2019/9/19  23:56

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料黒塗りだらけで安中市に質問状!  土地開発公社51億円横領事件

■安中市土地開発公社を舞台にした巨額公金横領事件の群銀への和解金支払い103年ローン問題で、少なくとも安中市とは別法人の公社のために、安中市が連帯責任を負う必要はないはずと考えている当会では、群銀の圧力に屈して、前回の和解10年後の対応と同じ形で和解20年後についても、今年の3月末に群銀に「証」を差し出したことが、安中市の広報あんなか6月1日号ではじめて市民に知らされました。この間の経緯を調べるため、さっそく当会では6月10日に、情報公開請求をしていたところ、2か月以上経過した8月14日にようやく500ページ余りの情報が開示されました。しかし、肝心な方針判断にかかる部分はことごとく黒塗りの状態でした。これでは住民として納得できないため、疑問や不明な事項を列挙して質問状の形にまとめて、9月18日付で安中市長宛に書留で郵送しました。
クリックすると元のサイズで表示します
書留・特定記録郵便物等受領証・領収証。

【10/4追記有り】

続きを読む
0

2019/9/19  22:39

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(9)  土地開発公社51億円横領事件

■8月14日の情報開示の会場で、当会は、開示資料の中に元職員タゴへの債権行使に関する記載が、黒塗りの箇所にあるのかどうかも含めて、全く見当たらないため、当会は一連の黒塗り資料の開示が終わった時点で、予め用意した次の要請書を、企画課と公社事務局(都市整備課)の皆さんに見せて、「なぜ、タゴから債務を取り立てないのか。もし取り立てる気持ちがないのであれば、当会が代理して、取立に当たるので委任してほしい」と説明しました。しかし、担当者ベースでは埒が明かないので、情報開示後、阿部総務部長に直接面談し、市長と副市長(公社理事長兼務)に次の要請書を渡してほしいと依頼しました。総務部長は「生憎二人とも不在ですが、確かに二人に渡します」と確約しました。
クリックすると元のサイズで表示します
当会の市長と副市長(公社理事長)あての2通の要請書を検分する阿部総務部長。

続きを読む
1

2019/9/19  21:46

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(8)  土地開発公社51億円横領事件

■当会は、2018年9月13日に、当時あと3か月余りに迫った20回目の103年ローン返済のこの時期に、当事者である群馬銀行と安中市のトップらに対して、103年ローンの解消に向けた要望事項を申入書として、それぞれの所在地を訪れて提出していました。その様子は次のブログ記事をご覧ください。
○2018年9月13日:「タゴ51億円事件」の103年ローン解消に向けて群銀や安中市トップらに申入書を提出
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2754.html
クリックすると元のサイズで表示します
103年ローンをあと83年間、ひ孫の世代まで遺すことに無頓着な市役所。企画課と公社事務局の話では、豪遊のツケを残して去った元職員タゴからは、今年に入り、まだ1円も支払ってもらっていないという。かつての仲間からは債権行使をするつもりがないのだろうか。一方、群銀には律義に証文を差し出して、毎年2000万円ずつ支払い続けるという。群銀との交渉で、「20年分の8億円を一括返済する代わりに、残債務を免除してくれ」とネゴをした安中市だが、敢え無く撤回させられた。ならば「20年分一括返済するから、市の連帯保証は今後不要とする」として、なぜ市のリスクをなくすための交渉をしなかったのか。

続きを読む
0

2019/9/19  2:51

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(7)  土地開発公社51億円横領事件

■平成も終わり、新元号の令和になる直前、安中市と公社は、群馬銀行に対して、さらに10年間毎年2000万円をクリスマスの日に支払うことを約束する「証文」を差し入れてしまいました。そして、4月1日付の人事異動を経て、理事や事務局の担当者にもメンバー交代があり、顔合わせを兼ねて、2019年5月20日に開催された令和元年度第1回公社理事会が開かれました。その議事録を見ていきましょう。
 文中で公社が市に提出した際に既に黒塗りされていた箇所は■■■で、安中市が群馬銀行に事前に意見照会をした際に、新たに黒塗りをした箇所は●●●で示してあります。安中市民にできる限り、真相を知らせないようにする安中市の体質は、24年前の事件の発覚当時と変わり映えしていないことがよく分かります。
クリックすると元のサイズで表示します
足利市島田町にある書画・骨董品商の小貫達氏が経営していた一品堂。

0

2019/9/19  1:50

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(6)  土地開発公社51億円横領事件

■平成もいよいよ大詰めとなる中、2019年3月25日に開催された平成30年度第7回公社理事会の議事録を見ていきましょう。文中で公社が市に提出した際に既に黒塗りされていた箇所は■■■で、安中市が群馬銀行に事前に意見照会をした際に、新たに黒塗りをした箇所は●●●で示してあります。安中市民にできる限り、真相を知らせないようにする安中市の体質は、24年前の事件の発覚当時と変わり映えしていないことがよく分かります。
クリックすると元のサイズで表示します
2016年1月に完成したホクブトランスポートの本社「ホクブビル」。信越線北高崎駅の道路と線路を隔てた斜め向かい側にある。

0

2019/9/19  0:49

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(5)  土地開発公社51億円横領事件

■年が明けて平成最後となりました。2019年2月25日に開催された平成30年度第6回公社理事会の議事録を見ていきましょう。文中で公社が市に提出した際に既に黒塗りされていた箇所は■■■で、安中市が群馬銀行に事前に意見照会をした際に、新たに黒塗りをした箇所は●●●で示してあります。安中市民にできる限り、真相を知らせないようにする安中市の体質は、24年前の事件の発覚当時と変わり映えしていないことがよく分かります。
クリックすると元のサイズで表示します
多胡運輸を継承した株正。
続きを読む
0

2019/9/18  23:35

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(4)  土地開発公社51億円横領事件

■2018年7月24日の公社理事会の会議録には、会議で配布したとみられる資料が添付されています。

クリックすると元のサイズで表示します
タゴ51億事件の舞台となった群銀安中支店。外観は24年前の当時と比べ、ほとんど変わっていない。1995年4月に教育委員会に異動になる直前まで、毎週のようにタゴは安中支店を訪れて1000万円を超える現金を袋に入れて持ち帰っていた。群銀側もタゴが支店を訪れると、奥にある応接室に通されて、支店長の挨拶を受けたり、行員が現金を揃えて応接室に持ってきてくれるので、一般顧客とは異なる破格の待遇を受けていた。タゴが支店長に招かれて応接室に入るのを目撃した市民は、テーブルの上に積んである現金を見てビックリし、タゴと群銀安中支店の松井支店長が懇意で有る様を痛感させられたと今でも当時の事を鮮明に記憶していると語っている。

続きを読む
0

2019/9/18  22:16

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(3)  土地開発公社51億円横領事件

■次に、2018年10月31日に開催された平成30年度第4回公社理事会の議事録を見ていきましょう。なお、ここでも、文中で公社が市に提出した際に既に黒塗りされていた箇所は■■■で、安中市が群馬銀行に事前に意見照会をした際に、新たに黒塗りをした箇所は●●●で示してあります。安中市民にできる限り、真相を知らせないようにする安中市の体質は、24年前の事件の発覚当時と変わり映えしていないことがよく分かります。
クリックすると元のサイズで表示します
国道18号に面してタゴが配偶者のために横領金で建てたかつての喫茶店「珈琲ぶれいく」。アルコールや軽食も出していたという。平日の昼下がり、公務時間中に、歩いて数分の市役所から抜け出したタゴが、この店内でバーテンダーとしてカクテルシェーカーを振っていたという目撃談も当時当会に寄せられた。その後、中華料理店になっていたが、「餃子酒房 蘭」としてテークアウトの餃子店に代わり、最近はこれも閉業しており、目下空き家状態。

続きを読む
0

2019/9/18  21:38

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(2)  土地開発公社51億円横領事件

■安中市土地開発公社は、前述の通り安中市建設部都市整備課が事務局を兼務しています。市の同じ職員が同じ職場で、二つの肩書で業務をしているわけです。かつては農業委員長や市議会議員らも理事として名を連ねていて、こうした連中がタゴから土地情報を入手して、公共事業で先行取得する土地を事前に知って、口利きをして懐を肥やしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市役所のすぐ目の前にあるタゴの自宅。タゴは始業30秒前に家を出ればよく、究極の職住接近だ。配偶者の親族が土地を所有しており、自宅の上物のみ競売にかけても買い手が付かないため、未だに24年前のまま、荒れ果てている。タゴ一家は勿論ここには住んでおらず、現在は高崎市の国道17号線高前バイパス沿いに近い場所に住んでいるらしい。写真はいずれも2019年8月14日撮影。

続きを読む
0

2019/9/17  23:58

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(1)  土地開発公社51億円横領事件

■安中市役所が毎月初めに市民に配布している「広報あんなか」の6月1日号 P9の下半分に「安中市土地開発公社不祥事件 和解20年後の対応について」という記事がシレっと掲載されてから早くも3か月半が経過しました。安中市はタゴ事件の尻拭いの群銀への和解金24億5000万円のうち、これまでに支払った8億円を除く残額16億5000万円のうち2億円を、令和元年(2019年)から令和10年(2029年)までの10年間、毎年クリスマスの日に2000万円ずつ和解金の支払いを継続することになりました。このままでいくと、あと83年間で完済する勘定になります。
 しかし、妙なことに安中市は広報あんなか6月1日号の僅か半ページの記事の中で「この損害は公社が負担するので市民には損害がないから安心しろ」と強調するばかりで、肝心の元職員タゴからの取り立てについてはひとことも触れていません。
 そのため、どのような形で、群馬銀行に屈してさらに10年間の和解条項延長を認めさせられたのか確認しようと、6月10日付で情報開示請求をしたところ、2か月以上経過した8月14日(水)午前8時30分に開示されました。
クリックすると元のサイズで表示します
2019年8月14日(水)午前8時30分から2階第2相談室で情報開示が行われた安中市役所新館。

続きを読む
1

2019/8/8  23:27

平成の負の遺産「タゴ103年ローン」20年後の対応・・・開示請求後2か月経過の8月14日にやっと開示!  土地開発公社51億円横領事件

■安中市役所が毎月初めに市民に配布している「広報あんなか」の6月1日号 P9の下半分に「安中市土地開発公社不祥事件 和解20年後の対応について」という記事がシレっと掲載されていました。これにより、安中市はタゴ事件の尻拭いの群銀への103年ローンのうち、これからさらに10年間継続することになりました。
 しかし、妙なことに安中市は「この損害は公社が負担するので市民には損害がないから安心しろ」と強調するばかりで、肝心の元職員タゴからの取り立てについてはひとことも触れていません。
 そのため、どのような形で、群馬銀行に屈してさらに10年間の和解条項延長を認めさせられたのか確認しようと、6月10日付で情報開示請求をしたところ、6月17日付でなんと、目一杯2か月後の8月8日まで開示期間を延長するという仰天通知が届いたのです。
 それから2か月後、期限の直前の8月7日に安中市から情報開示の通知が届きました。開示日時は8月14日(水)午前8時30分です。
 はたして、どんな行政文書が開示されるのでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
8月7日に安中市から届いた開示通知の封筒。

続きを読む
8

2019/7/12  23:42

平成の負の遺産「タゴ103年ローン」20年後の対応情報開示で第3者意見照会に及び腰の安中市の問題先送り体質  土地開発公社51億円横領事件

■安中市役所が毎月初めに市民に配布している「広報あんなか」の6月1日号 P9の下半分に「安中市土地開発公社不祥事件 和解20年後の対応について」という記事がシレっと掲載されていました。これにより、安中市はタゴ事件の群銀への尻拭いをさらに10年間延長させられることになりました。しかし、妙なことに安中市は「この損害は公社が負担するので市民には損害がないから安心しろ」と強調するばかりで、肝心の元職員タゴからの取り立てについてはひとことも触れていません。そのため、どのような形で、群馬銀行に屈してさらに10年間の和解条項延長を認めさせられたのか確認しようと、6月10日付で情報開示請求をしたところ、6月17日付でなんと、目一杯2か月後の8月8日まで開示期間を延長するという仰天通知が届いたのです。
 延長理由について安中市は「請求に係る行政文書については、第三者に関する情報が記録されていることから、安中市情報公開条例第15条第1項の規定に基づき意見照会を行うため」と記しています。そこで、第三者の群馬銀行を先日訪問しました。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬銀行本店。Wikipediaより
【7月18日追記】
 安中市役所企画課によると、和解20年後の対応に係る当会の安中市長に対する情報開示請求に関連して、同課では7月17日(水)に課長と萩原担当の2名で、群馬銀行安中支店を訪問し、第三者意見照会書を提出し、7月29日(月)を期限として回答を要請したことを当会がさきほど直接担当者に電話で確認しました。タゴ事件に関して情報開示に及び腰の安中市ですが、当会が群銀側に既に打診していたことから、安中市がようやく重い腰を上げた格好です。
 一方、群銀のリスク統括部にも確認したところ、確かに安中市から意見照会が提出されたとのことです。そこで、「安中市が指定した期限の7月29日まで待たずに、できる限り速やかに回答し、安中市からの開示が1日でも早く実現するように協力願いたい」と申し入れたところ、関係部署にその旨指示いただけることになりました。


続きを読む
6

2019/6/20  21:50

平成の負の遺産「タゴ103年ローン」20年後の対応情報開示を目一杯先延ばしにした安中市の旧態依然体質  土地開発公社51億円横領事件

■安中市役所が毎月初めに市民に配布している「広報あんなか」の6月1日号 P9の下半分に「安中市土地開発公社不祥事件 和解20年後の対応について」という記事がシレっと掲載されていました。これにより、安中市はタゴ事件の群銀への尻拭いをさらに10年間延長させられることになりました。しかし、妙なことに安中市は「この損害は公社が負担するので市民には損害がないから安心しろ」と強調するばかりで、肝心の元職員タゴからの取り立てについてはひとことも触れていません。そのため、どのような形で、群馬銀行に屈してさらに10年間の和解条項延長を認めさせられたのか確認しようと、6月10日付で情報開示請求をしたところ、なんと、目一杯2か月後の8月8日まで開示期間を延長するという仰天通知が届いたのです。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市から届いた開示延長通知が同封された封筒。
続きを読む
9

2019/6/2  21:45

平成の負の遺産「タゴ103年ローン」16億5千万円を令和に引き継いだ安中市の無責任体制  土地開発公社51億円横領事件

■安中市役所が毎月初めに市民に配布している「広報あんなか」の6月1日号が隣保班を通じて届けられました。このP8〜9にかけて「安中市の財政 平成30年度下半期予算執行状況」として「一般会計」「特別会計」「市政の状況」「市有財産の状況」について、「安中市財政事情の作成及び公表に関する条例」に基づき、平成30年10月1日から平成31年3月31日までの間の安中市の財政事情が掲載されています。市民が仰天したのは、P9の下半分に「安中市土地開発公社不祥事件 和解20年後の対応について」という記事がシレっと掲載されていたことです。さっそく記事を見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
広報あんなか2019年(令和元年)6月1日号vol.159

続きを読む
0

2019/2/17  0:04

「スーフリ事件」主犯の出所後の告白とタゴ51億円横領事件の主犯の場合の比較衡量  土地開発公社51億円横領事件


■南米パラグアイ取材の帰路、2月15日(金)にフランクフルトで乗り換えた東京(羽田)行きのルフトハンザ航空LH4948便(ANAとのコードシェア便)の機内で読んだ週刊誌の記事をふと読むと、たいへん興味深い内容が書かれていました。それは、今から15年前に世間を震撼させた「スーフリ」事件の主犯が昨年出所したのを契機に、千葉刑務所での14年に亘る(実際には未決勾留期間1年半を除く12年半)体験を吐露しているからです。
 というのは、安中市土地開発公社を舞台にした51億円巨額横領事件の主犯とされた元職員タゴの場合も、刑期14年(実際には未決勾留期間200日を除く約13年5ヶ月。ただし、一説では仮釈放されたとの噂も)を千葉刑務所で過ごしていたからです。さっそく双方を比較してみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ