【安中市庁舎建替え問題】考えるきっかけになればと意見広告2万1千部を本日朝刊折込で市内全域に配布!  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■安中市は、全国自治体の追従を許さない、51億円という途方もない巨額詐欺事件を25年前に起こした自治体です。安中市役所の現在の敷地の目の前の駐車場の脇に、51億円横領犯とされた元・安中市土地開発公社職員の配偶者側の実家が所有する土地があります。市役所から今場所から移転することは、あと82年間、毎年クリスマスに2000万円ずつ群馬銀行にタゴ事件の尻拭いの和解金として支払い継続を余儀なくされる子々孫々の世代に対して、事件の現場から立ち去ることを意味します。事件から25年、これ以上の風化を防ぐためにも、市役所の庁舎を建て替える場合は現在の場所でなければなりません。

 また、財政面で苦しい状態にあるはずの安中市では、まだまだ使える庁舎迄取り壊して、別の場所に移転して50億円もの血税を投入することなど、許されるわけはありません。そうした思いを有する皆様の声をひろく市民のかたがたにひろめるべく、1か月ほど前から、市庁舎建替えに伴う諸課題について分かり易く解説した意見広告の発行を計画してきました。その成果の結実として、本日11月1日の朝刊に意見広告を折込み、安中市全域の新聞購読世帯に配布をしました。
クリックすると元のサイズで表示します
新聞に折込まれたB4サイズ意見広告A面(ページ左半分)の状況。

続きを読む
5

【安中市庁舎建替え問題】庁舎移転先ありきの安高跡地買取過程から見えてくる市民懇談会の猿芝居(3)  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■その3ヵ月後に再び、安中市と県教委との打合せが行われました。議題は仮契約書案についてです。


続きを読む
1

【安中市庁舎建替え問題】庁舎移転先ありきの安高跡地買取過程から見えてくる市民懇談会の猿芝居(2)  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■その2ヵ月後の平成30年10月3日に、県側と市側が県庁で跡地買取にかかる細部の詰めの打合せをしました。内容は次の通りです。

続きを読む
1

【安中市庁舎建替え問題】庁舎移転先ありきの安高跡地買取過程から見えてくる市民懇談会の猿芝居(1)  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■築60年以上経過したとして安中市が現在の庁舎の建て替えを計画しており、市が選んだメンバー主体に16名による市民懇談会が7月から毎月下旬に開催され、10月26日(月)午後6時30分から第5回目となる最後の会議が開催される予定で、その後、どのように進められるのか市側からの説明はなく、あとは市側の思惑で計画が進められるのではないかと、市民の間で懸念の声が上がっています。この背景として、既に安中市は今年3月に、群馬県から土地開発基金を使って安中高校跡地を購入していることが挙げられます。
※安中市土地開発基金安中市土地開発基金条例(平成18年3月18日、安中市条例第78号)
https://www1.g-reiki.net/annaka/reiki_honbun/r354RG00000191.html

 このため、当会では先日群馬県と安中市の双方に同時に公文書開示請求をして、「安中市が県に買い取る意向を示してきた時期を含む経緯や、最終的に安中市が買い取ることを決めて、県と行った買取り交渉の経緯、および売り渡し価格等条件の内容・根拠・内訳等が分かる一切の情報」を入手しました。それでは、群馬県が開示した次の情報を時系列的に見て安中高校跡地買取の変遷と、安中市の本音を読み解いてみましょう。

続きを読む
1

【安中市庁舎建替え問題】安中市議22名全員への市庁舎建替アンケート結果、会派毎の回答率は実質90〜95%  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■築60年以上経過したとして安中市が現在の庁舎の建て替えを計画しており、市が選んだメンバー主体に16名による市民懇談会が7月から毎月下旬に開催され、10月26日(月)午後6時30分から第5回目となる最後の会議が開催される予定で、その後、どのように進められるのか市側からの説明はなく、あとは市側の思惑で計画が進められるのではないかと、市民の間で懸念の声が上がっています。こうした中で、市民から選ばれた議員で構成される安中市議会でも、「庁舎建設等特別委員会」が昨年12月に立ち上げられ、これまで10回にわたり、市庁舎建替えの件で話し合いをしてきました。このため、現時点で、市民代表の市議の皆さんが、市庁舎建替えについてどのような意見をお持ちか、当会では10月12日に20名の市議全員にアンケート用紙を郵送し、10月23日を期限にアンケートをお願いしました。その結果を、ご報告いたします。

クリックすると元のサイズで表示します
素案について意見交換する市民懇談会の委員たち=群馬県安中市で2020年9月29日、佐藤伸撮影。出典:毎日新聞(本件記事末尾参照)

続きを読む
1

【安中市庁舎建替え問題】安中市議会議員全員に市庁舎建替えについてアンケート依頼中!10月23日の締切迫る  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■築60年以上経過したとして安中市が現在の庁舎の建て替えを計画しており、市が選んだメンバー主体に16名による市民懇談会が7月から毎月下旬に開催され、今月下旬に第5回目となる最後の会議が開催される予定で、その後、どのように進められるのか市側からの説明はなく、あとは市側の思惑で計画が進められるのではないかと、市民の間で懸念の声が上がっています。

 こうした中で、市民から選ばれた議員で構成される安中市議会では、「庁舎建設等特別委員会」を昨年12月に立ち上げ、これまで10回にわたり、市庁舎建替えの件で話し合いをしています。次のブログ記事をご覧ください。
○2020年10月18日:【安中市庁舎建替え問題】安中市議会における庁舎建設等特別委員会の議事概要の開示で分かった小田原評定
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3222.html

 そこで当会では、住民代表である市議会議員諸氏に対して、安中市庁舎建替えについてどのようなお考えをお持ちなのか、個人的に見解をお聞きすべく、アンケート形式での調査を行うことにし、10月9日(金)朝、安中市役所で庁舎建設等特別委員会が9月に2回開催した会議の議事録の情報開示請求した資料を受領する際、用意したアンケート用紙を岡田・議会事務局長に提示し、各会派に配布するよう依頼しました。
クリックすると元のサイズで表示します
令和2年1月28日発行の安中市議会だより第63号ページ10に掲載された「庁舎建設等特別委員会」の紹介記事。

続きを読む
1

【安中市庁舎建替え問題】安中市議会における庁舎建設等特別委員会の議事概要の開示で分かった小田原評定  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■現在、安中市庁舎の建て替えを巡り、安中市が選んだメンバー主体に16名による市民懇談会が6月から毎月下旬に開催され、今月下旬に第5回目となる最後の会議が開催される予定です。その後、どのように進められるのか市側からの説明はなく、あとは市側の思惑で計画が進められるのではないかと、市民の間で懸念の声が上がっています。
 こうした中で、市民から選ばれた議員で構成される安中市議会では、「庁舎建設等特別委員会」を昨年12月に立ち上げ、これまで10回にわたり、市庁舎建替えの件で話し合いをしています。
 今年8月29日発行の安中市議会最大会派の新政会会報(令和2年夏号)にも「庁舎建設等特別委員会では、庁舎の規模や建設場所等について話し合っており、現庁舎位置と旧安中高校跡地とのメリット、デメリットについてまとめ、庁舎建設場所を9月までに決定していく予定であります。」と報告があります。
※2020年8月29日発行「新政会会報(令和2年夏号)」 ZIP ⇒ 20200829vv.zip
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

【安中市庁舎建替え問題】市長は51億円横領の元職員タゴ親族所有の土地をタゴを通じて今こそ提供させよ!  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■現在、安中市庁舎の建て替えを巡り、安中市が選んだメンバー主体に16名による市民懇談会が6月から毎月下旬に開催され、今月下旬に第5回目となる最後の会議が開催される予定で、その後、どのように進められるのか市側からの説明はなく、あとは市側の思惑で計画が進められるのではないかと、市民の間で懸念の声も上がっているようです。
 そうした中、当会では、この問題に関して取り組むに当たり、まずは必要な情報として、次の情報開示請求を9月4日に安中市長に対して行いました。この中で、当会としてとくに関心があったのは、(4)と(5)でした。

**********ZIP ⇒ 20200904ssjiznaa1znj.zip
<開示を請求する行政文書の内容又は件名>
市庁舎に関わる市民懇談会等に関連する次の情報
(1)市は市庁舎移転を視野に入れて令和2年3月に安中高校跡地を群馬県から買い取ったというが、買取りを決めた理由や、買取りを決めた後の県との交渉経過、および買取り価格等条件の内容・根拠・内訳等が分かる一切の情報。
(2)市庁舎の建て替えに関連し、既存の場所での建て替えの場合、第1種住居地域の場合3000平米以上の延べ床面積の建築物は建てられないとする市の説明の根拠・理由が分かる一切の情報。
(3)新庁舎建て替えに必要な資金のやりくり、とりわけ、自己資金および合併特例債を含めた借入と償還の条件と想定スケジュールと地方交付税との関係が分かる一切の情報。
(4)既存の場所での建て替えの場合、この機会に市役所の敷地に隣接する元土地開発公社職員で約24億円の債務を市・公社に負っている人物の親族が保有する土地の無償提供等について、これまでに協議・交渉等を元職員ら関係者としたのか否か、経緯が分かる一切の情報。
(5)昨年12月に元職員から5万円返済後、8月31日現在に至るまでにあらたに元職員から回収した債権の一切の情報。

**********
クリックすると元のサイズで表示します
元職員タゴの親族が保有する市役所の隣接土地(左下の白色の四角い部分)。ここをタゴを通じて債務一部返済として提供してもらえば好都合だ。10月3日の市民団体のシンポジウムで建築家も推奨!(詳しくは記事末尾参照)
続きを読む
3

【安中市役所庁舎建替えを巡る利権?】安中市幹部職員ら主導の市民懇談会の運用に疑問符  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■今年6月に市庁舎建て替えの市民懇談会というのがスタートしたという新聞記事が先日掲載されました。それによると、わずか5回の会合で10月には市長に答申を出すことになっています。市民懇談会の委員も一般公募の市民は、大学生2名の他は1名のみとなっており、高価な買い物である市庁舎の方向性を、短期間で安易に決めてしまうのは問題と思う、との声が市民から寄せられました。

 他市町の同様な事業例と比べ、地方自治体では史上最高額の51億円という横領事件を起こした安中市の場合、「市民の意見を聞きました」というアリバイ操作が体質的に身についているため、結論ありきの市民懇談会であってはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
現在の安中市庁舎。7月29日撮影。

 お隣の富岡市が新市庁舎を建てた際の事例では、市民検討委員会は、全11回で1年1ヶ月をかけて議論されました。経緯は次のURLをご覧ください。
https://www.city.tomioka.lg.jp/www/contents/1527062448225/index.html

続きを読む
7




AutoPage最新お知らせ