東電福島第1原発事故の群馬県民への影響・・・安中市における本日の放射線量(2018年1月〜)  東北関東大震災・東電福島原発事故

2018年10月06日(土)午前07時30分  0.088μSv/h

2018年10月05日(金)午前07時00分  0.102μSv/h
2018年10月04日(木)午前09時10分  0.098μSv/h
2018年10月03日(水)午前06時10分  0.095μSv/h
2018年10月02日(火)午前07時00分  0.085μSv/h
2018年10月01日(月)午前05時50分  0.096μSv/h

続きを読む
5

2018/10/22  0:52

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…10.26前橋バイオマス補助金返還第11回弁論に向け被告証拠意見書が届く  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。それから早くも2年3カ月が経過しようとしています。9月5日の第10回弁論準備では、裁判長がいよいよ証人尋問に向けた方針を示し、原告住民に対し人証の証拠申出書の作成と提出を訴訟指揮しました。そこで原告住民らは、指定された10月1日の朝、当該申立書を郵送で前橋地裁と被告群馬県訴訟代理人宛てに発送しました。一方、被告群馬県も裁判長の訴訟指揮に基づき、求釈明への反論として10月3日付で第8準備書面を提出してきました。これに続いて、被告から原告証拠申出書への反論として10月19日付で証拠意見書が送られてきました。いかに群馬県の役人が、自らの保身と、群馬県に本社のないヨソモノ事業者に忖度し、住民の安全・安心な生活環境や、群馬の県土の秩序ある保全を軽視しているかが、如実にわかる内容となっています。
クリックすると元のサイズで表示します
被告から10月20日に届いた証拠意見書を同封した普通郵便の封筒。

続きを読む
1

2018/10/17  1:18

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…アセス文書不存在審査請求で2年かけて県の言い分だけ認めた仰天審査会  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起し、10月26日(金)10時30分から前橋地裁で第11回弁論準備が開かれます。こうした時期に、突然、群馬県が関電工との間で環境アセス免除に関する密約を示す文書が存在しないと主張したことは「正しい」とする審査会の判断をもとに、群馬県知事から、住民の審査請求を棄却する旨の通知が送られてきました。その内容を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2018/10/6  23:47

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…10.26前橋バイオマス補助金返還第11回弁論に向け被告第8準備書面が届く  東北関東大震災・東電福島原発事故


■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。それから早くも2年3カ月が経過しようとしています。9月5日の第10回弁論準備では、裁判長がいよいよ証人尋問に向けた方針を示し、原告住民に対し人証の証拠申出書の作成と提出を訴訟指揮しました。そこで原告住民らは、指定された10月1日の朝、当該申立書を郵送で前橋地裁と被告群馬県訴訟代理人宛てに発送しました。一方、被告群馬県も裁判長の訴訟指揮に基づき、求釈明への反論として10月3日付で第8準備書面を提出してきました。このあと、被告から原告証拠申出書への反論が出される可能性がありますが、次回10月26日(金)10時30分から前橋地裁で開かれる第11回弁論準備で、裁判長がどのような指揮を示すかが注目されます。
クリックすると元のサイズで表示します
被告から10月5日に届いた第8準備書面を同封した普通郵便の封筒。

続きを読む
1

2018/10/2  23:10

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…10月26日前橋バイオマス補助金返還第11回弁論に向け原告が証拠申出書を提出  東北関東大震災・東電福島原発事故


■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。それから早くも2年3カ月が経過しようとしています。9月5日(水)午後4時から前橋地裁3階のラウンドテーブル法廷で開かれた第10回弁論準備では、裁判長がいよいよ証人尋問に向けた方針を示し、原告住民に対し人証の証拠申出書の作成と提出を訴訟指揮しました。そこで原告住民らは、指定された10月1日の朝、当該申立書を郵送で前橋地裁と被告群馬県訴訟代理人宛てに発送しました。
クリックすると元のサイズで表示します
証拠申出書はレターパックで正本を裁判所、副本を被告訴訟代理人弁護士事務所あてに10月1日朝郵送。

続きを読む
0

2018/8/28  23:24

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…9月5日前橋バイオマス補助金返還第10回弁論に向け原告が準備書面(8)提出  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。それから早くも2年が経過し、先日8月1日付で被告群馬県から第7準備書面が送られてきました。そして、この度、8月28日付で原告住民は、反論の為に原告準備書面(9)を郵送で提出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
原告準備書面(9)はレターパックで正本を裁判所、副本を被告訴訟代理人弁護士事務所あてに本日郵送。

続きを読む
1

2018/8/13  23:32

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス燃料に係る情報公開請求に対し非開示を決め込む前橋市  東北関東大震災・東電福島原発事故

■今年2月から事実上の商業運転を続けている前橋バイオマス発電施設に併設されている前橋バイオマス燃料鰍フ木質燃料製造施設に配置されているチッパー、トレーラー、脱水機機器類について、7月19日付で公開質問状を地元住民が群馬県環境森林部林業振興課に提出したところ、8月3日付けで県から回答拒否同然の返事があったことは、次のブログで報告したとおりです。
○2018年7月28日:東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…公有物を屁とも思わぬ関電工の横暴を地元住民らが行政にアピール
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2709.html
○2018年8月4日:東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス燃料に係る公開質問に回答拒否をしてきた群馬県
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2713.html
 一方、地元住民の皆さんは、前橋市に対しても、関電工・トーセンによるこの亡国事業の問題点のうち、チッパーの騒音対策について必要な情報開示を求めてきました。ところが、前橋市も群馬県と同様に、関電工やトーセンに忖度した対応をとっています。
クリックすると元のサイズで表示します
行政が、関電工ら事業者に対して忖度し手をこまねいているちに、8月11日(土)午前中のバイオマス工場からの騒音は、さらにひどくなり騒音規制値を大幅に超過している状況が続いている。地元住民の皆さんから、前橋市に対して、早急な調査と事業者への指導要請が出されている。行政の対応は待ったなしの段階だ。

続きを読む
1

2018/8/7  22:53

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス燃料が補助金で買ったチッパーの行方判明  東北関東大震災・東電福島原発事故

■今年2月から事実上の商業運転を続けている前橋バイオマス発電施設に併設されている前橋バイオマス燃料鰍フ木質燃料製造施設に配置されているはずのチッパーは、間伐材に衝撃を加えて粉々のチップにすることから高レベルの騒音を発するのが特徴です。しかし、これまで、このチッパーはごく限られた期間しか、赤城の南麓にある電中研の敷地にある前橋バイオマス発電施設内でしか目撃されていません。当会の調査でも、昨年12月に榛名町でトーセンが木材の集積場から大量の木材を搬出している光景を目撃した際、地元関係者にヒヤリングしたところ、「沼田のほうにもっていっているという話だ」との情報を得ていた程度でした。次のブログに榛名町の貯木場調査の様子が記してあるので参照ください。
○2018年2月27日:【速報】東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!…木質チップ製造を巡る原料の木材調達とチップ化事情
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2575.html
クリックすると元のサイズで表示します
トーセンが補助金で買ったチッパー「AXTOR6010」。県内でこれと同型の機械を見かけたら当会に通報ください。
※チッパー「AXTOR5050/6010」カタログPDF ⇒ axtor50506010.pdf
続きを読む
0

2018/8/4  23:05

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス燃料に係る公開質問に回答拒否をしてきた群馬県  東北関東大震災・東電福島原発事故


■今年2月から事実上の商業運転を続けている前橋バイオマス発電施設に併設されている前橋バイオマス燃料鰍フ木質燃料製造施設に配置されているチッパー、トレーラー、脱水機機器類について、7月19日付の公開質問状を地元住民が群馬県環境森林部林業振興課に提出していたことは、次のブログで報告したとおりです。
●2018年7月28日:東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…公有物を屁とも思わぬ関電工の横暴を地元住民らが行政にアピール
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2709.html
 この度、群馬県から8月3日付けの回答書が届きました。内容は回答拒否同然です。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

2018/8/4  1:24

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…9月5日前橋バイオマス補助金返還第10回弁論に向け被告が第7準備書面提出  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、昨年末迄に事実上竣工し、本年2月から本格運転が開始され、4月24日には行政関係者を招いて完成披露式=開所式まで開かれてしまいました。この暴挙を食い止めようと、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求める訴訟を2016年7月15日に提起しました。先日6月20日(水)午前10時30分に開かれた第9回弁論準備で、裁判長から被告に対して訴訟指揮がなされました。今回はその指揮に基づき、被告から第7準備書面が8月1日付で送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2018/7/28  0:32

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…公有物を屁とも思わぬ関電工の横暴を地元住民らが行政にアピール  東北関東大震災・東電福島原発事故

■福島原発事故の反省はどこへやら。東電の無責任のDNAを受け継ぐ東電グループの関電工は、群馬県の庇護のもと、環境アセス条例に定めた手続きを経ないまま、バイオマス発電施設の本格稼働を始めて早くも半年になろうとしています。この間、セシウムの待機中への拡散や地下浸透など放射能の2次汚染のリスクに曝されている地元住民の皆さんは、他にも、騒音問題に悩まされています。また、搬入用に使われている国道や指導など道路施設にも、障害が出ています。そうした事情を粘り強く行政に訴えていますが、そもそも、こうした苦労は、行政が政治力に負けてこのような亡国事業を許可したのが原因です。住民のかたの苦労の一端をご紹介します。

続きを読む
3

2018/7/8  15:33

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…前橋バイオマス発電施設の騒音レベルを現地測定  東北関東大震災・東電福島原発事故

■群馬県が定める環境影響評価条例に基づく環境アセスをやると、2年ないし3年の時間がかかるとして、東電グループの関電工が政治的工作をした結果、条例を定める群馬県地震が、本来は通常50〜60%以上ある間伐材の排ガス量の水分を一律20%で構わないという御触れを出し、関電工が待ってましたと、空気比や木質燃料の時間当たり投入量を勝手にいじり、排ガス量が毎時4万㎥に満たないという計算式をでっちあげて、環境アセスをやらないまま、4月25日に本格稼働を始めて営業運転に入りました。それから2か月余り経過してしまいましたが、条例に基づくアセスメントをしていないため、大気、水、土壌の汚染の脅威に加えて、騒音・振動問題がくすぶっています。そこで、当会も実際に現地を視察して、騒音計で実測してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
関電工が電中研から購入した施設隣接の帯状林地にそって歩く地元住民の皆さん。

続きを読む
3

2018/6/20  23:37

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…被告群馬県の主張を100%認めた東京高裁のアセス免除控訴審判決  東北関東大震災・東電福島原発事故

■関電工による放射能汚染木材を大量に集荷し、チップにしてから、機械的に油圧プレスで脱水し、ボイラーに投入して燃焼させ、発生した高温高圧の蒸気でタービンを回すことで、発電機を駆動させて電気を起こし東電に販売するという亡国事業=バイオマス発電施設設置計画で、事業者である関電工が群馬県環境アセスメント条例の適用を受けないまま、既に2月13日以降、実質的な運転開始状態にあり、4月24日には営業運転開始に先立ち、完成披露式まで催す始末です。
 当会では、群馬県環境アセス条例がなぜ適用されないのか、その根拠となる情報開示請求を行ったところ、群馬県は「事業者の関電工が自ら適用不適用を判断したものであり、群馬県にはその判断の根拠となる情報は不存在だ」としたので不思議に思っていました。ところがその後、実は平成27年3月31日付で内部通達が出されていたことが判明したので、「不存在処分は間違いだから取り消してほしい」と審査請求をしましたが、受け入れられないため、前橋地裁に不存在処分の取り消しを求めて訴えました。すると前橋地裁の塩田裁判長は「群馬県が不存在だと言っているのだから、不存在なのだ」として、内部通達の存在を無視する判決を下したため、当会は東京高裁に控訴しました。
 この控訴審はこれまで、第1回口頭弁論が2018年2月5日(月)11時に、第2回口頭弁論が2018年3月12日(月)11時に、第3回口頭弁論が2018年4月23日(月)13時15分に、いずれも東京高裁7階717号法廷で開かれました。第3回弁論で裁判長は結審したいそぶりを見せましたが、当会では最後にもう一度チャンスを頂きたいとして、1週間以内に反論を提出する旨、裁判長に約束をし、4月30日に、控訴人控訴審準備書面(1)を提出しました。そして、5月16日(水)午後3時30分から、第4回口頭弁論が開かれ、その場で結審し、本日5月20日(水)午後1時10分に東京高裁717号法廷で判決言渡しがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
判決言渡しが行われた東京高裁のある裁判所合同ビル。

続きを読む
3

2018/6/18  22:28

赤城山を震源とした県内震源地震観測史上最大の震度5弱地震と関電工のバイオマス発電への懸念  東北関東大震災・東電福島原発事故

■最近、太平洋を取り巻く地殻変動の活発化が気になるニュースが相次いで報じられています。ハワイ、グアテマラそして桜島。年初には元白根山の噴火もありました。一方、地震では、千葉県で今月上旬から群発している地震は、16日には立て続けに最大震度4の地震が6回以上発生しました。この群発地震の原因について、房総半島沖のプレート境界の岩盤がゆっくり滑り動く「スロースリップ」現象によるものという調査結果が16日夜に政府の地震調査委員会から発表されましたが、翌17日午後には我らが群馬県人にとって、衝撃的な地震が発生しました。地震が少なく津波の心配もなく大雪も降らず、災害には縁遠い場所だと信じ込んでいた我々群馬県人としては、県内を震源とした震度5弱以上の地震は、1923年の観測開始以降初めてだったからです。と思いきや、今朝も大阪で震度6弱の大きな地震が発生し3+1名のかたが無くなってしまいました。まずは、昨日の震度5弱の地震の規模を確認してみましょう。
○気象庁「地震情報」
https://www.jma.go.jp/jp/quake/3/320/20180617063117395-17152726.html
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
3

2018/6/16  22:08

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…「時代に逆行する事業」大規模木質バイオマス発電への警鐘  東北関東大震災・東電福島原発事故

■群馬県のシンボルである赤城山の南面に東電グループ会社の関電工が設置した前橋バイオマス発電所は、群馬県の山間部から切り出した間伐材等を毎年7万トン(質量基準含水率40%換算)ずつ20年間集荷し燃料として使用し、2018年2月から事実上、運転開始していますが、この事業に際して、大型の火力発電所にもかかわらず環境アセスメントが行政により正当な根拠もなく免除され、放射能汚染された群馬県の山間部からの間伐材等から作られたチップの大量燃焼により発生する焼却灰、排ガス、排水(プレス機で脱水された排液)に高濃度のセシウムが含まれることから、当会は地元住民団体と一緒に計画の白紙撤回を求めてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
当会に寄贈された小冊子「時代に逆行する大規模木質バイオマス発電」。

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ