2008/4/23  11:07

袖無双単衣長襦袢  和裁


    「後ろにいしき当てを付ける」

クリックすると元のサイズで表示します

かわいらしい鈴柄の化繊の長襦袢です。
普段着にメンテナンスがし良いようにと、ご用意されたようです。

この方のお仕立てのこだわりは、衿丈を長くすることでした。
着付けを直す時に、便利だそうです。
この方は、小柄なかたですので、衿先布を十分に取らせていただきましたが、サリィのように、身長があると無理だと思います・・・

裾を袷仕立にする事も普段毎日のように、着物で過ごされているので、裾は摺れる事も多いのでとのご希望でした!

クリックすると元のサイズで表示します
後ろ見頃の内揚げしたから裾の返しの間に、「いしき当て」として、正絹の胴裏を付けました!
0

2008/4/9  10:57

付け下げ  和裁

     「付け下げ」

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに若い方の「付け下げ」をお仕立てをいたしました。
淡いピンク地に手描きのかわいいお花模様の柄でした。

クリックすると元のサイズで表示します
上前の柄です。

とてもスマートな方なのですが、今回は柄がきれいに合うようにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろの柄もきれいに合いました!!

(小さな写真はクリックで大きく見えます!)

訪問着・付け下げ・お振袖・留袖など柄のある場合は、柄を合わせる事を重視しています。
体系にもよりますが、寸法重視の場合でも、見た目に柄が合ってる感じになるように、努力しています。

たくさんのお着物を御仕立して来ましたが、柄の合うものは、特別な場合を除いて、だいたい標準寸法になっていますので、大まかに後ろ幅8寸・前幅6寸くらいで合うようになっています。

<ワンポイントアドバイス>
お着物の寸法で標準は後ろ8寸・前6寸という場合は、普通の方でしたら後ろ7寸8分・前6寸2分という寸法に御仕立すると、幾分スラリ?スッキリ?と見えるそうです
標準寸法の方でも、工夫されてはいかがでしょうか???

余り布がありましたので、「袱紗」をお作りいたしました。
クリックすると元のサイズで表示します
かわいいピンクなので、「慶事」に使っていただけるかなぁ・・・


クリックすると元のサイズで表示します

ワンポイントに「雪うさぎ風」を押し絵で付けてみましたが・・・
目をピンクのビーズでしたのが、どうだったかなぁ・・・???

0

2008/4/1  11:28

お袖丈について  和裁

    「お袖丈直し」・・・着物・コート・長襦袢

お仕事再開の第1弾は、「お袖丈直し」をさせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
お着物の袖丈が、1尺5寸のお着物の袖丈を、1尺3寸にお直しします。
これは、1尺5寸の元のお着物です。



袖丈を2寸短くする作業をいたします。
クリックすると元のサイズで表示します
袖底の元の縫ってある所を基準にお直ししていきますので、ここから2寸短い所を袖底にします。




クリックすると元のサイズで表示します

分かりにくいのですが、元の袖の上に、短くした袖を重ねてみました!!


これに合わせて、「道行コート」も合わせて短くします。

コートは、基本的には、お着物よりも3分短くしています。
お好みで、短くされる寸法はいろいろとあると思いますが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

向かって左側は、元の長さのお袖です。
右側は、3分短くして、1尺2寸7分のお袖丈に直した袖です。


そして、もう一つ合わせておきたいのが、「長襦袢」です。
長襦袢は、基本的には、お着物よりも2分短くお仕立てします。
こちらも好みで寸法はいろいろとあると思いますが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
長襦袢の場合も、元の縫い目を基準にお直ししますので、ここから短くする分をとめて行きます。



お袖丈の基本の寸法を説明してみましたが、よかったら参考にして下さい!!

もう一つ、羽織の場合は、基本的にはお着物よりも5分短くします。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ