紙魚の目

ちょっと斜めから見る 考える???アタマの整理。発展途上の思考???

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よそじい
 被災者ではない一般コクミンのなかには、スケープゴートを作っているのに気がつかないで批判をしている方々もいると思います。批判する対象を身近(テレビの中など)に得ることで、自分が正しいポジション(自分の価値観での正しさ)にいる感覚も得られますし、批判することで復興のためを思っているんだという自分を確認し、演出できるからかもしれません。これは偽善ですが、パソコンの前やお茶の間であぐらをかきながら気ままにできる、もっとも手っ取り早い「善行」です。楽して善ができる。だから止められないのだと思います。

 今回のようなことは、問題の解決を先送りにしてしまい、いたずらに時間も浪費させてしまい、むしろ復興の邪魔をしてしまう結果になりかねません。大臣の辞任の決断時期は聡明でした。翌日の国会から平野さんが直ぐに後任としての役割を始められ、殆ど影響はなかったと感じられます。むしろ、村井知事側にも態度の反省を促し、先週末には遅刻して来た平野大臣を、ちゃんと廊下にまで出迎えていました。

 松本前大臣は民主党のなかでは官僚を上手に引き立て仕事を能率的に進められる手腕があったと思います。チームに傷をつけずに自分で全て責任をとった。リーダーとしていい引き際だったと思います。これにより残ったメンバーも仕事のモチベーションを保てたのでは、と思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ