2009/3/19  9:28

木綿の着物から半巾帯へ・・・  リメイク

先日の、着物から羽織のリメイクに続き、今回は木綿のお着物から半巾帯を作りました・・・

前回の羽織の肩裏にも少し使った布ですが、こちらもお客様に解いて洗っていただいてからお預かりいたしました。

お仕立て工程を載せてみます!
お気に入りの布で半巾帯を作ってみませんか??

まずは、半巾帯は、9尺位(3,5m位)の長さが必要ですので、どうしてもどこかで布を継ぐ事になります・・・
今回は半巾帯なので、片身頃分と後少し継ぐ事になります。
クリックすると元のサイズで表示します
なるべく目立たないように、柄の位置などを考えて継ぎます・・・
今回は、小衿明きの部分は、その部分だけを縫い閉じる事にしました・・・(こちらが裏になる事を想定)

出来上がり幅は4寸ですので、4寸5厘のヘラを入れます・・・
クリックすると元のサイズで表示します
マチ針を打って、縫っていきます・・・
今回は、布幅がいっぱいいっぱいでしたので、余裕があれば3分ほどの縫い込みがあればいいです!
クリックすると元のサイズで表示します
表の方に倒してキセをかけておきます・・・
ポイント☆小衿明きを縫ったところや布が痛んでいる所などには、接着芯などで補強をするといいですよ!
クリックすると元のサイズで表示します


帯芯を3寸9分5厘の幅に合わせて入れていく・・・
クリックすると元のサイズで表示します


ポイント☆返し部分を縫う時点で8寸くらい縫い残しておいて下さい!
その部分の芯をとめておきます・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ここを縫い綴じて終わりです!!

完成!!
クリックすると元のサイズで表示します

途中素縫いは、ミシンでもです。

今回のご依頼は、本当に勉強になりました。
この木綿のお着物もおばあ様の若い時に来ていたであろう?物で、着てる姿は見た事が無いけど、何かにリメイクして、使ったみたい・・・
本当にやさしいお気持ちを持った方です・・・
サリィが忘れていたものを思い出させて下さったのです・・・

皆さん、やっぱり物は大切にいたしましょう・・・・
0
タグ: 和裁

2009/3/17  13:48

ウールのお着物から羽織にリメイク  リメイク

おばあ様のご愛用だったウールのお着物を羽織にリメイクして欲しいというご相談がありました。
サリィは、簡単にできますよ!
と、お返事をしたのですが・・・

お客様に解いてお家でドライ洗剤で洗っていただく事になり、後日お知らせいただいて、送っていただきましたが・・・

見せていただいた時の写真をお客様が撮っていて下さってて・・・
クリックすると元のサイズで表示します
このお着物をみて、羽織にできない訳がないと、サリィも簡単に考えていたのですが・・・

このお着物は、ダブル幅の布で作られていたのです・・・
クリックすると元のサイズで表示します
お分かりのように、一枚の布から衿と袖を取った後は、うまくお着物に出来上がるという手法がとられていました・・・

お客様は、背が高く布幅もいっぱいいっぱい使いたいし・・・
見頃の途中で継ぐのも目立つし・・・

いっぱい考えた挙句に、「肩で継ぐ」という事を思いつきました!
和裁では、考えられない事かもしれませんが・・・
洋服は肩で継ぐものですし、継いでも一番目立たないかも・・???!!!

早速お客様にご検討いただいて、快いお返事をいただきました!
こうする事で、お客様に必要な身丈も確保できるし、後は目立たないところで継いでいきます。

まずは、見頃の「肩で継ぐ事」から・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こんな事は前代未聞かもしれませんが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
少し厚くなりますが、ここは袋縫いにしておきました・・・
クリックすると元のサイズで表示します
幸い地模様もあり、あまり目立たないような気がしますが・・・

次にお袖丈が短いので、少し袖の前になる部分で継ぎました。
クリックすると元のサイズで表示します
本の少しですが、これだけ継ぐ事で、ご希望の袖丈になるので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
出来上がりでもそんなに目立たないと思いますが・・・

も少し継ぎ足しました。衿先に継ぎ目が出てしまいましたが、ここも・・・
クリックすると元のサイズで表示します
そんなに目立たないですよねぇ・・・

完成したのが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
肩裏を付けるのもご希望でしたので、少しだけお付けいたしました!この布もおばあ様のものだそうです・・・

とてもおばあ様の残されたお着物を大切にされている彼女にサリィは、とても感動いたしました!
たとえウールや木綿の普段着のお着物も、「着てる姿を覚えてるので・・・」、と、ご自分で引き継いで着てみたい・・・
と、おっしゃられて・・・
この気持は、勉強になりますねぇ・・・
サリィもできる限りの事はいたしました。

肩裏に使った木綿のお着物は、「半巾帯」にリメイクです・・・
また、ご紹介いたします! 
3
タグ: 和裁

2008/12/27  16:41

羽織を道行コートに・・・  リメイク

   小紋羽織をリフォームして、道行コートに

完成した道行コート
クリックすると元のサイズで表示します

素敵なコートに変身しましたが、今回はいろいろとポイントがあります。

裄が長くいるので、袖幅を布を継いで巾を出す!
と、いう事にチャレンジでした。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、羽織の襟部分を巾1寸落とし、袖付け側に継ぎます。


クリックすると元のサイズで表示します

幸いにも、継ぎ目もあまり目立たなくお袖を完成できました!



クリックすると元のサイズで表示します
せっかくなので、残ってる布を使って、ポケットも付けておきました。




クリックすると元のサイズで表示します


道行襟は、羽織の襠部分を使って、作っていきます。




今回は、お母様の形見の羽織をコートにお仕立て直しさせていただきました。
お着物は、こうして形を変えても着られる事ができます。

お客様にも気に入って下さって、これからも大切に着ていかれるとおっしゃっていました。

サリィもこういうお声を聞くと本当にうれしいです。
お手伝いができて光栄です。


今年もいよいよ終わろうとしていますが、たくさんの方にご依頼を頂いて、本当にありがとうございました!

来年も変わらず、よろしくお願いいたします! m(__)m

0
タグ: 和裁

2008/2/13  11:32

羽織を道中着に仕立直し  リメイク

    「羽織」から「道中着」へ・・・
         羽織の衿が半巾の場合

  完成「道中着」
クリックすると元のサイズで表示します


   元の「羽織」
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します羽織の衿の状態を見てみると、「半巾」でのお仕立になっていました!

お客様のご希望で衿の形は、「道中着の衿」にして下さい!との事なので・・・

まずは、前幅の確保が必要ですので、マチを外し、袖付けも前の肩まで解き、肩からまっすぐに、袖付け、脇縫いをしました!

前幅を出来るだけ出して、6寸3分取れました!!

次には「衿」です!!
羽織は、前見頃を長く仕立てるので、そのあまり分をカットして、衿に継ぎ足す事に・・・
クリックすると元のサイズで表示します

少しでも、衿裾で幅を出したかったので、衿のあまり部分を裾の方に持っていき、見頃分もその上に・・・
衿の中心部分には、マチ分を持って行きました。
継ぎ継ぎになりましたが、なんとか衿丈分を継ぎ合わせる事ができました!

羽織の元衿は、芯もそのまま使う事にして、継ぎ足した衿裏分を縫い足します。
クリックすると元のサイズで表示します


後は、普通に道中着の衿に仕立ました!!
裏側は、継ぎ継ぎになりましたが、こんな感じに出来ました!!
クリックすると元のサイズで表示します

これは、衿の裏から見た様子です。
継ぎ目に、マチ針を付けてみました!!
衿幅は、衿の中心で3寸衿裾では途中の巾が足りず3寸3分くらいになりました!


   「飾り紐」
クリックすると元のサイズで表示します

今回は残念ながら、紐を作る布が無かったので、ポイント柄の紅葉のお色と似た色の紐を使わせていただきました!!

紐だけで、飾りにするよりも、少しでもとけ込めるように、わずかな残り布を使って、「飾り」を作ってみました!!

お客様のお母様(サリィの母と同年代)の物ですので、こんな感じにしてみました!!

気に入っていただけて、着ていただけたらうれしいのですが・・・


0

2008/1/26  1:12

大島のお着物と道中着  リメイク

  「大島のお着物」

今年最初の御仕立は、かわいい大島のお着物でした!

クリックすると元のサイズで表示します


お母様が同じお着物を2枚作っていたそうで、今回はそれを「お着物と道中着のアンサンブル」に御仕立する事になりました。

今年成人式を迎えたばかりのお譲さんですので、かわいらしく着ていただけるかなぁ・・・


    「道中着」

クリックすると元のサイズで表示します

小柄なお譲さんなので、丈は標準にしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
道中着の衿は、お着物のおくみと衿を継ぎ足ました。

衿の中心部分に継ぎ目がきます。


クリックすると元のサイズで表示します

紐飾りは、お若い方ですので、かわいくお花を付けてみました!!



どんな感じになるのかなぁ〜〜??
よかったら着姿など見せていただきたいですねぇ〜〜!!

1
タグ: 和裁

2007/5/22  23:56

四つ身から本縫いのお着物へ  リメイク

クリックすると元のサイズで表示します


今回は、2枚目のお着物です!
「椿の花の柄」がとってもかわいいですねぇ・・・
お着物の地色もかわいいブルーで、さわやかな感じです!!

このお着物は、ちょっとやりくりしました!
クリックすると元のサイズで表示します
掛け衿が、短すぎるので、地衿から柄を合わせて掛け衿を取りました!

クリックすると元のサイズで表示します

元の掛け衿を地衿に継いで、掛け衿で縫い目は隠れるように持って行きました!

衿幅も4寸ギリギリでした!
バチ衿には、できないので、今回は広衿にしました!
幸い今回は、衿先はありましたので・・・

衿幅が狭く裁断されていたのは、たぶんおくみに「椿の花」を綺麗に出したかったのではないでしょうか??

無事にかわいい小紋になりました!!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します一枚づつ長襦袢も合わされています!

もう一組は、これからがんばります!! 

0
タグ: 和裁

2006/12/7  13:48

着物から長羽織へ・・・  リメイク

クリックすると元のサイズで表示します

「無地の大島の着物を長羽織に・・・」

洗い張りに出して、とりあえず解きと表のみの洗い張りでお願いいたしました!

長めの道中着長羽織にしようかと、お客様も随分悩まれていましたが、今回は長羽織にリフォームする事になりました!!

写真は、出来上がってすぐで仕上げもせずに押しもかけてませんので・・・(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します
身丈3尺くらいの仕上がりなので、マチのかえりは、少なくなりました・・・

胴裏は、お客様のチャレンジで、洋服地を使ってみました!! (^_^)v

クリックすると元のサイズで表示します
今回も、裾はスリムに仕上げる事でしたので、背の裾で7分縫いこむ事にしました!
真中あたりで普通の縫込み幅にしました!!
仕上がりで、裾で後6寸3分、前で4寸3分にしました!

クリックすると元のサイズで表示します
衿は、おくみを天継ぎして表衿にして、着物の衿を中衿に持って行きました!!
おくみ分と衿分をつなぎ合わせて、普通の羽織の衿に折ることができました!!

また次に、道中着や道行コートにも十分リフォーム可能ですよ!!

3
タグ: 和裁



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ