2006/1/7

春の七草  本日のできごと

= 解 説 =

「七草粥」を食べる風習は、奈良時代から宮中であった
そうだ。また江戸時代には、五節句の一つとして、
「人日(じんじつ)の節句」として、祝われた。

正月6日夜を「六日年越し」と呼び、7日で正月行事が
全て終わる。これを「七日正月」という。
そのお祝いとして、七草を入れた粥を食べると健康に
良いとされたことから、七草粥を食べるようになったと
いう。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ