ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

白詰草シロツメクサ 第77話

2018/11/29  21:20 | 投稿者: Author

スンナムがユミンに「セヒが、ジョンヨンを連れ去ったから、お義母さんは追ったのよ。そして、ジュニョンは死んだの」等と、話しているのを聞いていたヨン・ソンジュは、力なく自分のオフィスに戻ります。

窮地に立たされたセヒは、散々ファン・ボンチョルを嫌がっていたくせに「頼れるのはパパだけ」と調子良い事を言います。ファン・ボンチョルも「俺を、嫌ってたくせに、あと始末をさせるのか?」と、言います。セヒが、「今、私にとって、邪魔なのは伯母さんと」と、言うとファン・ボンチョルは「パン・グァンシクか?」と、言います。あれ?スンナムじゃ無くて?

書斎で、ヨン・ソンジュは、スンナムがこの会社に入ったのは、復讐のためだったのかと、考えます。スンナムは復讐というより、セヒに罪を認めさせたいって感じでしょうかね。そこへ、ファン・ボンチョルが入ってきて「セヒの謹慎は、解いてやっても良いだろう?」等と、話してきます。

ヨン・ソンジュは、ファン・ボンチョルが果たして、セヒの悪事を知っているのかどうか気になります。しかし、ファン・ボンチョルがスンナムを追い出そうとしている事から、おそらく知っているだろうと判断するヨン・ソンジュ。そして、ヨン・ソンジュはファン・ボンチョルに調子を合わせるかどうかで悩みます。

スンナムは、セヒにはお金が必要だったと判断し、カン・ドゥムル達が調べてみると、取引先のお金に手を出している事を知ります。

ファン・ボンチョルは、パク秘書に「パン・グァンシク、チェ・ボクヒとキム刑事を始末しろ」と、言います。パク秘書が躊躇する様な態度なので、ファン・ボンチョルは「信用していたのに」と、言います。パク秘書もこんな汚れ仕事嫌でしょう?

パク秘書は、パン・グァンシクに「調子に乗りすぎたんだよ」と、言います。その通りだけど、セヒもセヒだから。それと、パク秘書は、チェ・ボクヒが働く焼肉屋さんをガス爆発させます。多分、チェ・ボクヒは亡くなってないんじゃないのかな?その直前、チェ・ボクヒの部屋のドアがノックされて、チェ・ボクヒは出て行ったらから。

チェ・ボクヒが亡くなり、一人ほくそ笑むセヒ。この表情をみんな見なさいよと、言いたいけど、みんな、ショックでそれどこじゃないわよね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ