2012/11/9  21:58

市有地1.8haを平米当り65円という破格の安値でビックカメラのメガソーラーに貸した岡田市長の深謀遠慮  困ったちゃん岡田前市政

■安中市では、日本でも有数な日照時間に恵まれていることから、再生可能エネルギーとして今年の7月1日以降、1キロワットあたり42円という世界でも突出した価格レベルでの買取りが法律で義務付けられたことも有り、現在、急速に普及が進もうとしているメガソーラー計画の2つ目の計画が浮上しました。以前、下秋間カントリーの臨時駐車場跡地を利用したNTTファシリティーズのメガソーラー計画が発表されてマスコミを賑わせましたが、その後、尻すぼみの格好になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
ビックカメラのメガソーラー予定地。

続きを読む
1

2012/11/5  0:51

今年に入り意見書等を乱発する岡田義弘安中市長に必要な衷心からの情報開示と説明責任  困ったちゃん岡田前市政

■安中市長として2期目もすでに折り返し地点を過ぎて、あと1年半の任期全うに向け、公務に勤しむ岡田市長ですが、先日、またもや意見書を関係行政庁や政党党首らに提出しました。今回は「後期高齢者医療制度の名称変更について」です。安中市のHP「市長の部屋」にも掲載されています。
http://www.city.annaka.gunma.jp/aisatsu/koukiiken.pdf

続きを読む
1

2012/10/19  13:28

今年2月に開かれた地区別懇談会の住民意見に対する7ヵ月後の回答が象徴する岡田市政のスピード感(5)  困ったちゃん岡田前市政


■最後に、西横野地区、九十九地区、細野地区の様子です。

続きを読む
0

2012/10/19  12:54

今年2月に開かれた地区別懇談会の住民意見に対する7ヵ月後の回答が象徴する岡田市政のスピード感(4)  困ったちゃん岡田前市政


■引き続いて、松井田地区、臼井地区、坂本地区での様子を見てみましょう。

続きを読む
0

2012/10/19  12:47

今年2月に開かれた地区別懇談会の住民意見に対する7ヵ月後の回答が象徴する岡田市政のスピード感(3)  困ったちゃん岡田前市政

■続いて、東横野地区、板鼻地区、秋間地区、後閑地区の模様を見てみましょう。

続きを読む
0

2012/10/19  12:24

今年2月に開かれた地区別懇談会の住民意見に対する7ヵ月後の回答が象徴する岡田市政のスピード感(2)  困ったちゃん岡田前市政

■既報のとおり、安中市の岡田市長が7ヶ月前の今年2月に市内各地区で開催した平成23年度地区別懇談会の質疑応答の際の住民の意見に対する9月18日付の回答が、同20日の消印で参加した市民に宅配されてきました。2年前から宅配で通知されるようになりましたが、その時は10月26日付で通知されたので、この2年間で1ヶ月余り短縮されたことになります。

続きを読む
0

2012/10/18  22:42

今年2月に開かれた地区別懇談会の住民意見に対する7ヵ月後の回答が象徴する岡田市政のスピード感(1)  困ったちゃん岡田前市政

■先月9月20日付で、当会事務局の郵便受けに、関東新聞販売株式会社のメール便が入っていました。開封して中にあった書類をみると、7ヶ月まえに地元岩野谷公民館で開催された地区別懇談会での質疑応答について、市役所から回答が来たことがわかりました。最近、ようやく回答内容をチェックする時間ができたので、ご報告します。当会のコメントも合わせてご覧ください。なお、安中市のホームページにも掲載されています。
http://www.city.annaka.gunma.jp/gyousei/soumu/tikukon/tikukon-result23.pdf
続きを読む
0

2012/10/16  0:55

道普請のたびに思う、安中市の道路行政のお粗末さと地元住民の苦労の度合  困ったちゃん岡田前市政

■春と秋の恒例の道普請が10月14日(日)朝8時から行なわれました。安中市岩野谷地区第4区の北野殿でも、村人が総出で道路清掃に汗を流しました。
クリックすると元のサイズで表示します
清掃分担地図。
続きを読む
0

2012/9/4  22:39

花火大会のチラシにある安中市・安中市部課長会・安中市議会の協賛広告についての意見  困ったちゃん岡田前市政

■毎年8月中旬のお盆シーズンに行われる磯部温泉祭りのメインイベントである大花火大会の案内のチラシが、「磯部温泉祭り実行委員会」の名前で、事前に新聞折込みされ、市内全戸に配布されます。今年も8月12日(日)に大花火大会の開催案内チラシが配られました。このチラシに協賛広告社名として「安中市」「安中市部課長会」「安中市議会」という名前が記載されておりました。その件について、市民から、「安中市は協賛となっているが、民間会社でもないのになぜ広告を出す必要があるのか」「公費から補助金の形でいくら支出しているのか」「安中市部長会というのは、どんな団体で、市とどのような関係があり、何を目的として、参加しているのか」「市議会も協賛広告を出していることになっているが、政治活動との関係は問題ないのかどうか」などのコメントが当会に寄せられた為、背景を調べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2012/9/3  23:25

1400万円かけた修理直後の虎の子EF63の脱輪事故で信頼回復が急務の碓氷峠鉄道文化むら(その3)  困ったちゃん岡田前市政

■安中市民は、17年前に起きた安中市土地開発公社を舞台にした巨額詐欺横領事件の再発防止に最善の注意を払わなければなりません。当時の元職員と一緒に公社の理事・監事を歴任した岡田義弘氏が、現在安中市長として、権勢をふるっている現状では、なおさら市民は市政に敏感になる必要が有ります。今回の、鉄道文化むらで起きたEF63形24号機の脱線事故を契機に浮かび上がった碓氷峠交流記念財団の内部統制に関する疑念や懸念について明らかにし、再度、警鐘を鳴らしておきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
来春運行開始予定のトロッコ列車を牽く新ディーゼル機関車のデザイン画。市内後閑地区在住市民の案が採用された。

続きを読む
3

2012/9/2  21:23

1400万円かけた修理直後の虎の子EF63の脱輪事故で信頼回復が急務の碓氷峠鉄道文化むら(その2)  困ったちゃん岡田前市政

■碓氷峠鉄道文化むらを運営している碓氷峠交流記念財団(〒379-0301群馬県安中市松井田町横川407-16 TEL 027-380-4163 FAX 027-380-4111)は財団法人として、平成11年(1999年)3月4日に、松井田町が2億円の基本金を出資して設立されました。現在の代表者は上原有一氏で、旧松井田町の幹部職員だったOBです。

続きを読む
0

2012/9/1  23:22

1400万円かけた修理直後の虎の子EF63の脱輪事故で信頼回復が急務の碓氷峠鉄道文化むら(その1)  困ったちゃん岡田前市政

■平成24年7月24日に、碓氷峠鉄道文化むらでトロッコ列車と同一線路を使用しているEF63形電気機関車の運転体験車両が故障し、線路上で立ち往生したことが、同施設のHPで報告されました。この関係で、7月31日までにレール復旧工事が突貫工事で行われ、トロッコ列車は8月1日から運行再開となりました。夏休み中のかきいれ時に起きたこの脱輪事故と、同施設の運営を安中市が委託している碓氷峠交流記念財団について、調べてみました。

 始めに7月24日に発生したEF63形電気機関車の脱輪事故について報告します。
続きを読む
2

2012/7/22  23:46

回覧板で会費協力をお願いする安中市社会福祉協議会の体質と安中市からの影響行使力  困ったちゃん岡田前市政

■7月3日に隣保班で回覧されてきた安中市社会福祉協議会(通称「社協」)からのチラシを見て、おやっと思った人がいます。冒頭に「社協の会員は、そこに住む地域住民です」という見出しが記載してあるためです。本文にも「社協の会員は、そこに住む地域住民の皆さまで、県内の市町村社協すべてが住民会員制度をとっており、会費をいただいております」と記してあります。しかし、この根拠は書いてありません。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
1

2012/7/6  21:18

半期に一度発行の岡田市長「後援会報」7月1日号に見る面談相手と行動パターンの分析  困ったちゃん岡田前市政

■選挙公約の情報公開、説明責任を果たすという目的なのでしょうが、半期に一度、新聞折込みされる岡田市長の後援会報が、今月も7月1日の日曜日の朝、市内全戸に届けられました。

 相変わらず、合併から6年経過しているのに「新生安中」だとか、「庶民改革」「完全から完璧」「初級をしっかり捕らえる」「行政のスピード感」「極限までのキャンドル精神」「敏感な体力的議論」「正統性のある姿勢」など意味不明のスローガンや「善政競争」「愛郷無限」などの借り物のスローガンをならべて、「絶対ウソのない」市政を強調しています。

それでは、今回も岡田市長の興味深い「絶対ウソのない」半年間の行動を検証してみましょう。

続きを読む
0

2012/3/28  22:15

議員年金を巡り提訴を取下げた市議会議員共済会に対して反撃に心弾ませる岡田市長の訴訟継続の本気度は?  困ったちゃん岡田前市政

■安中市の岡田市長が地方議員年金制度の廃止に伴って増えた公費負担の支払いを拒否している問題で、市議会議員共済会(事務局・東京)は先月2月21日に、安中市を相手取り、2011年6月1日施行の改正地方公務員等共済組合法に違反するとして、平成23年(2011年)度の負担金約1億円の支払いを求めて東京地裁に提訴していましたが、市議会議員共済会が、3月27日に東京地裁に取下書を提出したと報じられました。
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ