青木 裕子  レジェンド

 「青木 裕子」
 
 今回登場は「青木 裕子」さん。
 
 ある意味伝説の存在となっている彼女ですが、みなさんご存知ですか?
 
 個人的に「山田 まりや」から始まったと思っている「巨乳アイドル戦国時代」
 「松田 純」「安西 ひろこ」「吉田 里深」「嘉門 洋子」等実力派武将(?)に混じり、孤軍奮闘したのがこの「青木 裕子」であった!
 
 彼女の武器は、当時最強を誇ったメガトンバスト(93cm)そのおっぱいは、見る者を釘付けにするに十分過ぎる大きさと形、そして重量感であった。
 
 ルックスが田舎臭く、垢抜けなかったが、そのおっぱいだけで頑張る彼女を応援したものです。
 
 ところが!突然グラビア界から姿を消し、音楽活動を開始。これには「何故?!」と言うしかなかった。
 彼女はデビュー当初から「おっぱいだけで終わりたくない」みたいな発言をしていたが、まさかその答えが「歌手」だったとは・・・
 
 ハッキリ言って歌手活動は成功しているとは言えない。というか、まだ活動してるのだろうか?そして、彼女のおっぱいは、当時そのままで分過ぎる程通用していた。
 と考えるに、歌手活動は真に遺憾であり、ファンの夢を裏切った形になったのではなかろうか?
 
 といって彼女を責める気はない。
 彼女なりに十分考えた事だと思うし、それで自己が表現出来る、と考えたのならば努力すれば良いだけの事だ。
 
 しかし!彼女の「グラビア」のファンとしては、納得のいかない結末だったと、声を大にして言っておきたい!
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★☆☆☆ 繰り返すが、ルックス的には垢抜けていない。笑い皺が、おばさんぽく見えた。
 巨乳度  ★★★★☆ 今見ても、惚れ惚れする「おっぱい」でも、復活はしなくて結構!(結局憤っているわけだな・・・)
 H度   ★★☆☆☆ エロス少なし。結構キワドイ水着とか付けてた事もあったんだけどね。

 VISUAL QUEEN OF THE YEAR’96 TRIP 青木裕子 青木裕子 引退記念写真集


 アイドル黄金伝説 山田まりや 松田純 JuiceFinal Beauty「吉田里深」

 Final Beauty「安西ひろこ」 月刊嘉門洋子    SHINCHO MOOK

 ブログパーツ






0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ