前橋市職員による勤務不正申告の実態報告をもとに前橋市に損害回収を求める住民監査請求書を提出  前橋市の行政問題

■公務員のズサンな勤怠管理で多額の血税が失われていることは各地の事例で明らかですが、不祥事件が多発する前橋市の場合、やはりきちんとした職員管理ができていないことが大きな要因の一つと思われます。そこで、当会では不倫相手の職員の時間外手当を不正に認めていた前橋市役所の実態について、5月2日に(水)午前11時に前橋市役所4階の秘書課を訪れて、前橋市長あてに報告書を文書で提出しました。この中で当会は不正に支出された公費の改修の必要性について触れていましたが、未だに具体的な対応の動きが見えません。そのため、当会では6月の例会においてこの件で住民監査請求を行う必要性について協議し、全員一致で賛同をえたため、7月2日付で、前橋市長に関する措置請求書を、前橋市監査委員あてに発出しました。この問題の経緯等は次のブログをご覧ください。
〇2018年3月29日:再発防止になるの?…印章偽造の職員に減給10分の1(1か月間)の大甘処分を決めた前橋市
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2600.html
〇2018年5月3日:前橋市役所職員による勤務不正申告の実態について前橋市長に報告書を提出
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2628.html
○2018年6月5日:前橋市職員による勤務不正申告の実態報告書の感想と見解を聴取すべく前橋市役所を訪問
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2659.html
続きを読む
2

前橋市役所強制わいせつ事件・・・セクハラ被害軽視の背景にあるリーダーたる市長の果たすべき役割とは  前橋市の行政問題

■6月22日付の東京新聞に、前橋市の現職の管理職員による強制わいせつを受けた被害者が、今年の1月に当該セクハラ被害について、前橋市長に対し、市長のフェイスブックを通じて、報告並びにしかるべき対応を直訴した経緯と、それに対する市長の対応が適切だったのかどうかを問う記事が報じられています。この問題では、セクハラ被害者が被害の報告と加害者への処罰を求めて、勇気を奮って、前橋市の職員課や自治労にも通報し、早急な対応を要請してきましたが、さっぱり埒が明かず、長い間苦悩を強いられてきました。その過程で、実はいち早く前橋市役所のリーダーである山本市長にも、SNSを通じて直訴していたことが明らかになったのです。さっそく6月22日付けの東京新聞記事を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
3

前橋市役所強制わいせつ事件・・・セクハラ被害軽視の背景にある自治労の果たすべき役割とは  前橋市の行政問題

■本日の東京新聞にセクハラ被害者が直面したこれまでのセクハラ相談の苦悩が詳しく報じられています。この記事の中で特に目を引くのが「知人の地方議員に紹介され、自治労に相談しても、正規ではない嘱託には協力してくれなかった」という箇所です。実際、セクハラの被害を前橋市役所の職員課に通報しても、まったく相手にしてもらえず、時間ばかりが経過する中で、思い余った挙句、自治労群馬県本部なら、きっと労働者の側に立って支援してくれるにちがいない。そう思って相談したところ「セクハラの件を不問にすれば、嘱託職員として1年ごとの更新ではなく、5年間の嘱託契約にするように職員課に談判してやる」と言われる始末でした。このためセクハラ被害者は、外部の力に頼るしかなかったのでした。そこで、この自治労について考えてみました。まずは6月19日付けの東京新聞記事を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

前橋市役所強制わいせつ事件…ようやく出た大甘処分と未だに罪を認めぬ元管理職で分かる役人の“本懐”とは  前橋市の行政問題

■当会の活動がきっかけでマスコミに取りざたされた前橋市役所を巡る管理職員による陰湿なセクハラ事件。ようやく大甘の処分が出されましたが、犯行に及んだ当の本人は未だに前橋市職員課の事情聴取にも「やっていない」とうそぶいているようです。昨日の処分について、さっそく昨晩から今朝にかけてマスコミが報じています。
クリックすると元のサイズで表示します
PDF ⇒ 201806130758.pdf
事件に伴う管理職の処分を伝える今朝の朝日新聞群馬版記事。

続きを読む
3

前橋市職員による勤務不正申告の実態報告書の感想と見解を聴取すべく前橋市役所を訪問  前橋市の行政問題

■公務員のズサンな勤怠管理で多額の血税が失われていることは各地の事例で明らかですが、不祥事件が多発する前橋市の場合、やはりきちんとした職員管理ができていないことが大きな要因の一つと思われます。そこで、当会では不倫相手の職員の時間外手当を不正に認めていた前橋市役所の実態について、5月2日に(水)午前11時に前橋市役所4階の秘書課を訪れて、前橋市長あてに報告書を文書で提出しました。この中で当会は「本件に関する貴殿からのご意見、ご感想をお聞かせいただければ幸甚です」と山本市長に、この件の見解を求めていましたが、1カ月を経過してもなんら返事がありません。そこで6月4日の午前9時15分ごろ当会の代表ら幹部3名が市役所4階秘書課を尋ねました。この問題の報道内容は次のブログをご覧ください。
〇2018年3月29日:再発防止になるの?…印章偽造の職員に減給10分の1(1か月間)の大甘処分を決めた前橋市
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2600.html
〇2018年5月3日:前橋市役所職員による勤務不正申告の実態について前橋市長に報告書を提出
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2628.html
クリックすると元のサイズで表示します
前橋市役所4階秘書課。

続きを読む
0

不祥事の続く前橋市役所…セクハラ等不正テンコ盛り職員を庇う?市長のオロオロ記者会見を報じた東京新聞  前橋市の行政問題

■速報でも報じた5月28日の前橋市長の定例記者会見。記者からのセクハラ事案の質問に対して、うっかりこれまでの別件の事案についてコメントしてしまいました。しかも、その失言の重大性を記者から指摘され、撤回することもなく、ましてや、うかつなコメントで被害女性の特定にかかわる情報がリークするリスクについて謝罪や反省のことばが発せられることは、記者会見の最後までありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
物議を醸した前橋市長の定例記者会見の問題点を報じた今朝の東京新聞朝刊群馬版。

続きを読む
6

【速報】はからずも定例記者会見で露呈した前橋市長の危機管理意識とセクハラ問題意識の薄弱性!  前橋市の行政問題

■本日5月28日、前橋市長の定例記者会見が行われました。この模様は、前橋市がYouTubeで直ちに情報発信をしており、誰でも閲覧可能です。ところが、この記者会見で、大変な失態を山本龍・前橋市長がしでかしたという一報が、当会会員からもたらされました。それは、山本市長が新聞記者の質問に対して、事案を区別すべきところ混同してしまい、結果的に市役所で起きたセクハラ事件で被害を受けたかたにかかわる情報を自らリークしたかたちになってしまったというのです。さっそく内容を検証してみましょう。
※前橋市の公式ユーチューブ(YouTube)ページのURL↓
https://www.youtube.com/user/maebashikoho
クリックすると元のサイズで表示します
5月28日 前橋市長記者会見:URL⇒ https://www.youtube.com/watch?v=wLnob8exino

続きを読む
2

またもや前橋市職員の怠慢発覚!…厳しい徴税姿勢とは裏腹の税金無駄遣いのユデガエル役人にメスを!  前橋市の行政問題

■東電グループの関電工らによる前橋バイオマス発電の推進や、滋賀県琵琶湖畔に放置されていた福島原発事故由来の放射能汚染木屑の受入など、非常識な行政で知られる前橋市を巡っては、副市長ら幹部職員らの平日ゴルフ三昧や、市教委による児童全員の個人情報の流出に加え、前・南橘公民館長の不倫・セクハラ・勤怠簿改ざんによる時間外手当など不正会計の実態を報告したばかりなのに、またもや税金の無駄遣いの実態が発覚しました。
クリックすると元のサイズで表示します
公民館防火点検で無用な出費を報じた5月3日付東京新聞記事。

続きを読む
1

前橋市役所職員による勤務不正申告の実態について前橋市長に報告書を提出  前橋市の行政問題

■公務員の勤怠管理については、各地でズサンな事例が取りざたされており、まさに公務員天国の様相を呈していることは当会のブログでもいくつかの事例を紹介してきました。そうした中、2018年3月29日付の新聞朝刊各紙に「他人の印鑑を無断で押印した前橋市職員が懲戒処分」という記事が掲載されたのはまだ記憶に新しいことと思います。この事件では、当会に寄せられた情報をもとに、群馬県警に告発したことをきっかけに、明るみに出て、前橋市も動かざるを得ない状況に追い込まれたわけですが、報道のとおり当該職員は僅か減給10分の1、1カ月の懲戒処分を下されただけでした。この時の報道内容は次のブログをご覧ください。
〇2018年3月29日:再発防止になるの?…印章偽造の職員に減給10分の1(1か月間)の大甘処分を決めた前橋市
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2600.html
クリックすると元のサイズで表示します
前橋市役所玄関ロビーの案内板。市長室、秘書課は4階。

続きを読む
22

自らの内部情報は非開示にするのに市民の個人情報はずさん扱いの行政の典型・・・前橋市で相次ぐ不祥事  前橋市の行政問題

■役所では我々住民・納税者の個人情報をすべて管理しています。さらに住基ネットワークなどで、さらに広範囲の個人情報を届けさせられています。一方、住民・納税者側として役所の事務事業にかかる判断の過程などについて知りたいと思う場合に、情報公開条例や個人情報保護条例をつかった開示請求をすると、やたらと黒塗りにされたものが開示されてきます。こうした片務的な状況を普段からヘンに思う人たちは我々だけではないはずです。
 このような最中、前橋市教育委員会のサーバーに不正アクセスがあり、前橋市立の小中学校や特別支援学校に2017年11月時点で在籍していたすべての子どもたちの情報が、国内外に流出したという報道がありました。
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
1

再発防止になるの?…印章偽造の職員に減給10分の1(1か月間)の大甘処分を決めた前橋市  前橋市の行政問題

■本日の新聞朝刊各紙に「他人の印鑑を無断で押印した前橋市職員が懲戒処分」という記事が掲載されたのをお読みになったかたも多いかと思います。一般的には、この類の行為は公文書偽造(刑法155条)、公印偽造及び不正使用等(刑法165条)、公用文書毀棄罪(刑法258条)、詐欺罪(刑法246条)などの可能性も充分想定されるところですが、公務員のことを性善説を前提としている司法の場では、起訴されても殆どが執行猶予付きの「実質的無罪」判決になるのが世の習わしです。今回も、監督責任のある前橋市が、厳しく処分しなければならないところ、実に「大甘」の処分で済まされてしまいました。まずは報道記事を見てみましょう。

**********読売新聞2018年3月29日
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
4

前橋副市長2人らが休暇取得し自腹で市議らと勤しんだ平日ゴルフ懇親会の問題点を映し出す情報開示拒否  前橋市の行政問題

■前橋市役所の2人の副市長を含む幹部8名と市議会議員16名が昨年11月22日に開催された平日合同ゴルフ懇親会に参加したことについて当会会員が情報公開請求していた結果が先日全て届きましたのでご報告いたします。結論から先に申し上げますと、前橋市役所と市議会は何も公開しないということでした。この一件は次のブログを参照ください。
○2017年12月13日:大同有毒スラグ入り「再生砕石」の調達促進に貢献した前・県土整備部長の前橋副市長が平日ゴルフ三昧?!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2499.html
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保国際カンツリークラブでは最近GPSタッチパネルナビとやらを全カートに導入したらしい。
プレー代参照 ⇒ http://www.ikahokokusai.jp/fee.html


続きを読む
1

滋賀県から前橋市に持ち込まれた原発汚染木くずの中間処理問題で前橋市長に公開質問とヒヤリング  前橋市の行政問題

■2015年9月29日(火)11時から前橋市役所4階応接室で山本市長とこの件で30分間ほど面談しました。面談時には、ほかに細野副市長と、書記役の廃棄物対策課担当者が同席し、当会からは代表と事務局長の2名が参加しました。山本市長らの発言の要旨は次の通りです。

続きを読む
1

サンパイ処分場化する群馬県に持ち込まれていた滋賀県からの原発汚染木くずの県内中間処理問題(その3)  前橋市の行政問題

■市民オンブズマン群馬では、滋賀県に不法投棄されていた東電福島第1原発事故による放射能汚染された木くずが前橋市内の産廃中間処理施設で破砕処理されていたことを重く見て、前橋市長に対して、平成27年9月24日午前10時30分に次の内容で、行政情報公開請求書と公開質問状を提出しました。

続きを読む
1

サンパイ処分場化する群馬県に持ち込まれていた滋賀県からの原発汚染木くずの県内中間処理問題(その2)  前橋市の行政問題

■このように、東電原発事故由来の放射能汚染の大量の木くずが、一体どこにどうやって運搬され、どのように処分されているのか、事件の全貌が皆目つかめません。しかし、今回の前橋市内での中間処理業者の関与により、いよいよ群馬県でも住民の安心・安全な健康と生活への脅威を不安が現実のものになっていたことが判明したのです。

続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ