ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/5/14  20:25 | 投稿者: Author

今回の冒頭、まず、ハ・ソンホが、ソ・ジョンウォンの両親の援助を得て、医大を出たって事。ハ・ソンホの弟も、お世話になったと言う、ブッコミからの、河原で、ソ・ジョンウォンが、ハ・ソンホに不倫の追及って言う展開・・・。

ソ・ジョンウォンから、証拠の写真を突きつけられても、しらばっくれたハ・ソンホは「援助を受けた俺は、我慢しなくちゃいけないのか?」とか、加害者なのに、謎の言い訳の韓国ドラマのお箱。ハ・ソンホは「大学に入った時から好きだったがハギョンは、お前を選んで、結婚したんだ。俺だって、辛かったんだ」と、言います。

これ、多分、ウ・ハギョンは、お金目当てで、ソ・ジョンウォンと、結婚したんじゃ?失意のソ・ジョンウォンは、茫然と街を彷徨い、バレたハ・ソンホは、まだ、河原にいます。昏睡状態のウ・ハギョンを看病するソ・ジョンウォンを見て、ハ・ソンホは、罪悪感は抱かなかったのかしら?

その頃、カン・イヌクに会ったチュ・ヘラは、ウ・ハギョンとハ・ソンホの不倫現場の写真を突きつけられ、仰天していました。思えば、あの写真、何であるのかしらね?当事者とどんな利害関係が?ギャラリーのお客様が?とか?チュ・ヘラが「奥様が、他の男といたら?」と、聞くと「ふたり共殺す。それが愛じゃないか?」と。カン・イヌク。

車を運転するチュ・ヘラは、ウ・ハギョンに対して「よりによって、夫の親友とだなんて」と、言います。あら、チュ・ヘラも、ウ・ハギョンの不倫は知っていても、相手までは知らなかったんですね。

ソ・ジョンウォンの自宅に駆けつけたチュ・ヘラ。ちょうど、庭にソ・ジョンウォンがいて、イライラが募っているチュ・ヘラは「だから、結婚前に、考え直した方が良いって言ったでしょう?黙っていようと思ったけど、ハギョンはあなたの子をおろして、流産したように見せかけて、悲しんでるフリをしていたの」と、ソ・ジョンウォンの傷口にに塩。

チュ・ヘラは車に戻ってから、これだけは言っちゃいけなかったと、後悔していた様な感じでした。ソ・ジョンウォンが愕然と膝をついているところに、玄関からユン・マリが現れます。ユン・マリが、ウ・ハギョンに見えて、ソ・ジョンウォンは「どうして、僕を傷つけるんだ。僕は全てを捧げたのに」と言った後、正気に戻ります。

ソ・ジョンウォンは確かに、気の毒なんだけど、同情できないのよね。まぁ、ユン・マリの顔をウ・ハギョンにした時点で、普通にキモいし、女が嫌う女を、男性が好むパターンだし。ソ・ジョンウォンは、自分が傷つくのがいやで、現実から目を逸らしたからでしょう?ユン・マリを責めたみたいに、ウ・ハギョンに言えばよかったのよ。

ソ・ジョンウォンは、ウ・ハギョンを愛している自分が好きなんじゃないの?チュ・ヘラが言ってる事、全部、正論。夫の親友と不倫。ウ・ハギョンはクズ。だから、余計に、チュ・ヘラも腹が立つんだと思うわ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/5/14  19:49 | 投稿者: Author

如懿が寵愛を得て内務府から、贈りものが続々と、延禧宮へと運ばれます。乾隆帝からも、緑梅が届き、嬉しい如懿。侍女達には、それを、口に出して、言わない様に言います。

侍女同士、与えられたものを分け合う様に行った如懿ですが、アジャクが独り占め。何で?アジャク、曲者ね。

毒入りの塗り薬のせいで、顔に傷がまだあるマイ応答の元に顔を出す乾隆帝。マイ応答は「身分が低いから、見下される」と、ぶーすか、言っています。生意気だけど、後宮では、これぐらいじゃないと、やっていけないんでしょうね。

だけど、驚いたのが、この、毒盛り塗り薬の件、皇太后の差金だったのねぇ〜。すごいわね、皇太后。これは、後宮で、富察(フチャ)皇后にまだ、実権を握らせたくないと言う、皇太后の思惑なんですね。こわっ。そう考えると、富察(フチャ)皇后、お気の毒だわ。

新年の挨拶・・・皇太后は、即位後の皇子が生まれる事を期待していると、后妃達に発破をかけます。

その後、皇太后は、富察(フチャ)皇后に「後宮で、いろいろあったわね。皇后がしっかりしないと」みたいな感じで、注意します。皇太后が引っ掻き回してくれている訳ですが・・・。

子供がいない慧貴妃は、侍女から言われ、母親を亡くしている第一皇子を引き取る事を考えます。

乾隆帝は、如懿のところに、御渡りの予定でしたが、慧貴妃が「もう、3ヶ月経ちました」と色仕掛けで、それを食い止めます。この辺は、あちらと同じですね。そして、慧貴妃は乾隆帝に、第一皇子を引き取りたいと、申し出ます。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/5/14  18:12 | 投稿者: Author

テソンから「娘に話す」と、言われ、そのまま、家に帰ってきたボンイル。ちょうどボンイルが門の前に立った時に、買い物から戻ったセユンに声をかけられ、その後、ふたりで飲みにきます。事情がわからないセユンは、黙ってボンイルの話を聞きます。ボンイルは「家族を守れない男になってしまった」と、酔っ払いながら、嘆きます。

お酒を要求するボンイルに「お義父さん飲み過ぎですよ」と嗜めるセユン。ボンイルは、家族を守れない男なのではなく、守り方が間違えているのでは?

イェラは、ヨンジャとソンジェが一緒に出勤するのを目撃します。

美容イベントで、ヘソル化粧品になったと知ったイェラは、カン・ジウクの前で、ソンジェに「ヨンジャから頼まれたんでしょう?」とか、また、とんでもない言いがかり。見ていられないカン・ジウクは、イェラを屋上へ連れて行き、喚く彼女に「だから、嫌いなんだ。会社をやめてくれ」と、はっきり言っちゃったわよ。

絶句したイェラはどこが嫌いなのかを聞きます。カン・ジウクは「ドアをノックせず入ってくるとこ。身勝手なとこ。部下に対する言葉遣いがなっていない事。そうやって大声で話すところ」と、言います。

傷心のイェラは事務所で、ノートにカン・ジウクが自分を好きなところと、嫌いなところを、表にまとめています。嫌いなところは、カン・ジウクに言われた事を書いていましたわ。ってか、イェラってば、人には、ギャーすかうるさいくせに、自分じゃ仕事をしないで、そんな事をしてるのよっ

コンビニで休憩中、ヨンジャは、ボンイルを見かけて追います。テソンとエレベーターに乗ったボンイルは、ヨンジャに気づくと、慌ててエレベーターの扉を閉めます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/5/13  20:55 | 投稿者: Author

ヨンさん(青年時代)役:林哲熹 『悪との距離 The World Between Us』

学校だか、公園で話すジュンロンと、アジョン。ちなみに、このシーン、CM明けとかに、出てきているシーンですね。それと、アジョンってば“忠”って、書いてあるTシャツを着ているけど、ありゃ、自分の名前よね?お店の宣伝とか?

で、会話の内容ですが・・・。アジョンは素直に、事故での怪我で、ジュンロンを恨んだと話します。しかし「事故の原因は一つではないと考えたんだ」と。「あの時、俺らは、信号無視した」え?あれ、信号無視だったの?「俺が、アフェンに告白すると、ジュンロンと一緒に行ったんだ」と、話します。

だから、病院で、ジュンロンと再会した時、ジュンロンが肩身を狭そうにしてるのが、アジョンは嫌だった様ですね。ジュンロンとしても「すまなかった」と、言い、わだかまりをなくします。こうして、アジョンの家に戻り、仲間内で、鍋を囲み、呑みます。

これまた、余談ですが、アジョンの妹フォンユーの箸の持ち方、ひでーな。よく見ると、他の人たちも、なんか、日本人と違う持ち方のようだっし、台湾では箸の正しい持ち方とか無いのかな?

ジュンロンが帰る途中、道端のベンチで酔っ払って寝っ転がっているチャオジュンがいました。おんぶして、チャオジュンを家へと送り届けるジュンロン。これまた、余談ですが、チャオジュン母のお店“カラオケ”と、きっちりカタカナで書いてありました。家から出てきたチャオジュン母も、これまた酔っていて、チャオジュンを「持っていけ」と、言います。

朝、チャオジュンが目覚めると、ジュンロンの自宅でした

ある時、ジュンロンは、ジンダーが果樹園の借金の保証人になっている事を知り、驚愕します。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/5/13  16:22 | 投稿者: Author

どうも、あの口ぶりじゃ、ハ・ソンホは、全てを聞いた様ですね。ソ・ジョンウォンは、ハ・ソンホに、ユン・マリのために、信用できる弁護士を紹介して欲しい事と、カン・イヌクから、何か聞かれても知らないフリをして欲しい事を頼みます。

友人から母の調子が優れない事を、電話で聞かされたユン・マリは、介護医療院へ向かおうとしますが、尾行に気づきます。ってか、あの、尾行、バレバレですけど、それでも良いんですか?ユン・マリは、メールで、友人に、尾行の事を話し、今は、行けない事を伝えます。

公園で落ち合うユン・マリと、ソ・ジョンウォン。ソ・ジュンウォンにも尾行がついていました。その事を話すユン・マリ。

一つ屋根の下で暮らすユン・マリとソ・ジョンウォンは、一緒に料理をしたり・・・。余談ですが・・・ユン・マリ、長い髪を束ねる事なく、料理をするのも気になるのですが、髪を触った手で、料理とかやめてください。髪が一番汚いですから。

ソ・ジョンウォンは、ユン・マリに「今度、外で、食事をしよう。そこで、気持ちを伝えます」と、言います。

カン・イヌクには、チョリョンから「奥様と関係があるか分かりませんが」と、写真が差し出されます。その写真は、ウ・ハギョンの浮気現場な訳ですが、その相手がなんと、ハ・ソンホ。あれ、不倫相手はわからずにこのドラマ終わるかと、思っていましたわ。

幸せな気持ちで、ユン・マリが待つレストランに向かっていたソ・ジョンウォンに、カン・イヌクから、スマホにその写真が送られてきます。

ユン・マリと食事をしながら、ソ・ジョンウォンは、ウ・ハギョンが出張の時、同時期に、ハ・ソンホが、休暇をとっていた事を思い出していました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/5/13  13:32 | 投稿者: Author

自分が撒いた種で、乾隆帝からのお召しがなくなり、膨れっ面の慧貴妃に、煽りの嘉貴人(かきじん)は、まぁ、海常在がいなくって、よかったじゃないのって感じ。ってか、海常在こそ、延禧(えんき)宮へ、行けてよかったわ。

ところで、白蕊姫の塗り薬。もしや?と、思ったら、案の定の展開。

乾隆帝に呼び出された如懿。そこで、白蕊姫は、乾隆帝、富察(フチャ)皇后の前で、腫れがひかないと、嘆きます。侍医が、その塗り薬を調べると「毒性のある瑠璃茉莉(るりまつり)が入っている」と、言います。あの時、如懿は中身を確認したのぇで、如懿に疑惑が・・・。如懿は確認をしただけだし、え?何?状態で、窮地に・・・。

すると、突然、海常在が現れ、如懿のはずがないと言うのです。それは、以前、香り袋が、雑な縫い方のものが、如懿のところに贈られ、それを、海常在が、縫い直した時、瑠璃茉莉(るりまつり)を、抜き取ったと、言うのです。身の潔白が証明された如懿。

乾隆帝は「海常在は、普段大人しいのに、すごいな」と、関心します。そりゃ、海常在からすれば、命の恩人とも言える如懿の窮地に、黙って見ている訳にはいきませんよね。

富察(フチャ)皇后としては、うまくこれに乗じて、一気呵成と、いきたかったでしょうね。それをくじかれた富察(フチャ)皇后に、煽りの嘉貴人(かきじん)は「白蕊姫の自作自演の可能性も」と、言います。私もその線を睨んでいます。

如懿が、海常在といる時に、毒塗り薬の件の報告がきます。医官が、誤って蓋に毒をつけてしまったと・・・。「信じる?」と、海常在に聞く如懿。「おかしい」と、海常在。しかし、如懿は、これ以上、追求しない事にします。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2021/5/13  12:50 | 投稿者: Author

やってきたボンイルが、なんとか会場からハナを連れ出します。

ただ、この一件で、式典を楽しむ気になれなくなった会長は「出て行く」と、言います。

会場をボンイルによって出されたハナですが、テソンが会長に弱い事を悟ります。

ウナファーマーズの式典の外で、カン・ジウクが、ヨンジャらに入る様言っていましたが、ヨンジャらは、断ります。

何も知らずにカン・ジウク達が入ってきて、会長は「帰る」と、言います。事情がわからないイェラは、戸惑います。

買い物をして、車で帰るヨンジャとソンジェ。イェラとどこかへ、行こうととしていたカン・ジウクはそれを見ます。

ソンジェは家に帰るとヒョンスンから「近所が大騒ぎだよ。院長、ビルを売って大儲けしたのかと思ったら、違うらしい」と、聞かされます。

イェラに「何か食べよう」と、言われても、それを、断り、ヨンジャの家へと行く、カン・ジウク。そして、ヨンジャを呼び出し「前に聞いたな。私を好きなのかって。そうだ。だけど、それがヨンジャさんに迷惑だから、もう、これ以上何もしない」と、言います。あら、初めてのパターン。潔い事。

テソンに呼び出されたボンイルは「会長に、金欲しさにやってきたと言えば良い」と、言います。すると。テソンは「そう言えば良い。だけど、お前の娘はどうなるかな?」と、言います。結局はそこだから、ボンイルが、本当の事を明かさない限り、無駄。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/5/12  21:06 | 投稿者: Author

カン・イヌク、チュ・ヘラから、顔を背けました。ただ、チュ・ヘラは、私なら、カン・イヌクを包み込む事ができると、独り言。

ソ・ジョンウォンを不幸にしてしまうと思い、遠くへ行く事にしたユン・マリ。

目が覚めたソ・ジョンウォンは、ユン・マリが自分のもとを去った事を知り、探しますが、電話が繋がりません。ユン・マリの元には、ソ・ジョンウォンからのメールが・・・。その後、ソ・ジョンウォンから電話が来ると、迷いはありながらも、電話に出るユン・マリ。真にソ・ジョンウォンを遠ざけたいのなら、電話に出るべきでは無いのでは?

ユン・マリの電話から、アナウンスが聞こえ、どこの駅かわかるソ・ジョンウォン。ユン・マリは案の定、列車に乗るのを躊躇します。で、列車に乗ろうとするユン・マリを、止めるたソ・ジョンウォンがユン・マリを抱きしめるます。そして、ソ・ジョンウォンは「家にくれば良い」と、ユン・マリは、ソ・ジョンウォンの家に行くと言う流れ。

カン・イヌクはカン・イルグクから「10日で、マリを連れ戻せ」と、プレッシャーをかけられます。カン・イヌクは、配下に、ソ・ジョンウォン夫妻を、徹底監視を指示。そんなカン・イヌクは、ウ・ハギョンに、ユン・マリを感じ、困惑しています。

チュ・ヘラに服を返すユン・マリ。チュ・ヘラは「今日は、私ひとりよ」と、言います。ユン・マリは、チュ・ヘラに「もう、館長の代わりはしないと言いましたよね」と、カフェを立ち去ります。この際、ユン・マリとすれ違ったハ・ソンホは「ハギョン?」と、つい声を出します。チュ・ヘラに、困惑気味に、ハ・ソンホは近づきます。

屋上にいるソ・ジョンウォンに「話は聞いた」と、ハ・ソンホ。ん?どこから、どこまで?全部?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/5/12  20:12 | 投稿者: Author

少女役:チャン・ソヒ 『麗<レイ>花萌ゆる8人の皇子たち』『星になって輝く』『キレイな男』『棘のある花』
刑事役:チェ・イクジュン 『人形の家〜偽りの絆〜』『あなたが眠っている間にWhile you were Sleeping』『白詰草』

ソンジンデパートは、イ・ヘジュンのアイディアで、福利厚生が充実し、従業員が喜んでいます。それに、イヨンをモデル起用して、売り上げが伸びています。それでも、チャ社長は、ソンジンデパートを売る気ですけどね。

イ・ヘジュンは、自分が偽物のイ・ヘジュンだと知る人物が、ソンジンデパートにいる気がして、不安になります。

そんな時、イ・ヘジュンを、導く少女が現れ、一体誰が、自分を知る人物なのかと、イ・ヘジュンが行きます。そこにいたのは・・・。あれ、ワン秘書よね?ただ、それだけで、どんな会話をしたのかとか、なんで、ワン秘書がイ・ヘジュンを偽物だと、見抜いたのかとか、そう言うのが無いのよね。

イ・ヘジュンは、ギタクの「クルヌプ」を、買い戻したと、ハン・ホンナンに見せます。ハン・ホンナンは「自分で買い戻すのに」と、言いますが、イ・ヘジュンは「義兄さんの店だから」と。お店が戻ってきて、ハン・ホンナンはもちろん、スンジェらも、感慨深げ。

余談ですが。スンジェがスマホのカメラで写真を撮るシーン。スマホの構えは横なのに、撮る時縦、出来上がりの縦。

イ・ヘジュンは、立ち去る前にと「クルヌプ」で、食事をしようと、ダヘと約束をします。ダヘが待つ「クルヌプ」へと、花束を持って向かうイ・ヘジュン。しかし、イ・ヘジュンは、ソクチョルから、車で撥ねられてしまいます。怪我を負っているイ・ヘジュンなのに、なんとしても、約束をはたそうと「クルヌプ」へ。

しかし、ダヘと話している最中、倒れてしまうイ・ヘジュンは、病院へと運ばれます。なんとしても、犯人を探そうとするハン・ホンナンの前にマヤが現れます。車で、はねられたイ・ヘジュンは命が短くなった事を、マヤは、ハン・ホンナンに告げます。ただ、ハン・ホンナンの時間を、イ・ヘジュンにあげれば、生き延びられると、マヤは教えてくれます。

自分の時間をイ・ヘジュンに分け与えるハン・ホンナン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/5/12  19:05 | 投稿者: Author

まあ、こちらは、こちらで面白いかな?まぁ、どちらにしても、人間関係が複雑ですわ。

慧貴妃に頬を叩かれた白蕊姫ですが、その慧貴妃から、薬が届けられ、如懿に確認してもらいます。如懿に「私も使っていたものだ」と、言われ、まぁ、つけてみようと思う白蕊姫。

慧貴妃が冷え性のため、炭が無い海常在(ハイじょうざい)に、炭を密かに届ける如懿。これを知る慧貴妃。やってきた嘉貴人は「海常在(ハイじょうざい)ったら、慧貴妃の炭を横取りしている」と、言います。これで、一計を案じる慧貴妃。

これまた、雪の夜って言うのに。慧貴妃は、外で、海常在(ハイじょうざい)に「上位の妃だけが使える紅籮(こうら)炭を盗んだ」と、濡れ衣を着せます。これを知った如懿が、冷え性の慧貴妃のお見舞いを口実にやってきます。この様子を見ていた如懿の侍女が、養心殿へ行き、乾隆帝へのお取次を頼みますが、王欽に「休んでいる」と、言われます。

しかし、こっそり、李玉が、この侍女を通してあげます。こうして、乾隆帝のおな〜りと、なり、乾隆帝も、慧貴妃に「冷え性だから、お見舞いに来た」と、口実を言います。部屋の中で、乾隆帝は炭の件で、如懿に「海常在(ハイじょうざい)には、普通の炭をあげる様に言っただろう」と、言います。

さすが、皇帝、全てお見通しで、如懿が、海常在(ハイじょうざい)のために、融通した事は、わかっていたんですね。しかも乾隆帝は、偽証した侍女に「死ぬまで打て」って。ひぇ〜。これには、仕掛けた慧貴妃自身、まじっか!状態。見せしめ、一罰百戒ですね。

だけど、部屋の中いる人たちも、侍女が打ちのめされる音が聞こえている訳で・・・。そちらも、十分に拷問に感じるわ。さらに、去り際、乾隆帝は、侍医から冷え性のお墨付きをもらった慧貴妃に「体が大事だから、3ヶ月は、そなたを召すのはやめよう」と、言います。策を弄した慧貴妃ですが、なんの特典も与えられず、ただ、泣きを見るだけでした。

慧貴妃、冷え性なのに、3ヶ月、さらに寒い日々が続きそうですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ




AutoPage最新お知らせ