深野 晴美  レジェンド

今回登場は「深野 晴美」さんです。

Legend Gold おっビック・トップ 深野晴美 [DVD]

80年代後半の巨乳グラビアアイドル(恐らくこの頃はまだグラビアアイドルという言葉は無かった)。ある雑誌(記憶が定かではないが恐らくスコラ)のグラビアで彼女を観た時の衝撃が忘れられない。手元のDVDのプロフィールではB86cm、とあるが、もっとありそうな感じ。

まだまだ青臭いガキだった身としては、彼女の豊満過ぎる身体は眼の毒・・・ではなくスケベ心に火を付けてくれました。もしかすると、彼女が巨乳好きへの道を開いてくれた、のかもしれません。

当時彼女(に限らず)のビデオを買う事が出来ず、グラビアだけで悶々としていましたが、現在DVD(DL含む)で動く彼女を観ていると、感慨深いものがあります。
DVDの造りとしては基本通りなのだが、時代を考えると結構キワどいショットもあり良い時代だった、と感じずにはいられません。まぁ、グラビアでもトップレスの手ブラ等やっていたので新鮮な驚きは無いんですが・・・
ただ、ノーブラで走っていると大きなTシャツから危なく中身が飛び出してきそうな程揺れるおっぱいは、やはり強烈!

垂れ気味のおっぱいは残念だが、デカい事は良い事だ!

竜騎士採点(5点満点)当時の評価
美少女度 ★★☆☆☆ 良くも悪くも古風なルックス。
巨乳度  ★★★★☆ 垂れているがインパクトはスゴイ(思い出込み)
H度   ★★★★☆ パフォーマンスは基本的にエロいが、お色気という感じで爽やかさがある。



ブログパーツ
0

小宮 理英  レジェンド

 今回紹介は「小宮 理英」さんです!

 かつてTBSの深夜情報番組「ワンダフル」にて第3期ワンダフルガールズ(ワンギャル)として活躍されていたタレントさんです。
 
 ワンダフルは、当時多く放送されていたグラビアアイドルが沢山出演する深夜枠の番組。深夜枠だがエロス要素はそれ程なく、結構健全な番組だったと記憶している。私は丁度この小宮さんが出演していた第3期途中から番組を観始めた。当然ワンギャル目当てで観ていたのだが、こういった情報プラスギャルトークの番組は始めて観たので、大層面白く感じた。

 さて、小宮さんは当時のワンギャルの中ではそれ程気になる存在では無かった。個人的に3期生の中の一押しは「綺本りか」さんだったのだ。
 ワンギャルという括りではあったが、3期まではそれぞれがソロ活動をしている娘の寄せ集めだったし(4期はワンギャルとしてCDデビューしている)、何人かは当時のグラビアアイドルの常として写真集をだしていた(当然小宮さんも出していた)が、上記の理由でその他の中の一人だった。

 そんな彼女に今注目したのは、スポーツバラエティ番組「KUNOICHI」の映像を観たからである(この番組自体かなり前のモノだが・・・)。その見事なアスリートとしての肉体に惚れましたねぇ。そして、グラビアアイドルのその後としても、ちゃんと活躍しているという事を嬉しく感じました。

 現在は、芸能界を引退されている様ですが、彼女の美しさを再認識出来た事は嬉しいし、今後の人生も幸せに過ごして頂きたい。

 …if 小宮理英 [DVD]

 


 ブログパーツ
1

南野 陽子  レジェンド

 今回登場は、「南野 陽子」さん。

 「おまんら、許さんぜよ!」の二代目スケバン刑事の印象が強いですね。ってか、現在スケバン刑事を観直しているのでハマった、というのが正直な所。

 世代的にはリアルタイム世代なのだが、当時はスケバン刑事は勿論、アイドルにも全く興味が無かったので完全スルーしていましたが、ある書籍を切っ掛けにスケバン刑事を観出した所、二代目スケバン刑事「五代 陽子」こと南野陽子さんのかわいさにKOされた次第。

 パロディとしてのスケバン刑事は知っていましたが、実際のドラマもかなりはっちゃけてます。おかし過ぎてこれ自体何かのパロディにしか見えない。恐らく当時リアルタイムで観たとしてもストーリーはどうでも良く、ただ単にアイドル南野陽子だけ見ていたに違いない、という内容。アイドルの大根演技を楽しむアイドルドラマとしては秀逸でしょう。

 スケバン刑事の話ばかりなのでお分かりだと思うが、南野さん自体確かにカワイイのだが、どう考えても役の「二代目 麻宮サキ」に惚れています。

 それにしても、何故当時彼女の魅力に気が付かなかったのか?過去の自分に問いかけたい気分です。

 スケバン刑事 [DVD] スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 VOL.1 [DVD] スケバン刑事 コンピレーションDVD

 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ
0

さとう玉緒  レジェンド

 今回登場は、「さとう玉緒」さん!
 
 グラビアアイドル出身の女優さんですが、個人的には90年代後半のグラビアアイドル界を賑わした存在と認識しています。
 全体的に小さくてカワイイイメージを醸し出す娘でした。キャピキャピしたイメージで押していたので、人によっては受け付けなかったでしょうが、当時の一大勢力であった巨乳グラビアアイドルに対抗する為には、ああしたウリも有りだったのではないか?と思います。

 彼女は、私が初めてサイン会に参加したアイドルとして思い出に残っています。当時漫画家のアシスタントをしながら、独自にデッサンの勉強と称してアイドルの水着姿を模写していました。写真週刊誌やエロ本を買い漁って模写しまくっていたわけです。そんな中に彼女が居ました。それまで色気をウリにした巨乳グラビアアイドルを見続けていた私にとって、おっぱいの小さい、でもカワイイ娘は新鮮に映ったのでしょうね。
 そんな彼女のサイン会の知らせをスポーツ新聞で見た時、日時が丁度休みの日と重なっていたので、思い切って参加する事にしました。当時は朝から夜までの仕事が週6日ありましたので、休みの日は部屋の掃除だけで終わるという感じでしたが、たまには・・・と息抜きに参加しようと思ったのです。

 サイン会では(確か)当時出演していた「超力戦隊オーレンジャー」のテーマで登場。色紙を渡され、事前に玉緒さんに書いて欲しい宛名(○○さんへ)をメモ書きさせられたので、当然オーソドックスながら名前を書いて渡すと、玉緒さんが目の前でサラサラと書いてくれたのです。これには感動!↓
 
クリックすると元のサイズで表示します


 定番の握手もして貰ったしで、生アイドル初体験は幸福感に満たされた一時でした。アイドルって夢や癒しを与えてくれる存在だなぁ、と激務に疲れていた私は感動したモノです。
 
 コレで味を占めた私はこの後何人かのアイドルサイン会に参加したのですが、今は地方に居る身・・・中々参加は出来ません。最近はグラビアアイドルは水着でのサイン会も行っている様子。良い娘が居れば生水着を拝みに行きたいモノですな。

 さて、玉緒さんは最近では戦隊シリーズの総決算的作品「海賊戦隊ゴーカイジャー」にゲスト出演。変わらない元気良さが見られ、こちらも大満足でした。いつまでも若く見られそうな女性ですね。

 ハニー・リップス―さとう珠緒写真集 プライバシー―さとう珠緒 ミニスカポリスDVD1

 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ 
0

水谷 ケイ  レジェンド

 今回登場は、セクシーレジェンド「水谷 ケイ」さんです!

 当ブログでは、AV関係の女の娘は紹介していません(アイドルからのAV転向組は微妙ですが・・・)。バストトップを見せているかいないかが大きな境目なんですが、今回登場する方はヌードタレント・・・とでも言えばいいのでしょうか?

 90年代後半のグラビアアイドルブームの中、いわゆるエロ本でヌードを披露するがAVには出ないというヌードモデルが登場。エロ本に出ていながら本番(AV)は無し、という中途半端な立ち位置で、映像ではいわゆるVシネマの脱ぎ要員という役が良い所でした。ただ、レベルは相当高く、夢中になる娘が多かったです。

 そんな中の一人がこの「水谷 ケイ」さんです。

 張りのある90cmバストは形も良く、くびれのあるウエストと共にメリハリのあるプロポーションを完成させ、確かに被写体としては素晴らしいポテンシャルを秘めていました。キツめのルックスが、これまた私好みでハマりました。

 そんな彼女のブレイクはスーパー戦隊シリーズへのレギュラー参加。「星獣戦隊 ギンガマン」のセクシー女幹部「シェリンダ」を演じたのです。そのコスチュームは歴代随一の露出を誇り、世の子供(そして大きなお友達にも)に妙なトラウマを与えた!・・・に違いない。

 現在彼女の様なヌードモデルは少ない。着エロやお菓子系からの派生であるギリギリエロ(AV予備軍)の勢いが凄まじい事が一要因だろう。
 
 彼女の様な芸術感漂うヌードモデルが現れる事を説に願う。

 花のおんな相撲 [DVD] 水谷ケイの 平成未亡人下宿 お部屋貸します [DVD] 情事 ラバーズK [VHS]

 星獣戦隊ギンガマン VOL.5 [DVD]

 *90年代のこうしたヌードモデルは機会があれば今後も紹介していきたいと思います。

 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ
2

早坂 マキ  レジェンド

 今回登場は「早坂 マキ」さん。
 
 
クリックすると元のサイズで表示します
 

 90年代後半に活躍されたグラビアアイドルです。パッチリとした大きな眼が特徴の正統派美少女系ルックスでしたが、手ブラを披露するセクシーさでそのギャップが面白い娘でした。

 90年代後半はグラビアアイドル全盛期。数多のグラドル達が様々な雑誌の表紙・グラビアを席巻していました。中でも巨乳アイドルが持て囃されており、メジャー・B級雑誌を問わず活躍していました。
 この娘はB・82cmと、当時の主流からは外れた存在。登場雑誌もエロ系が多く(元々お菓子系アイドル?)どちらかと言えばB級グラドルだったと思います。しかし、グラビアの質は高く、被写体としてはかなりのポテンシャルがありました。活躍の場が広がらなかったのは、巨乳パワーに押されたとしか言えません。

 この巨乳に押されたグラドルは当時多々存在したと思います。時代とはいえ、実に惜しい存在。マニアだけの存在で終わるはずの無い娘が埋もれていた・・・ある意味人材豊富だったと言えますが、余りにも不遇だ。

 とっくに引退されていると思いますが、幸せになっていて欲しいですね。

 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ
1

小島 可奈子  レジェンド

 今回登場は「小島 可奈子」さん。

 華の90年代後半のグラビアアイドルブームの中、親しみやすいルックスでシーンを賑わせてくれた彼女も、今年めでたく結婚。
 
 巨乳・ハイレグのセクシー系グラビアアイドルが大半だった時代に、可愛らしく隣のお姉さん的親しみのあるルックスが一際輝いて見えました。
 
 大人びたグラビアからアイドル的グラビアまで、ソツなくこなす力があった様に感じます。(少し前にヌードも披露)この器用さ故か、当時としてはどっちつかずの印象もあり、個人的には想いを入れて追いかけていたわけではありませんでした。ところが、最近当時のイメージビデオを観る機会があったのだが、その作品を観て当時からファンになっておくべきだった!と今更ながら気付かされた次第。

 当り前の事だが、動画はグラビアでは感じ取る事の出来ない個人の魅力を如実に伝えてくれる(外見だけのグラビアにプラスして声・仕草が加わるのだから当然だ)が、彼女は動いている尚良い素材だった!とにかくカワイイ!
 
 重ね重ね、この事に気付かなかった当時の事が悔やまれる・・・

 竜騎士評価(各5点満点)

 美少女度 ★★★★☆ 当時のグラビアも良い意味で実年齢より上の色気が出ていた。  
 巨乳度  ★★★☆☆ B86cm。当時の雑誌により87cmだったりしてた。ちなみにウィキペディアでは85cm。
 H度   ★★☆☆☆ セクシー路線全開の中活動されていたが、お色気要素はほとんど感じられなかった。

 泪壺 [DVD] Final Beauty「小島可奈子」 [DVD] 小島可奈子 叶々(かなかな) [DVD]
 
 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ
0

原 久美子  レジェンド

 今回登場は、黄金の90年代のグラビア界より「原 久美子」さんです!

 当時、様々なキャンペーンガールとして活躍されました。ルックスはエキゾチックな美女。日焼けした肌健康的なお色気を振りまいていました。
 当時はこの日焼けがキャンギャルの1つのステータスでした。健康的に見えたんですね。彼女は、先に述べた様に南国風のエキゾチックなルックスに加え、結構濃い目のメイクで日本人離れした印象が強かったです。

 ボディはB・84、W・57、H・86(当時)と均整がとれていました。そんなボディを面積少なめの水着(ハイレグ・極小チューブトップ等)で惜しげもなく披露。この面積少ない水着は当時の流行り。この時代にも復活して欲しいモノです。
 時代と言えばそれまでだが、当時はこんなセクシー系のグラビアアイドル(こんな言葉は無かったが・・・)がわんさと居たもんです。

 ただ、セクシーと言ってもエロいわけではない所が今との違いか?エロス前面(半分AVの様な着エロ)とは違い、想像力を刺激する一線に踏み留まったエロスがありました。この一線は守られるべきだと思います。安易な刺激はその場限りのカンフル剤で、全体を見渡せば、控えるべきモノだと感じます。

 最近は、90年代のグラビアアイドルビデオが復刻されていたりしますので、是非、この爽やかなエロスを感じて頂きたいモノです。

 レジェンドゴールド Integraion 原久美子 [DVD] HOT SHOOTING 原久美子 [DVD] アイドル黄金伝説 原久美子 [DVD]

 原久美子2 [DVD] アイドル黄金伝説 原久美子3 [DVD] 82(ワニ)分署 Rebirth [DVD]

 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ
0

葉月 レイナ  レジェンド

 今回登場は「葉月 レイナ」さん。
 
 殆どの方が「?・・・誰この人?」とお思いでしょうね。モデル出身の役者さんです。
 
 私は昔から作品資料用に雑誌のグラビアを切り抜いているのだが、この娘のグラビアは単発のモノ2枚しかありません。(記憶が正しければ)宝島とヤングジャンプのモノです。
 これ以降、グラビアで見た記憶はありませんが名前はしっかり記憶していました。数年後意外な所で彼女の名前を発見し驚く事になります。
 
 特撮作品「重甲 ビーファイター」に出演していたのです。もっとも作品は途中降板されていますが・・・(撮影中の怪我が原因らしいです)
 作中は3人の主役中の紅一点「羽山 麗」を熱演。通常このポジションは元気娘が当たると思うが、麗はクールな大人の女性。ミニスカやショートパンツ等のお色気要素も少なく、特撮ヒロインとしては異例の雰囲気があったと思います。作品は子供向けだけに逆にその存在が際立っていました。(ちなみに彼女の降板後を引き継いだヒロインは、元気娘でお色気もしっかり担当していました)
 
 彼女をこの作品以降、グラビアも含め見た事も無いのでとっくに引退していると思いますが、現況をお知りの方は是非お教え下さい。
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★☆☆ クールな印象だが、手元にあるショートヘアの彼女は随分垢抜けて見える。
 巨乳度  ★★★☆☆ B・87cm。(当時)お手頃サイズではなかろうか?
 H度   ★★☆☆☆ グラビアアイドルとしても、特撮ヒロインとしてもエロスは低い。

 重甲ビーファイター VOL.1 [DVD] 重甲ビーファイター VOL.2 [DVD] 重甲ビーファイター VOL.3 [DVD]

重甲ビーファイター VOL.4 [DVD] 重甲ビーファイター VOL.5 [DVD]
 
 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ
3

宮内 知美  レジェンド

 今回登場は、個人的にイメージが固まっている「宮内 知美」さんです。

 現在芸能活動を続けているかは不明ですが、彼女を初めて知ったのは「ミス・チャンピオン」のグラビアではなかった?と思います。セーラー服姿が眩しいグラビアでした。

 シャープなルックスで、日本人形の様な凛としたオーラがありました。(恐らく)1st写真集では、そのセーラー服のイメージが強く、ある種お菓子系アイドルと認識していた時もありました。

 その後、格闘ゲームの夜明けにSNKから登場したスーパーファミコン版「餓狼伝説2」(発売タカラ)のTVCMに登場。その時のゲーム内キャラクター「不知火 舞」のコスプレがグンバツにハマっていました!(コスプレ自体はアーケード版登場時に披露していたような気が・・・)

 彼女に関しては、上記2点のイメージが殆どで、特に舞のコスプレは似合い過ぎ!(イメージと違うのは胸の大きさだけだ)それまでゲームキャラコスプレの女王だった「水野 美紀」チュン・リーを抜いて堂々のキングに躍り出ました。(あくまで竜騎士内で)

 その後、髪をショートカットにしたり、ヌードも披露したりと色々あったようですが、現在の活動状況は不明。幸せになっていて欲しいモノです。

 宮内知美 petit somme [DVD] 宮内知美写真集『coco』(DVD付) 後ろから前から [DVD]

 餓狼伝説 15th Anniversary BOX(DVD付) 餓狼伝説2

 
クリックすると元のサイズで表示します


 ブログパーツ
1




AutoPage最新お知らせ