待ください!

クリックすると元のサイズで表示します

【6/25追記】
群馬県HPにも掲載されましたのでご覧ください。↓
https://www.pref.gunma.jp/07/co01_00036.html

【7月1日追記】
 オードリー・タン氏と一太知事とのオンラインや対談や県内高校生・大学生とのトークセッションについて、湯けむりファーラムのHP、Facebook、Twitterを通じてプログラムが発表されました。詳しくは記事末尾を参照ください。

【7/14追記】
 県庁1階ロビーでの展示区画に多数ご来場くださりありがとうございました。また、交流区画と映像区画にも幅広くアクセスくださり、厚く御礼申し上げます。お楽しみいただきました映像区画は本日午後11時で閉鎖されます。最後まで台湾の情報を視聴いただければ幸いです。

続きを読む
3

【揺れる東京五輪】チャイニーズタイペイではなく台湾の呼称を求めた11.1万人の署名をJOCが門前払い!  国内外からのトピックス


■スポーツの国際試合で「台湾」ではなく「チャイニーズタイペイ」という言葉が使われているのはご存知のことと思います。東京五輪でも同様な名称が使われることになるのか、と、筆者もかねてから疑問を感じていました。なぜなら、チャイニーズタイペイは「台湾は中国の一部である」という中共政府の政治的な圧力によって生まれた呼称だからです。

クリックすると元のサイズで表示します
中華奧林匹克委員會(チャイニーズタイペイオリンピック委員会)のエンブレム。

続きを読む
0

日本が台湾にワクチンを提供した事実を歪曲しようとするニセ報道に注意しよう!  国内外からのトピックス

■中共政府による妨害でワクチン調達が困難だった台湾の窮状を見かねて手を差し伸べた日本政府の善意に対して、日本国内でフェイク報道があまりにもひどすぎる、として、見かねた台湾在住の日本の方々から、正しい現状を伝えたいとして、注意喚起が為されています。

クリックすると元のサイズで表示します
鶴の翼に乗って台湾へ飛び立つ友好のワクチン(6月4日)。
「ありがとう」の一言では言い尽くせない感謝の気持ち!
この一枚の写真が、どれほど多くの台湾の人々の喜びの涙を誘ったことでしょう!
今現在、台湾の人々が異口同音に、日本の政府、そして、日本の皆様に向けてよろこびの涙と共に「ありがとうございます」との想いを抱いております。
「ありがとうございます」の一言では言い尽くせない感謝の想いでいっぱいです。
お互いの間には、まだまだ乗り越えなければならない困難の日々が続くかもしれません。しかし、いつか必ず、平和の日々が戻って来ることでしょう。
その時、きっと今まで以上にすてきな交流ができるはず、と私たちは心から信じております。
その日を共に迎えられるように、希望を持ち続けて・・・。
              群馬県台湾総会一同


続きを読む
3

東日本大震災で受けた台湾の人々からの温情に答えた日本政府…ワクチンが育む更なる日台友好の絆  国内外からのトピックス

■台湾に対するアストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの提供が迅速に行われたことに拍手を送りたいと思います。台湾からの情報によれば、ワクチンを輸送した日航機を護衛するために米軍が協力をしたということです。なぜならば、中国は、東シナ海に浮かぶわが国固有の領土である尖閣諸島への恒常的な接続水域進入(さらに領海侵犯も)と同じく、台湾に対しても連日のように軍用機を台湾の防空識別圏に進入させており、不測の事態を避けるために在日米軍がワクチンを輸送する日航機を援護したというものです。
クリックすると元のサイズで表示します
日台友情

続きを読む
4

台湾のワクチン調達を妨害する中共政府に抗して、日本が台湾にワクチンの迅速提供を実行できるか注目  国内外からのトピックス

■5月27日(木)午後4時に予約してあった新型コロナウイルスワクチンの接種をしました。事前に説明書を渡され、重要な事項について医師から直接説明を聞いたうえで、利き腕でない側の上腕三角筋への筋肉注射で、刺した時の感触はしましたが痛みは全く感じませんでした。接種後、15分間別室で休息し、体に変調が出ないことを確認後、1回目の接種証明が貼られた接種票を返してもらいました。接種後の注意として、接種部位をもんだり、つまみ上げたりしないことをアドバイスされました。また、当日は入浴しても構わないが、激しい運動は避けるように、ということです。翌日、注射した部位とその周辺が若干腫れぼったい感じで、触ると軽い痛みのようなものを感じましたが、現在はほとんど気にならなくなりました。2回目の接種は6月17日(木)午後4時の予定です。
※接種前に渡される説明書 ZIP ⇒ 672212_631341da1025_20_001rmpm.zip
クリックすると元のサイズで表示します
1回目の接種の模様。

続きを読む
12

7月8〜14日にWEBで開催!2年ぶりの台湾フェアin群馬2021…乞うご期待!  国内外からのトピックス

■2016年からスタートした台湾フェアin群馬。回を重ねるごとに、群馬県民の皆様に親しまれており、「今年はいつ開催?」と訊かれる機会が増えた矢先、昨年は中共由来の武漢肺炎ウイルス(COVID-19)の世界的感染拡大のため、中止せざるを得ませんでした。それから1年。新型コロナ禍で、経済社会の在り方が揺れ動く中、群馬県台湾総会では、渡航できなくても何とかして群馬県民の皆様に台湾の最新事情と日台交流の歴史と今後についてお伝えすべく知恵を絞って参りました。その結果、WEB方式を取り入れて7月8日(木)から14日(水)にかけて、「WEB台湾フェアin群馬2021」を開催することに決定しました。現在、コンテンツのさらなる充実に向けて、群馬県台湾総会会員一同、総力を挙げて取り組んでいます。ぜひご期待ください!
クリックすると元のサイズで表示します
2年前の令和元年7月5・6日に開催された台湾フェアin群馬2019のポスター

【6/25お詫び】
 この記事は、5月26日に一旦掲載しましたが、その後、一部のマスコミで、このブログ情報をもとに6月4日付で記事化したところ、群馬県から群馬台湾総会に対し、山本一太知事の意向として、サプライズを演出する必要があるため、事前公表を控えてほしいとの要請が寄せられました。
 そのため、6月5日から一旦掲載停止を余儀なくされましたが、このほど、公表できる状況になったことが確認できたため、掲載を再開することとしました。
 ご心配をおかけした読者の皆様に対し、この場をお借りしてお詫び申し上げます。


続きを読む
3

新型コロナのワクチン接種を巡り県内各地で狂騒曲の競演  国内外からのトピックス


■新型コロナウイルスのワクチン接種について、群馬県内では高齢者向けの接種が4月12日に前橋、高崎両市を皮切りに始まりましたが、それ以外では、富岡市や甘楽町などの4市町村が4月20日から、高齢者分の予約の受け付けを始めました。ところが初日から申し込みが殺到し、一日中電話を掛けても繋がらないという苦情が多数、役場に寄せられたということです。筆者の在住する安中市では、4月26日に高齢者を対象に606人分の集団接種予約の受け付けが始まりましたが、その日のうちに定員に達し、受付が打ち切られました。公立碓氷病院では業を煮やした高齢者市民が多数押し掛け、不満をぶちまけるなど、大変な騒動を呈していたとの目撃談が寄せられています。
クリックすると元のサイズで表示します
3月15日に安中市内に配布されたワクチン接種予約の予告チラシ

続きを読む
5

台湾産パイナップルが自宅に届いた!  国内外からのトピックス

■ご承知の通り、中国の税関当局は突然2月26日、台湾産パイナップルから「害虫が確認された」として3月1日から輸入を禁止すると発表しました。台湾のパイナップル生産量は年間40万トン前後で、9割が台湾内で消費されていて、残る1割程度の約4万2000トンが輸出されており、その97%が中国本土向けでした。そのため、台湾の陳吉仲農務水産相は2月27日の会見で、「海外のバイヤーから3万トンの輸出が確保できれば、今回の禁輸の影響をカバーできる」と述べ、台湾側は日本への販売促進キャンペーンに期待を示しました。
 このニュースを聞いた群馬県台湾総会では、台北駐日経済文化代表処からの全国の在日台湾人組織の会長宛の購買支援の打診を受け、さっそく会長より、3月4日(木)夜、SNSを通じて県内の会員らに次のメッセージが転送されました。中共が世界にばら撒いた新型コロナウイルス蔓延の影響で一昨年12月以降、台湾を訪れることができない筆者もさっそく2箱発注しました。第2の故郷である台湾の味が懐かしかったためです。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして本日昼前に、宅配で2箱が自宅に届きました!県内の他の会員に連絡したところ、また到着していないとのことで、どうやら当会では最初に台湾産パイナップルを賞味できる幸運に恵まれたことになります。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
3

あかがね街道市の大薬師如来立像、コロナ禍のドサクサの中、盗難される!  国内外からのトピックス

■群馬県みどり市大間々町のあかがね街道市協同組合所有の「あかがね薬師如来」は高さ8.8mで、一木(いちぼく)から作り出された純粋な木彫り像としては、日本で一番背が高い仏像として知られていました。この像は、円空彫りを今に伝える岐阜県丹生川村の円刀会の皆さんにより、1年余りの期間を掛けて彫り上げ、平成9年11月30日に、大間々町にあるあかがね街道・円空市のシンボルとして、「いこいの広場」の中央に設置され、平成9年11月30日に除幕式が行われ、以来、23年にわたり、優しく地域のかたがたに慈悲のまなざしを向けてきました。ところが令和2年11月26日に、突如として、仏像入居建物とともに、跡形もなく消え去ってしまったのです。一体なにが起きたと言うのでしょうか。この仏像を所有していた方からの驚くべきレポートを報告いたします。
クリックすると元のサイズで表示します
在りし日の大薬師如来立像。

続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ