【大同有害スラグ問題】渋川市が控訴理由書を提出!そこになんと訴訟参加人として大同特殊鋼の名前が!!  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼(株)渋川工場由来の鉄鋼スラグは、有毒物質であり産業廃棄物です。不法に投棄されている廃棄物は撤去し、片づけなければなりません。しかし、群馬県県土整備部や国土交通省、そして渋川市の3者は、「鉄鋼スラグ連絡会議」というおよそ廃棄物とは関係ない怪しげな組織を立ち上げ、撤去はおろか、アスファルト舗装により被覆する工事が行われました。これは完全に廃棄物処理法を無視しており、この始末は、時効が訪れる20年の期間、お役人様はじっとダンマリ・不作為を貫くつもりなのでしょう。
 当会は、群馬県東吾妻郡萩生川西地区の農道に不法投棄されたスラグについて、提訴し控訴審まで争った結果、直ちに被害はない、などとして敗訴させられました。そうしたなかで大同特殊鋼の有毒スラグを巡り、当会の萩生スラグ裁判とは別の群馬県渋川市の市道に不法投棄されたスラグ裁判の判決が8月5日に前橋地裁で言い渡されたことは当会のブログで報告済です。
 その後、渋川市は判決を不服として控訴手続きを取っておりましたが、この度、被告の渋川市から控訴理由書が原告に送られてきました。驚くべきことに、なんと大同特殊鋼鰍ェ訴訟参加人として被告側に付いています。
 さっそく被告らがどのような控訴理由を記しているのか見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
畑の中にある渋川農道のアスファルトでフタをする以前の様子。40ミリの大きさに砕かれた生一本スラグが敷砂利されている。畑の中に天然石以外の敷砂利をするのはいかがなものか、と心配するお役人様はいなかったのだろうか?
続きを読む
2

【大同有害スラグ問題】安中市内メガソーラー施設に持ち込まれた大同スラグ撤去要請にかかる安中市の回答  スラグ不法投棄問題

■大同特殊鋼(株)渋川工場由来の鉄鋼スラグは、有毒物質であり産業廃棄物です。不法に投棄されている廃棄物は撤去し、片づけなければなりません。しかし、群馬県県土整備部や国土交通省、そして渋川市の3者は、「鉄鋼スラグ連絡会議」というおよそ廃棄物とは関係ない怪しげな組織を立ち上げ、撤去はおろか、アスファルト舗装により被覆する工事が行われました。これは完全に廃棄物処理法を無視しており、この始末は、時効が訪れる20年の期間、お役人様はじっとダンマリ・不作為を貫くつもりとみられます。
 そうした中で、2020年8月5日に渋川市内の農道に不法投棄された大同スラグの撤去を求めた判決が前橋地裁で言い渡されました。詳しくは、次のブログを参照ください。
○2020年8月6日:【速報】大同有害スラグ報道・・・スラグにアスファルトでフタすることは違法判決!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3186.html
○2020年8月13日:【大同有害スラグ問題】・・・“スラグにアスファルトでフタすることは違法”と断じた判決文について考察
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3189.html

 この判決を受けて、筆者の居住する安中市でも大同特殊鋼が排出した有害スラグが持ち込まれたことが発覚していたことから、これまで大同はもとより、持ち込まれた地権者であるメガソーラー開発事業者や、市民の安全安心な生活環境保全の義務を有する安中市に対して、一刻も早く撤去を申し入れてきました。しかし、一向に撤去に向けた動きがみられませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
完成目前の潟Nリーンエネルギー総合研究所の群馬発電所(82MW)と右下に見える稼働中の安中発電所(4.5MW)。大同スラグが埋め込まれているのは、右下隅から入る進入道路及び三角形になっているパネルの周囲の管理道路。

続きを読む
1

【報道】大同特殊鋼スラグのフッ素毒に狂う渋川市でお役人様の天下り問題発覚!一体どこまで腐っているの?  スラグ不法投棄問題

■法律で性善説に守られているお役人様。悪事を働いても仲間でかばい合い、万一悪事がバレても不起訴処分にしてもらえるのは、裁く方もお役人様だから。なのでやりたい放題に……。

 大同特殊鋼(株)渋川工場が排出した有害廃棄物であるスラグは、同じ渋川市にある(株)佐藤建設工業が天然石と混合しフッ素毒を薄めたと見せかけて、群馬県中にばら撒かれました。もちろん常温ではスラグと天然石は混ざり合うことはありません。特に、大同特殊鋼からスラグの供給をほぼ独占的に受けていた(株)佐藤建設工業は、大同スラグにフッ素毒があると知りながら、所在する地元に渋川市に大量に投棄してきました。

 渋川市では、大同特殊鋼(株)と(株)佐藤建設工業を必死に庇うため(?)、市長と市会議員、そしてお役人様が、スラグが投棄された場所をアスファルトでフタをする工事に邁進中です。有害廃棄物に認定された大同スラグは、管理型最終処分場に撤去し、片づけることが法律で決められていますが、大同スラグのフッ素毒に思考能力を狂わされた渋川市では、遮二無二に、“臭いものにフタ”の対応を進めています。そんな市民の健康を無視した腐った渋川市で、天下り汚職問題発覚の報道がありました。どんな問題なのか、さっそく検証しましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
社会福祉法人渋川市社会福祉協議会の本所(出典:同協議会HP)。この建物の中にフッ素毒に狂う化け物が巣食う?
続きを読む
2

スラグ不法投棄問題・・・大同特殊鋼に続き、日立金属よ!お前もか!島根県安来市からの告発レポート  スラグ不法投棄問題

■日立金属は日立グループに所属する高機能材料メーカーで、高級特殊鋼、希土類磁石、素形材製品を主力とし、売上高は年間1兆円を超えており同グループ内では日立製作所に次ぐ規模の鉄鋼(電気炉)メーカーです。最近は貿易摩擦やコロナ禍による主力製品の需要減退で売り上げが伸び悩んでいますが、今年4月に同社製の磁性材料で検査データ不正が発覚し、業績への更なる影響が取りざたされています。こうした中で、島根県安来市在住市民のかたから、「自分の所有農地に日立金属がフッ素などの有害物質を含む鉄鋼スラグを不法投棄され同社に撤去を求めたが拒否された」として当会に情報が寄せられました。

クリックすると元のサイズで表示します
安来市内に不法投棄された有害スラグの生みの親とみられる日立金属安来工場。
続きを読む
2

【大同有害スラグ問題】・・・“スラグにアスファルトでフタすることは違法”と断じた判決文について考察  スラグ不法投棄問題


■2020年8月6日の上毛新聞に『スラグ撤去請求権行使せずは「違法」 渋川市行政訴訟 前橋地裁判決』という見出しの報道がありました。スラグの撤去という観点から見れば、全面勝訴というべき判決文が当会に情報提供されましたので、判決内容を見ていきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
畑の中にある渋川農道のアスファルトでフタをする以前の様子。40ミリの大きさに砕かれた生一本スラグが敷砂利されている。畑の中に天然石以外の敷砂利をするのはいかがなものか、と心配するお役人様はいなかったのだろうか?

 この事件の判決に関する新聞報道はこちらです。↓↓
○2020年8月6日:【速報】大同有害スラグ報道・・・スラグにアスファルトでフタすることは違法判決!
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3186.html

続きを読む
1

【速報】大同有害スラグ報道・・・スラグにアスファルトでフタすることは違法判決!  スラグ不法投棄問題


■大同特殊鋼(株)渋川工場由来の鉄鋼スラグは、有毒物質であり産業廃棄物です。不法に投棄されている廃棄物は撤去し、片づけなければなりません。しかし、群馬県県土整備部や国土交通省、そして渋川市の3者は、「鉄鋼スラグ連絡会議」というおよそ廃棄物とは関係ない怪しげな組織を立ち上げ、撤去はおろか、アスファルト舗装により被覆する工事が行われました。これは完全に廃棄物処理法を無視しており、この始末は、時効が訪れる20年の期間、お役人様はじっとダンマリ・不作為を貫くつもりなのでしょう。
 当会は、群馬県東吾妻郡萩生川西地区の農道に不法投棄されたスラグについて、提訴し控訴審まで争った結果、直ちに被害はない、などとして敗訴させられました。そうしたなかで大同特殊鋼の有毒スラグを巡り、当会の萩生スラグ裁判とは別のスラグ裁判の判決言い渡しが、本日新聞報道されましたので、速報としてご報告します。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

【非鉄スラグ報道】大幅赤字の東邦亜鉛がいかにも「社会的制裁を受けている」如き印象報道に要注意  スラグ不法投棄問題



■刑事告発され起訴されるかと思いきや、「社会的制裁を既に受けている」などの表現とともに不起訴処分にする話が聞かれます。大同特殊鋼(株)が有害スラグを不法投棄した事件がそうでした。大同特殊鋼(株)も不起訴処分を勝ち取るまでは、しおらしくスラグの撤去に応じていましたが、最近では撤去に応じない姿勢を見せているようです。喉元過ぎれば熱さを忘れる、とでも評すればよいのでしょうか。企業としてのSCR(社会的責任)が問われる所以です。
 群馬県では、大同とは別の会社も有害非鉄スラグを投棄しています。その会社の決算の話題が上毛新聞に掲載されましたので見ていきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
10

有毒スラグ問題を斬る!…新春スラグ調査「儲かる鷹(狸)は爪を隠さず」その2  スラグ不法投棄問題


■群馬県中にダンプトラックで不法投棄された有害スラグ問題は、未解決なまま2019年新春を迎えました。群馬県のスラグ不法投棄問題は2つの排出事業者があります。
 一つは大同特殊鋼(株)渋川工場が排出し、(株)佐藤建設工業が天然石と混合し、毒を薄めたとみせかけた、有害スラグ問題で、こちらは群馬県により「廃棄物」に認定されています。
 もう一つは、東邦亜鉛(株)安中精練所が排出し、岡田工務店グループがリサイクル砕石や違法盛り土に見せかけてばら撒いた鉛ヒ素入りスラグ問題で、こちらは監督官庁の群馬県や高崎市がノラリクラリ不作為を続け廃棄物に認定すらされていません。
 そしてこの二つの問題の共通点は、本来は真っ先に責任をとらせるべき不法投棄実行犯を排出事業者や県・市が、かばい続け(株)佐藤建設工業や岡田工務店グループが異常な発展をとげていることです。
クリックすると元のサイズで表示します
当会会員が撮影した建設中の(株)岡田工務店新社屋の様子。スラグマネーが余って仕方がないというところか?

続きを読む
6

有毒スラグ問題を斬る!…新春スラグ調査「儲かる鷹(狸)は爪を隠さず?」  スラグ不法投棄問題


■群馬県中にダンプトラックで不法投棄された有害スラグ問題は、未解決なまま2020年新春を迎えました。群馬県のスラグ不法投棄問題は2つの排出事業者があります。
 一つは大同特殊鋼(株)渋川工場が排出し、(株)佐藤建設工業が天然石と混合し、毒を薄めたとみせかけた、有害スラグ問題で、こちらは群馬県により「廃棄物」に認定されています。
 もう一つは、東邦亜鉛(株)安中精練所が排出し、岡田工務店グループがリサイクル砕石や違法盛り土に見せかけてばら撒いた鉛ヒ素入りスラグ問題で、こちらは監督官庁の群馬県や高崎市がノラリクラリ不作為を続け廃棄物に認定すらされていません。
 そしてこの二つの問題の共通点は、本来は真っ先に責任をとらせるべき不法投棄実行犯を排出事業者がかばい続け(株)佐藤建設工業や岡田工務店グループが異常な発展をとげていることです。
 スラグ不法投棄特別調査チーム「リットン調査団」が今年も新春特別調査を行ったようです。さっそく調査結果報告を見ていきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
大同スラグを群馬県中にばら撒いた(株)佐藤建設工業の事務所が新しくなっていた。

続きを読む
6

【速報:鉛・ヒ素入りスラグ問題】群馬県は公共工事ではたった1ヵ所と発表!  スラグ不法投棄問題

■かつて公害企業として全国にその悪名を響かせた東邦亜鉛の安中製錬所ですが、その体質は少しも改善されないまま、現在に引き継がれていることが、今年8月9日の突然の公表で判明しました。
※参考URL:「当社の非鉄スラグ製品の調査・回収について」 http://www.toho-zinc.co.jp/news/pdf/news_20190809_2.pdf
 しかし東邦亜鉛は、これほどの違法行為を犯しながらも、廃棄物処理法に基づくペナルティを群馬県から受けることもなく、「当社の有毒スラグが不法投棄されている場所を見つけたら情報提供してください」などと涼しい顔で、自社のHPや新聞広告を出している有様です。 ※2019年11月29日上毛新聞P4:ZIP ⇒ 20191129mxol_new.zip
 そうした中で、12月7日付に上毛新聞に次の記事が掲載されました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

【スラグ報道】渋川地区広域では、大同有害スラグを巡り権力争い勃発中!?  スラグ不法投棄問題


■大同有害スラグで有名な渋川市で、またもやスラグを巡る報道がありました。お話の舞台は一般家庭から出たごみを焼却処分した際に排出される焼却灰を埋め立てる一般廃棄物最終処分場です。この処分場は渋川市・吉岡町・榛東村の3市町村で運営されているようですが、その運営をつかさどる議会で、またもや(株)佐藤建設工業が無慈悲にばら撒いた有害スラグが問題になっているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
**********上毛新聞2019年11月10日

続きを読む
6

鉛・ヒ素入りスラグ問題…今も元気に活動中のスラグ販売施設。なぜ、直ぐに営業を止められないのか!(2)  スラグ不法投棄問題

■当会ブログで2019年9月29日に東邦亜鉛の鉛・ヒ素入り非鉄スラグを、東邦亜鉛の手下になって不法投棄しまくった、非鉄スラグの闇売人の岡田工務店グループやガーデニング会社を取り上げました。非鉄スラグの売人たちは今も元気に活動中です。群馬県や高崎市は更なる被害者を出さないための方策を真剣に、かつ迅速に遂行しなければならないのに、これら売人の活動を、なぜ取り締らず、一時停止さえ指導しようとしないのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
東邦亜鉛の有害スラグを今現在でも販売を続けていると疑われるガーデニング会社。高崎市や群馬県は被害の拡散を止める事は考えないのだろうか? 住民の健康被害のことなどお構いなしか。

続きを読む
2

鉛・ヒ素入りスラグ問題…今も元気に活動中のスラグ販売施設。なぜ、直ぐに営業を止められないのか!  スラグ不法投棄問題

 毎日新聞が2019年8月9日 に、『「東邦亜鉛」が有害スラグ 公園や住宅の庭などで使用 健康被害懸念も』と題したスラグ報道を行いましたが、この報道記事に載っていた建設会社のリサイクルプラントやガーデニング会社の活動状況はその後どうなっているのでしょうか?当会の誇る老人徘徊群団のリットン調査団に調査を依頼していたところ報告がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
毎日新聞が入手した東邦亜鉛製のスラグ

続きを読む
0

【速報:鉛・ヒ素入りスラグ問題】カドミ公害で有名な安中の茂木市長からの問合わせに不愛想な東邦亜鉛  スラグ不法投棄問題

■今朝の朝刊に、東邦亜鉛の有毒スラグの事が報じられました。安中市の茂木市長が、毎月下旬に開いている定例記者会見で、8月21日の定例記者発表の席で、「K砕」と称する鉛・ヒ素入りの非鉄スラグについて、排出元の東邦亜鉛に「迅速な対応と情報提供を申し入れた」ことを表明したとあります。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

【鉛・ヒ素入りスラグ問題】ついにシラを切れずにスラグ対策で利益49億円減を公表した公害企業・東邦亜鉛  スラグ不法投棄問題

■筆者は、8月8日の朝、東邦亜鉛の環境管理室長に電話をかけ、同社安中製錬所を取り巻く畑地の重金属汚染土壌対策を目的とする碓氷川流域公害防除特別土地改良事業の推進と、この非鉄スラグ問題などについて、緊急に面談を申し入れましたが、会議で多忙を理由に、「お盆休み後の8月19日以降しか面談には応じられない」と言われました。「面談時間は30分でもかまわない」と懇願しましたが、なぜか多忙を理由に面談を拒否されましたが、その理由が分かりました。本日夜、このブログのアクセス数が急激に増えたので分析してみると、東邦亜鉛のアクセスがいつもの数倍になっていました。さっそく「東邦亜鉛」「スラグ」で検索してみると、今日の午後、東邦亜鉛がHPでプレスリリースをしていたことが分かりました。

続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ