ゾンビハンター  デジタルビューティー

 今回登場は「ジュリエット・スターリング」。XBOX360及びPS3で絶賛発売中のゲーム「ロリポップチェーンソー」の主人公です。

 パツキンツインテールのチアリーダー。ミニスカにチェーンソーというなんともイカしたビジュアル。このカッコでゾンビの群れと無双のアクションを繰り広げるという内容。このB級感にシビレますね。
 制作者もバカゲーを造る!という意気込みで制作したらしく、テイストは未プレイでも十二分に感じられます。感じ的に「お姉チャンバラ」ですが、もっとポップ。
 
 B級ゾンビ映画のテイストが判るならば、この「チアガール」+「チェーンソー」という妙チクリンな組み合わせも納得出来るでしょう。(笑って許す)
 こういうゲームが出ると、ハードが欲しくなるんですよねぇ。(買うとしたら、360です!)大作だけがハードの普及に貢献するわけではない!
 

 LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION 【CEROレーティング「Z」】 LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION 【CEROレーティング「Z」】 Lollipop Chainsaw(輸入版)

 ロリポップチェーンソー Go☆Fight☆Win!! ~ビジュアル&ゲームナビ~ (ファミ通の攻略本)

 


 ブログパーツ
0

ベヨネッタ  デジタルビューティー

 「ベヨネッタ」
 
 今回登場は、久し振りのデジタルビューティー「ベヨネッタ」です。
 
 「PS3」及び「Xbox360」対応のアクションゲームのヒロイン。圧倒的な魔力で天使と戦う魔女です。
 
 ゲームのトレーラーを一目見た時から惚れましたね。めちゃ「せくすぃ〜」なんです!クール美女でメガネ!口元にホクロと、エロスの良いとこ取りで全てが私好みでありました(爆死)
 身体にフィットした黒のボンテージ風ボディスーツに身を包み、両手・両脚に装備した銃を乱射する姿は、見てるだけでお腹いっぱいなアクションです。その他、剣や鞭といった武器でのアクションあり。
 動きが私の好きなGUN=KATAアクションを髣髴させて、それもポイント高し。
 
 エロスの極めつけは彼女が使う魔法。召喚魔法で地獄の使者を使役するのだが、呪文を唱えた後、彼女は素っ裸に!?これは、呪文の触媒として髪の毛を使用している為。そう、ボディスーツも彼女の髪の毛で出来ていたわけです。なんとなく無理やりな設定に感じるが、ビジュアルはグンバツ! 
 
 そんな彼女をグリグリ動かせるわけだが・・・PS3もXbox360も持っていません・・・360はアレほど買う買う言ってたのに・・・
 
 今度こそ買うしかっ!
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★☆☆ 美しくはあるが、いい大人です。
 巨乳度  ★★★★☆ そこそこあるが、巨乳ではありません。リアル路線を追求するとこれ位に落ち着くのでは?
 H度   ★★★★☆ M男大喜び!セクシーエロス全開です!

 BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN'S SELECTION」付き BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN'S SELECTION」付き

 PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A) Xbox 360 アーケード(HDMI端子搭載、256MBストレージ内蔵、2008秋システムアップデート適用済)

 ↓こんなのも出版されてます!↓
 BAYONETTA Witch of Vigrid ベヨネッタ プレイヤーズバイブル (ファミ通ザ・ファースト)

 
クリックすると元のサイズで表示します
0

エイダ・ウォン  デジタルビューティー

 「エイダ・ウォン」
 
 今回登場は、ゲームヒロイン「エイダ・ウォン」です。
 
 「バイオハザード」シリーズに登場する女スパイ。名前からの推察だが中華系の美女。(それも含め全てが謎の女である)
 外見は、ショートカットの黒髪としなやかな肉体を持つ美女。クールな印象がミステリアスさを際立たせる。
 
 「バイオハザード2」で初登場し、主人公の1人「レオン」と物語を進めてゆく。熱い新米警官レオンと対照的なクールな美女。作中レオンに対する微妙な感情が芽生える。クライマックス近くでのレオンとの別れの場面は、たかがゲームと言い切れない程の盛り上がりをみせる。
 
 その後「バイオハザード4」にて裏ヒロインとして大活躍。自キャラとして動かせるので、しなやかなアクションが楽しめた。
 
 ゲームのキャラに感情移入出来るのは、漫画・アニメ世代の特権だ。美麗CGを美しいと感じるのはそうした下地が必須である。加えてゲームではヒロインを操るという一種のサディスティックな感情も味わえるのだ。
 
 プレイステーションが切り開いた3DCGキャラの増幅は、良くも悪くも新たなキャラクター世界をも切り開いた。描画能力の優れたコンシューマ機(今の所多数の人に普及するにはコンシューマでなければならない)が誕生し続ける中で、これからも新たな表現方法としての3DCGで魅力的な女性が登場する事を祈っている。
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★★☆ クールさを含めて。このクールな女性は私のど・ストライクで、乳がデカいかどうかはこの際関係無い。
 巨乳度  ★★★☆☆ サイズは不明。それほど大きくはないが形は良さそう。
 H度   ★★★☆☆ あからさまなエロスはない。しかし、CGキャラというどこか滑らかさを感じるエロスは感じる。

 Great Series バイオハザード 2 バイオハザード4 PC仕様版

 バイオハザード4 解体真書 改訂版 バイオハザード4 フィルムDVDブック -Incubate- バイオハザード4 サウンドトラック ブック (カプコンオフィシャルブックス)

 ブログパーツ

 
クリックすると元のサイズで表示します

0

ティナ・アームストロング  デジタルビューティー

 「ティナ・アームストロング」
 
 さて今回は、当ブログではすっかりお馴染み、DOA(デッド・オア・アライブ)ギャルから、女子プロレスラー「ティナ」の登場です。
 
 DOAは、アーケードが初出の対戦格闘ゲーム。そこに登場する女性キャラクターは、初代DOAの頃からスポットが当たっていて、半ギャルゲーと言っても、ある意味間違いではなかった。
 
 そんなDOAギャルズは、格闘ゲームを飛び出し、昨今のハイスペック化したゲームグラフィックで、漢心を擽りまくり。XBOX360にて「デッド・オア・アライブ・エクストリーム2」(DOAX2)が発売されたのは、記憶に新しい所だろう。
 
 特に、最新作であるDOAX2は、いかに水着の女の娘を魅せるか?というゲームに特化している。これも次世代マシンのなせる業なのだが、この美麗さは、驚愕である。初代XBOXでもかなりの物だったが、その魅力を持ったままブラッシュアップされているグラフィックは、職人芸の域。
 
 で、この「ティナ」であるが、初代DOAの頃からの使用キャラの一人で、理由は、当時女子プロにハマっていたから。更に、パツキンダイナマイトボディーで、狙いが判り易かった。(ちなみに第1キャラクターは”バイマン”
 
 彼女の使用する技が、またイカしていた。それは、ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン(J.O.S)!これは当時の全日本女子プロレス所属の「豊田 真奈美」選手の使用するS級技で、相手の両腕を交差させたまま肩車し、そのまま後ろへ倒れこむ、という破壊力絶大な投げ技。日本語表記は「日本海式竜巻投げ」女子プロらしい、技名である。
 この技を、当時どの位の方々が知っていたのか?そんな中、ゲームキャラが使用しているのを見て、心躍ったわけである。
 
 さて、ティナは、格闘ゲームでの隠しコスチュームでバニーガールが定番。DOAX(2)でもキワドイ水着を付けてくれるが、エロスはない。スポーツ系の爽やかな色気だけを感じます。
 
 3Dキャラに惚れる事が出来るまでに、今の技術はなってきている。テクスチャや動きが、いくら本物に近付こうとも、しかし、それはフィクションと理解して、惚れる事が出来るのだ。
 
 3DCGには、虚構と現実を繋げる何かがある。
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★☆☆ パツキン、ブルーアイの典型的アメリカンギャル。かなりワイルドなイメージだ。
 巨乳度  ★★★★☆ B・95cm。まんまるたわわおっぱいです。揺れます!
 H度   ★★☆☆☆ ダイナマイトボディーをさらけ出すわりに、エロス少なし。

 デッド オア アライブ エクストリーム 2 ベスト・ショット デッド オア アライブ フォトブック SIDE:B Kiss! Gals デッド オア アライブ エクストリーム 2 オフィシャルガイド -BASIC FILE-

 デッド オア アライブ エクストリーム 2 特典 常夏のハッピートランプ付き

 ブログパーツ

0


 「キャロル」

 さて、今回登場は、名前から何となく想像できるように、ゲームキャラでございます。
 
 この「キャロル」は今は無き「SNK」が開発した「風雲黙示録」という格闘ゲームに登場するプレイヤーキャラ。

 先ず、このゲームは2ライン(手前と奥)ある、SNK得意のシステムを採用。更に全員が何らかの武器を持って戦うのも特徴。ゲームとしては、この2ライン製が苦手で、最後まで行った事が無かったんですけど・・・

 ハッキリ言って、それ程ヒットした作品とは言えないだろう。当時は同じSNKの「ザ・キング・オブ・ファイターズ」(シリーズ)が爆発的人気を得ていたからだ。
 同じ格闘ゲームだが、地味な分損をした作品と言えるだろう。

 さて、格闘ゲーム全盛期、キャラから入るミーハーゲーマーが増えた(私もどちらかと言えばそうなのだが・・・)そんな人が使うのは、女性キャラが圧倒的に多かった。
 で、このゲームではこの「キャロル」というわけ。

 他のキャラが濃すぎるせいもあり、自分としてはこのキャラクターを選ぶしかなかった。と言っても、それ程やりこんだわけではない。
 元々格闘ゲームはそれ程得意ではないし、当時はゲーセンから離れていたので、ゲーム自体プレイしていなかったのだ。

 それでも、このキャロルは印象に残るキャラだった。当時感じたのは、デモ(勝利時)より、ゲーム内の方がカワイく見えた事だ。
 これは、結構意外な事で、大方のゲーム(格闘に限らず)は、デモ画面に力を入れていたからだ。

 で、何処が気になったか?それは、大方の例に漏れず、露出がある。新体操のボールが武器な為か、動きがそれっぽいし、コスチュームもミニスカだ。
 強いか弱いかはともかく、これだけでプレイしていました。

 現在稼動しているとは思えないが、見かけたら一発プレイしてみては?

 ちなみに続編があり、その名も「風雲タッグバトル」
 文字通りタッグマッチで戦うのだが、残念ながらキャロルは居ないので、無視します。

 竜騎士評価(各5点満点)

 美少女度 ★★★★☆ ルックスと言うよりゲーム内の動きに対しての評価。
 巨乳度  ★★★☆☆ 詳しいサイズは不明だが、デカイ!揺れます。
 H度   ★★☆☆☆ 狙ったキャラではあるが、それ程でもない。他のキャラが濃過ぎる!

 ↓NEO・GEOを持っていればプレイ出来る!↓

 風雲黙示録 ~格闘創世~ NG 【NEOGEO】


ブログパーツ
0


 「ショウ子」
 
 今回登場は「ショウ子」といっても、オタクアイドルで話題の「しょこたん」こと「中川 翔子」や、「ハマショー」でお馴染み「浜田 翔子」ちゃんではありません。
 
 彼女は、伝説のアーケード麻雀ゲーム「スーパーリアルマージャンPU」に登場する女の娘です。
 
 スーパーリアルマージャンPUの初稼動は1987年。
 
 このゲームが伝説と言われる理由の一つは、極悪と言われた思考ルーチン。ゲームが始まって即上がり、何てこともあったようです。しかし、それでも世の野郎共は、ショウ子を脱がすべく筐体にコインを注ぎ込んだのです。単純だよなぁ・・・ 
 
 ただ女の娘が脱ぐだけならば他にも麻雀ゲームはあったが、このPUは、当時としてはかなり滑らかなアニメーションで、カワイイアニメ調の女の娘が脱いでくれたのが、もう一つの特徴。
 
 肝心のショウ子のルックスは、やはり、当時流行のアニメっぽい感じ。緑の髪に黄色いヘアバンドがワンポイント。今見ても素直にカワイイですよ。
 当時学生だった私は、これまた伝説のアーケード専門誌「ゲーメスト」で紹介された「ショウコ」ちゃんのアニメーション記事を見て、大人の世界だなぁ、と思いを馳せたものです。
 
 現在のゲーセン事情は良く判らないが、今でもアニメの脱衣麻雀は、幅を利かせていると思う。それら全てがこの「ショウ子」の遺伝子を継いでいると言っても過言ではあるまい。
 
 麻雀ゲームは多々あったが、アニメの女の娘が動いて脱ぐ、という事でより脱衣麻雀の客層が広がったのは確かだろう。そういう意味でこのゲームは、「スペースインベーダー」「ストリートファイターU」と並びアーケードゲーム史に名前が刻まれるべき作品だと思う。
 
 何でもそうだが、興味を引くのにエロは欠かせない。ショウコを脱がす為に麻雀を覚えた人も多いのでは?
 
 スーパーリアルマージャンは、シリーズ化され、その後はキャラクターゲームの様相を呈してきたが、この手のゲームはやはり大人になってからやるもんじゃないだろうか?
 
 ゲームの豆知識として、作中のショウ子は「代脱ぎ」で、実際対局しているのは別人、という設定がある。 これは、ゲーム中女の娘の手が出てきて牌を動かすのだが、リーチを掛けた時にタバコを持つ手が現れるのだ。(その他、捨牌が遅いと卓をコツコツ叩いて催促したりする)
 これは、前作「スーパーリアルマージャン」(脱ぎ無し)の名残なのだが、さすがにショウ子のイメージと違うので、急遽そんな設定になったようだ。と、思ったら、設定ではショウ子は17歳。これはまずいですわな・・・
 
 現在稼動しているゲーセンは少ないと思うが、見つけたらレッツプレイ!大事にしたいキャラクターだ。
 
 しかし、ご注意あれ。コンティニューは無いし、上がられると服を1枚着られてしまいます!これはキビシイ!でも、ついコイン入れてしまうでしょうね。
 
 竜騎士採点(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★★★ 思い出と共にこの点数、満点だ!
 巨乳度  ★★★☆☆ 公式サイズはB・84、W・62、H・89。それなりですかね?
 H度   ★★★★★ 見た事は無いが、シリーズを通して最後まで脱ぐのはこの「ショウコ」だけだそうだ。

 スーパーリアル麻雀P2&P3―ファンブックなるモノもあります。


ブログパーツ
0


 「あやね」
 
 今回登場は、当ブログのお得意様「デッド・オア・アライブ」シリーズから「あやね」ちゃんの登場です。今更ですが、この娘はゲームのキャラクターですよ。
 
 デッド・オア・アライブ(以下DOA)は、アーケード(ゲームセンター)出身の3D対戦格闘ゲーム。
 現在は、Xbox360にて、バカンスゲームの続編「DOAX2」(デッド・オア・アライブ・エクストリーム2)が発売待ち状態。こちらは、DOAの外伝的ゲームで、女性キャラが南国を舞台に水着姿を披露してくれる、という夢の(煩悩)ゲーム。
 
 DOA女性キャラ=水着というのは、アーケード版2(コンフィグ画面で「かすみ」達の水着姿が見られた)が、そのイメージを印象付けた。以後、女性キャラは、水着着用で紹介される事となり、現在に至る。
 
 このように家庭用ゲームの世界に、爽やかなお色気を持ち込んだのは、間違いなく、この「テクモ」開発のDOAシリーズでしょう。自分達で同人的楽しさの、水着ゲームを造ってしまうのだから、恐れ入る。
 
 DOAに限らず、女性キャラは眼を惹く存在だが、堂々と水着で勝負してくるテクモは、本当に自分達のキャラクターを愛しているのだろうし、自信があるのだ。
 
 さて、この「あやね」というキャラは、PS版DOAからの参戦。主人公「かすみ」の異父姉妹という設定だ。登場時は、生意気なだけのキャラにしか見えなかった(背向け攻撃とかもクセがあったし・・・)ので、魅力は感じられなかった。
 
 しかし、ハードの変遷と共に、彼女は綺麗になっていきました。正にハードの進化と共に美しく成長していったのです。そして時代はハイデフへと突入。その超絶美麗CGで新たに生まれ変わった彼女は、(個人的に)同じDOA女性キャラの中でも、お気に入りの一人となっている。
 
 ルックスは、ショートカットの紫髪(紫は彼女のイメージカラーだ)。生意気そうな眼が(今になって)魅力的。更に巨乳っ!(B・93cm)むふぅ〜。良いですねぇ。
 
 DOAX2では、シリーズの2・3辺りのハイエンドCG以上のものが、そのまま動いてしまうのだから、すごい世の中です。こんなCG美女を見せられると、3DCGで綺麗な女の娘を描いてみたいなぁ・・・と思いますね。
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★★☆ 密かに流行の「ツンデレ」キャラです。
 巨乳度  ★★★★☆ さすがにCGだけあって、理想の型と張りです。
 H度   ★★★☆☆ 水着でもエロスは無し!と言いたいが、過激な水着と日焼けあとは、エロスありだっ!

 デッドオアアライブ 4 DEAD OR ALIVE 3 DEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyball Xbox プラチナコレクション

 ↑Xbox(360)ユーザーは必携!



ブログパーツ
0

テリィス・フレアー  デジタルビューティー

 「ティリス・フレアー」
 
 さて、今回は、デジタルビューティーを紹介。というか、厳密にはイメージイラストの感想なんですが・・・
 
 で、この「ティリス・フレアー」は、セガが開発した「戦斧」(この字を強引にゴールデンアックスと読みます!)というゲームに登場するキャラクター。
 
 ちなみに、ゲーム自体は業務用が初出で、メガドライブや、PS2にも移植されたが、今回紹介するキャラクターの容姿は、基本的に業務用のものである。(ゲーム内のキャラクターは、どれもそれ程変わりはしないのですが・・・)
 
 ゲームは、2Dのオーソドックスな横スクロールアクション。1レバー3ボタンで、ボタンはそれぞれ「魔法」「攻撃」「ジャンプ」その他ゲームの内容については、またの機会に譲ります。
 
 さて、このティリスは、プレイヤーが操るキャラクターの1人なわけだが、このブログで取り上げるくらいなので、当然女性。
 容姿を一言で言い表すならば、「パツキン・セクシー・アマゾネス」でしょうか?
 
 イメージイラストを見る限り、ボディービルダーのようなマッチョ体型(他の2人もマッチョです)だが、かなりのボイン(死語)です!
 また、剣と魔法のファンタジー世界が舞台なので、極小ビキニを装着。
 
 この、ファンタジー=女戦士は薄着、というのは個人的に納得いかないのだが、当時(そして現在も)常識になりつつあった。
 
 この方程式の起源は定かではないが、恐らく「コナン」シリーズ(映画)の影響ではなかろうか。
 そして、それを現在まで引っ張ってきたのは、日本のアニメ、とりわけ初期のOVA(バルキサスのレムネアや、幻夢戦記レダ等)の影響が大きいだろう。
 
 ま、それが悪いとは言わないし、むしろ、よりファンタジーを大衆化したという事で、ありがたい事だとは思う。ただ、暴走している作品や、デザインは頂けない。
 
 現在ゲームキャラクターは、3DCGで美麗に描ける時代だ。しかし、現在も、ゲーム内のキャラクターは、イメージイラストで、表現を補っている。そうした想像力を生かしながら、楽しくプレイしているのだ。

 どちらも廃れる事は無いと思う。
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★☆☆ パツキン好きならば、喰い付くルックス。
 巨乳度  ★★★★☆ 公式サイズは無いが、デカイ!
 H度   ★★☆☆☆ ゲーム内容的にも、勇まし過ぎてエロティック要素はありません。

 セガゲーム本舗 ゴールデンアックス SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.5 ゴールデンアックス 極黒の翼バルキサス 

 幻夢戦記レダ コナン・ザ・グレート〈特別編〉 レッドソニア


ブログパーツ



0

レイファン  デジタルビューティー

 「レイファン」
 
 今回は久しぶりにデジタルビューティーを紹介。デジタルビューティーの宝庫「デッド・オア・アライブ」(以下DOA)シリーズから「レイファン」ちゃんの登場です。
 
 一応説明しますと、DOAはアーケードゲーム(ゲーセン)から始まり、現在Xbox360にて最新作「4」が発売中、という、3D対戦格闘ゲームシリーズです。
 
 更に、シリーズには番外編として、DOAシリーズの女性キャラ総出場のビーチバレーゲーム(DOAX)があり、世の中の野郎の心をガッチリキャッチしました。
 
 この辺りの事は、以前紹介した同じくDOAキャラの「こころ」ちゃんの記事でも述べています。
 
 さて、そのビーチバレーゲームに続編が登場!その名も「デッド・オア・アライブ・エクストリーム2」(DOAX2)!
 今回はバレーボールだけではなく、ジェットスキーや、水上尻相撲等が出来る様子。更に、最新ハードで描かれるだけあり、女の娘の描写はため息モノ。
 
 そこで、このレイファンちゃんですが、この娘は密かに初代DOAからの出演者。太極拳の使い手で、キャラ的にはちょっとテクニカルなキャラでしょうか?名前と流派からの想像通り中国出身。パッチリした眼が印象的な女の娘です。
 
 言動を見れば、活発な印象ですが、見た目だけならば大人しめな印象のはず。そんな娘が、DOAXでの水着は大胆なカットのモノを着用。今回一部紹介されたDOAX2の画像でも大胆水着を着用!こりゃたまりません!
 
 リアルな3Dキャラには、ある種の「萌え」を感じます。これは、本家HPでも述べていますが、DOAキャラに限っては、リアルな描写を目指していても、ある程度マンガ的なデフォルメがされているからでしょう。
 
 これだけ長いシリーズになってくると、彼女達は、確かな存在感を持ち始めてくるのでは?
 
 そんなため息モノの画像を見つつ、早く360を買わねばっ!と考える今日この頃・・・
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★★★☆ この超絶美麗グラフィックは見ずに死ねません!
 巨乳度  ★★★☆☆ ゲーム内の女性キャラはみなデカいが、この娘は87cmと小振り(十分デカいと思いますが)
 H度   ★★★★☆ 水着姿はエロ要素あり。カットの大胆さが全てだっ!

 デッドオアアライブ 4 DEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyball Xbox プラチナコレクション


ブログパーツ
0


 「シスタA」
 
 今回登場は、妖艶なダンサー「シスタA」です。
 
 聞き慣れない名前ですが、察しの良い方はもうお分かりでしょう。そうです、実在しません。以前紹介した「アナスタシア」と同じ「ランブルローズ」という女子プロレスゲームに登場するキャラクターなのです。
 
 今回その「ランブルローズ」が「ランブルローズダブルエックス」となり、話題の次世代機Xbox360で発売されました。PS2から360になった事で、グラフィックが大幅に進化。そのグラフィックで描かれたキャラ紹介CGは、どのキャラも「すげーっ」ってなものですが、今回はこの「シスタA」が私の目に留まりました。
 
 ゲーム内の各キャラは、プロレスラーの基本属性「ベビーフェイス」(善玉)と、「ヒール」(悪玉)の性質を持っており、ベビーとヒールではキャラのグラフィックや、技も変化します。
 
 この「シスタA」はベビーフェイスである「アイーシャ」というキャラクターの「ヒール」属性キャラ。
 
 褐色の肌に金髪。スラリとしたモデル体型が魅力的です。更に、前作からのお約束で各キャラはかなりの露出過多。シスタAに限ってはビキニです!これで戦うのか?しかし、その脚線美があれば、観客諸共ノックアウト間違いなしだっ!
 
 紹介CGは、筋肉の付き方も判るほどリアルなもの。シスタAには、その腹筋にやられましたね。マッチョではなく、ちゃんと鍛えている腹筋を表現出来るのは、やはり次世代機の力なんでしょうね。

 しかし・・・この「シスタA」も「アナスタシア」も彫りの深い顔立ち。しかも褐色の肌・・・好きなんだなぁ、こういう娘!
 
 残念ながら、360本体の購入がまだなので、ゲームはプレイしていないのだが、必ず購入します!それまではPS2版で復習だっ!
 
 竜騎士評価(各5点満点)
 
 美少女度 ★★☆☆☆ 妖艶な色気はムンムンです。
 巨乳度  ★★★★☆ プロフィールではB・92cm。デカイです。
 H度   ★★★★☆ 場末のショーダンサーという設定は、十分エロス!

  ランブルローズ ダブルエックス ランブルローズ Rumble Roses ランブルローズ ベスト・ショット


ブログパーツ
0




AutoPage最新お知らせ