ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

嵐の女 第136話

2017/9/28  20:06 | 投稿者: Author

記者役:チョ・ヒョンジン 『伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー』『三銃士』『ずっと恋したい』

ハン・ジョンイムは、ト・へビンの首を絞めていると、寝室からボンソンの「先生がぁ〜」と、言う言葉が聞こえてきます。逃げるト・へビン。ト・へビンって前に、パク・ヒョンソンにも首を絞められたことが有ったわね。意識を失っている感じのスンマン。

ハン・ジョンイムは、ジュンテに「先生は一時的に、記憶が戻って、ヘビンの悪事を暴露しようとしていたんです。これ以上ヘビンが罪を重ねない様にするために」と状況を説明します。

ハン・ジョンイムに「ムヨンのあれは、事故だったの。許して」と、恥ずかしく無くも電話しくるオクチャ。

離婚に応じようとしないト・へビンに、パク・ヒョンソンは、ハン・ジョンイムへの、当て逃げをたてに「静かに離婚した方が良い」と、言います。これを、秘書が聞いていて、ハン・ジョンイムに伝えます。ハン・ジョンイムは「静かにですって?」と、独り言。

ハン・ジョンイムは、パク・ヒョンソンを装いミヨンには、イベントに来る様に、ト・へビンには、イベントに来ない様に、メールを送ります。

ハン・ジョンイムの思惑通り、ト・へビンとミヨンがイベントをやっている店舗に現れます。一目もはばからず、本妻と、愛人がもみ合い。呆れているパク・ヒョンソンの目に、ハン・ジョンイムの姿が入り、ハン・ジョンイムの仕業と悟ります。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ