2019/10/6  1:36

鉛・ヒ素入りスラグ問題…今も元気に活動中のスラグ販売施設。なぜ、直ぐに営業を止められないのか!(2)  スラグ不法投棄問題

■当会ブログで2019年9月29日に東邦亜鉛の鉛・ヒ素入り非鉄スラグを、東邦亜鉛の手下になって不法投棄しまくった、非鉄スラグの闇売人の岡田工務店グループやガーデニング会社を取り上げました。非鉄スラグの売人たちは今も元気に活動中です。群馬県や高崎市は更なる被害者を出さないための方策を真剣に、かつ迅速に遂行しなければならないのに、これら売人の活動を、なぜ取り締らず、一時停止さえ指導しようとしないのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
東邦亜鉛の有害スラグを今現在でも販売を続けていると疑われるガーデニング会社。高崎市や群馬県は被害の拡散を止める事は考えないのだろうか? 住民の健康被害のことなどお構いなしか。

続きを読む
2

2019/9/29  23:22

鉛・ヒ素入りスラグ問題…今も元気に活動中のスラグ販売施設。なぜ、直ぐに営業を止められないのか!  スラグ不法投棄問題

 毎日新聞が2019年8月9日 に、『「東邦亜鉛」が有害スラグ 公園や住宅の庭などで使用 健康被害懸念も』と題したスラグ報道を行いましたが、この報道記事に載っていた建設会社のリサイクルプラントやガーデニング会社の活動状況はその後どうなっているのでしょうか?当会の誇る老人徘徊群団のリットン調査団に調査を依頼していたところ報告がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
毎日新聞が入手した東邦亜鉛製のスラグ

続きを読む
0

2019/8/22  22:16

【速報:鉛・ヒ素入りスラグ問題】カドミ公害で有名な安中の茂木市長からの問合わせに不愛想な東邦亜鉛  スラグ不法投棄問題

■今朝の朝刊に、東邦亜鉛の有毒スラグの事が報じられました。安中市の茂木市長が、毎月下旬に開いている定例記者会見で、8月21日の定例記者発表の席で、「K砕」と称する鉛・ヒ素入りの非鉄スラグについて、排出元の東邦亜鉛に「迅速な対応と情報提供を申し入れた」ことを表明したとあります。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2019/8/9  23:17

【鉛・ヒ素入りスラグ問題】ついにシラを切れずにスラグ対策で利益49億円減を公表した公害企業・東邦亜鉛  スラグ不法投棄問題

■筆者は、8月8日の朝、東邦亜鉛の環境管理室長に電話をかけ、同社安中製錬所を取り巻く畑地の重金属汚染土壌対策を目的とする碓氷川流域公害防除特別土地改良事業の推進と、この非鉄スラグ問題などについて、緊急に面談を申し入れましたが、会議で多忙を理由に、「お盆休み後の8月19日以降しか面談には応じられない」と言われました。「面談時間は30分でもかまわない」と懇願しましたが、なぜか多忙を理由に面談を拒否されましたが、その理由が分かりました。本日夜、このブログのアクセス数が急激に増えたので分析してみると、東邦亜鉛のアクセスがいつもの数倍になっていました。さっそく「東邦亜鉛」「スラグ」で検索してみると、今日の午後、東邦亜鉛がHPでプレスリリースをしていたことが分かりました。

続きを読む
1

2019/8/4  22:12

鉛・ヒ素入りスラグ調査!…GW特別調査・他にもあった岡田ソーラーC岡田工務店関連施設に怪しい場所続々!  スラグ不法投棄問題


 現在、群馬県内の高崎市箕郷町などでは、隣の安中市にある東邦亜鉛安中製錬所由来の鉛・ヒ素など重金属を高濃度に含む「K砕」とよばれるスラグが、大同特殊鋼の鉄鋼スラグと同様に野放図に県内にばらまかれている現状がほとんど手つかずのままです。このため中核市の高崎市環境部と、群馬県の環境行政の元締めの環境森林部等に通報し、全面撤去の向けて迅速な対応を要請してきました。しかし不可思議なことに、両自治体とも依然として、「土壌汚染対策法の基準を超える鉛とヒ素が含まれる路盤材(敷砂利)」という表現しか行わず、K砕はおろか「スラグ」という用語が使われないまま、原因者として「東邦亜鉛」はおろか「岡田工務店」という名前も未だに公表されていません。
 そうした中、岡田工務店のソーラー発電施設の造成地の不法投棄された大量の鉛・ヒ素入りスラグを調査していたリットン調査団のメンバーが先日、高碕駅方面に車を走らせていた際に、またしても“(株)岡田工務店 資材置場”の看板を発見したので、急遽調査を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
高崎駅方面に向かって車で走行中のリットン調査団のメンバーが「(株)岡田工務店 資材置場」の看板を発見!

続きを読む
2

2019/6/30  22:27

鉛・ヒ素入りスラグ調査!…GW特別調査・他にもあった岡田ソーラーB  スラグ不法投棄問題

■岡田工務店が高崎市箕郷町に設置したソーラー発電施設に大量の鉛ヒ素入りスラグが大量に使用されていることが問題となっています。ソーラー発電所に使用されたスラグは雨や風により広範囲に広がるおそれが指摘されています。特に溶岩の様な形状の鉛ヒ素入りスラグは、粉々に小さくなる性質があり、早期に対策しなければなりません。
クリックすると元のサイズで表示します
大量の鉛ヒ素入りスラグが使用されている岡田工務店が設置したソーラー発電所は、坂に設置されておりソーラー発電所の下はどうなっているのでしょうか?

続きを読む
8

2019/6/3  1:08

鉛・ヒ素入りスラグ調査!…GW特別調査・他にもあった岡田ソーラーA  スラグ不法投棄問題

■岡田工務店が高崎市箕郷町に設置したソーラー発電施設に大量の鉛ヒ素入りスラグが大量に使用されていることが問題となっています。特に問題なのは、このスラグの排出場所を監督するはずの監督官庁である群馬県廃棄物リサイクル課が廃棄物について勉強不足で不作為の姿勢を貫いていることです。これまでの県議会や、萩生裁判を通じて分かったことは、群馬県は廃棄物について廃棄物処理法で対策を検討しないで、土壌汚染対策法で考えようとするのですから、“おバカ度”丸出しの体質であることです。
クリックすると元のサイズで表示します
岡田工務店の兄弟会社の岡田興業の資材置場にソーラー発電所が設置されていますが、今日のレポート場所は、このソーラー施設の反対側にあります。

続きを読む
0

2019/5/6  23:30

鉛・ヒ素入りスラグ調査!…GW特別調査・他にもあった岡田ソーラー@  スラグ不法投棄問題


■鉛・ヒ素を高濃度に含む非鉄スラグが高渋バイパスに不法投棄されている問題に関連して、当会が2017年3月に「K砕」のキーワードで検索していたところ、たまたま岡田工務店のホームページを発見しました。その後、同年5月までに東邦亜鉛から事情を聴取したところ、同社が岡田工務店に対して2016年初頭までに数年間に亘って毎年1万トンのK砕=非鉄スラグを出荷していたことを確認しています。2016年初頭までとは大変疑わしいですが、それはさておき、岡田工務店はこのK砕を利用して、巨大なソーラー発電施設を設置しています。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2019/4/28  1:31

【スラグ報道】前橋市は有害スラグを撤去!大同スラグ投棄問題  スラグ不法投棄問題


■平成27年9月11日に群馬県は大同特殊鋼が排出し、佐藤建設工業が群馬県中にばら撒いた有害スラグを廃棄物に認定しました。しかし群馬県環境森林部はその後、投棄された有害スラグ=廃棄物の対策をどうするか、方針を未だに示していません。県民の生活環境を守るはずの群馬県環境森林部は、いまだに不作為を貫いているのです。
 また群馬県環境森林部は佐藤建設工業の廃棄物処理の許可を取り消す行政処分を行いましたが、廃棄物撤去の措置命令を発出していません。こちらも不作為を貫いている格好です。
 そんな中、廃棄物について自ら権限を持つ中核市である前橋市が「大同スラグを撤去した」、とする新聞報道がありました、見ていきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2019/4/26  1:46

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高渋バイパスの有害スラグ土壌調査等費用を原因者負担させる住民監査請求が棄却  スラグ不法投棄問題

■当会が告発した高渋バイパス分離帯に不法投棄された非鉄スラグ事件では、2018年8月20日に群馬県は「県道工事に使用された建設資材の下の土壌調査結果について −『土壌への影響はありませんでした』−(建設企画課)」と題する記者発表を行いました。そこで、当会はさっそく8月30日に群馬県土木整備部建設企画課を訪れて、事情説明を求めましたが、埒が明かないため、関連事項の情報開示請求を行い、その結果10月31日に部分開示がなされました。しかし、土壌調査にかかった費用については開示情報に含まれていなかったため、11月16日に改めて開示請求を行ったところ、12月2日に部分開示されました。この調査費用は、税金から支出されるべきものではないと考えた当会は、2月22日に住民監査請求書を群馬県に提出しました。すると今回は補正命令もなく、3月12日(火)午後1時半から監査委員らの面前で陳述が行われ、当会代表が30分間、目一杯、調査費用の公金支出の不当性を力説しました。その結果、4月15日付の監査結果通知が同19日に届きました。開けてみると、なんと「棄却」となっています。一体なぜ棄却されたのでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
配達証明付きで届けられた監査結果通知が同封された封筒。

続きを読む
0

2019/3/21  23:25

大同スラグ問題を斬る!…4年越しの住民訴訟で敗訴・上告断念するも新たな「スラグの管理を問う」戦いへ!  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同のフッ素・六価クロム入り有毒生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、4年9カ月が経過し、先日3月6日(水)に二審の東京高裁で再び住民敗訴の不当判決が言い渡されました。以降、当会はこの判決を不服として上告するかどうか、真剣に検討してまいりました。そして、最終的に、提出期限の3月20日(水)を待たずに、3月19日(火)までに上告をしないことに決めました。
 この裁判に敗れたとはいえ、裁判を通じて、東吾妻町萩生地区にスラグが投棄されていることに争いはないこと、そして有害スラグは平成27年9月11日に違法・有害廃棄物に認定されたこと、そして萩生地区の有害スラグにアスファルトでフタをする行為は、鉄鋼スラグ連絡会議で考え出された対策方針の被覆と考えが同一であることが確認されました。

続きを読む
0

2019/3/19  23:58

大同スラグ控訴審…4年越しの住民訴訟の挙句3月6日東京高裁での敗訴判決に当会上告せず不当判決確定  スラグ不法投棄問題

■当会が東吾妻町萩生地区の圃場整備事業で、農道に大同のフッ素・六価クロム入り有毒生スラグが敷砂利として投棄されていた現場をはじめて2014年6月1日に確認して以来、4年9カ月が経過し、先日3月6日(水)に二審の東京高裁で再び住民敗訴の不当判決が言い渡されました。以降、当会はこの判決を不服として上告するかどうか、真剣に検討してまいりました。そして、最終的に、提出期限の3月20日(水)を待たずに、3月19日(火)までに上告をしないことに決めました。


続きを読む
0

2019/3/17  22:31

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…箕郷町の松之沢にある岡田興業のスラグ置き場の実態と群馬県の節穴検査  スラグ不法投棄問題

■高崎市や榛東村の道路や駐車場、公園などから環境基準を大幅に超えた鉛やヒ素が含まれている建設資材が発見されています。2018年9月18日みさと芝桜公園の駐車場▽公園付近の路上▽善地梅林広場の駐車場▽みさと梅公園蟹沢駐車場が鉛やヒ素だらけだと報道されました。これらの一部は昨年末までに一応撤去されましたが、まだ岡田工務店のソーラー発電施設の造成地には膨大な有毒スラグが残置されています。
 そのスラグは安中市の東邦亜鉛安中製錬所から運ばれてきましたが、直接造成地に運んだものもあれば、一旦仮置きされていた可能性も当然否定できません。その場所として岡田興業の岩石採取場の存在がクローズアップされています。
クリックすると元のサイズで表示します
情報開示を受けた高崎土木事務所のある台町の合同庁舎2階の案内図。
続きを読む
3

2019/3/14  23:40

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…箕郷梅林を鉛中毒の恐怖に晒す非鉄スラグを表向き撤去させた高崎市が抱える憂鬱  スラグ不法投棄問題

■東日本一の梅の産地、群馬県の三大梅林の一つ箕郷梅林は、関東平野を一望する丘陵に約10万本の梅の木が植えられ、平年3月上旬から下旬にかけての開花時期には梅の花と周辺の山々や関東平野の眺望を楽しめます。この箕郷梅林は、みさと梅公園を中心とするカニ沢会場と善地梅林広場(善地会場)の2か所からなり、善地梅林広場(善地会場)では約300本の河津桜と傾斜地一面の梅の花が楽しめます。駐車場の一角にある展望見晴台からは一面に広がる梅林と関東平野、また晴天の日には梅林と榛名山の眺望が楽しめます。ところがまちおこしに欠かせないこの観光地で、猛毒の鉛とヒ素を高濃度に含む非鉄スラグが容赦なく不法投棄されていることがわかり、大騒ぎになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
2

2019/3/13  22:55

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高渋バイパス投棄の有害スラグ土壌調査等費用を原因者負担させる住民監査で陳述  スラグ不法投棄問題

■当会が告発した高渋バイパス分離帯に不法投棄された非鉄スラグ事件では、2018年8月20日に群馬県は「県道工事に使用された建設資材の下の土壌調査結果について −『土壌への影響はありませんでした』−(建設企画課)」と題する記者発表を行いました。そこで、当会はさっそく8月30日に群馬県土木整備部建設企画課を訪れて、事情説明を求めましたが、埒が明かないため、次の内容の情報開示請求を行い、その結果10月31日に部分開示がなされました。しかし、土壌調査にかかった費用については開示情報に含まれていなかったため、11月16日に改めて開示請求を行ったところ、12月2日に部分開示されました。この調査費用は、税金から支出されるべきものではないと考えた当会は、2月22日に住民監査請求書を群馬県に提出しました。すると今回は補正命令もなく、3月12日(火)午後1時半から監査委員らの面前で陳述が行われ、当会代表が30分間、目一杯、調査費用の公金支出の不当性を力説しました。
クリックすると元のサイズで表示します
陳述に先立ち、監査委員の承諾を得たうえで会場内を撮影。手前の陳述者の机上にある段ボール箱が証拠品として持参し提示した東邦亜鉛の鉛・ヒ素入りスラグのサンプル。猛毒なので提示のみで、提出はせず。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ