【サンパイまみれの群馬県】お盆休みに徘徊軍団が不法投棄現場を調査(その1)三峰山麓のコンクリ屑  全国のサンパイ業者が注目!

クリックすると元のサイズで表示します
初日に徘徊調査した沼田市の林道

■当会が誇る徘徊老人軍団のスラグ特別調査団(通称「リットン調査団」)がお盆恒例の県内サンパイ不法投棄現場調査を敢行しました。今年の調査は、初日が市民オンブズマン群馬・みなかみ町会員のご案内で県の北部を調査し、2日目は市民オンブズマン群馬副代表が調査に加わり、県の中西部を調査しました。

続きを読む
3

富岡市桑原地区の出前講座で地元が県に突き付けた産廃場設置許可の説明責任と県の無責任答弁!(質疑編)  全国のサンパイ業者が注目!

■七夕の日の2021年7月7日、筆者の地元岩野谷地区に隣接する富岡市桑原地区の桑原公会堂で午後7時から開始された群馬県による出前講座「産業廃棄物対策について」で、1時間にわたる説明が終わりました。いよいよ、地元住民から群馬県に対する質問と、県側の回答の時間を迎えることになりました。引き続き、住民と行政とのやりとりをご報告します。

クリックすると元のサイズで表示します
桑原公会堂の前にある諏訪大明神の鳥居

続きを読む
3

富岡市桑原地区の出前講座で地元が県に突き付けた産廃場設置許可の説明責任と県の無責任答弁!(講座編)  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市岩野谷地区の大谷にある灌漑用貯水池の直ぐそばの山林に、産業廃棄物(サンパイ)最終処分場の計画が持ち上がったのは、日刊スポーツゴルフ場開発の地上げが行われていた平成5年頃でした。

 最初、関東最大級の容量200万トンとささやかれた計画でしたが、その後頓挫したと思われたものの、今後は平成10年に群馬県が設置許可を出したサイボウ環境鰍フ一般廃棄物最終処分場の計画を推進していた連中が、あらたに環境資源という会社を設立し、上記のサンパイ場の計画を引き継ぎ、地元の大谷の関係住民に接近し、平成18年6月に事前協議申請を群馬県に提出しました。その後、平成19年4月にサイボウ環境の一般廃棄物最終処分場が完成すると、本格的に動き始めたのでした。

 そして事前協議開始から15年後、今年2月3日に群馬県はなんと千葉県市原市のサンパイ業者に処分場の設置許可を出したのでした。そのため、設置許可を知った地元の桑原地区の皆さんは、危機感を持ち、急遽、群馬県に、産業廃棄物処理に関する出前なんでも講座の開催を求め、ようやく7月7日に実現したのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

住民の意向を無視して県が出した安中市内の関東最大級サンバイ場設置許可処分に対し環境大臣に審査請求!  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市と高崎市と富岡市が境界を接する安中市岩野谷地区、高崎市吉井町上奥平地区、富岡市桑原地区には、廃棄物処理施設として中間施設や最終処分場が集中しています。これまでにも住民は、廃棄物処分施設の計画が持ち上がるたびに反対運動を展開していきましたが、業者と癒着した行政の前に、ほとんどの場合、敗れ去り、今日の「廃棄物銀座」と呼ばれる景観を呈する惨状となってしまいました。

 なかでも、平成18年から安中市岩野谷の大谷地区の一番奥に計画されている滑ツ境資源による関東屈指の大規模な産業廃棄物最終処分場計画は、地元の生活環境や営農環境保全の観点から、最後のとどめを刺されかねないため、地区住民は深刻な脅威として対処してきました。そうした中、突如として群馬県知事が今年2021年2月3日に潟Wョウソウに対して、この大規模サンパイ廃棄物最終処分場の設置許可を出してしまいました。

 その手続きの経過と内容を確認すべく当会では情報開示請求を群馬県と安中市に行いました。その結果、茂木英子・安中市長の地元に計画されているこのサンパイ場に対して、茂木市長は県議時代から反対の意向を示していたことから、群馬県知事の山本一太が、わざわざ2020年12月25日のクリスマスの朝、安中市長ら幹部と面談していたことが分かりました。

クリックすると元のサイズで表示します
安中市岩野谷地区の大谷(おおや)の県道わきにあるサンパイ場に反対する住民らが立てた看板。

続きを読む
1

住民意向を黙殺し安中市岩野谷地区の大規模サンバイ処分場設置許可を出した一太知事率いる環境行政の悪質度  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市と高崎市と富岡市が境界を接する安中市岩野谷地区、高崎市吉井町上奥平地区、富岡市桑原地区には、廃棄物処理施設として中間施設や最終処分場が集中しています。これまでにも住民は、廃棄物処分施設の計画が持ち上がるたびに反対運動を展開していきましたが、業者と癒着した行政の前に、ほとんどの場合、敗れ去り、今日の「廃棄物銀座」と呼ばれる景観を呈する惨状となってしまいました。

 なかでも、平成18年から安中市岩野谷の大谷地区の一番奥に計画されている滑ツ境資源による関東屈指の大規模な産業廃棄物最終処分場計画は、地元の生活環境や営農環境保全の観点から、最後のとどめを刺されかねないため、地区住民は深刻な脅威として対処してきました。その過程は、本件記事の末尾に記載してあります。

 そうした中、突如として群馬県知事が今年2021年2月3日に潟Wョウソウに対して、この大規模サンパイ廃棄物最終処分場の設置許可を出したと言う情報が地元に知らされました。

 仰天した地元住民のかたがたは、直ちに安中市や群馬県に事実関係を確認したところ、事実であることが判明したのです。
クリックすると元のサイズで表示します
県知事山本一太が「法治国家だから、書類が整っている限り設置許可を出さざるを得ない」として業者に交付した許可証。業者はこれを盾に、地元に「知事の御墨付きが出たので、反対しても無駄だ」と宣伝する魂胆とみられる。

続きを読む
1

市内ソーラー発電施設2件の造成で通報された不審物質を廃棄物と認定したがらない安中市  全国のサンパイ業者が注目!


■昨年12月25日のタゴ51億円事件にかかる群銀との和解20年目の和解に関する市民向け報告会に集った住民の方から報告のあった市内二カ所に投棄された得体のしれない土砂物質について、新年早々、現地調査を行った当会は、1月9日付けで安中市長に報告をしていました。その後、無しのつぶてのため、1月30日に環境政策課に電話をしたところ、「秘書課のほうでまとめており、もう少し時間がかかると思います。2月中旬ごろ回答があると見込まれます」というので、待っていたところ、2月16日に回答がありました。この経緯をご報告します。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市内の運転開始ソーラー施設出力累積。この5年間で5倍に増加!これには今年1月3日に運転を開始した安中ソーラー合同会社のメガソーラーの出力63.2MWは含まれていない模様。

続きを読む
0

6千人余の反対署名よりサンパイ業者の言い分を認めた前橋地裁の判決後1年半で安中市民の懸念が現実か?  全国のサンパイ業者が注目!

■先週、某テレビ局の報道部の担当者から当会に連絡がありました。連絡の内容は「リサイクル施設の諸問題について興味を持っており、安中市のリサイクル施設『共和化工』(東京)の参入について訴訟があり、その後の訴訟の結果、事業を行うことになったようですが、現在はどのような状態になっているのでしょうか」ということです。そこで、都市整備課のかたに現状を尋ねたところ次のことがわかりました。
クリックすると元のサイズで表示します
Google Mapで見た共和化工のサンパイ中間処理施設の計画予定地(中央から左上)は、松井田のサンケン工業の関係会社の豊洋ベントナイト鉱業の掘削跡地。掘削でできた大穴は得体の知れない残土で既に埋め立てたれ、その上に施設設置が計画されている。

続きを読む
0

安中市民6500名の署名を踏みにじり、安中市に引導を渡した前橋地裁が産廃業者に認めた権利とは一体何?  全国のサンパイ業者が注目!

■2016年9月30日から同11月18日にかけて地元報道紙面に掲載されたニュース記事は、安中市民を驚愕させました。
クリックすると元のサイズで表示します
2018年10月18日東京新聞群馬版記事。

続きを読む
1

環境資源サンパイ場計画許可目前でガン死の恐怖に晒される岩野谷住民が特別講座で知った驚愕の実態(2)  全国のサンパイ業者が注目!

■平成27年3月29日(日)午後、地元区長会主催により岩野谷公民館2階講義室において開かれた「廃棄物処分場に関する特別講座」は、大谷地区住民を主体に、岩井地区、野殿地区の住民らを含め総勢40名余りが参加して、現在、設置許可手続きの最終段階にある環境資源のサンパイ処分場の設置阻止に向けて、安中市や専門家の講座を通じて、さまざまな情報を共有しました。午後2時から始まった講座は、安中市職員による出前講座を終えて、専門家による特別講座に移りました。公務で出席が遅れていた茂木市長がようやく顔をだしたので、講座の途中でしたが、茂木市長から簡単な挨拶があり、その後、再び、貴重な情報共有の機会が続きました。
クリックすると元のサイズで表示します
公務のため遅れて参加し、到着早々挨拶をする茂木市長。

続きを読む
2

環境資源サンパイ場計画許可目前でガン死の恐怖に晒される岩野谷住民が特別講座で知った驚愕の実態(1)   全国のサンパイ業者が注目!

■岩野谷地区の大谷地区周辺には廃棄物関連施設が多数設置されて稼働しています。現在、これまで以上の大規模なサンパイ処分場計画が、業者と群馬県がグルになって、地元住民の意見を無視して強引に許可手続きが進められており、群馬県の設置許可が目前に迫っている状況にあります。こうした中、岩野谷地区区長会主催で、平成27年3月29日(日)午後2時から岩野谷公民館において、この地区および近隣に密集している廃棄物処分場の諸問題について、情報共有を図るべく、特別講座が開催されました。以下、その説明内容及び当会の感想などを報告します。
クリックすると元のサイズで表示します
開会に際して挨拶する茂木一義・副市長。住民からの切実な質問に対して歯切れの悪い回答を繰り返していたが、非常に気になるところだ。

続きを読む
0

官業癒着で粛々と進む岩野谷地区のサンパイ場設置計画の本申請に対して住民として意見書を提出  全国のサンパイ業者が注目!

■現在、群馬県のホームページに、安中市岩野谷地区で滑ツ境資源によるサンパイ場計画が進行中です。岩野谷地区の水源域に設置計画されているこのサンパイ最終処分場の計画場所の直下には、農業用のため池があります。そこが岩井川の起点となっていて、そこから流れ出た水は灌漑用水として地区内の水田を潤し、碓氷川に注ぎ、烏川を経て、利根川に流入します。通常であれば、このような場所にサンパイ処分場など計画すること自体ありえませんが、業者の役員として15年前まで群馬県の環境行政のトップだった人物がこの計画に加担しています。だから、官業癒着により、いくら住民が反対運動を展開しても、少しも手続きが停滞することはないのです。
当会のブログ参照→http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/835.html

続きを読む
2

これでいいのか群馬県環境行政…環境資源サンパイ場計画を後押しする環境森林部長と元上司の大物OB  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市岩野谷地区では「サンパイ銀座」と呼ばれるほど多くの廃棄物処分場が稼動中、計画中を含め林立しています。この現状に輪をかけるように、岩井川の主な水源地である新山貯水池の南隣りに大規模な管理型産業廃棄物最終処分揚が計画されています。既に群馬県による事前協議(予備審査)は終了し、現在、本申請の書類が提出されています。そのため、岩野谷区長会では、安中市の廃棄物処分揚の現状、そして大谷地区に予定されている産業廃棄物最終処分揚の設置計画に対する市のこれまでの対応等について、市の担当者から説明をしてもらい、併せて、地元住民の意見など、質疑応答の機会を設けるべく、安中市による出前講座を平成26年7月11日(金)午後7時から、地元の岩野谷公民館2階講義室で開催しました。約70名の住民らが参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
2

只今縦覧中の安中市岩野谷地区3番目の廃棄物処分場計画・・・意見書には必ずページ総数を記載しよう  全国のサンパイ業者が注目!

■現在、安中市岩野谷の大谷地区の灌漑用ため池のすぐ上流に関東でも指折りの大規模なサンパイ最終処分場の設置が計画されています。滑ツ境資源によるこの大規模サンパイ計画は岩野谷地区にとって、サイボウ環境鰍フ一般廃棄物処分場、東邦亜鉛活タ中製錬所校内のサンパイ場に続いて3つ目の廃棄物最終処分場に当たります。この他、大谷地区では廃棄物中間処理施設もあり、さらに計画中のゴミ処分場がいくつも水面下でうごめいています。
クリックすると元のサイズで表示します
環境資源の大規模サンパイ場のイメージ図。浸出水は隣接する灌漑用ため池(右上に見える)に注ぎ込まれる。

続きを読む
1

これでいいのか群馬県環境行政・・・市長選前は時間の問題だけだった環境資源のサンパイ場計画の今後(2)  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市岩野谷地区の大谷の一番上流の高崎市との境界に滑ツ境資源が計画している関東でも屈指の大規模サンパイ場設置計画は、地元住民の反対の声に耳を貸すことなく、また、隣接の高崎市にさえも計画の情報を伝えないまま、事業者の環境資源と、地元自治体の安中市長、そしてサンパイ場の許認可権を持つ群馬県環境森林部廃棄物リサイクル課の3者で、どんどん本申請の手続きを進めています。

続きを読む
1

これでいいのか群馬県環境行政・・・市長選前は時間の問題だけだった環境資源のサンパイ場計画の今後(1)  全国のサンパイ業者が注目!

■安中市長選の結果、風向きが急変した事案といえば、やはり、安中市岩野谷地区の大谷の一番上流の水源地で計画されている環境資源による関東でも屈指の大規模なサンパイ場計画でしょう。これまでは、事業者、群馬県、安中市の3者が結託して、地元の岩野谷住民の建設反対をものともせずに、強引に進めてきたわけですが、3選を目指して出馬し、当選した暁には、めでたくサンパイ場の完成を見られたかもしれない岡田市長が、よもや落選の憂き目にあうとは、本人はもとより、事業者の環境資源、そして、環境資源にOBが天下った群馬県廃棄物リサイクル課も、夢想だにしていなかったからです。
クリックすると元のサイズで表示します
安中市議会だよりに比べると遥かに先進的な高崎市の議会だより。おかげで、安中市岩野谷の大谷地区のサンパイ場建設で発生する膨大な掘削残土が隣接する高崎市吉井町上奥平地区に持ち込まれるという計画が判明した。↑

続きを読む
2




AutoPage最新お知らせ