ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

シンイSHIN-I信義THE GRET DOCTOR 第20話 裏切りの真意

2019/8/15  12:41 | 投稿者: いい加減人

皇宮から、抜け出したチェ・ヨンとウンスは、天門へ向かいます。

夜、障子を挟んで、ウンスは「真実ゲームをやろう。本当の事を話すの。嘘や隠し事はダメ」と、言います。ウンスは「私がいなくなっても平気?」と、聞きます。チェ・ヨンは「平気」「じゃないかもしれない」と、言います。ウンスも「私も同じ」と、言います。

徳興君は、チェ尚宮に、ウンスの紙に毒を仕込んでいた事を、告白します。なんか、ウンスがぺろぺろ指を舐めていたのが、気になっていたけど・・・。徳興君は「その紙は、指を濡らさないと、一枚一枚取れない」と、チェ尚宮に話します。それと「毒は、私が天竺から、手に入れたもの。解毒剤は、私しか持っていない」と、言います。

その頃、ウンスの体に異変が起きていました。そして、ちょうどチャン侍医がやってきます。チャン侍医は、その、事情を聞いて、やってきたのでした。

チェ・ヨンが徳興君に会うと「解毒剤が欲しけりゃ、玉璽を持って来い」と、言われます。

皇宮に押し入ったチェ・ヨンは、王に「玉璽を取りに来ました」と、言います。そして、チェ・ヨンは「医仙は、王様がお連れしろと、言いました。医仙は民です。その民が苦しんでいるのです」と、言います。玉璽は、王そのものなので、チェ・ヨンに王は「正気じゃないな」と、言います。チェ・ヨンは「玉璽が、誰から賜ったかお考えください」と、言います。

玉璽は、徳興君の手から、キ・チョルへと、、渡ります。また、解毒剤を手に入れたチェ・ヨンは、チャン侍医から「どうやっって手に入れたんですか?」と、聞かれ「取るに足らないものと交換した」と、言います。

王は、玉璽を奪われ、憤り、王妃に「チェ・ヨンが何て言っていたのか、お聞かせください」と、言われます。王はチェ・ヨンが言っていた「誰から、玉璽を賜ったのか」の言葉を思い返し、ようやく気付きます。はい、チェ・ヨンが言っていた時点で、私でさえも、元だと気付きましたよ。

意識の無いウンスは、何か、夢を見たようです。手帳に書かれた“ウンス”を、ウンスが書いている場面が有りましたね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ