2008/5/25  23:06

夏着物  和裁


       「小千谷縮」

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ夏着物のご準備は、できましたでしょうか??

これは、夏着物の代表的な「小千谷縮」のお着物です。

今回は、衿はバチ衿でお仕立てしています。

背縫いも背伏は付けずに、袋縫いにしてあります。
この方が、お家でメンテナンスをしやすいかと思いますが・・・???

サリィも今年は、小千谷にも挑戦して着てみたいのですが・・・
去年から、まだ反物のままです・・・

今年こそは、お仕立てして着てみたいです〜〜!
0

2008/5/16  14:51

かわいい着姿  

   「着姿のお写真」を送っていただきました!
クリックすると元のサイズで表示します


先日、お仕立てさせていただいた「ピンクのかわいい付け下げ」です。

20歳のお譲さんに、ぴったりの色や柄でした!!

お母様の御着付けで、着られて京都の方に遊びに行かれたとか・・・・

柄あわせの都合で、少し広めに仕上がりましたが、きれいに着こなしてくれてうれしいですねぇ〜〜〜!



クリックすると元のサイズで表示します






こちらのお着物です。


もう一点は、去年に四つ身のお着物を御仕立直ししたものですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

京都に一緒に遊びに行かれたお友達が、着て行かれたそうです。

かわいい柄の小紋でしたが、本当に若い方のお着物はかわいらしくて、いいですねぇ〜〜!!



クリックすると元のサイズで表示します




こちらのお着物です!




本当にかわいい着姿写真を送って頂いて、ありがとうございました! m(__)m

0

2008/5/10  22:29

胴抜きの袷着物  和裁


    「胴抜きにした袷の着物」

クリックすると元のサイズで表示します

こうして見ると普通の袷の着物ですが、今回はお客様のご希望で胴の部分を単衣仕立にする事になりました。
聞いた事はありましたが、するのは初めてだったので、いろいろと勉強になりました。



クリックすると元のサイズで表示します
内揚げから上の部分は、単衣仕立に・・・
下の部分と袖は、袷仕立にしました。
衿は広衿に・・・

ポイントとしては、内揚げ部分に胴裏を絎けたのですが、ここで裾に袋が入らないように、気をつけます!
それと、内揚げ部分の位置に胴裏を合わすのも気を付けました。
おくみに少し衿付けがあるので、幅が狂わないように、注意します。

これからの暑い時期には、こういうお仕立て方も、対策としてはいいかもしれませんねぇ〜〜!!

よかったら参考にして下さい!!
0

2008/5/3  0:28

海島綿の長襦袢  和裁

  
     「海島綿」の長襦袢

今回も「衿元がくずれにくい長襦袢」を・・・
と、ご依頼をいただきました。
偶然にも、前にコピーを送っていただいたのと、全く同じコピーを送っていただいて、驚きました!

「海島綿」などは、水通しをしておかないと、後に洗った後でかなり縮むそうです。
お世話になってる「洗い張り屋さん」が急に廃業されて、今回はお客様のご希望でサリィがする事に・・・
クリックすると元のサイズで表示します
今回は、先に裁断してから水通しをして、タオルで水分を取り、影干ししました!

そして、今回は「長襦袢丈を着物の丈とあった寸法で合わせたい!」という、ご依頼もありましたので、着た後に洗ったりして、縮む事も考えて、長襦袢丈を1寸5分長めに仕立てしておいて、この1寸5分の分は、腰揚げのようにつまんでおくことにしました

     1寸5分長めにお仕立てした状態
クリックすると元のサイズで表示します


     1寸5分腰揚げにした状態
クリックすると元のサイズで表示します
これは、夏物なので、表から透けないように、揚げをしたので、衿にかかりました。表に目立たないものでしたら、衿の下の部分でもよかったかと・・・

肝心の衿元のくずれにくくするために・・・
  前にもお仕立てした時と同じように、たて衿幅を3寸に広げました
  前幅と後ろ幅は、たて衿幅を広げた分を調節して、後ろ幅を着物幅に2分プラスして、前幅を4分プラスしました!
  衿の丈を少し長めにして、衿付けの時に、ながれ部分を直線的にせず、気持弓型に付けました!
  たて衿下がりを短めに、すなわち剣先位置を少し上にもって行く!
 

※ 今回は、送っていただいたコピーを参考にお仕立てしたポイントです。
お仕立て方にはいろいろと方法がありますし、それぞれの体系などにもよりますし、これはその一例として参考にして下さいませ!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ