ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

帰ってきたファン・グムボク 第12話

2019/12/5  19:54 | 投稿者: Author

グムボクは、ウンシル達を探しています。

横断歩道を渡るグムボク。ちょうど、車を運転していたミヨンは、グムボクが、ウンシルに見えて具合が悪くなります。気になったグムボクは、車にいるミヨンに声をかけますが、ミヨンには、グムボクが、ウンシルに見えて気絶をしてしまいます。一応、ミヨンにも罪悪感が有って、グムボクがウンシルに見えて気絶しちゃうんでしょうね。

気絶したミヨンを救急車で、病院へ運んでもらうグムボク。救急車の中から、ミヨンのスマホの中にある“息子”に電話して、グムボクは事情を説明をします。まだ、グムボクはミヨンと、ムンヒョクが母息子とは知らないんだよねぇ〜。ムンヒョクも、連絡をくれた人が、グムボクとは分かりません。

病院で、ミヨンに付き添っていると、ウンシルが見つかったらしいと言う感じの電話が、グムボクに来たようですね。グムボクは「待って」と、言って、慌てて、出て行きます。この時、病院にやってきたムンヒョクとぶつかります。ムンヒョクの方は、グムボクに気づきますが、グムボクの方は、それどころでは無く、慌てて病院を出て行きます。

そして、グムボクが会いに行った人は、ウンシルでは無く、偽物でした。その偽物の母親は、グムボクと自分の子と区別がつかないようで、グムボクに「会いたかった」と、抱きしめて、泣きます。グムボクも泣きます。そこを、出ると、男がいて、その男は、前回、グムボクと喧嘩をした男でした。

グムボクが見つかったと知らせを受けたイヌが、警察へ行きますが、一足遅かったです。しかし、バス停にいるグムボクを見つけたイヌは、グムボクを連れ帰る事にします。今日が、ウンシルの誕生日で「毎年用意しているんだ」と、車にあるケーキを、グムボクに見せるイヌ。

イヌの家では、マルジャが、ウンシルの法事をしていました。その事で、グムボクとマルジャが口論になります。マルジャは、法事に「わかめスープもお供えしているのよ」と、法事をしながらもウンシルを、待っているんですよね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ