てこてこぶろぐ

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ツインエンジェル応援中!

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:CYBER‐Z
●美浜さん
私も「ゾーン」をリアルタイムで見てはおらず(児童誌の歴代ヒーロー特集で知っていた程度)、これも放送終了後に購入しているはずで、その頃にも『怪獣だから』と需要があったのか、単なる店頭在庫だったのか、今となっては謎のままです。

ウルトラ怪獣に混入していたのも、勿論、大人の事情などの深い理由があった可能性も否定できませんが、今ほど作品ごとの線引きが小売店側でしっかりしておらず『これも怪獣だからいいでしょ。入れちゃえ』みたいなノリだったのかもしれませんね。
昔は、回すまで何が出るかホントに分からないガチャガチャとか普通にありましたしね(笑)

こんな大人になるのを見越して、記録のひとつも残しておいてよというトコですが、そんな幼児はイヤか(;^_^A
投稿者:美浜Jazz
CYBER-Zさん、ご無沙汰いたしております。

あ、この『流星人間ゾーン』の恐獣消しゴム、
結構持ってました。
買った当時は、『流星人間ゾーン』の存在は知っていても
実際に観たことはなかったので
「なんでウルトラ怪獣消しゴムの中にコレが入っているんだろう?」
と疑問に思ったものです。
(少なくとも僕の地方では、ウルトラ怪獣ガチャの中にコレが混入していました)

そして、今になって思うことといえば、
「保管しておけばよかった」という下心と
「なんで東宝と円谷プロのヒーローが一緒くたにされていたのか?」
という知識を持ったが故の
幼い頃とは似て非なる疑問だったりします(苦笑)。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ