ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

不屈の婿 第34話

2017/6/1  22:30 | 投稿者: Author

ジソクが、あの大きい餃子を作ったところから始まったわ

友人のお見舞いに行ったドンパルは「俺が、こうしているられのも2人のおかげだ」と、ダルスとミランに感謝します。これは良かったですね。普段聞く耳を持たなくて、イライラさせられるドンパルだけれども、こう言う一言が有るだけで、全然違うわ・・・。

ユニは、チゲを食べて泣きます。それは、ギフンの味でした。「冷凍しておいたのよ」と、言うヒョンスク。

ギフンに会ったユニは「私の事愛してる?」と聞きます。「愛してる」と答えるギフン。ユニは「愛し合ってるのに、別れる必要は無い」と、結婚指輪と婚姻届を出します。「内緒で、婚姻届を提出しよう」と、言うユニ。

旧正月を前に、仲直りする気配が無いダルスとダルグ。旧正月では、遅れてやって来るダルグ家族。その後、寝室でダルスとダルグで、ミランの牛肉のカルビの煮込みをつまみに一杯やります。「俺だって、義姉さんには感謝してるよ」とダルグは言い、ダルスは書いた手紙を渡します。ウンジに対しての感謝が綴られていました。

抱き合って泣く2人。思った通り、障子を挟んで、女性陣はそれを聞いていました。

ミランは、ジンギュ、ヒョンスクと食事をした後、ジンギュに、ダルスが通帳を返したか聞きます。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ