みな同じ  エトセトラ

最近のグラビアアイドルの身に着ける水着のトレンドは、超ハイレグワンピース変形水着だろう。

超ハイレグワンピース水着は、「川崎あや」が身に着けたグラビアが爆発的人気を博した事により広まった。「巨乳」が当然という風潮のグラビアアイドル界にあって、川崎あやは真逆の貧乳。勿論、それまでにも巨乳に対するカウンター嗜好として貧乳(ちっぱい)勢力はある程度存在した。しかし、彼女の登場でその勢力も増大した事だろう。
彼女は、グラビアアイドル界に於いて、何回目かの「ハイレグ」ブームを起こした功労者でもある。
スレンダー(過ぎる)プロポーションに、超ハイレグ水着という1枚のグラビアのインパクトは絶大だった。更に、個人的には、その水着が競泳水着を彷彿させるデザインだった事を推したい。

彼女の登場で、以後スレンダー系に限らず、グラビアアイドル界に超ハイレグワンピース水着のムーブメントが発生した。

もう一つの水着トレンド「変形水着」は、正直誰が発端だったのかは定かではない。しかし、グラビアアイドルのDVDパッケージを見れば、どの娘も同じような(または全く同じ)水着を着用している。
基本的に、変形水着は奇抜なカッティングのデザインで肌の露出が多い。ファンにとっては嬉しい事ではあるが、デビューしたら取りあえずみんな(同じ)変形水着では、当然似合う似合わないがあるはずだから食傷気味になる。

コレは憶測だが、グラビアアイドルのイメージビデオ制作時点での資金的問題なのではなかろうか?つまり、制作費を安く抑えようとする意図があるのでは?という事だ。
勿論、それ自体は悪い事ではない。しかし、その為に画一的などれを観ても同じ、という作品を作る事はファンを甘く見ているのではないだろうか?
ファンは、特定の個人の作品しか目にしない、という事は無い。(もちろんそういった一途なファンもいる)こんな事を続けていると、飽きが早くなる。飽きが早くなると更に発売サイクルを早める為に、画一的制作に拍車がかかる。悪循環ではないだろうか?

そう考えると、この短絡的制作過程には疑問を呈さなければならない。今後のグラビアアイドル界のファン層を留めておく為に。

当然、憶測であればここまでムキにはならないが、それでも明らかに似合わない娘にも着せているのは、如何なものか?と思わずにはいられない。
0

奈良岡にこ  エトセトラ

今回紹介は、「奈良岡にこ」さん。

よしもと系の女優さんで、アパレル店員でもある。YouTubeでのセクシー動画が話題となり、にわかに人気が上昇中。めちゃくちゃ美人ではないと思う(失礼!)が、話し方に親しみが持てる雰囲気を醸し出す人だ。
アパレルショップの店員でもある為か、試着系動画も多めだ。そんな試着系で、下着やスポーツウェアといった露出動画(さすがに下着着用映像は無いが)で、その豊満なおっぱいを披露してくれている。あざとく利用している感じはするのだが、それでも思惑通り注目度が上がっているのだから、彼女としては、してやったり!であろう。
動画サイトから火が付くタレントは、今後も増えていくと思うが、上手く利用すれば素人も注目を集める事が出来る動画サイトは、あらゆるネタの宝庫ともいえる。

<サイゾーのこの号にて、奈良岡にこさんの水着グラビアが見られます>
サイゾー2017年10月号【閲・覧・注・意! な《裏》ネット動画・美人YouTuber・元SMAP番組打ち切りの真相】
0

グラビアアイドルの進化  エトセトラ

今週発売の「週刊プレイボーイ」(2016年51号)を購入。(プレイボーイ自体久しぶりに購入した)

購入の目的は、「堀江しのぶ」の未発表グラビアが見たかったからだ。当時それ程思い入れはなかった娘ではあるが、その短い生涯と活躍度を知るにつれ、リスペクトに値する娘であると再評価していた。
未発表グラビアについては、特にコメントは無いのだが、この号の巻頭グラビアに「鈴木ふみ奈」ちゃんが登場していた。(これも購入の動機だ)2つのグラビアを見比べて、堀江しのぶの残した遺産は脈々と受け継がれ進化し開花していると感じ、感慨深い想いに耽るのだった。

日本にしかないという「グラビアアイドル」という職業。その先鞭をつけた、堀江しのぶが辿ったグラビア→TVという基本的な流れは、現在DVD→グラビア→NET→TVという流れになっている。基本的流れは変わらないが時代と共に露出メディアの割合は変化している。しかし、グラビアアイドルというからには、グラビアが基本。紙・デジタル問わず基本のグラビアなくして自分を売り込む事は出来ない。写真という媒体を通し自分を表現出来る人がグラビアアイドルと名乗れるのであって、DVDありきのグラビアアイドルなど存在できないのだ。

目先の興奮にとらわれ、着エロ(死語か?)やそれを超える(AVまがいの)過激露出のDVDだけに出演する娘はグラビアアイドルではない。そう考えると、現在、堀江しのぶの意思を受け継ぐ「グラビアアイドル」は何人いるのだろうか?新旧のグラビアアイドルを見比べて感じた。
0

神スイングについて  エトセトラ

少し前にTOYOTAのCMで「神スイング」を披露し話題となっている「稲村亜美」さん。今では各始球式に引っ張りだこの様で、間違いなく今年(いきなり)ブレイクした娘に数えられるハズ。

この娘に関して感じる事を少し述べたい。

ぶっちゃけ、彼女は着衣、しかもスーツを着ていると輝く娘で、水着グラビアはイマイチである。これはモロにCMのイメージで、あのCMの面白さ=彼女のイメージ、となっているわけだ。もう少し言うと、彼女に対する人気の基はズバリ「ギャップ萌え」でスーツで野球を行うという姿に萌え要素を感じ、それが人気の基になったのだろうと思う。

そもそも、彼女はCMブレイク前何をしていたのか全く知らないし、CM後は「神スイング」という枕詞が外せない様になっている。ブレイクしたからグラビアアイドルになったのか不明だが、ここまでイメージが固定されると、ある意味特撮ヒーローを演じた役者の様に潰しが効かなくなっているように感じる。

さて、彼女の水着グラビアには余り魅力を感じないと記したが、当然個人の感想。でも、そう感じる人は多いと思う。水着でやっていくには身体がガッシリしているし、魅せる為のメイクが似合わない。逆に、始球式(TV)用のナチュラルメイクには好感が持てる。完全に野球やるアイドル、というイメージが固定されている。(そもそもアイドルと呼んでいいのかも判断がつかない
グラビア=水着という概念を捨てて、コスプレ野球グラビアでイケばまだ需要はあると思うし、アイドルという肩書すら取った活躍にシフトした方が今後の為かな?と感じる。
0

来年の準備  エトセトラ

今年も残り3カ月を切り、異常気象が続いてはいますが着実に季節は移り変わっています。この時期は来年の手帳等が書店等に並び始めると共に、カレンダーも用意されます。

さて、来年はどんなアイドルと共に過ごしましょうか?

竜騎士が独断と偏見で選ぶカレンダーは・・・

鈴木ふみ奈 2014カレンダー

岸明日香 2014カレンダー

鷹羽澪 2014カレンダー

中村静香 2014カレンダー

堀北真希 2014カレンダー

吉木りさ 2014カレンダー

市道真央 2014カレンダー

ウェザーガールズ 2014カレンダー

紗綾 2014カレンダー

星名美津紀 カレンダー 2014年

こんな感じです。

いろんなカレンダーを眺めているだけでも楽しいモノです。書店に足を運んでみては如何でしょうか?



ブログパーツ
0

予告訂正  エトセトラ

先日お知らせした、新コーナー開設予告に変更がありますので、改めてお知らせ致します。

予告では私的ランキングBEST3を発表する、としましたが、BEST5に変更致します。

理由としましては、プレランキングの3名が強過ぎる事。つまり、ほぼ毎回この3名がランクし続けるという不毛な企画になる事が目に見えているからです。唯でさえ自己満足企画なのに、毎回変化が無いとなれば見に来て頂いた方に対し余りにも失礼、という理由です。

また、発表スパンは1ヶ月に1度とします。

最後に新コーナー名は「竜騎士の私的ランキング」とします!

皆様、ヨロシクお願い致します!

0

女子プロレスの危機  エトセトラ

今回は、女子プロレスについて語ります。

斜陽といわれて久しい女子プロレス。男女共にプロレス自体注目度は下がってきていると思うのだが、更に女子プロレスとなるとその状況はデフォルトで危機的状況、と思って差し支えないだろう。

そんな中、「栗原あゆみ」「愛川ゆず季」という人気選手が相次ぎ引退を発表。まぁ、まだまだ人気選手は居るわけだが、メディアへの露出度(普段プロレスを観ない人でも名前を知っている可能性がある)という意味合いではこの2名は別格。この影響は、意外に大きいのではなかろうか?

良い試合をするのは当り前。それを観てもらうには、観客に足を運ばせる為の努力が必要だ。それは、経営者の広報活動であろう。その一環として客寄せパンダ(良い意味です)的な選手の露出は避けられない。

この2名の引退後の動向は気になるが、是非とも女子プロレスを世に広める活動を続けて欲しい!

現在の人気選手は↓

栗原あゆみ6周年興行 NEVER GIVE UP [DVD]

週刊 プロレス 2013年 1/2号 [雑誌]

華名 マニュフェスト[DVD]

紫雷美央 いろは狐 [DVD]

紫雷イオ デビュー5周年記念作品 〜Carino!〜(仮) [DVD]

真琴 オリエンタルドール [DVD]

大畠美咲 チョコレートキス [DVD]

朱里 WATASHI [DVD]

0

丘 みどり  エトセトラ

今回登場は「丘 みどり」さん。

おけさ渡り鳥

演歌歌手でございます。

元アイドルだった様で、やっぱりカワイイですね。愛嬌がある可愛さ?彼女のウリはミニスカで演歌を歌う、という事です!(現在は判りません・・・)

偶然ネットでその動画を観て、ちょっと感激。演歌+ミニスカって新鮮な驚きがあります。女性演歌歌手がカジュアルな洋服で演歌歌ってるだけで結構違和感感じる(差別というより思い込みの強さ)のだが、更に上を行くミニスカ!やっぱり野郎は喰いつくよなぁ・・・

で、PVっぽい映像を観ながら歌を聞いたのだが・・・うーん、演歌(に限らないが)の上手い下手の区別が付きません。っていうか、演歌だから動きは無いけどやはりミニスカ姿に目が釘付けでそこまで頭が回らない、のが正直な感想。

客寄せパンダな感触しか感じないが、演歌界にも色々風が吹いているのかもしれません。演歌の需要がどれだけあるのか知らない(固定数はあるだろうが)が、普段興味無い連中に少し眼を向けてもらえる、という効果はある。スポーツもそうだけど、こういう客寄せは大事だし必要だと思う。

あ、ちなみにへそ出しミニスカで歌っているのからか、結構腹筋鍛えてる感じ。良いです!

木曽恋がらす

風鈴恋唄

日御碕灯台



ブログパーツ
0

無邪気なエロス  エトセトラ

今回はDVDレビューです。

作品は「鈴木 ふみ奈」さんの新作DVD「ふみなの実」です!

鈴木ふみ奈 ふみなの実【DVD】

久し振りの新作ですが、相変わらずのおっぱい星人必見の内容です。これぞ巨乳グラビアアイドルDVDの基本!

全編ふみ奈さんのたわわなおっぱいが揺れまくり、というか、ふみ奈さん自ら揺らしまくってます!このサービス精神を他の巨乳ちゃんも見習って頂きたい。

プールでの赤い水玉柄の極小ビキニシーンがスゴイ!柔らかおっぱいの質感が十二分に堪能できますな。最後の方のチューブトップでぴょんぴょん飛ぶシーンは、ポロリっちゃうよ!と眼が釘付け。激しいぜ!

取り敢えず、今までの作品もハズレが無いのがふみ奈さんのDVD。おっぱい星人諸君はもちろん全てGETしておる事じゃろうて。

今回の作品も当たり!みんなでGETだ!

鈴木ふみ奈/フミナップル2 [DVD]

フミナップル! [DVD]

ピュア・スマイル 鈴木ふみ奈 [DVD]

0

総決算2012  エトセトラ

2012年も残り僅か。この1年も多くの女の娘を紹介してきましたが、総決算という事で、年間MVPの発表と、竜騎士的に気になった娘について感想を述べたいと思います。

2012年年間MVP

3位 「井上 貴子」 このブログの特徴である感じになってきた方。女子プロレスという斜陽ジャンルから年間を通してランクインし続けています。現在のレスラーは普通にカワイイ娘が多いので、見世物(誉め言葉として、演劇を観る感じでライブで観たいモノです。生観戦は未体験なので、会場で熱気を感じたいと思っています。女子プロレスの火は絶やしてはいけない!リングの上で輝く姿は人生の貴重な1ページとなり、自分自身そして観客である我々に良い思い出を与えるハズだ。

BODY & SOUL 井上貴子 [DVD]

2位 「水瀬 莉菜」 今年前半に何故か表を集めた娘。ロリ巨乳なのだが、エロ要素が多過ぎる。AV予備軍としか思えなかった。今年は全体的に着エロAV予備軍の様な娘の紹介が多かった気がする。が、やはり刺激一辺倒は直ぐに飽きるモノだ。たま〜には良いが・・・

VOLTAGE-CLASH 水瀬莉菜 [DVD]

1位 「水谷 ケイ」 今年の大躍進は、このレジェンド水谷ケイさん。彼女にハマった切っ掛けはスーパー戦隊シリーズ「星獣戦隊 ギンガマン」を全話視聴したからだが、彼女の事はグラビアアイドル時代から知っていたので改めてその魅力を再確認した、というのが正しい所か。彼女は、正確にはこのブログの趣旨からは外れるのだが、余りに強烈な印象を植え付けられたので無理矢理掲載しました。あ、彼女の演技については敢えてコメントしません。みなさんで御判断して下さい・・・

花のおんな相撲 [DVD]

さて、ここからは今年個人的に思い出に残った娘を紹介します。

今年は後半から期待の新人が現れた感じ。竜騎士的2012年ベスト3は・・・

3位 「星名 美津紀」 突然現れた期待の新人!2本のDVDは手堅い造りで来年にも期待出来る。若いだけにこれからどう売り出して行くか気になる所だが、新時代の正統派グラビアアイドルとして期待している。

星名美津紀 ピュア・スマイル [DVD]

2位 「鈴木 ふみ奈」 昨年暮れからスタンダードにDVDを出し、どれも見所のある手堅い造りで自慢の巨乳を揺らしまくってました。柔らかおっぱいはいつまでも観ていたい逸品!来年も更なる飛躍を期待します!

最新DVD(↓)は見所満載!ジャケットの赤い超ハイレグはかなりお得感のあるシーンになってます!
鈴木ふみ奈/フミナップル2 [DVD]

1位 「鷹羽 澪」 今年最大の収穫はこの娘の超巨乳!グラビアだけでも大満足のおっぱいですが、動いているおっぱいは、言葉を失うけしからん代物!何と言うか、巨乳ナパーム弾の絨緞爆撃で全てを焼き払う勢いだ!(?)とにかく1回観て下さい!おっぱい星人の新たなバイブルの誕生ですから!
*ルックスは好みが分かれます。でも、ルックス抜きにしておっぱいだけで満足出来るハズ!

鷹羽澪 ハートビート [DVD]

鷹羽澪 me,oh my [DVD]

ピュア・スマイル 鷹羽澪 [DVD]

まぁ、来年も良い娘に沢山出会いたいモノです。今年デビューの娘の躍進と新たに出会うであろう娘に期待しつつ、〆たいと思います。

登場してくれた女の娘達に感謝!

来年もヨロシク!

0




AutoPage最新お知らせ