いっしょにね☆

我が家の猫たちのことを綴ります

 
★緊急SOS!★バナーをクリックしてくださいね。各詳細ページへジャンプします。
        

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まさやん
>むつみんさん
うん、きっと他の学生は良識があると思いますよ。
だってあれを告発(?)したのは同じ大学の学生ですもん。
でも、命を預かる医者は、もっともっと痛みを知るべきです。
もっともっと倫理観や正義感に突出しているべきです。
私はそう思います。

きっとね、むつみんさんの息子さんはだいじょうぶ!
むつみんさんやご家族が、チョコちゃんを家族として、
同じ命として分け隔てなく大切に大切にする姿を見て育ちますもん。
あ、でもあんまりそれも過ぎると息子さんがヤキモチやくかも!?ふふっ。

>manenyankoさん
調べてくれたんですね。
実はあえてあまり詳しいことは書かなかったんです。
興味を持った方がいらしたら、きっと調べるだろうと思って。
私も、意図的というか初めからの悪意を感じましたが・・・
でもこれはあくまで想像の域を出ないので、
軽々しいことは言えません。
彼らは「たまたま」としか言ってないようですし、
私はそのブログを見たわけではないので・・・。
そうそう、14日には教授会で彼らの処分が決定しています。
残念ながら、全員停学です。
ぜんぜん厳しくありません。
一年後、二年後、大学に戻るかもしれません。
いつか医者になるかもしれません。
6人もいて・・・6人全員、頭がおかしいのでしょう、きっと。
私も厳しい罰則を設けることには賛成です。
先進国だというのなら、
動物愛護の先進国にもなって欲しいです・・・。

http://pink.ap.teacup.com/chibichibico/
投稿者:manenyanko
組むこの記事を読んで、ネットで検索をしてみました。
学生達6人は「兎狩り部」というサークルを作り、「ついに兎を狩りました。」との文言と共に、この解剖写真を掲載したHPのアドレスを、記載したポスターを、大学構内のあちこちに貼っていたそうです。
たまたま、事故でウサギさんを殺した→医学生だからついでに解剖、という図式でなく、意図的な行為を感じます。
大学側は、厳しい処分で臨む、とのことらしいですが、是非とも厳しい処分を望みます。
最初に思ったことは、こんなアホ共が将来は医者になるのか?ということです。6人もおって誰一人止めなかったのか?ということです。
私個人的な意見ですが、「動物虐待」に罰則を設けるべきだと思います。
たかが犬、たかが猫、ではありません。動物虐待をするヒトが後の犯罪を起こす(全員とは言いませんが、統計的に高確率)ことは、よく知られていることです。将来の犯罪の抑止効果になる、という観点からも国家はまじめに取べきです。

http://ameblo.jp/manenyan/
投稿者:むつみん
私もこのニュース、ネットで知りました。

人の命を預かる医者になる人間が、動物の痛みも分からないのにそんな職業に就くなんて…
そりゃあ、変な話、毎日のように手術したり処置したりして血をみていたら、それが当たり前みたいになってしまうことってあると思うんです。
でも、それとこれとは別。
私は以前某医学部で働いていましたが、血を見慣れている先生たちだって普通の人間。
現場を離れれば動物好きの優しい先生だってたくさんいました。

なんだかうまくいいたいことがいえませんが…
自分の息子には、絶対にそういうことを平気でできるような人間に(そういう行為をする生き物を「人間」と呼ぶのもなんだか嫌です…)なってほしくはないです。

http://nekomutsu.exblog.jp/
投稿者:まさやん
>りぷりぷさん
わからないよね、どう考えても理解できない。
同じ人間なのか?私にもそんな残虐な血が流れてるの?

うん、りぷりぷさんの言うとおり、
人間にしないのは罪が重いから、なんだと思う。
こげんたちゃんを殺したやつは、たいした罰も受けなかった。
今の法律ではあれが限界なのだろうね。
だからと言って「生類憐れみの令」も正しくない。
どこでどう線引きをして法律を作るのかって、すごく難しいんだろうね。

kotokoさんのお返事にも書いたけど、
私たちに出来るのは、自分の子は絶対に外に出さないってこと。
だって、猫がいじめられていたって、
ほとんどの人が関心なんてなくて、誰も助けてはくれない。
結局、自己防衛しかないのが現実。
でもせめて、こういうことがあるんだよ、ってたくさんの人に知っていて欲しい。

りぷりぷさんも、子育てがんばってね。
ああ、でもりぷりぷさんの子はやさしいもんね。
また仔猫を保護して連れて帰ってくるよ〜。



http://pink.ap.teacup.com/chibichibico/
投稿者:まさやん
>kotokoさん
えらそうに書いたけれど、
もし私に人間の子供がいたら、ちゃんと育てていけるか自信なんてありません。
ひとりの人間を育てるというのは、きっとものすごく難しいことなんだと思う。
でも、今、この社会にはおかしな人間が実際にたくさんいます。
これから子育てをする人には、がんばってください、としか言えない。
外にいる動物達の全てを、そんなおかしな人間から守るのははっきり言って無理です。
私たちに出来るのは、せめて自分のしっぽの生えた子供たちだけは外に出さない、という防衛策しかないのが現状です。
そうしなければ、誰も守ってはくれない。
悲しいけれど、それが現実です・・・。

http://pink.ap.teacup.com/chibichibico/
投稿者:りぷりぷ
昨日の夜、この記事読んで胸が痛くてコメントできなかった。

こげんたちゃんの事件は、その当時まだ猫が嫌いだったワタシにもとってもショッキングで胸が痛んだ事件だった。
嫌いだから殺すの?残虐な方法で?
2chのログも少し読んだけど、本当に背筋が凍りつくような内容だった。

ワタシはね、猫にそういうことが出来る人間は、
人間に対して出来ないわけがないと思う。
矛先が人間に変わるのではなく、元々そうなんだと思うのよ。
だったらなぜ猫なのか?
「人間にすると捕まるから」これが理由なんだと思う。
だって同じ赤い血が出るんだよ。

絶対に許せない。

子を持つ親としても一人の人間としても、
責任は重大なのだと思う。

前にね、ムスメが動物虐待に少し触れた作文を書いたことがあって、それを参観日に発表したんだけど、動物虐待ってミンナに知られてないのが現状なのね。
それとか「次は人間に?」ぐらいのもんなのよ。

悔しいね。

http://ripleyn.blog19.fc2.com/
投稿者:kotoko
まったく同じ気持ちです。。
動物の問題は、社会問題として取り上げなければ、目先の対処だけでは何も変わっていかない。。
だから私のような子供を育てている人間は、特に責任が重いと思うの。。
非情な人間を、どうしようもないヤツら、とくくってしまえば簡単だけど、実はそうではないね。
これから先にもそのどうしようもない矢ヤツらが増えていく可能性だってある。。
私も、脳みそに知識を詰め込むのではなく、心に愛を溢れさせたいと思うよ。。



http://www.geocities.jp/kotokoto_kotoko/liv.htm
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ