2008/8/28  15:01

阿波しじら  着物着姿

      阿波しじらの着物
クリックすると元のサイズで表示します
サリィは、徳島県出身なので、徳島特産の「阿波しじら」を嫁入り前に仕立てておきました。
この着物も、これまで着る事無く、タンスの中で眠っていました・・・

着物を着てお出かけはできませんでしたが、7月のある日、気が向いて、部屋にクーラーをいれ、扇風機も回し、着付けの練習をする事に・・・

家にある帯を試しにいろいろと結んで見ました!

襦袢は着ていないのですが、半衿にレース地の生地があったので付けてみました。

まずは、夏帯の名古屋で合わしてみました・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
帯揚げが乱れていました・・・
初めて、手結びで名古屋帯を結びました!
今までは、改良枕を使っていましたので・・・


カジュアルに着れるので、家にある半巾帯をいろいろ結んで見ました・・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
リバーシブルになってる帯で、2色の色が楽しめます。




クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
博多帯の赤いのと、落ち着いた黄色ベースの帯ですが・・・
どうでしょうか??



クリックすると元のサイズで表示します
これは、おばあちゃんの帯でした。
ちょっとどうかなぁ??っと、思ったのですが大丈夫な気がしますが・・・



いままで着る機会が無かったので、帯やら小物やらは、ほとんど持って無くて、サリィは着つけは全くの素人なんです・・・
これから、少しづつ勉強していきたいです・・・

1

2008/8/12  10:29

浴衣(初作品)  着物着姿

今年の花火大会に、娘と彼は浴衣で出かけて行きました・・・

花火大会は、始まる直前からの雷雨となり、二人は途中でびしょぬれになり家に引き返したそうですが・・・
花火大会の詳細は、「サリィの昨日・今日・明日」でよかったら・・・

今年、娘が選んだ浴衣は、サリィの初めての作品でした!
サリィが高校生の時に、家庭科の授業で訳も分からず、和裁のわも知らない時に、縫ったものでした・・・
たまたま、家庭科の先生が年配の方で、教科書にも無いし、他のクラスもやっていなかったのですが、浴衣を作る事になったのです。

針の持ち方も分からず、どうやって縫ったのか、記憶も無くなっていますが・・

彼の浴衣は、規制品です。


クリックすると元のサイズで表示します

改めて、自分で見なおしてみると、作品と呼べるものではありませんでしたが、こうして娘が着れたので、とりあえずはいいかなぁ・・・

全く経験も無く、知識も無い方も、やる気があればできるのです。
サリィは、やる気はどうだったかはわかりませんが・・・??

お着物に興味のある方は、トライしてみてはいかがでしょうか??
0
タグ: 和裁

2008/8/2  12:15

夏着物「付け下げ小紋」  和裁

 
      「付け下げ小紋」のお仕立て

クリックすると元のサイズで表示します

一見は、白地にグレーの飛び柄の小紋に見えますが、これがすべての柄が合う「訪問着」といってもいいのでしょうか?
「付け下げ小紋」でしょうか?

上前の柄・・・
クリックすると元のサイズで表示します

おくみの小さな柄まで、きっちりと合います・・・
(画面をクリックで大きく見れます。)



衿の柄・・・



クリックすると元のサイズで表示します
こういう場合は、オクミも内揚げをして柄を合わせて、衿の柄も合わせます

いしき当て・・・
クリックすると元のサイズで表示します
今回は、薄色で透けやすいので、いしき当ての縫い込み部分も脇の縫い込み部分に絎けました!

とても上品で、涼しげなお着物に仕上がりました!
暑い時ですが、これをお召しになって、周りの方の目を涼しげに・・・

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ