三宮 位知子  レジェンド

 「三宮 位知子」

 今回登場は、私の巨乳魂に一石を投じた女の娘「三宮 位知子」さんです!ちなみに読みは「さんのみや いちこ」

 彼女をはじめて見たのは、ミリオン出版の「URECCO」という雑誌。いわゆるエロ本の中のアイドルコーナーで紹介されていたのが最初だ。
 その中の、水着ではなく、ジーンズにTシャツ(半袖)姿が凄く印象的だった。93cmのおっぱいで、Tシャツがパツンパツン状態。下からのアオリ撮影で、嫌がおうにもおっぱいに眼が行ったものだ。

 その後、すぐに同誌のカバーを飾った事から、その人気は確かな物だっただろう。

 元々女性誌のモデルだったらしく、スタイルはグンバツ!脚が長いですね。ルックスは、丸顔で眼が大きいのが特徴。ちょっと昭和な、古風な顔立ちです。

 しかし、やはり彼女の魅力はそのバスト!寄せるとスゴイのは勿論だが、自然にゆったりと垂れる様が、何とも言えぬ安らぎを感じさせてくれます。

 以前、私の巨乳好きに影響を与えたのは「かとう れいこ」だ。と記したが、この95年以降数年の巨乳ブームに便乗する切っ掛けを創ったのは、正にこの「三宮 位知子」さんなのだ! 

 95年後半のデビューから、97年位まで見かけたが、その後殆ど見かけず・・・今、何してらっしゃるんでしょう?情報求む!

 竜騎士評価(各5点満点)

 美少女度 ★★★☆☆ 大人な印象強し。セクシー系のルックスです。
 巨乳度  ★★★★☆ 水着より、着衣の方がグラマラスに見えました。
 H度   ★★☆☆☆ 意外にもエロス無し。この頃はまだ過激路線はなかった。

 ↓画像はありませんが、各種写真集発売中!
 
 Ichiko―三宮位知子写真集
 
 ICHICO SAN’NOMIYA―三宮位知子写真集 

 日傘とパラソル―三宮位知子写真集

 ブログパーツ

0

K−CUPボンバー!  お勧め作品!

 今回は、以前紹介した「岡田 真由香」さんのDVD「HAMY FLASH」をレビュー。

 ご存知110cmモンスターバストを持つ真由香さん。この作品では、その魅力が余す所無く堪能出来る仕上がりとなっています。

 中でも、パッケージで身に付けている、極小ストリングス水着を着用して、ゴムでグルグル縛られるシーンは、圧巻!

 タダでさえ極小水着で圧迫され、グニャグニャと変形している、110cmバストが更に縛られ、ボンレス状に飛び出す様は、おっぱい星人には、辛抱堪らんッ!と感性を刺激する事間違いなし!
 
 この水着姿で前屈みになった時の、おっぱいの様は必見!スゴイことになってます!
 

 その他、ロデオマシーンに乗りながらのアイス舐め等、想像力を刺激するシーンがテンコ盛り!
 
 これは、おっぱい星人必見の家宝モノDVDです!お勧め!
 
クリックすると元のサイズで表示します

 ↑この乳を、とくと見よ!
0


 「キャロル」

 さて、今回登場は、名前から何となく想像できるように、ゲームキャラでございます。
 
 この「キャロル」は今は無き「SNK」が開発した「風雲黙示録」という格闘ゲームに登場するプレイヤーキャラ。

 先ず、このゲームは2ライン(手前と奥)ある、SNK得意のシステムを採用。更に全員が何らかの武器を持って戦うのも特徴。ゲームとしては、この2ライン製が苦手で、最後まで行った事が無かったんですけど・・・

 ハッキリ言って、それ程ヒットした作品とは言えないだろう。当時は同じSNKの「ザ・キング・オブ・ファイターズ」(シリーズ)が爆発的人気を得ていたからだ。
 同じ格闘ゲームだが、地味な分損をした作品と言えるだろう。

 さて、格闘ゲーム全盛期、キャラから入るミーハーゲーマーが増えた(私もどちらかと言えばそうなのだが・・・)そんな人が使うのは、女性キャラが圧倒的に多かった。
 で、このゲームではこの「キャロル」というわけ。

 他のキャラが濃すぎるせいもあり、自分としてはこのキャラクターを選ぶしかなかった。と言っても、それ程やりこんだわけではない。
 元々格闘ゲームはそれ程得意ではないし、当時はゲーセンから離れていたので、ゲーム自体プレイしていなかったのだ。

 それでも、このキャロルは印象に残るキャラだった。当時感じたのは、デモ(勝利時)より、ゲーム内の方がカワイく見えた事だ。
 これは、結構意外な事で、大方のゲーム(格闘に限らず)は、デモ画面に力を入れていたからだ。

 で、何処が気になったか?それは、大方の例に漏れず、露出がある。新体操のボールが武器な為か、動きがそれっぽいし、コスチュームもミニスカだ。
 強いか弱いかはともかく、これだけでプレイしていました。

 現在稼動しているとは思えないが、見かけたら一発プレイしてみては?

 ちなみに続編があり、その名も「風雲タッグバトル」
 文字通りタッグマッチで戦うのだが、残念ながらキャロルは居ないので、無視します。

 竜騎士評価(各5点満点)

 美少女度 ★★★★☆ ルックスと言うよりゲーム内の動きに対しての評価。
 巨乳度  ★★★☆☆ 詳しいサイズは不明だが、デカイ!揺れます。
 H度   ★★☆☆☆ 狙ったキャラではあるが、それ程でもない。他のキャラが濃過ぎる!

 ↓NEO・GEOを持っていればプレイ出来る!↓

 風雲黙示録 ~格闘創世~ NG 【NEOGEO】


ブログパーツ
0

取池 奈々  セクシー

 「取池 奈々」
 
 今回登場は、正統派「着エロ娘」(?)「取池 奈々」さん。
 
 さて、着エロに、正統もクソもあるのか?という事になるが、ただ、露出の激しい格好で、股を開いていれば着エロか?そうではないと、私は思う。
 では、私が思う正統派着エロとは?
 
 そもそも「着エロ」なる言葉を定着させたのは、「インリン・オブ・ジョイトイ」だと、私は思っている。この事を前提に話を進めると、彼女の持っている「雰囲気」こそ正統派と呼べる着エロなのではなかろうか?
 ものすごく抽象的ではあるが、平たく言えば「インリン」っぽい女性という事か?(話がややこしくなるが、顔が似ているという事ではない)
 
 では、インリンのグラビアや、映像を真似たものが「正統派」という事か?となるが、私の中では「Yes」だ。それ程、インリンがグラビア界に残した影響は大きい、と感じるのだ。
 
 そこでこの娘だが、取り敢えずルックスが「ビッチ」っぽい。これは勿論良い意味で、である。眼つきがそんな感じだ。それと身体の肉付きが、エロい!正に着エロを見せる為の身体。ただ単にエロい身体つき、ではないのだが、上手く説明出来ないのが残念だ。敢えて言えば「M字開脚が似合う身体」だろうか?
 
 とにかく、一回見て頂ければ、私の思っている事が理解してもらえると思います。売れそうな勢いが無いのが残念というか、妥当というか・・・メディアへの露出は多くないと思われるので、DVDやら写真集は、素早くチェックして欲しいです。
 
 ちなみに、DVDでの半ケツシーンは、少しやり過ぎである。着エロ路線とは少し違う気がするが?
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★☆☆ 個人的には好きなルックス。何処か陰のある雰囲気があります。
 巨乳度  ★☆☆☆☆ B・82cm。ちょ〜と無さ過ぎか?その分エロいが?
 H度   ★★★★☆ これはエロい!パッと見エロい!ただ、そこで終わっている所が悲しい。インリンの様に「メッセージ性」が欲しい!
 
クリックすると元のサイズで表示します

 ↑この開脚は、本家に迫る勢いだ!
クリックすると元のサイズで表示します
↑雰囲気似てるでしょ?
 

取池奈々DVD H商事


ブログパーツ

0

浅尾 美和  エトセトラ

 「浅尾 美和」
 
 美しきアスリート光臨。そんな言葉が似合いそうなのが、今回登場の「浅尾 美和」さん。ビーチバレーの選手ですね。
 
 ビーチバレー=水着。こんなに観客的に嬉しいスポーツがあるだろうか?似たようなスポーツとして、女子プロレスがあるが、彼女達に比べ、この選手は、見栄えがしますね。
 
 女子プロの選手は(最近は違ってきているのだろうが)コスチュームに身を包んでいる時は見栄えがするが、普段はそうでも・・・という娘が多い気がします。まぁ、格闘技ですのでそういうイメージがあるのかも知れませんが・・・
 
 一方「ビーチバレー」は、(実際はともかく)格闘技のような殺伐感が無いので、普段着でも可愛い娘は、普通に可愛く見えるのだろう。
 
 さて、この浅尾選手は、全体的に南国のイメージ。その競技柄、健康的に日焼けし、シェイプされた身体は、ある意味下手なアイドルより「カリスマ性」が出ています。
 実際、競技用ではない水着で、天真爛漫な笑顔を向けられると、知らない人は「新人アイドルか〜」と普通に納得してしまうだろう。
 
 スポーツ美女は、ある層にウケる要素だが、これは、スポーツする娘に美人は居ない、という偏見が根底にあるはずだ。
 女子スポーツの盛り上がりと共に、脚光を浴びるようになって来た彼女達だが、注目されすぎて本職に影響が出てくる事は、個人は勿論、ファンとしても、頂けない筈。
 いくら注目されても、選手である以上「結果」を出さなければ、すぐに見放されてしまうのだ。
 
 この浅尾選手のプレイは、見た事が無いが、ビーチバレーはこれからがシーズンだと思うので、活躍次第では眼にする機会もあるだろう。
 
 何にせよ、こうした選手が競技自体に人の眼を向けさせる効果は無視できない。競技の事も考えて、これからも露出して欲しい選手だ。
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★★☆ デビュー当時の「安西 ひろこ」っぽい雰囲気あり。日焼けに白い歯が堪りません。
 巨乳度  ★★☆☆☆ B・83cm。シェイプされた身体に乳は邪魔か?
 H度   ★★☆☆☆ 健康的お色気のみ!そこにエロスを感じる人も居るか?

 浅尾美和ファーストDVD「asao miwa」

 ↓雰囲気似てますよ!
Final Beauty「安西ひろこ」



ブログパーツ

1

本田 美々子  レジェンド

 「本田 美々子」 

 今回登場は、思い出のデジタルビューティーとして「本田 美々子」を紹介。

 彼女は、美少女ゲームメーカーの雄「エルフ」が開発した「DE・JA」という作品に登場するヒロイン。
 
 作中は「がちゃこ」(いつも傍で”がちゃがちゃ”うるさいから)の愛称(?)で呼ばれています。以下、このコラムでもがちゃこに統一)

 今回は、キャラのルックス云々よりも、この「DE・JA」というゲーム、及び「エルフ」というメーカーについて述べる事になる。

 そもそも、私が初体験した美少女ゲーム(当時はこう呼ばれていた)は「エルフ」開発の「ドラゴンナイト」であった(これが、私のPNの由来です)
 これは、「ウィザードリー」タイプの3DダンジョンRPGで、ゲームとしても大変面白く遊べた作品だ。

 「エルフ」は当時から「遊べる」美少女ゲームを造り続けている。この「遊べる」という所に私は感動を覚えたものだ。
 現在主流の、アドヴェンチャーとは名ばかりのノベルモノとは違うわけです(まぁ、時代の違いと言えばそれまでなのかもしれないが・・・)

 さて、「DE・JA」は、コマンド選択式(当時主流)のアドヴェンチャーゲーム。主人公の考古学者となり、不思議な杖の謎を解く物語である。
 美少女ゲームだが、Hシーンは後半まで殆ど無く、普通に物語を追う事が楽しいゲームだ。
 誤解を恐れず言えば、Hは「おまけ」のような物で、H無しでも十分面白い作品と言える。

 そんなゲームに感動したのは、ストーリーに花を添えるヒロイン「がちゃこ」の存在が大きかったわけだ。
 アドヴェンチャーゲームなので、キャラクターを深く描いているので、ヒロインである「がちゃこ」に眼が行くのは当然の事だろう。

 初めて惚れた美少女ゲームキャラであった。
 故に、今回「レジェンド」として、紹介した次第である。

 尚、現在「DE・JA」は、リマスターされ「DE・JAマルチパック」としてI・Uセットで楽しめます。操作性等、時代に合わされており、気軽に楽しめます。
 
 でも、個人的には昔の「アナログ」っぽいグラフィックの方が好きですね。

 竜騎士評価(各5点満点)

 美少女度 ★★★★★ 思い出と共に満点!
 巨乳度  ★★★☆☆ B・84cm。当時は巨乳ブームではなかった?
 H度   ★★★★☆ エロゲーとは違い、意外に純愛路線の関係だった。

 DE・JA マルチパック ウィザードリィ・コレクション
↑「DE・JA マルチパック」は、18歳未満の方は購入・プレイ出来ません!


ブログパーツ

  

 

 
0

ぷるぷるおっぱい  追加情報

 現在発売中の「週刊プレイボーイ」「滝沢 乃南」ちゃんが、センターグラビアに登場。

 久し振りに観る彼女は、良い意味で大人になった印象。
 基本的な身体つきは変わっていないようだが、この色気は何だろうか?

 その、大きくハの字にひらくおっぱいに眼が釘付け。少し横になっただけで、衣装からはみ出さんばかりに、これでもかっ!と、存在感を見せ付けています。

 軟乳の様に見えるが、正面から見ると、キッチリ張りがある。ゆったり広がるおっぱいに、またしても「母性」を感じずに居られない!

 私は、基本的に「スレンダー」「モデル」系の「クール」な女性が好きだが、男であるゆえ、こうした「母性」に惹かれてしまうのもまた事実。

 改めて、貴重なタレントさんであると認識。 

 滝沢乃南 あなたと… 滝沢乃南 白桃郷 滝沢乃南 MADE in AKIBA

0

2006年12月の美女  月刊MVP

 2006年12月の美女
 
 さて、年は明けたが、ここでは去年最後の月を振り返るぞ!過ぎ去りし2006年最後のランキングの結果は、意外な結果に!?
 
 では、早速発表とイキましょう!
 
 3位 「波美 アンナ」 出ましたぁっ!100cm、Hカップボンバーッ!!!この巨乳と、お姉さん系のクールな顔立ちに敵は無し!息の長い人気で個人的に嬉しい限りである。
 
 2位 「エルフェリス 京極」NEW! おおっとぉ!ここで意外な伏兵、3DCG美女「エルフェリス 京極」の登場だぁ!パツキンミニスカでお嬢様!この3連続コンボで野郎はK.Oだ!
 真面目な話、このランクインは、誰も予想できなかったでしょう。私が一番驚いています。しかし、沙夜香先生同様、彼女も自身の魅力ではなく、ゲーム(エロゲー)の魅力で見られているふしがあるので、正確なランキングとは言えないかもしれない。
 でも、アピールし続けてきた甲斐があったと思えるランクインだ。
 
 1位 「市ノ瀬 沙夜香」 もう、何も言うまい・・・無敵の絶対王者「沙夜香」先生が、2006年ベスト美女と断言!もうそろそろ殿堂入りとして、隠居してしまっても良いのかもしれないが・・・
 ただ、ゲームとして売れたかは疑問だ。エロゲーの大半を占める「ノベルゲーム」(というか、選択肢がたま〜にあるだけでゲームなのか?)は、キャラクターに魅力が無ければ、即効で忘れられていく。
 まぁ、「CLEAVAGE」は、「聖少女」氏の原画という事で、消えていくゲームではないと思うが、それでもゲーム的に魅力的だったか?というと疑問だ。
 アニメや小説の様に、2人のキャラクターがリンクする、外伝的お話を追加するとか無いのだろうか?色々展開されているだけに勿体無い作品だ。
 
 今回は美少女ゲームから2人がランクイン、という意外な(?)展開になった。エルフェリスは、キャラとしても勿論だが、出演しているゲームも魅力的です!本家HPで攻略っぽい事もしているので、是非遊んで欲しいゲームだ(当然18歳以上の健全な方


クリックすると元のサイズで表示します
↑今年もこの巨乳パワーで突き進め!


クリックすると元のサイズで表示します

↑究極3D脱衣対戦格闘!面白いよ!


クリックすると元のサイズで表示します
↑今年も沙夜香先生フィーバーは止まらない?
*「バトルレイパーU」及び「CLEAVAGE」は18歳未満の方は購入・プレイ出来ません!


ブログパーツ
0




AutoPage最新お知らせ